聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

社会批評

中野信子『不倫』を読んで思ったこと

脳科学者・中野信子先生の『不倫』を読みました。


不倫 (文春新書)
中野 信子
文藝春秋
2018-07-20


ソフトバンク新書の『人はなぜ不倫をするのか』と同じように、「生き物にとって不倫をするのは別に悪いことではない」というのが本書の主張。そもそも一夫一婦という制度が人間には合っていないのだと。

中野先生の『シャーデンフロイデ』や『サイコパス』でも触れられていた「フリーライダー」という言葉。共同体の決まりごとを無視して自分勝手に行動する人間。不倫は一夫一婦という制度を破って自分だけいい思いをするフリーライダー的行為だから「共同体の維持のため」という大義名分のもと断罪される。

しかしフリーライダー的に生きることに快楽を覚える人間は時代を超えて確実にいるから、いくら不倫を断罪しても不倫する人間はいなくならないだろうと。

そこから、『シャーデンフロイデ』や『人はいじめを止められない』の著者は昨今の「不倫バッシング」について語ります。

しかし、不倫バッシングについては『人はなぜ不倫をするのか』に書かれてあったことのほうが私にはいまでも充分面白いし新しい。→こちらの記事『学校化するニッポン』を参照してください。

さて、話は本に書かれていることから離れ、ここからが本題です。

芸能人の不倫を叩く人、不祥事を叩く人、とにかく何も考えずに炎上に加担する人たちにこそ、この『不倫』という本は読まれねばならないと強く思うのですが、『サイコパス』はかなり売れたみたいですが、この『不倫』はあまり売れてないみたい。

それはやはり『不倫』というタイトルにあるのでしょうね。『夫のちんぽが入らない』という名作エッセイがありますが、あれもタイトルを見ただけで食わず嫌いをする人が多い。不倫バッシング華やかなりし時代ですから「不倫」というワードに嫌悪感を催す人がたくさんいると思われます。

しかし、そういう人にこそ読まれないと意味がないですよね。なのにそういう人には届かない。

それだけでも厄介な問題なのに、『夫のちんぽが入らない』に話を戻すと、食わず嫌いの人が多いだけでなく、実際に読んでも嫌悪感を催す人が多いとかで、これはおそらく「この本は汚らわしい」という先入観が強すぎるのが原因だと思われます。先入観が読む力を奪っている。

だから、不倫バッシングに血道を上げる人たちがもし『不倫』を手に取ったとしても、先入観に支配されて読んでしまうから結局「不倫を肯定する本なんてけしからん」という感想しかもたないのではないか。

百田尚樹の『日本国紀』が話題ですが、あれも最初から「百田尚樹の本だから」というのが右派にとっても左派にとっても先入観になってしまい、読む前から感想が決まってしまっているんじゃないか。私はまだ読んでないからわからないけど、どうもツイッターの百田非難の声を読んでいると、そうなんじゃないかと思えてしまう。

そうやって、いろんな問題で日本人は断絶してしまっている。経済的にも格差は拡大する一方だし、イデオロギー的にも考え方の違う人同士の間隔は開く一方。

本を読んだり、映画を見たりするのって、自分自身が刷新されるところに無類の楽しさがあると思うんですけど、どうもいまの日本人は「自分と同じ考え方が載っている本しか読まない」という人が増えてる気がする。いまの自分の考え方を変えられるのをとても恐れている。変わったあとの自分を恐れている。


ダウンロード

もしかすると、ネトウヨさんたちが威嚇するような言葉遣いをするのは「恐れているから」ではないか。

生きているかぎり人は変化するのが普通。だから変化することを忌避するのは「自殺」に等しいと思う。

ということを『不倫』を読んで思った次第です。




人はなぜ不倫をするのか (SB新書)
亀山 早苗
SBクリエイティブ
2016-08-06

賽銭箱に万札を入れる人の心性について

前々から初詣のニュースを見るたびにこういう映像を見ますが、


21bf8c59 

お金をたくさん入れたら御利益があると信じている、というのは結局のところ、

「金さえあればどんな問題でも解決できる」

という思想をその人がもっているから、ということですよね。

最初は500円玉ぐらいから始まったはずが、何もうまく行かないからやがて千円札になり、それでもうまく行かないから5千円札になり、そして万札になる。万札も1枚だったのが2枚になり3枚になり…

その人が「金さえあれば…」という誤った思想をもち続けるかぎり、この悪循環は終わることはないでしょう。構造的にそうなっているのだから仕方がない。

断言してもいいです。

賽銭箱に万札を入れる人は不幸から逃れられないと。


 

ETV特集『長すぎた入院』(臭いものには蓋をするだけの日本人)

昨日放送されたETV特集アンコール『長すぎた入院』があまりに衝撃的かつ義憤に駆られる内容だったので筆を執りました。


maxresdefault (1)

この時男さんという方は、39年もの長きにわたって精神科病棟に入院させられていたそうです。病名は統合失調症。当時は精神分裂病と言っていたんでしょうが、17歳のときに発病して、5年前に61歳で退院するまで39年間入院生活を強いられていたそうです。39年間ですよ。失われた青春。いや、失われた人生。

退院のきっかけは東日本大震災による原発事故。原発の近くにあった病院だったため機能しなくなり、県外に移転し、それでも福島へ戻りたいという人のための「矢吹病院」で診察してもらったら「入院の必要なし」と。


DVJ6mJKVQAAWlKl (1)

矢吹病院の院長は言います。「本当に入院が必要なのは40人中2人だけ」と。何と95%もの患者が入院の必要なしというから驚愕です。

初めて知りましたが、世界中にある精神科病床の約20%が日本に集中しているそうです。入院日数の世界平均は28日なのに日本の平均は270日。ほぼ10倍。

根底にあるのは「偏見」なんですよね。

ある女性が、退院したから実家で暮らしたいと父親に訴えても「おまえは60歳だろう。何を甘えてるんだ。もう人生やめてしまえ」みたいなことを言われる。でも、その女性が長い入院生活を強いられたのは、家族が退院を拒んだからなんですよね。医師が入院の必要なしと診断しても家族の同意がないとなかなか退院は難しいらしい。

これは私事ですが、ちょいと前に母親が精神科病棟に入院して、そのときは父や私たち息子が退院を強く望んでいるということで2か月ほどで退院の許可が出ましたけど、強く望まなければたぶん死ぬまで出られなかったのでしょう。ぞっとします。

あの父親などは、自分で娘を長期間精神科病棟に丸投げしておいて、出てきたら「おまえのことなど知らん」と。同じ血の通った人間なのでしょうか。あの父親こそ入院させるべきじゃないんですかね。いや、ほんとに。


DVHuDBaU0AAkTdA (1)

でも、そのような日本だけ特異な精神科病棟の事情はさすがに世界も見捨てておけないということで、国連やWHOからの強い改善要求があり、1987年に精神保健法というのが成立し、できるだけ入院患者を退院させようという動きもあったそうです。

しかし、退院の前に「活動ホーム」というところで一定程度の社会復帰のためのトレーニングをしてから退院させようとなったのはいいんですが、今度は近隣住民から活動ホームの建設反対の運動が起こってしまう。

せっかく受け皿を作ろうという動きになっても受け皿そのものが作れないから退院させたくてもさせられない。

最近でも、保育所の数が足りないから全国各地で新しく作ろうという動きがありますけど、近隣住民の反対で……というニュースがありますが、あれと同じですね。みんな自分のことしか考えていない。

結局、臭いものには蓋をしたくてしょうがない、蓋さえ閉めておけばあとは知らないという日本人の悪い特性が如実に出ている事例だと思いました。

まだ時男さんなどは偶然の事故で出られたからいいですが、全国にはもっともっとたくさんの幽閉患者がいると思うと怒りを禁じえません。


20180217_1567281

それでも失った人生を取り戻そう、家庭をもちたい、夢をもっていれば何とかなる、と語る時男さんの言葉に胸が熱くなりました。


ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード