昭和歌謡

2019年04月11日

寺尾聰が『ザ・ベストテン』に最初に登場したときのことはよく憶えています。
曲はたぶん『ルビーの指環』だったはずですが(違ったか)久米宏と黒柳徹子に「ファンに一言」と催促されて照れくさそうに言った言葉は、

「いつもは俳優ですが、今日は歌手です」

言葉よりもあの照れくさそうな表情がとても印象的でした。

『ルビーの指環』『出航 SASURAI』『シャドーシティ』の3曲が同時にベストテン入りするという快挙もありました。

もちろん『ルビーの指環』は大好きですし、昭和歌謡を語るうえで絶対はずせない名曲であることは論を俟ちませんが、私はあえて『渚のカンパリ・ソーダ』という名の知られていない曲を称揚したい。

これは『ルビーの指環』と共通点があるんですよ。寺尾聰の歌はほとんどすべて彼自身が作曲してるんですが、作詞は有川正沙子という人がやってる場合がほとんど。でも『ルビーの指環』と『渚のカンパリ・ソーダ』』はあの松本隆が作詞しています。

私がもっているベストアルバムは15曲収録されていますが、松本隆&寺尾聰のコンビはこの2曲だけです。

だからかもしれません。これは哀しい歌なのです。



少しは愛してくれ
夏の風も照れちまうほどに
八月は出逢う人を
恋人に変えちまうよ

ジリジリ焦げた肌に
ひとしずくの水を投げてくれ
渚から光る君は
サングラスも眩みそう

心を軽く乱され
いつもの俺じゃないのさ
カンパリのグラスあけてしまおう
君に酔ってしまう前に

若さを弾くように
笑いかける小麦色の夢
もてあます無邪気さなら
瞳閉じてしまおうか

ラジオは浮かれる音
あれは古いツイストのリズム
こみ上げる懐かしさに
時はいつも移り気さ

真夏のシャワー浴びると
景色も揺れてくるのさ
カンパリのグラス空けてしまおう
君に酔ってしまう前に

少しは愛してくれ
夏の風も照れちまうほどに
八月は出逢う人を
恋人に変えちまうよ


『ルビーの指環』の哀しさには遠く及ばない気もしますが、でもこれはこれでやはり哀しい。

ところで、京都の撮影所で働いていた頃、会社近くの王将で寺尾聰本人をお見かけしました。

持ち帰りの餃子を待って椅子に腰かけてました。店員からサインをねだられて快く応じていましたが、そのへんにいるしょぼくれたオジサンと何も変わらなくて唖然となりました。ベストテンに初登場したときの初々しさもなければ、含羞に満ちた表情があるわけでもなく、生活という桎梏のなかで疲弊した男の横顔だけがありました。『ルビーの指環』や『渚のカンパリ・ソーダ』の哀しさはそういうものとは違うもっとロマンティックなものだっただけにショックでした。

来月から「令和」とか。昭和はさらに遠くなりにけり。


REFLECTIONS
寺尾聰
ユニバーサル ミュージック
2018-09-19




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月16日

欧陽菲菲を初めて聴いたのはもう20年ぐらい前でしょうか。

「雨の御堂筋」「ラヴ・イズ・オーヴァー」などが有名ですが、私が代表曲を選ぶなら断然「恋の追跡<ラブ・チェイス>」なんですね~。曲がノリノリなうえに歌詞もよく、歌い方がこれまたいい。

これを友人の結婚式の二次会で歌ってえらく盛り上がったことがまるで昨日のことのように思い出されます。




「恋の追跡<ラブ・チェイス>」
作詞:橋本淳 作曲:筒美京平

逃げるあなたを止めて
恋の終わりを止めて
何があなたを変えた
いまは捨てないで アアッ!

他の誰かに
よそ見しないで
恋は渡せないのよ

急ぐあなたを止めて
募る想いを止めて
私以外の人に
いまは生きないで アアッ!

恋のしずくを止めて
濡れたまつげを拭いて
誰があなたを変えた
ひざまずきたいわ アアッ!

望みどおりに
変えてほしいの
すべてあなたのものよ

つれないことはやめて
捨てたふりならやめて
憎めないのよ、いまは
すがりつきたいの アアッ!

他の誰かに
よそ見しないで
恋は渡せないのよ

急ぐあなたを止めて
募る想いを止めて
私以外の人に
いまは生きないで アアッ!


どうでしょう、この狂った歌。狂おしいほど愛してるという感じでしょうか。
何度も繰り返される「アアッ!」がいいんですよね。カラオケで歌うとここで異常にウケます。

一度試してみては?


エッセンシャル・ベスト 1200 欧陽菲菲
欧陽菲菲
ユニバーサル ミュージック
2018-03-21





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月21日

以前働いていた職場では、ある歌を歌うと仕事のミスが帳消しになりました。

それが、これ。細川たかし『心のこり』。




わたし馬鹿よね お馬鹿さんよね

という有名なフレーズで始まるこの歌は、ミスをして「おまえ、またやったのか」みたいな雰囲気のときに歌うと効果抜群です。しかしながら、もともと愛されてないと無理でしょうかね。これははっきり言って自慢ですが、その職場で私は愛されていました。だからこの歌を歌うと許してもらえたんですね。

というか、普通の職場では「職場で歌なんかご法度」らしいですね。歌ったらみんなが楽しくなるのに。

働き方改革はそういうところから手を付けるべきではないでしょうか。

あ、それから、この歌のタイトル『心のこり』ですが、もちろんこれは「心残り」と解釈するのが正しいのでしょうけど、職場でのミスということを考えて歌うときは「心の凝り」と捉えたほうがいいんじゃないかと。

心が凝っているからミスが生じる。その凝りをほぐすために歌を歌う。いかがでしょうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加