評論

2019年08月22日

いま、文芸評論家の三浦雅士さんが経済学者・岩井克人さんに聞き書きした『資本主義から市民主義へ』(ちくま学芸文庫)を読んでいます。




まだ途中なんですが、めちゃくちゃ面白い知見にあふれていて夢中で読んでいます。


奴隷制度は必然だった⁉
この本で一番面白いのは「会社はモノだけれど同時に法人という形でヒトでもあるように、人間もまたヒトであり同時にモノなのだ」というところ。

「人間が生物学的にヒトであるのは自明の理だけれども、社会を営む存在としてのヒトはまず何よりも『法人』という概念によって獲得されたのではないか。つまり、法人である以上は会社と同じくモノでもある。だから奴隷制度は必然だった」

うーん、これはめちゃくちゃ面白い!


ホリエモンの誤算
img_87e8cc289

ホリエモンのニッポン放送の株買い占めによる乗っ取りが失敗に終わったことが例に出され、次のようなことが語られます。

「堀江さんが『カネで買えないモノはない』といったのは100%正しい。でも、ヒトとしての会社はカネでは買えない」と。

なるほど、あの騒動の本質はそういうことだったのか。


モノとして扱われる体験
今日、病院へ行ってきました。そこでこの本で言われていること「人間はヒトであり同時にモノでもある」を体験したんですね。

精神科なので、最初は↓こんな感じです。

10230002068

「人間対人間」といったかんじですね。私の話をよく聞いてくれる。

で、瞳孔の収縮を見ます。いい画像がなかったので、膝関節を見る医者に替えます。

maxresdefault

これは人間をモノとして扱っていますね。このように、人間は相手の人間をヒトとして扱ったりモノとして扱ったりをその場の状況に応じて使い分けていることに初めて気づいたわけです。

よく、ドラマなんかで女が男に「私、あなたの物じゃないから!」とかいう場面がありますが、ああいうふうに、人間をモノとして扱うのは普通よくないこととされています。しかしながら、誰だって人間をモノとして扱ったり扱われたりしている、ということにいまさらながら気づかされた次第。


映画というカウンターカルチャー
images

映画も人間をモノとして扱いますよね。特にアクション映画がそうだし、次がポルノ映画かな。いや、どんな映画だって人間の肉体を描いているのだから、すべての映画が人間をモノとして扱っている。

黒沢清監督は、
「愛してると一言つぶやくより、一発ぶん殴るほうが映画においては決定的なのだ」
と言っています。

映画は、人間のヒトとしての心理も描くけれど、同時にモノとして物理的な捉え方もする。映画黎明期のサイレント映画ってどれも役者が不気味で怪奇的じゃないですか。あれは「モノとしての人間」が描かれているからでしょう。

資本主義が花開いた19世紀は近代文学が花開いた時代でもありました。そこでは「個人としての人間」つまり「人間精神」が尊ばれていた。「ヒトとしての人間」ですね。

その19世紀末にモノとしての人間を扱う「映画」というメディアが生まれたのは非常に示唆的ではないでしょうか。

ホリエモンは会社をモノとしてのみ見たために失敗しましたが、近代精神は人間をヒトとしてのみ見ようとした。それもまた片手落ちである。そこに映画というカウンターカルチャーが「モノとしての人間」を復活させた。

「歴史」というものの壮大さを感じるのはこういうときですね。岩井さんと三浦さんはしきりと「最終的には文学の問題だ」と言っていますが、私に言わせれば「すべては映画の問題だ」

そういえば、奴隷制度が廃止されたのも19世紀でした。19世紀は「ヒトとしての人間」と「モノとしての人間」のせめぎあいだったのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月12日

脳研究家の池谷裕二さんと作家の中村うさぎさんの対談本『脳はこんなに悩ましい』。

続編の『脳はみんな病んでいる』を先に読んだのですが(感想はこちら⇒「①AIが神になる⁉」「②この世はわからないことだらけ 」)今回は前編を読んでみました。

m40634313158_1

もう7年も前に出ているので、いまの脳科学では否定されていることもあるのかも、と思って読みましたが、なかなかどうして、とても面白い。


Googleのせいで、ではなく、おかげで
一番印象的だったのは「Googleのせいで人々の記憶力や思考力が低下している」という俗説について池谷教授が否定的なところでした。

「人は文字を学ぶことで記憶力が減退してしまった」と古代ギリシアの哲人プラトンが嘆いたという逸話が紹介され、さらに、文字がなかったころは教典や神話、伝説の類はすべて口述で次世代に伝えられてきた、だから文字発明以前の人間の記憶力はそれ以降の人間の記憶力とでは比べ物にならない、と。確かに文字という新しいツールのせいで記憶する力は減退した。

しかし文字を使うようになったおかげで文明が発達し、さまざまな文化が花開いた。だから「ワープロを使うから漢字を憶えなくていい」「わからないことがあればググればいい」というのを「退化」と呼ぶのは時期尚早だろう、と池谷教授は言います。

パソコンやGoogleを使うようになったおかげでいままで使ってこなかった新しい能力が開発されている可能性もあると。Googleやパソコン、スマホなどによって人間は新しい進化をし、文明や文化を生み出すかもしれない。なるほど。蒙を啓かれました。

次に仰天したのが、


メールを送る間隔も「べき則」
何を美しいと思うか、という問題について黄金比率というものがありますが、それらをひっくるめて「べき則」というらしい。地震や雪崩もその原則に従っているとか。すべての自然現象はべき則にしたがっていて、べき則に従っているものを「美しい」と感じるらしい。龍安寺の石庭も完璧なべき則とか。

そして、ここからが仰天ポイント。
実はメールを送る間隔もべき則に従っているそうです。何通も連続して送るときもあれば、かなり間隔を置いて送るときもある。用事で忙しいとか、ちょっとここは相手をじらせようとか。しかし、人間がどう考えようと、すべては自然法則の「べき則」に従うことになるんだとか。

ということは「自由意思」というものが非常に揺らいでくる。自由に行動しているつもりでもすべては自然の法則に縛られているのか……?

次は、実際に私が実験してみたこと。


5円玉が動く⁉
5円玉の穴に紐を通して吊るす。そのまま手を動かさず5円玉がぐるぐる動いているイメージを頭の中に描くと……あら不思議。5円玉が動いてしまう。

実際にやってみました。ほんとだ! 動く!!! イメージしただけで。

これはもちろんテレパシーとかではなく、強く念じたイメージに合わせて体が動いてしまうらしい。ぐるぐるとは回りませんよ。でも静止していた5円玉がゆらゆら動き始めたときは……恐くなってすぐやめました。

実験といえば、科学とは実験によって再現可能なものを言うとか。だから進化論は科学じゃないという意見があるそうです。なぜなら、過去は一回こっきりで再現不可能だから。ニュートンのリンゴのように実験可能なものを科学と言い、そうでないものは科学ではないと言い切る科学者がとても多いそうです。

実験はできないけど、数式で表せるかどうかも重要らしく、いま4割もの小学生が天動説を信じているという驚くべき統計が示されます。しかし池谷教授によると、天動説も地動説と同様、数式で記述できる。数式化できるからには「天動説は間違っている」とは科学的には言えないそうな。へぇ~。


自分にも「心」があると気づいてしまった人間
進化的に考えると、動物は自分よりまず「他者」に心があることを察知する能力を獲得したそうです。

例えばジャングルの茂みでガサゴソと音がしたら、その相手が敵か味方かをすぐに判別しないと死ぬ可能性がある。つまり相手に「意図」があることを仮定し、その「心」を正しく読んで対応することが必要だった。

が、動物はここまで。人間は「他者に心があるならひょっとすると自分にも心があるのでは」と気づいてしまった。

犬にも心はある。それはうちの飼い犬を見ていればよくわかります。が、彼らは飼い主たちの「心」の動向には過敏すぎるほど気にしているけれど、自分の中にも「心」なるものがあるとは思っていないよう。

一方ヒトは「自分には他者とは異なる心がある」と知ってしまった。「あなたと私は個別な存在である」と。この「私の発見」が心の進化にとって大きなステップだった。次のステップでは、自分の「心」を相手の「心」に読まれないように隠す、つまり嘘をつくようになった。動物は嘘をつかない。


男性が必要ない時代
いま、生命科学的には男性が必要ない時代を迎えつつあるそうです。なぜなら、クローン技術が急速に発達しているから。女性が自分の細胞を複製して自分の子宮で育てて我が子を産むことは既に可能。

しかし本当に「男はいらない」となって女性しかいない世界になったとき、男の目がなくてもやはり女は化粧したりするのだろうか。恋愛感情は生まれるのだろうか、と中村うさぎは問います。

女子校出身のうさぎ女史によると「女しかいなくても恋愛感情は生まれる」らしい。あの子の体に触りたい」という欲求は自然に芽生えるとか。では「恋愛感情は生殖活動のための口実にすぎない」という池谷教授の説は否定されるのか……?


天才中村うさぎ
『脳はみんな病んでいる』でも思ったことですが、中村うさぎという人はほとんど天才ですね。

他の人だったら池谷教授からこんなにいろんな話を引き出せなかったでしょう。

「セックスのときに声が出るから、逆にオナニーのときも声を出したらもっといいのかと大声出してみたら、もう超興奮!」

「薬物中毒者で自分が鳥だと思い込んでいる人がビルから飛び降りた場合と、そんなこと思っていない普通の人が飛び降りた場合、飛距離に差は出るのか?」

などなど、とんでもなくアホな、いやいや、面白い質問が飛び出します。常人には思いつかない。

中村うさぎは相槌うってるだけじゃないか、とか言う人もいそうですが、私はうさぎ女史あってのこの本だと思いますよ。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月26日

『5時に夢中!』の「ビジネス書タイトルクイズ」で紹介されていた『未来のセックス年表 2019‐2050年』を読んでみました。

読む前はトンデモ本の類かな、と思ってたんですが、これがなかなか「格差社会」「デジタル難民」「大都市と地方の格差」などのまっとうな問題をまっとうに語り尽くした良書でした。


516cT3UEjFL._SX322_BO1,204,203,200_

内田樹先生がよくこういうことを言います。

「未来予測というのはとても大事。当たるかどうかではなく、なぜ起こるべきことが起こらなかったのか、起こらないと思っていたことがなぜ起こってしまったのか、そういうことを考えるために」

この『未来のセックス年表』もタイトルはキワモノ的ですが、内容はいたって真面目です。

以下、特に興味深いと思った予測を簡単にご紹介しましょう。


少子化の果てに
2cdaf02ed2945e463dd2804acae9de35-380x285

人口減少に歯止めがかからず、2020年には、50歳以上の人口が49歳までの人口を追い抜くそうです。これは予想ではなくほぼ確実な流れ。閉経女子がマジョリティになる、という確実な未来から著者は以下のような未来予測をします。

空き家と化したマンションで高齢女性の売春が常態化する。

人口減少は高齢化だけでなく多量の空き家を生み出す。同時に、婚活やパパ活などで重宝されているマッチングアプリはどんどん高性能になり、素人の高齢女性が自宅や近所の空き家を利用して売春をするだろうと。男も高齢化するうえにマッチングアプリのおかげで相手を見つけるのに苦労がない。高齢になっても売春をするということは貧困層。だからホテル代やホテルまでの交通費はできるだけケチりたい。そこでマンションの空き家が売買春の巣窟となる。いま地方の商店街がシャッター街になっているのと同様、老朽化した団地やマンションが「妖怪団地」と呼ばれることになるだろうと著者は言います。面白い予想ですね。


テクノロジーは必ずしも「性的貧困」を救わない
2020年東京オリンピック、2025年大阪万博を口実にして、コンビニから成人雑誌が駆逐されるだろうと言われています。もし店頭からエロ本がなくなってもデジタルコンテンツとしてのエロを享受できる高齢者(高齢者とはかぎらないけど)は別にいいんですが、デジタルアダルトコンテンツにアクセスできないデジタル難民、すなわち「性的貧困者」というものが必ず出てくる。性的欲求はデジタル化できないから何とかして彼らを包摂するアイデアを見つけなればならない。

著者は明言していませんが、やはり、アダルトコンテンツにアクセスできないせいでレイプなど犯罪に走る人とその被害者を減らさねばならないということなのでしょう。

本書の後半では、AIの研究家との対談が二つ編まれているんですが、セクサロイド(=セックスロボット)を作ることは可能か、という議論があります。要は人間ではなくAIとセックスするわけです。その是非や可能性については私はあまり興味がありません(興味があるのは「神」としてのAI⇒参照記事「AIが神になる⁉」)。

仮にとても良質なセクサロイドが開発されるとすると、男の性的貧困者は救われますよね。でも女性はどうか。

すでにもう3年近く前に秋葉原にはアダルトVRを鑑賞できる個室ビデオ店というものがオープンしていて、お好みのAV女優とVRで堪能できるらしいんですね。しかも値段が60分で1500円。テクノロジーの発達に伴って安くなるのは確実ですから、性的貧困かつ金銭的貧困を抱えた男性は救われると思います。

しかしながら、先述の高齢売春にすでに表れていますが、マンションの空き家が大量発生するような地方都市にはそのような店はできないと思われます。著者によれば、その街にデリヘル店があるかどうかの基準として「人口8万人」というのがあるらしいです。それぐらいの人口がないとペイできない。だから、これからの人口減少によってデリヘル消滅の街が続出する。

では都市部は安心かというとそうでもないと私は思います。VRでAV女優相手に快楽を得られるのならデリヘルなどの風俗店を利用する人は激減するでしょう。

誰が困るかというと、当然、風俗でしか稼ぐ手段のない女性ですよね。著者によると、最近の風俗嬢は二極化していて、「フリーランス型」と「店舗型」に分けられるとか。SNSを活用して全国にフォロワーのいる女性は食いっぱぐれがないけれど、家族がいるなどの理由で地元から離れられない女性はアダルトVRとの競争にダイレクトに巻き込まれ、おそらく負ける。

そういう女性をどうやって社会が包摂していくかというのもかなり大きな問題になる、ということだそうです。

また地方都市間で風俗嬢同士の戦争が激化するだろう、とも著者は予測します。

特に沖縄では、本土から出稼ぎにきた女性ばかりに指名がつくそうです。なぜなら、身バレの心配がないため素顔を晒せるから。これはすでに起こっていることらしいですが、まったく同じことが全国の地方都市でも起こるだろうと。

東京で仕事を失った女性が、ちょっと小さ目の街(埼玉とか)へ出稼ぎに行き、そこで仕事を失った女性がもう少し小さい町へ、そこで仕事を失った女性が……というふうにしてドミノ倒し現象が起こるだろうというわけです。(だから結局、最終的なしわ寄せが沖縄へ行ってしまうのでしょうね)


一億総AV女優、一億総風俗嬢の時代
いまの小中学校性が最もよく見る動画はテレビ番組ではなく圧倒的にYouTubeだそうです。スマホネイティブの世代にとって、自らを撮影し、それをネット上にアップするというのはまったく抵抗がないばかりか「手軽に稼げる手段」なわけです。

昔はPhotoshopで作っていたアイコラも、いまではAIに一人の女性の顔データを大量に憶えさせ、その女性のいろんな角度からの顔を作らせる。その顔とAV女優が出演しているポルノ動画とを合成させれば、有名タレントや素人女性の「フェイクポルノ」が簡単に作れてしまう。だからやはりAIは神にもなれるだろうけれど、悪魔の道具ともなりうる、諸刃の剣なのですね。

アイコラを作るにはそれなりの技術が必要だっただろうし、有名人のものばかりでしたが(なかには初恋の人の卒業アルバムの写真でアイコラを作っていた輩もいるとか)これからのフェイクポルノは、誰もが簡単に被害者になりうる、というところが恐ろしい。男性も標的にされる場合もあるでしょうが、主に被害に遭うのは女性でしょう。「一億総AV女優」「一億総風俗嬢」の時代がすぐそこまで来ていると著者は警鐘を鳴らします。


セックスの「再魔術化」
d2B0ll26_400x400

最後に、一番興味深かった話題を。セックスの再魔術化、という予測。

ちょっと前から、パソコンやスマホの中にある故人のデジタル情報=デジタル遺品をどうするか、という問題がたまに話題になりますが、これからは、逆にデジタル遺品を処分するのではなく、故人のありとあらゆる情報をデジタル化して保存しておいて、VR技術と融合させ、死んだ配偶者や恋人とVRで性的快楽を得ることが普通に行われるだろう、と。

さらに面白いのは、宗教団体の教祖が亡くなったとき、その教祖の情報もデジタル情報として残しておけば「教祖と交わる権利」を販売して大儲けできる。大納得。


その他あれやこれや
以下、興味をもった話題を箇条書きで簡単に。

・射精はVRのなかで味わうものとなる。セックスの目的がオーガズムを味わうことでなくなれば、わざわざベッドの中で演技をする必要もなくなる。

・2030年代半ばには「無料ラブホ」「無料風俗」が現れる。無料の代わりにセンサーが張り巡らされた室内で行為中のデータが運営会社に提供される。性器へのウェアラブル端末「スマートコンドーム」が生まれるだろう。

・よりよいセックスを実現するためにAIにデータを提供していくうちに、その当初の目的が忘れられ、AIにデータを提供するためにセックスするようになる。そうした流れのなかで「そもそもセックスとは何か」「私たちは何のためにセックスをするのか」という哲学的な問いを突きつけられる。

・車の自動運転が実現されれば、ハンドルを握る必要がないから、移動時間を利用して食事や勉強、仕事などができる。セックスもそのひとつ。セックスインフラの「無人化」「自動化」が実現される。

・2050年、不倫という概念がなくなる。

エトセトラ、エトセトラ。

ともかく、タイトルを見ただけで引いてしまわず、お手に取って読まれることをお薦めいたします。ここに書ききれなったさまざまな未来予測にあふれています。


未来のセックス年表 2019-2050年 (SB新書)
坂爪 真吾
SBクリエイティブ
2019-03-06





  • このエントリーをはてなブックマークに追加