聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

社会批評

『うしろめたさの人類学』(「うしろめたさ」と「負い目」の狭間で)

うちの両親は、孫(つまり私の甥っ子)たちに誕生日やクリスマスに現金をプレゼントしています。
お年玉ならいいけどプレゼントを現金でなんて絶対ダメだ、現金がほしいと言ったら怒らなきゃ、といくら私が言っても現金をねだる孫かわいさにいつも現金を贈っています。


ushirometasano


松村圭一郎というエチオピアでフィールドワークを重ねた文化人類学者による『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)で説かれるのは、「贈与」こそが貨幣による商品交換に代わってこの世界を変える契機になりうる、ということです。

「うしろめたさ」とは何かというと、エチオピアでは乞食がぜんぜん珍しくなく、乞食に普通にお金を分け与えることが普通であると。
でも日本では物乞いに現金を与えることを良しとしません。昔イタリアに行ったとき物乞いに少額のお金をあげたんですけど、それを帰国してから言ったらいろんな人から「何でそんなことをしたのか」と非難されました。でも国境なき医師団に寄付しているというと異口同音に「偉い」という。おかしいのでは? 困っている人のためにお金を出す、という意味においては同じなんですけどね。間接的ならよくて直接はよくないというのは理解に苦しむ。

という疑問が本書を読んで氷解しました。

つまり、乞食と自分とでは圧倒的に自分のほうが豊かである。豊かな自分が直接現金を与えると、彼我の格差が顕現してそこに「うしろめたさ」を感じてしまうのだ、と。

仮に、その乞食に家まで荷物をもってもらったとして、その対価としてお金をあげるとなると、これはもう労働力として対価を支払っている、つまり貨幣と商品との交換だから少しも「うしろめたさ」を感じることがない。

寄附金には「対価」という性質はないですが、それはいまは措くとして、現代ニッポンはすべてを貨幣と商品との交換として捉える、つまり「市場」の性格が大きい。それゆえに閉塞感を感じる人が多いのではないか。

著者はまたこうも言います。
社会とは動的なもので、二人の人間の間である「行為」がなされるから「関係」が生まれるのではなく、「関係」という現実が互いの行為によって構築されていくのだ、と。

与える。受け止める。そこに「関係」が生まれる。
蓮實重彦も「映画の中である人物が何かを投げ、それが受け止められるとき、二人の間に親愛の情が生まれる」と言ってましたっけ。蓮實はホークスの『脱出』におけるライターを例に出していましたが、私がこの言葉を読んでいつも想起するのはジャッキー・チェンの『龍拳』。恨み骨髄だったはずの男が実はそれほど悪い男ではなく本当に悪い奴が別にいると悟ったジャッキーに、その男から松葉杖が投げられる。それをしかと受け止めたジャッキーが大逆転勝利を収め、二人は抱き合うという胸のすくラスト。

閑話休題。
いまの日本では「市場」ばかりが幅を利かせていて、だから貨幣と商品との交換だけの関係しかない。

それを克服するには「贈与」することが大事だと。与える。受け止める。そうやって人間と人間の関係を構築していくこと。そうすれば国家と市場経済が一体化して動きが鈍った社会に「スキマ」を作ることができる。この「スキマ」という言葉が「贈与」と並んでこの本のキーワードのようです。交換だけでなくそこに贈与をもちこむことでスキマを作る。それは社会を動かすということ。もともと動的な社会の動きを取り戻すということ。

という著者の主張に一も二もなく賛成なのだけれど、はたしてこれがいまの世の中に有効なのかと考えると途方に暮れてしまうのです。

冒頭に記したとおり、プレゼントさえ現金という形で贈られることがあり、それを当然だと思って育った人間が確実にいます。彼らはもしかすると恋人にプレゼントを渡すとき、将来自分の子どもにプレゼントを与えるときに現金を与えてしまうのではないか、という危惧をもっていました。でもいまはその危惧がもっと大きくなり、与えられる側がプレゼントとして渡された現金を喜んで受け取ってしまうのではないか。つまり、それはおかしいと訴える私のような人間が少数派になりつつあるのではないか、という危惧に変わってきつつあります。

そもそも「贈与」がこれからの社会にとって大事になってくるという主張は、内田樹先生や柄谷行人さんなど私の好きな思想家がすでに言っていることです。
それに、出版元のミシマ社を立ち上げた三島邦弘さんって確か内田樹先生の本の編集者だった人ですよね(間違っていたらすみません)。
だから、この本を読む人ってもともと「贈与が大事だ」「市場価値だけがすべてじゃない」とわかっている人たちなんですよね。

ツイッターをやっていていつも思うのは、似た考え方の人ばかりフォローしているから真逆の考え方をしている人たち(例えばネトウヨとか)のツイートを読むことがないのです。裏を返せばネトウヨたちは私や私がフォローしているアンチ安倍のツイートを読むことがない。

本来、このような本は、現金をプレゼントとして贈ってもいいと考えるような人たち、「それって何の役に立つんですか?」とすぐ訊くような人たち、金銭に換えられないものは価値がないと信じ込んでいる人たちにこそ読まれないといけないと思うんですが、それは難しい。

著者は「だから少しでも与える側の『うしろめたさ』を受け止める側の『負い目』に転換しない工夫が必要だ」というのですが、うーん、具体的にどうしたらいいのかよくわかりません。

最近は落とした物を拾って渡すと怒る人がいますよね。あれって「負い目」を感じているからなんですね。なるほど。「うしろめたさ」を感じるから乞食にお金を与えない。逆に他人に何かしてもらうと「負い目」を感じてしまってお礼を言うどころか怒る。

しかし、大事なのは「与え続ける」ことなのでしょう。わからないと思考停止してしまってはいけない。大事なのは「動き続けること」。社会は常に動いているのだから身も心も動き続けねば。与え続けねば。それがもしかすると内田樹先生の言う「おせっかい」なのかもしれませんね。




人生は単線にあらず(幸福とは何か)

昨日、ある人のツイートで、

「教師はみんな『勉強ができるからって幸せにはなれないぞ』と言うけれど、それは何らかの才能に秀でた人たちにだけ有効な言葉であって、たいていの人間が幸せになるには学校の勉強をしまくるしかないと思ってる」

という意味のがあって、かなりの数のリツイートといいねを集めていました。


DMpzKiVUEAAnIj4


うちの親父の話になりますが、私が映画の道に進むと言って専門学校に行ったり、現場に就職するも脚本家の道を行くと1年で辞めてしまったりしていた頃だったかな、こんなことを言いました。

「いままで人生には一本道しかないと思っていた。平社員から係長。係長から課長。課長から営業部長。営業部長から事業部長。そして重役。あわよくば社長」

「でも、おまえみたいな生き方もあるんだと知った」

くだんのツイート主は、まさに親父の言っていた「人生には一本道しかない」と思っている人なんじゃないですかね?

勉強を頑張っていい学校に入り、いい会社に入ってそこで出世する。それだけが「人生」だと。それだけが「幸福」だと。

だとすれば非常に愚かとしか言いようがない。

だって、それって「カネ」が人の幸福度を決めるってことでしょ? 「肩書」がその人の価値を決めるってことでしょ?

んなアホな。

世の中にはいろんな人がいるし、いろんな価値観がある。

以前の職場でこんな人の話を聞きました。あるタクシーに乗ったら運転手が女性で、女性って珍しいなと思い「なぜこの仕事に就いたんですか?」と聞いたら、「映画が好きで、休みの日は映画館を何軒もハシゴするんです。この仕事は比較的好きなときに休みが取れるから私には好都合なんです」

たぶん給料は安いのでしょう。それでも好きな映画を見れるから幸せなわけですね。
別に映画じゃなくてマンガを読むのが何より好き、旅行が好き、登山が好き、スキューバダイビングが好き、だから味のために仕方なく働く、という人生だってアリでしょう。

別に「何らかの才能」なんかなくたって、楽しむことができればいいわけです。そのためのお金があればいい。


4f2bc0f426e99e3a663dfb74d2e9fe3c


↑こういう顔になるためのお金を稼げればいいのであって、何も大金持ちになる必要なんかない。

そりゃ、難病で苦しむ人を助けたいという純粋な気持ちで「医者になるためには勉強を頑張らないと」と勉強しまくるならそれでいいと思います。

ただ、「自分がどういう人生を歩んでいきたいのか、何をしたいのか(「何になりたいか」は間違い)を少しも考えずに「学校の勉強をしまくっていい学校に入ることだけが幸せへのパスポートである」という考え方は愚かとしか言いようがありません。

ウォール街で大儲けしてる連中なんてみんな一流大学と言われる学校を出ているはずですが、そんな彼らは大勢の人を泣かせて私腹を肥やしている。

それが「幸せ」なんですか? 


小室哲哉を嫌いなままでいさせてほしい

気がつけば、好きでも何でもなかったベッキーがテレビに出てると「頑張れ!」と声援を送っている自分に気づく。大嫌いだった海老蔵を見ると親近感が湧く自分に気づく。
つい先日は、不倫が原因で引退会見を開いた小室哲哉。この人も私はほとんど理由もなく嫌いでしたが、何だかあの会見を見ていて「負けるな!」とか「また数年後にヒット曲を作って復活してくれないものか」と応援している自分に気づくのでありました。




20180118-00000015-wordleaf-02e862e2b202a786cc5811ddfe02da7b0



『人はなぜ不倫をするのか』(学校化するニッポン)

の記事でも書いたことですが、なぜ不倫ぐらいのことでギャアギャア騒ぐのかさっぱりわからない。

小室氏は「男女の関係ではない」と言っていて、介護疲れのために介護士の女性に精神的に依存していたと言ってました。
私は嘘ではないと思いますね。詳しくは知りませんが、もう何年も仕事の傍らずっと介護をしていたわけでしょう? それでこのような報道が出て引退を決意したという会見で嘘を言うとは思えない。

もし20年ぐらい前の小室全盛期に不倫報道が出て「男女の関係はない」と言ったとしたら信用しなかったでしょう。やっぱりこの男は嫌いだ、と思ったはずです。

でも今回そうならなかったのは、彼が週刊文春という不倫ジャーナリズムで食いつないでいる下賤きわまりない雑誌にコテンパンにいじめられたからでしょう。

ビートたけしは「ファンがいるのに引退だなんて理解できない」と言ってましたが、それぐらいは小室哲哉もわかってるんじゃないですか。たぶん、文春砲に対する抗議として「引退」という言葉を出したのでしょう。引退しながら復活した芸能人はたくさんいるのだから、いったんは引退して同情を引こうと。

別にそれでいいと思います。それぐらいいまの週刊文春は調子に乗りすぎてます。

ほんとか嘘か知りませんが、週刊文春の新谷編集長という人は、安倍総理や菅官房長官とかなり仲が良く、国会開会前のこの時期に大物芸能人の不倫ネタで世間の耳目を逸らせて官邸をアシストする狙いがあるとか。
もちろん、安倍にしろ菅にしろ直接的に依頼することはないでしょうが、新谷編集長はそのへんを忖度してるんだろうなぁ、と。

不倫バッシングや芸能人の私生活を覗き見するジャーナリズムという風潮がなかったら、ベッキーに声援を送ることも、海老蔵に親近感を抱くことも、小室哲哉が好きになりかけることもなかったでしょう。嫌いなままだったはずです。

そのほうがずっとよかった。

そりゃ、小室哲哉が素晴らしい音楽を作ったから好きになったというのなら、それは喜ばしいことですが、ただ単なる一介の雑誌がゲスきわまりないから相対的に好きになるというのはぜんぜん喜ばしいことではありません。

ここに書いた情報はネット上には溢れていますが、テレビや新聞、雑誌では少しもメジャーではありません。というか、一言も書かれていないし誰もコメントしない。

いまだにネットってメジャーなメディアじゃないんだな、と思う今日この頃です。

ベッキーへのタイキックで明らかになった「本ゲス」の正体

becky_thai_kick


『ガキの使いやあらへんで』で、ベッキーが「禊」と称してタイキックを見舞われたのが物議を醸しています。

かわいそう、いくら何でもやりすぎ、との声が上がっているそうで、それも当然でしょう。あれは集団リンチというよりほとんどレイプです。

しかしながら、いくら何でも「不倫した女なのだから何やってもいい」と考えていたわけではないと思います。

ベッキーが何も知らされていなかったとしたら犯罪ですが、それはないでしょう。

とすれば、問題は、あの場にいた芸人でも番組制作者でももちろんベッキーでもなく、ベッキー劇場を楽しんでいた人たちではないでしょうか。



becky_thai_kick_kawaisou-e1514726138867


今回、ベッキー側に立って非難している人たちが、ゲス不倫騒動のときにどういう発言をしていたのかは正確にはわかりません。

ただ、普通に考えて、ゲス不倫騒動のときにベッキーを非難していた人たちが今回のタイキックを非難しているような気がしてならない。

つまり、彼らは「非難できるネタ」が見つかれば炎上騒ぎに加担して楽しむだけの「本当のゲス(以下「本ゲス」)なのです。

だって、あれだけ日本中がベッキーを非難していたのに、今度はベッキーを擁護するほうが圧倒的というのは、どう考えてもおかしい。自殺に追い込まれるんじゃないかとまで心配されたほどの非難があったわけだから、普通ならいまごろ、

「これでようやくベッキーも禊がすんだな」
「あれだけ痛い思いをしたんだから復帰してもいい」
「あれではまだまだ足りないと思う」

というような声があふれてないとおかしいでしょう?

番組製作者たちとベッキーは、非難の祭りに参加したい昨今の「本ゲス」たちの心理を逆手に取ったのだと思われます。

レイプにも見えかねない暴力をベッキーに振るえばベッキー擁護の声が高まるだろう、そうすればベッキーが本当にテレビに復帰できる。

逆にいえば、あんなひどいことを自分たちでやらないかぎりベッキーの真の復帰はない。

ベッキーを本当にレイプしたのは、つまり「本ゲス」は誰なのでしょうか?


関連記事
『人はなぜ不倫をするのか』(学校化するニッポン)


地球人はいまだに天動説を信じていると思う件

o0704039614100558886

前回、元日の『スターウォーズ』の話に続いてまたぞろ宇宙の話ですが。

ちょっと前の毎日新聞一面コラム「余録」にこんなことが載っていました。

「宇宙人がもし本当にいるとしたら、なぜ地球にやってこないのか」

うーん、私に言わせれば、この発想がもうダメというか古いというか。

ごく普通に考えて、この宇宙は端から端までが150億光年もあるんですよ。比較的近場のアンドロメダ星雲ですら200万光年もの彼方。もしそこに宇宙人がいるとして、どうやって地球まで来るんですか。光の速さで200万年もかかるのに不可能でしょう。

宇宙人否定論者の何よりの間違いは、「宇宙人は地球人よりはるかに高い文明をもっている」というSFから来る先入観を前提にしていることです。もしかしたらこの地球が全宇宙で一番進んだ文明をもった星の可能性だってあるのに。まだ原始時代の星もあるかもしれないし、魔女狩りをやっている星だってあるかもしれない。これからやっと産業革命の星だってあるでしょう、きっと。

全部で途方もない数の惑星やその衛星があるのに、知的生命体がいるのが地球だけと考えるほうがよっぽどリアリティのない話だと思います。

とはいえ、今日の本題は、宇宙人がいる/いない、とか、地球に来れる/来れないの話ではなく、宇宙人がいると前提したうえで、なぜ「彼らが地球に来る」と考えるの? ということです。

地球以外に知的生命体の存在する惑星が仮に3つあるとします(実際はもっとはるかに多いと思いますが)。A星、B星、C星と名付けます。どれも地球からはるか遠く離れた星です。

A星人はすぐ近くのB星に降り立つことに成功し、それが原因でAB間で戦争が起こってしまった。そこにC星人がやってきて、両者を和解させることに成功。ABCの3つの星はとても仲良くなっている。

我々地球人のあずかり知らぬところで、宇宙人同士が戦争したり交流したりしている可能性をなぜ考えないのでしょう。


image020


それはやはり地球人がいまだに「天動説=地球中心説」を信じているからだと思います。
宇宙人がいるなら地球に「来る」はずだ、という発想がもう完全に地球中心じゃないですか。
地球なんて宇宙の片隅にひっそり存在しているちっぽけな星にすぎないという認識がない。

とはいえ、それも仕方がないのかな、とも思います。

だって、いくら地動説が正しいと理屈でわかっていても、やっぱり地球が西から東に自転してるんじゃなくて、太陽が東から昇って西に沈むように見えますから。どうしたって地球が中心に感じられる。

ということは。

宇宙人も同じなんじゃないでしょうか。

A星人は「もし宇宙人がいるとしたらA星に来るはずだ」
B星人は「もし宇宙人がいるとしたらB星に来るはずだ」
C星人は「もし宇宙人がいるとしたらC星に来るはずだ」

宇宙に存在する知的生命体は、みんな自分の星が中心だと思い、我々と同じように「来る」のを待っているんじゃないか。

というのが私の仮説です。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。