社会批評

2019年07月19日

京都アニメーションのスタジオが放火されて、33人もの方が亡くなってしまった事件。痛ましすぎるし、私も京アニ作品のファンなので何ともやりきれない。犯人はまだはっきりしませんが、もともと110番されるような人間らしく、悪意と被害妄想がないまぜになってやってしまったのでしょう。万死に値しますね。

日本だけでなく世界中にファンが多いから、お悔やみの声が届くだけでなく、募金活動もされているとか。友人が東京のアニメ製作会社で働いているんですが、劣悪な労働環境で知られるアニメ業界では珍しく「京アニは職場環境がとてもいい」と言っていました。

職場環境としても申し分ないし、作っている作品も良質なものばかり。何でそんな会社やそこで働いている人たちが狂人の標的にされないといけないのか! 

と激怒するのがごく普通の感覚だと思うんですが、それに水を差すツイートを見ました。



うん、確かにその通り。でも私はこういう非の打ちどころのない正論というか政治的に正しい意見というやつが大嫌いでして。相田みつをと同じ匂いを感じてしまいます。

自分が大好きな作品を作っている人たちが大勢殺された。それについて「何であんな素敵な作品を作る人たちが……」という気持ちが芽生えるのってごく普通だと思うんですよ。事件が起きたばかりのときにそこに水を差すのってどうなんだろう、と。


160407_newborn-smile4

こんなかわいい赤ちゃんを殺す親が後を絶ちませんが、ニュースを見るたびに「こんな何の罪もない赤ちゃんを殺すなんて」って思いますよね。

でも、「無辜の赤ん坊も平凡な大人もどちらの命も奪われてはいけない」なんて言う人いませんよね。赤ん坊を殺した人間への怒りであふれ返るだけです。無辜の赤ん坊より平凡な大人のほうが生産性とやらが高いからでしょう。何の役にも立ってない無辜の赤ん坊を、少しは社会に貢献している平凡な大人と同列に扱うのは政治的に正しくないからなのでしょう。京アニの事件とは真逆のケースですね。

逆に……


maxresdefault

これら多数の被害者を出した悪人たちが死刑に処せられても「彼らだって同じ人間なのだから同じ命」とは誰も言いませんよね。こちらは政治的に正しいのに、なぜ?

反論の余地があるからです。あんな悪人と無辜の人間を同じにするな! などと反駁される。ひどければ炎上でしょう。

そうです。私が非の打ちどころのない正論が嫌いなのは、絶対に反論される可能性がない安全地帯から発言しているからです。

意図的に計算しているとは思いません。無意識の計算でしょう。でも無意識だからこそよけいタチが悪いと思います。

いまは「素敵な作品を作る人たちを大勢殺すなんて絶対許せない!」と叫んでいいし、叫ぶべきです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月18日

『007』の最新作で、ジェームズ・ボンドは引き続きダニエル・クレイグが演じるものの、彼はMI6を辞め、後任の007を黒人女性が演じるというニュースが映画ファンの間でにぎわっています。


07ad45abf68df8d18e5358221de7cdb

ラシャーナ・リンチという女優さん。

私もそれはないだろう! と思いました。いくらジェームズ・ボンドじゃなく007というコードを受け継ぐだけといっても、007といえばジェームズ・ボンドであり、ジェームズ・ボンドといえばショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグといった英連邦の色気たっぷりの役者が演じてきたわけですから。

この問題について、

「やっぱりジェームズ・ボンドは白人男性でないと」
「女性を007にするなら、別のシリーズを作ればいいではないか」
「もうポリコレはたくさん!」

という声があがっているようですが、私もこのニュースですぐ思ったのは「女性が007の映画なんて見たくない」というものでした。上の三つの意見のうち、後者二つには完全同意します。

が……


寅さんが女性だったら?
AS20180906001043_commL

『男はつらいよ』の寅さんが女だったらみんないやでしょ? みたいな声も見ました。私もいやです。そんな『男はつらいよ』(というか『女はつらいよ』になるのか)は見たいと思いません。

冒頭に述べたように、007が女性というのはいやです。007はずっと女たらしの男だったわけだから、それをいくらボンドじゃないとはいえ女性に替えてもなぁ、と。だから、女性がスパイの別のシリーズを作ればいい、という意見に激しく同意します。男たらしの女スパイシリーズは面白そう。

でもそれはあくまでも「映画」の側からの意見であって、「ポリコレ」とは何ら関係ありません。ポリコレや「差別」「ジェンダー」の問題とは分けて考えないといけないと思います。


「黒人」と「女性」
このニュースに関し、『ロッキー』を引き合いに出している記事を見ました。

「いまはもう『ロッキー』が作れない。白人が黒人をやっつける映画なんかもう作れない」

いやいや、ロッキーは1作目では自分自身と闘っているんだし、2作目ではアポロと戦って勝ちますが、別に白人が黒人をやっつけるとかそういう映画ではない。それに、あの二人は3作目では厚い友情で結ばれるわけでね。

『ロッキー』の話はともかく、007黒人女性問題において「やっぱりジェームズ・ボンドは白人男性でないと」という声には「それは嘘だろう!」と言いたくなります。


イドリス・エルバ
1534236140_1

多くの人が忘れてしまっているようですが、ほんの1年前に「新ジェームズ・ボンド」としてさまざまな俳優の名前が挙がっていました。その中に黒人のイドリス・エルバもいたんですよね。

いま調べてみると、イドリス・エルバがインタビューで、

「ジェームズ・ボンドが黒人なんてありえないと言われて傷ついたよ」

と言っていたのを初めて知りましたが、今回のようにポリコレがどうのこうのとお祭り状態になったりしませんでした。

「ついに黒人ジェームズ・ボンドが誕生するのか⁉」

という、期待に満ちたコメントもありました。イドリス・エルバは色気たっぷりだから歓迎する人もたくさんいたと思われます。


男は女が恐い?
07ad45abf68df8d18e5358221de7cdb

だから、やっぱり今回の騒動で焦点になっているのは「黒人」ではなく「女性」だと思う。

ちょうど昨日、芥川賞と直木賞の発表がありました。直木賞は候補の6人がすべて女性というのが話題になりました。芥川賞も5人中3人が女性で、本屋大賞もここ数年は女性作家の作品が連続して選ばれている、と。女性が活躍しているのはいい傾向だというよりは、男性にとって脅威だ、みたいな言い方でした。

芥川賞も直木賞も選考委員の男女比は5:4だから、選ぶ人の性別は特に関係ないようです。単純に女性作家の作品のほうが質が高いのでしょう。受賞できなかったけど最有力候補と言われていた『平場の月』を読みましたが、とてもよかった。

女性の能力のほうが高いというのは、去年、どこかの大学の医学部で女子受験生の点数を一律減点して男子を優遇していた一件で明らかになりました。概して女子のほうが点数が高いのです。それはおそらく他の分野でも同じなのでは? 単にいままで男性優位社会だったから世に出られない女性が多かっただけで。

先日、アリストテレスの『詩学』を再読したんですが、「女性が男性よりもすぐれた人物を演じる劇などあってはならない」みたいな文章があって驚きました。大昔はこういうのが当然で、当の女性たちも男尊女卑の思想に洗脳されていたと思われます。

最近は男女平等ということで女性の社会進出が増えてきた。男性は自分たちの既得権益が脅かされると戦々恐々。007問題もそういうことではないの?

私もポリコレは嫌いですが、「それはポリコレだ!」というのを錦の御旗に性差別やジェンダーの問題をなきものにしようとする論調はもっと嫌いです。

いまポリコレを盾に反対の声を挙げるなら、イドリス・エルバの名前が挙がったときにも同じようにポリコレを盾に反対しなきゃ。あのとき反対した人たちはあくまでも「黒人のジェームズ・ボンドなんて」という差別意識からだったわけだし。

以下は蛇足です。


女性が「主体」の映画
かつてグリフィスは「映画とは何か」との問いに、

「女と銃だ」

と答えたという逸話があります。

その「女」と「銃」ってどちらも「客体」ですよね。「主体」である男が客体たる銃を所有し、客体たる女を奪ったり守ったり殺したりするのが物語の定型だということでしょう。


41893b9fc329e18941babb5307c7d160

ゴダールの『映画史』で、アルドリッチの名作『カリフォルニア・ドールス』が引用されるシーンがあります。画像のうちの片方の女性がリングの外からロープを飛び越えて相手にジャンプするカットだったと思いますが、ナレーションでこんなことが語られていました。

「映画の中の女性が初めて『主体』として描かれた歴史的瞬間だった」

いま書いている脚本は女性が主役なんですが、常に念頭に置いているのは、グリフィスの「映画とは女と銃だ」を否定する、ということです。先述の「男たらしの女スパイシリーズは面白そう」というのも、女が主体的に男を客体として扱う映画ってとても痛快な気がするからです。私は男ですけど、もう「女と銃」は古いと思う。

女性が主体として屹立する映画を目指します!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月10日

羽鳥さんの番組で玉川さんが「生活保護を切り下げろというのは自分の首絞めてるってことに気づいたほうがいいよ」と言ったそうです。

まさしくその通りですね。

rectangle_large_type_2_7390f8fd

画像にあるように、国民年金だけを受け取る人よりも生活保護を受ける人のほうが倍ほどもらえるということで「切り下げろ」という声が出ているようです。国民年金でもらえる額をもっと引き上げられるようにするという逆の発想が必要なのに。

しかしここでは政治的な意見を表明したいわけではなく、昨今の「生活保護バッシング」とぜんぜん違う分野の「キラキラネーム」は実は根っこが同じではないか、というのがこの記事の主旨です。


「減税日本」と「NHKから国民を守る会」
数年前には名古屋市長が「減税日本」という政党を旗揚げしましたが、私はあれはキラキラネームだと思いました。

経済には疎いんですが、あのときもいまもデフレが止まらないのだから減税をして内需を増やすのは正しい政策なのでしょう。

だから減税日本が政権を取れば当然減税をする。しかしいつまでも減税し続けるわけにはいかない。いつかは増税が必要なときが来る。そのとき「減税日本」という党名はどうするんですか? 「増税日本」に変えるの? まさか!

つまり、「減税日本」という政党名は、「将来自分たちが政権を取り、その帰結として増税が必要になるとき」という未来が見えていないからこそ付けられた名前なわけです。

ちなみに「NHKから国民を守る会」というのも同じです。NHKは時の政権の忖度をして保身に走っているのだから、NHKから国民を守る会が政権を取ったら当然NHKは彼らの心中を忖度するわけでしょう? なのに「NHKから国民を守る会」なんですか? まさか!


キラキラネーム
6809_2_1

「黄熊」と書いて「ぷう」なんて悲惨ですが(しかも女の子!)自分の子どもにこういう名前を付ける親も同様です。赤ん坊から5歳ぐらいまでなら「黄熊(ぷう)」ちゃんでもかわいいからいいですけど、その子が学校に入り、成人になり、社会に出て、還暦を迎え……という未来が見えていないのです。いましか見えていない。

その意味で「減税日本」「NHKから国民を守る会」と「黄熊(ぷう)」などのキラキラネームは同根です。「時間」の概念が決定的に欠落している。


生活保護バッシング
これも同じだと思うんですよね。
いまは普通に働いて給料を得ていても、いつ何どき事故や病気で働けなくなるかわかりません。未来の自分がどうなっているかなんて誰にもわからない。

彼らには「自分がいまと同じく生活保護を受けないで大丈夫な生活」しか見えていいない。「将来どうなるかわからない」ということがわかっていない。「時間」の概念が欠落しています。


というわけで、キラキラネームをつける親と、生活保護バッシングをする人たちは根っこが同じと思う次第です。(というか、同じ人たちなのでは?)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加