社会批評

2020年03月20日



精神科医・春日武彦さんの名著『顔面考』をお読みになったことはありますか?


22fc20f6

いま新型コロナウイルスのせいでマスクしている人がたくさんいますが、昔はマスクをしてるだけで電車の自分の両横だけ空席なんてことがありました(花粉症なのでね)。それぐらい「マスクをしてる奴は怪しい」と思われたのに、最近は「伊達マスク」なるものがあるというから時代は変わったものです。

とはいえ、あくまでも日本においてだけみたいですけども。外国ではマスクというのは細菌テロが起こったときにだけ装着する「特別なアイテム」だとか。あとは瓦礫の撤去作業をする人はマスクをしていないと粉塵を吸い込んでしまうので日本人と同じように装着するそうですが、インフルエンザが流行していてもマスクはつけないのが普通とか。

だから伊達マスクなんてもってのほか!

目だけ見せて鼻から下を隠すとかわいく見えるとかで大流行しているみたいですが、自分の顔は隠して他人の顔は見れるって卑怯じゃないか! と最初は思ってたんですけどね、どうも違うな、と。

マスクしてる人の気持ち悪さの正体は何だろうと考えていて、昨日やっと思い至りました。

『顔面考』には次のような記述というか、他の文献からの引用があります。めちゃくちゃ難しい文章のうえにうろ覚えなので(手元に本がない)正確ではない可能性がありますが、だいたい次のような意味です。

「顔というのは自分の鏡である。他人の顔を見たときその人がどういう表情をするかで自分がどう思われているか、つまり社会の中の自分像がわかる。つまり顔とはそれ自体がコミュニケーションツールなのである」

だから、風邪や花粉症でもなく、新型コロナウイルスの予防でもなくマスクで顔を隠している人は、他者とのコミュニケーションを自分から遮断しているわけですね。

なるほど、あのような少しもおしゃれでないファッションが流行しているのはそういうわけだったのか、だからあんなに気持ち悪かったのかとやっと腑に落ちました。いかにも現代ニッポン的。

整形疑惑なんて言葉があります。「誰それは整形している」というそれだけに特化したブログやツイッターアカウントを見たことありますが、整形って世間では悪徳以外の何物でもないんですね。私はそんなに悪いこととは思いませんが。

でも、伊達マスクは正真正銘の悪徳だと思います。他人とコミュニケーション取りたくなければ家の中から出なければいい。

それじゃ生きていけない?

それならちゃんと顔を見せて生きましょう。社会の中で生きる以上、それがルールのはずです。


関連記事
食べログ、伊達マスク、高画質ホームムービー


顔面考 (河出文庫)
春日 武彦
河出書房新社
2009-07-03


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月01日

前々から初詣のニュースを見るたびにこういう映像を見ますが、


21bf8c59 

お金をたくさん入れたら御利益があると信じている、というのは結局のところ、

「金さえあればどんな問題でも解決できる」

という思想をその人がもっているから、ということですよね。

最初は500円玉ぐらいから始まったはずが、何もうまく行かないからやがて千円札になり、それでもうまく行かないから5千円札になり、そして万札になる。万札も1枚だったのが2枚になり3枚になり…

その人が「金さえあれば…」という誤った思想をもち続けるかぎり、この悪循環は終わることはないでしょう。構造的にそうなっているのだから仕方がない。

断言してもいいです。

賽銭箱に万札を入れる人は不幸から逃れられないと。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月30日

最近、「やくざ」という言葉が放送禁止用語になっていると知り、目が点になりました。

これ、本当のことらしいです。

別に「めくら」「つんぼ」「エタ」「非人」みたいな差別される側を指す蔑称じゃないのに、いったいなぜなのか。


AS20170329002159_commL

やくざに取材できなくなった
やくざ関連の著書をたくさん出しているジャーナリストの溝口敦氏によると、

・「やくざ」という言葉は江戸時代からある言葉だけども、やくざという存在を認めている人たちが使う言葉である。
・「やくざ」をやめて「暴力団」にするというのは警察の呼称に合わせているだけ。マスコミは警察に牛耳られているから。

ということだそうです。

かつて、やくざ関係の取材をするときは、やくざに直接取材していたそうです。刑事より記者のほうが情報をたくさんもっていて、いろいろ教えてあげたとか。

ところがいまでは反社会勢力との接触を断たなければいけないから、やくざに取材できない。警察が発表することを鵜呑みにしてそのまま発表するしかない。

だから「マスコミは警察に牛耳られている」となるわけですが、だとしたら、これは憲法違反じゃないの?


放送禁止用語とは
ms3165_190326majokko01

「放送禁止用語」とは、この言葉は放送してはいけないと法律で決められている、と誤解している人がいまだに多いですが、まったく違います。

放送業界が自分たちで「こういう言葉は放送しないようにしましょう」と業界内だけで決めているただの自主規制です。

「この言葉は放送してはいけない」なんて法律は作りたくても作れません。なぜなら言論の自由と表現の自由が憲法で保障されているわけだから明らかな憲法違反です。

そして、これもあまり知られていませんが、法律と憲法の違い。

法律は、人を殺したらこれだけの刑に処すとか、権力者が大衆を縛るもの。

対して憲法は、権力者の暴走を防ぎ、大衆の権利を保障するもの。だから基本的人権も、表現の自由も、集会・結社の自由も、職業選択の自由も憲法に書かれているし、同時に、自白は証拠にならないとか拷問の禁止も刑事訴訟法ではなく憲法に書かれている。(そのとおりに運用されているかは別問題)

だから、警察がマスコミを牛耳った結果として「やくざ」という言葉が放送禁止用語になるなら、これは言論の自由や表現の自由に反するし、何より警察という権力の暴走を促すという、憲法の精神に反したものとなる。

溝口氏はマスコミを牛耳っている警察を一方的に悪者に仕立て上げたいみたいですが、私は警察と結果的に癒着しているマスコミも悪いと思う。

反社がどうとかそんなこと関係なしに取材してどんどん記事を書けばいいと思う。言いなりになったり忖度したりしてはダメ。それが「ジャーナリズム」というものじゃないの?

「やくざ」が放送禁止用語になった今回の憲法違反は、警察とマスコミのコラボレーションでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加