主義・主張

2019年04月02日

昨日昼前に新元号が「令和」と発表されました。

何でも、新元号関連のツイートが450万もあったらしく、そのせいなのか休憩時間に覗こうとしてもアクセスできませんでした。

さて、今回の改元で、またぞろ「新元号なんか興味ない」などという人をたくさん見かけましたが、私に言わせれば「カッコつけているだけ」。斜に構えている自分に酔っているだけだと思う。普通の日本人なら興味あるでしょう。

というか、「元号不要論」がまた幅を利かせてきました。役所である外務省が、これからは元号を使わず西暦で行くとか。まぁ外務省は外国が相手だからそれは致し方ない。しかしながら、外国と一口に言っても西暦を使っているところばかりじゃない。イスラム歴の国と文書を交わすときはどうするんだろう(これまでどうしてきたんだろう)という素朴な疑問が湧きます。

元号がないほうが計算をしやすいという利点があるのはわかりますし、コンピュータで何でも処理するようになった現在、改元の度にシステムを変えるのはいろいろと面倒だし金もかかる。

だから元号不要論があるのは理解できます。理解できますが、私は元号はあったほうがいいと思います。

22722_main2
(平成の画像を使ったのは、単に菅が嫌いだから)

改元という「フィクション」
西暦にしろ和暦にしろ、時間的な区切りというのは「フィクション」にすぎません。

動物を見ればわかります。彼らは日付とか曜日に関係なく生きています。大晦日から元日になる瞬間に何らかの感慨を抱くなどということがありません。世紀末に不安になったり、新世紀を迎えて祝ったり、そんなことをするのは人間だけです。人間にはフィクションが必要なのです。

古来、元号というフィクションに一番求められたのは、「気分を変える」というものでした。飢饉や災害でしょっちゅう改元されていました。暗い時代といまとの間に「結界」を張ったわけですね。

いまは一世一元になりましたが、明治、大正、昭和、平成、ときて、令和。まだ「れいわ」という音の響きと「令和」の字面に馴染めませんが、そのうちに馴れるでしょう。平成だって最初は「ダッセー! 昭和のほうがかっこいい」と思ってましたから。

俗に「景気は気から」と言われますが、改元をきっかけに好景気になるかもしれません。人間は気分で生きているのだから充分ありえることです。


フィクションから意味が生じる
1990年だから平成2年ですか、キネ旬で「80年代ベストテン」という特集がありました。選者の一人である大久保賢一氏が、日本映画界の80年代に関してこんなコメントを寄せていました。

「1980年から1989年までの10年間という区切りには何の意味もない。あえて意味を見出だすなら、それは『ツィゴイネルワイゼン』から『どついたるねん』に至る荒戸源次郎の10年ということになる」

意味がないと言いながら自分で意味を言っちゃってますね。

そうなんですよ。確かに1980年代という区切りには何の意味もありません。フィクションにすぎないのだから。しかし、いったん区切ってしまえば何らかの意味を読み取ってしまうのが人間という生き物の性です。

意味があるから区切るのではありません。
区切るから意味が生じるのです。

意味が生じるということは、その区切られた時代に思い出が生まれるということ。

「80年代」「90年代」「2000年代」「2010年代」「2020年代」という区切りと、「昭和」「平成」「令和」という区切り。

西暦と和暦の両方使えば、人生は豊かになります。

だって、我が身を振り返る回数が増えるのだから。今年2019年は平静を総括し、来年は2010年代を総括する。総括とは反省のこと。反省すればより良い明日がやってくる。

元号が絶対必要だというわけではありません。そのほうがより良い人生が遅れるんじゃないかと申し上げる次第。

関連記事
平成最後の漢字一文字! 「死」「映」「夢」を抑えて1位に選んだのは……





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月26日

大阪府が公立小中学校へのスマホ持ち込みを解禁するニュースが1週間たっても巷を賑わせているようです。

直接のきっかけは昨年6月の震災で、安否確認のためということらしい。

しかし、いくら安否確認のためといっても、スマホを解禁したら依存症になる、授業が混乱する、スマホをもってない子がいじめられるなどなどいろんな反対の声が上がっているようです。


5c6b7f903b000069046b7e46

私はこのように休み時間に外で遊ばずスマホをいじる子どもが増えないように工夫するなら別にいいと思っています。

依存症については、すでに依存症の子どもってたくさんいると思う。学校が終わったらスマホばっかり見てるとか。いまさら学校で解禁したところでそういう子が増えるとは思わない。いま依存症じゃない子は学校に持ち込んでも依存症になることはないでしょう。

逆に、これをいい機会に外で遊ぶ楽しさを教えてやってほしい。
最近は公園とかでも鬼ごっことかかくれんぼとかドロケイとか缶蹴りとかやってる子どもたちほとんどいませんよね。子どもの数自体が減ってるのもあるんでしょうが、外で遊んだら危険だとアホな親が禁止してる場合も多そう。

特に小学校で大事なのは勉学よりも体力作りだと思う。体育と食育をきちんとするならあとはそれほど大きな問題じゃないだろうし、安否確認できる利点のほうが多いのではないか。

食育といえば、私の高校時代、保健体育の先生が、

「いまは魚を切り身で食べるやろ。あれはアカン。ちりめんじゃことかめざしとか、その生物のすべてをいただく『全体食』が大事」

と言っていました。

全体食? それがスマホ解禁と何の関係が?

国語の教科書ですよ。

日本の国語の教科書では、作品の抜粋しか載ってないじゃないですか。あれ、ほんとよくないと思う。ひとつの物語を最初から最後まで全部読むのが大事。

また、世界史の先生はこう言っていました。

「欧米の学校では、ある本を読んでレポートを提出するという課題がある。学校の図書館に生徒の数だけ本をそろえているからそういうことができる。日本の学校は1冊ずつしかないからとうていできない。世界史を理解するために必読の本がたくさんあるのに子どもたちに読ませることができない」

と嘆いていました。

だから、スマホなどタブレット端末の持ち込みOKにすることで、電子書籍で読めるようになるんじゃないか。あの先生の夢がかなうんじゃないか、という期待があるんです。

私自身は電子書籍が苦手です。兄貴がキンドルで中島敦の『山月記』を読んでるというので見せてもらったことがあるんですが、大好きな作品なのに少しも頭に入ってこない。でもデジタル・ネイティブ世代ならそんなことはないでしょう。むしろ日本の学校図書館に世界の古典を生徒の数だけそろえるなんて金銭的にも無理だろうし、そもそもそんな巨大な図書館を置ける土地がないのだから、スマホなどで電子書籍を読めることは教育効果が高いと思う。

家で読んだらいい?

いやいや、教室でみんなと同じものを読むのがいいんじゃないですか。ブックマークとかも簡単にできるだろうし、授業で聞いたことを書きこんだりもできるんじゃないの? よく知らないけど。

それに家で独りで読むと黙読になるでしょう? みんなで音読するのが大事だと思う。寺子屋みたいに『論語』の素読をするとか。そのためには『論語』をまるごともってないと。

マンガもいいと思うんですよ。下手な小説よりマンガのほうが面白いし真実に迫ったものは多い。「学校でマンガなんてけしからん」とか言う保守的な人間は相手にしないほうがよろしい。真面目なテーマを扱ったマンガばかりじゃなくてギャグ漫画とかもね。教室全体が笑いに包まれるなんて素敵。

とにもかくにも、国語は教育の基幹だから安否確認だけに使うんじゃなく、「読書における全体食」の楽しさ、大切さを子どもたちに教えてやってほしいと思います。

もちろん費用は税金で。自費だと家で読むことすらできない子もたくさんいるでしょうし。出版社も学校が買うぶんについては大幅に安くするとかね。再販制度があるから無理? いやいや、そういうのを変えていくために国会があるんでしょ。


20190218-00115142-roupeiro-000-36-view




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月25日



もう結構前から思っていたことではあるんですが、今日「ここもか1?」と唖然となったので筆を執りました。

コンビニの雑誌立ち読み禁止のことです。


20130822-00027183-roupeiro-000-7-view

こんなふうに縛ってあるのは私の家の付近では見たことないですが、ページを開けないように透明のテープを貼ってあったりするじゃないですか。

あれって逆効果だと思いませんか?

知恵袋でこんな質問をしている人がいました。→こちら

この人は、以前買った本かどうかを確かめたいのにページが開けないとそれができないと主張していて、それに対する答えの主がいずれもコンビニや本屋の店員の経験があるらしく、「立ち読みの弊害」を声高に叫んでいます。買ってくれる正当なお客さんが立ち読み客のマナーの悪さを嫌うらしいんですね。

で、売り上げが上がっていると。

ここで注目すべきは、立ち読み客のことを「客寄せパンダ」と呼んでいることですね。え、そうなの?

他のサイトでも、店が立ち読みを許容していたのは、外から立ち読み客が並んでいるのが見えると入ってくる客が増えるから、だそうです。




ウソだ!!!

立ち読み客が並んでいるからその店に入ろうなんて思ったことないですぜ。それに何より、雑誌そのものが客寄せパンダじゃないの???

つまり、私みたいに雑誌の立ち読みがしたくて店に入る人間が結構な数いるということ。実際、「最近、立ち読みできないコンビニが増えたよね」というと、「そうそう!」という激しく同意する言葉が返ってきますよ。

立ち読み禁止にして売り上げが上がったというのも信じがたいですが、まさかそれは嘘ではないと思うので受け入れるしかないですが、しかしですね、わたしだって雑誌を買うときはあるわけです。家でじっくり読みたいとか。立ち読み禁止になってるから買うわけじゃない。むしろ、知恵袋の質問主のように「中身がどんなものか確かめて」それから買うのが定番の買い方。

とはいえ雑誌の売り上げの数字自体は悔しいかな、上がっているのでしょう。

でもね、「雑誌の」売り上げが上がったってことでしょう? 私のように、立ち読みのついでにジュースやアイスを買うような人間の「ついで買い」は減ってるんじゃないですかね? 

ついで買いの他にも、さすがに同じ店で何度も立ち読みしてたら申し訳ないので、ほしくなくてもガム一個だけ買うとかしたことありますよ。トイレを借りたら何か買わなきゃ、と思うのと同じでしょう。

ごくごく普通に考えて「店の中に入る客」が減ったら売り上げは落ちますよね。
私も、私の周りの人たちも、立ち読みできないなら他の店に移るだけ、そこで何か買うと言ってますぜ。

だからやっぱり客寄せパンダの雑誌は立ち読みOKであったほうが、店も客も潤うと思うんですが、いかがでしょうか。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加