聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

主義・主張

やはり映画は映画館で見たほうがいいと思う理由

ちょうど1年前にこんな日記を書きました。→映画は映画館で見るべき最大の理由はこれだ!

私の考えは少しも変わりませんが、やはり「べき論」というのはちょっと押しつけがましい気がしないでもないので、今日は「映画館で見たほうがいい」と思う理由を書きます。


eigakan

ちょっと前に誰かのツイートで、
「家で独りで見るよりも、映画館で見たほうが種々雑多なエピソードと一緒に『エピソード記憶』として記憶されるから、映画館で見たほうがいいよ」
みたいなことを言ってる人がいましたが、それには一もにもなく賛同します。が、私の主張はぜんぜん違う角度からです。私の主張といっても偉い人の受け売りですけど。


kurosawakiyoshi

黒沢清監督が、『アカルイミライ』のメイキングで言っていました。

「映画館は自分と世間とのずれを知る場だと思っています。自分は悲しいのに笑っている人がいるとか、思わず笑ってしまったけど他の人は誰も笑っていないとか。人間の価値観は人それぞれだということを映画館で映画を見ることで思い知らされたんです」

確かにそうですね。家で独りで見ているぶんにはこういう感覚は味わえない。

価値観の違いといえば、こないだ驚愕したのが、あと5分で終わるというときにトイレに走る人がいたことです。え、マジで??? いま出ちゃうの、と。

もう一刻の猶予もままならない状態だったのかもしれませんが、もしかすると映画そのものが何分で何時ごろ終わるということを把握せずに見ている人もいるんだろうな、と。

私は構成の勉強のために、始まって何分でどういうエピソードが起こって……と時計で時間を測りながら見るので、予告編が何分で映画本編が何分で終演が何時何分というのは常に把握してから劇場入りしていますが、そういう人はおそらくごくごく少数派なのでしょう。

だから、あと5分でトイレに走る人を見たときに「え、マジで?」と思ったのはもしかすると私だけだったのかもしれない。トイレに走った人が特異なんじゃなくて、その人を特異だと思った私のほうが特異だったという可能性は大いにあります。

自分がどれだけ特異な存在か、またはどれだけ世間と同じ価値観をもっているかを確認できる。それが料金に含まれているのだからお得ですよね。

映画は人間を描くもの。その人間とはどういうものかを映画館で見たほうが深く理解できるのではないか。

だから、家に閉じこもって独りで見るのはもったいないと思うのです。


アニメDVDについて文句をつけたい二、三の事柄

今年の目下のところのベストワン映画は『リズと青い鳥』でして、アニメはちょいと苦手なんですが、やたら評判がいいのと、もともとのシリーズ『響け! ユーフォニアム』を見てなくても充分わかると教えてくれた人がいたので思い切って見てみたらこれがドンピシャ! あまりのすごさに言葉を失ったのでした。

で、もとのシリーズを見てみようと思ったんですが……



こんな感じで7巻に分かれてるんですよね。1枚に2話ずつ。しかも私はレンタルでしか見ないけど、画像のブルーレイBOXは5万円以上もするんですって。これは在庫切れで値が吊り上ってるのかと思ったら、1枚当たりの定価が7000円ほどで、それなら7枚プラス特典がいろいろ付いてるはずだから5万以上というのは定価でしょう。

ていうか、え? 1枚7000円??? 

get_image
試みに調べてみると、ジブリアニメがだいたい1枚4000円ほど。

高くないですか? 
日本映画のDVDは、というか、ハリウッド映画以外のDVDはほとんどやたら高いですが、それは、ハリウッド映画は全世界が市場だから単価を安くしても充分利益が上がるからでしょう? 
であれば、日本のアニメだって世界中で見られてるんだから単価を安くしてもいいのでは?

FIFAワールドカップがたけなわな今日この頃ですが、サッカー選手には『キャプテン翼』のファンが非常に多い。
というわけで調べてみたところ、『昭和版』というDVD-BOXが24枚、128話分で7930円。1枚あたり330円。それが『ユーフォニアム』は1枚7000円っておかしくないですか? 

そもそもの問題として、1枚になぜ2話しか入ってないの? これは他のすべてのテレビアニメ作品に言えることですけど。詰め込めば2枚だけで足りるだろうに。そりゃ枚数が多いほうが旨味が多いのはわかるけれども、ちょっとファンを馬鹿にしすぎでは?

というわけで私は総集編の劇場版を見ました。いろいろ解説なんかを読むかぎりではテレビシリーズと劇場版では当然ながら構成が大きく違うみたいだし、テレビでは出番の多かったキャラクターが劇場版ではほんのちょっとしか出てこなかったとかいろいろ異動があるみたいで、よけいにテレビシリーズを見たくなってしまった。

繰り返します。
アニメDVDは枚数が多すぎるうえに単価が高い!(一説によるとDVD1枚あたりの原価って100円程度らしいです)


『映画秘宝』創刊者・町山智浩の問題発言について

昨日発表のあったアカデミー賞受賞式。『シェイプ・オブ・ウォーター』の作品賞受賞についてコメントを求められた町山智浩さんが、怪獣映画がオスカーを獲得したことに感極まって言葉を詰まらせたときは私も思わずもらい泣きしてしまいそうになりましたが、その次の発言には「???」でした。


5189b7e3

「これからはゴジラもゾンビもバットマンもアカデミー賞という土俵で戦えるんですよ!」

この発言、ネット上でかなり持ち上げられているみたいですが、私には大いに疑問です。

まず、『シェイプ・オブ・ウォーター』って「怪獣映画」なんでしょうか?

確かに怪獣は出てきますが、ゴジラみたいに怪獣の破壊的行動を描くとか、ゾンビみたいに主人公を食い殺そうとするとかそういう存在じゃないですよね。「怪獣映画」ではなくて怪獣との恋愛を描く映画、だからあれは「恋愛映画」。

オスカーを受賞できたのも「愛」をメインに据えていたからじゃないですかね。私はまったく乗れませんでしたが、あの映画に票を投じた人は異形の者との愛に感動したのであって怪獣そのものに感動したわけじゃないはず。

だから、『ザ・フライ』みたいに、もとは人間だけど異形の者になってしまった男との悲恋ものなら、いまなら何らかの受賞対象になるかもしれません。でも暴れる怪獣と軍隊が戦うような、町山さんやギレルモ・デル・トロが子どもの頃に見て大いに楽しんだ「怪獣映画」がオスカーを獲得することはほぼないでしょう。

『ゲット・アウト』の脚本賞受賞で「ホラーが受賞するなんて快挙!」と喜んでいる人たちがいますが、ホラーというより黒人差別問題という古い酒を新しい革袋に入れて提示したことが評価されたのでしょうから、ゾンビ映画でいえば、ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』なら受賞の対象になるかもしれませんが、『ゾンビ』や『死霊のえじき』が受賞するとは到底思えません。

だから『悪魔のいけにえ』『ビヨンド』『ゼイリブ』のような映画がアカデミー賞を受賞することは永遠にないと思われます。
私は『悪魔のいけにえ』をこよなく愛する人間ですが、あの手の映画にアカデミー賞を受賞してほしいなんて少しも思いません。
同年に作られた刑事アクションの傑作『ダーティハリー』と『フレンチ・コネクション』は、後者にだけ栄光が与えられ、前者には何も与えられませんでした。

私はそれでいいと思っています。『ダーティハリー』ほど「無冠の帝王」と呼ぶにふさわしい映画はありませんから。

そこなんですよ。なぜ怪獣映画やホラーやアクション映画が「無冠の帝王」のままじゃダメなんでしょうか?

町山智浩さんといえば『キネマ旬報』や『映画芸術』など既存の映画雑誌が選ぶ「由緒正しきベストテン」に対するアンチテーゼとして『映画秘宝』を創刊した人でしょう? 「無冠」であることにこそ価値があるんだ、俺はそういう映画をこそ称揚したいんだ、という思いが誰よりも強い人だと思っていました。

それがアカデミー賞という「権威」のお墨付きをもらったことに泣いて喜ぶというのはどうにも解せません。

「これからはゴジラもゾンビもバットマンもアカデミー賞という土俵で戦えるんですよ!」

これは『映画秘宝』という雑誌を創刊した人間が絶対に口にしてはいけない言葉だと思います。

キネ旬に対するアンチテーゼじゃなくて「キネ旬になりたかったんだ」と思いましたもの。
『映画秘宝』を創刊したときは純粋に「日陰の無冠の帝王映画」を称揚するつもりだったのでしょうが、いつの間にか『映画秘宝』が権威と化してきたために「世界最大の権威」にすり寄るようになってしまった。

ミイラ取りがミイラになるとはこのことかと。



ギャラリー
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』(ボロ泣き!)
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード