聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

主義・主張

江戸しぐさを考える(別に嘘でもいいのでは?)

江戸しぐさというものがあります。
ありますなんて言ってはいけないんですかね? だって巷では「あんなものは嘘だ」「捏造だ」とものすごい批判にさらされていますから。







傘かしげ


江戸しぐさの代表的なものがこの「傘かしげ」で、傘を差した者同士がすれ違うとき、お互いの傘を傾けてぶつからないようにする。

江戸しぐさとは、そういう、世間で生きていくためのマナーなんですね。「江戸時代の人たちはそのようなマナーをもって生活していた」ということで、芝三光、本名・小林和雄という人がちょっと前から広めたもののようです。

他にも、

「こぶし腰浮かせ」

こぶし腰浮かせ

乗合船などで、後から来る人のために拳ひとつ分だけ腰を浮かせて座っていた、というもの。

「うかつあやまり」

うかつあやまり

足を踏まれたほうが、「いや、私のほうがうかつでした」と言って、その場をやんわりとおさめる。

その他、約束の時間に遅れることを「時泥棒」というとか。

私は5年ぐらい前でしょうか、何かの縁で江戸しぐさに関する本を数冊読み、「へぇ、うかつあやまりって面白い」とか「傘かしげは確かにいまはやらない人がいる」とか呑気な感想をもっていました。まぁ、江戸しぐさというものを信じていたわけです。

それが昨今の江戸しぐさバッシングを見ていると、

「時間の概念がほとんどない時代になぜ『時泥棒』などという発想が出てくるのか」
「乗合船にはいまのような座席がなかった。座席がないのになぜ『こぶし腰浮かせ』などできるのか」
「当時、傘は贅沢品で、庶民はみんな雨合羽みたいなのを着て雨中を歩いていた。『傘かしげ』は絶対に嘘である」

という、至極まっとうな批判で、確かにそれも一理あるな、というか、江戸しぐさはやはり嘘であろうと思うわけです。






CfCNEOKVAAABDP91


ただ、私は「嘘でなぜいけないの?」と思うわけです。

というか、つい先日、雨の中を歩いていたら高校生の一段とすれ違ったんですが、こちらがいくら傘かしげをやっても向こうがしないから傘が衝突してお互い雨粒に濡れることになってしまいました。

おそらく彼らに「すれ違うときは傘を傾けなさい」とまっとうな注意しても聞く耳をもたないでしょう。

そこで考え出されたのが「江戸しぐさ」だと思うんですよね。
国造りの神話のように「マナー作りの神話」として。

「江戸時代の昔からそのようなマナーがある」というファンタジーを捏造することによってマナーの失われた現代にマナーを甦らせる試み。いいじゃないですか。

それを、嘘の歴史を捏造することで教育上問題がある、と批判している人たちって「正しい」ことだけが正義みたいに言っていますが、何が正しいかなんてわからんですよ。

ちょっと前まで「ビタミンCは風邪に効く」と言われていましたが真っ赤な嘘だといまでは言われていますし、歴史に関することだって、例えば聖徳太子は実在の人物として私は教わりましたが、いまは違うんでしょ。「厩戸皇子(聖徳太子)」と記述しないといけないとか。

厩戸皇子はいたのかもしれない。でも、さすがに神武天皇はフィクションでしょう。アマテラスやスサノヲ、イザナギ、イザナミにいたっては誰がどう考えても嘘です。

だから、「正しい歴史」を標榜する人は、『古事記』をも否定せねばならず、それはすなわちこの国の成り立ちを根底から否定することになりますが、そのことにどれだけ自覚的なのでしょうか。

話が大きくなりすぎましたが、つまるところ、根拠は嘘でもそれで「正しいマナー」が広まるなら別にいいんじゃないですか、というのが私の主張です。

「江戸しぐさ」という神話を根拠にしないとマナーを根づかせることが不可能な時代、ということのほうがよっぽど大きな問題だと思いますね。





一度見てつまらなかった映画を二度と見ない人について

昔、京都の専門学校時代にこんな人たちがたくさんいました。

「なぜおまえは一度見てつまらなかった映画を二度三度と見るのか。正気の沙汰とは思えない」と。

いやいや、私に言わせれば、一度見てつまらなかった映画を二度と見ないのってものすごく愚かだと思うんですよ。

そりゃ、同様につまらない可能性もありますよ。でも、仮につまらなくても、何か新しい発見があるかもしれないじゃないですか。

私にとって一度目はそれほどじゃなかったけど二度目からがすごかった映画に、

『ダーティハリー』
『ゴッドファーザー』
『グッドフェローズ』
『ザ・フライ』
『レイジング・ケイン』
『天使のはらわた 赤い教室』
『シェルタリング・スカイ』

などなど、錚々たるタイトルが並びます。

一度目はえらく感銘を受けたのに二度三度と見るうちにつまらなくなってしまった映画もありますがね。

なぜこういう現象が起こるかというと、それは「人間が日々刻々と変わっていくから」です。映画は変わりません。あれは「情報」だから。

人間は移ろいゆくものなのに、人間を常に変わらない一個の「情報」として考える、それが「情報化社会」だ、というのが14年前にベストセラーになった養老孟司『バカの壁』の主張でした。

過去の自分といまの自分は別人です。あのときはつまらなかった、でもいま見直してみたら面白いかもしれない。

仮にそうでなくとも…

一度見てつまらなかった映画を二度と見ない人の誤謬は、「自分の判断は常に正しい」と無意識に思っている、というのがこの日記の主旨です。

一度見てつまらなかった映画を二度と見ないというのは、その「つまらなかった」という自分の判断が絶対的に正しいと信じてないとできない芸当でしょ。

私は少しもそんなこと思っていません。
どうしたって見落としていることがあろうし、その日の体調だって影響するし、プライベートのあれやこれやが思考を邪魔して内容が頭に入ってこないから「この映画はつまらない」と思い込んでいる可能性だって高いのです。

仮に体調が絶好調でも、あのときといまでは感じ方が変わってくる。やはり「人は変わる」のだから。

それらすべての可能性を封じ込めて「過去の自分の判断は絶対的に正しい」と信じ込むってどうなんだと。




B&V,L&R,S&Z&TH,etc.


black-book-2006-tou-02-g


『ELLE』の日本公開がいよいよ近づいてきました。
ポール・バーホーベン監督のことを考えるといつも頭に浮かぶ疑問というか文句があります。

いま私は「ポール・バーホーベン」と書きましたが、綴りはVerhoevenなので、「ヴァーホーヴェン」と書く人がいます。

何でも「BとVは違う発音だから」というのがその理由のようです。

百歩譲って良しとしましょう。

しかし、「ヴァーホーベン」や「バーホーヴェン」という表記は許せません。どちらもVなんだから、「ヴァーホーヴェン」では? それならまだ許せます。

とはいえ、やっぱり私たちは日本人なんだから「なぜBとVの発音を区別しないといけないんだろう?」と思うのです。だって発音するときに区別してないでしょ。なら表記するときも区別なしでいいのでは?

発音が違う、ということでいえば、LとRだって海の向こうではぜんぜん違う発音ですよね。

でも、ここ日本では二つは同じ発音です。だから、コメもシラミも「ライス」ですよね? 区別する表記は存在しません。

SとTH、あるいはZとTHだって、日本語カタカナ表記するときは同じサシスセソ、あるいはザジズゼゾです。

なぜBとVだけ区別するんでしょう?


news_header_sarugado_201505_01

確かにこの人の名前は「ビム・ベンダース」と書くよりは「ヴィム・ヴェンダース」のほうが字面がかっこいい。それはわかります。でも、何でもかんでもVだからヴと表記しなきゃいけないなんておかしいですよ。

ちょっと前の映画で邦題が『オーバードライヴ』なる珍妙なものがありました。『オーヴァードライヴ』か『オーバードライブ』かどっちかにしてよ! というか私は断然後者派ですが。


蓮實重彦なんかテレビのことを「テレヴィ」と書いたりします。

何だかな~~という感じです。




健康志向の高い人が陥っている大きな誤りについて



おしなべて女性に多いのが健康志向の高い人で、よく「健康のためなら死んでもいい」と揶揄されもしますが、私はああいう健康のためにいい食べ物は何か、日々どういうものを食べたらガンにならずにすむか、あるいは寿命が延びるか、ということを考えてばかりの人が大嫌いでして。

健康志向の高い人が陥っている誤りのひとつは、

「自分は平均寿命まで生きられる」

というのを前提にしていることなんですよね。

あと40年の人生を、45年、あわよくば50年に延ばしたい。

その気持ちはよくわかります。



0J3u55X3A3Y


こんなふうになってしまっては絶対にいけませんが、でも、いくら健康に気を使ったとしても「明日突然死ぬ確率をゼロにする」ことは不可能なのです。

あと40年は生きられるという前提を保証してくれるものは何でしょうか。

それは、「死因というものは老化か病気しかない」という誤った考え方です。





dscf6116


これはごく普通の日本の休日の風景かもしれませんが、


img_8060414569c57e436b2be7dedca79116179720

こういう風景が当たり前の人たちからすると楽園以外の何ものでもありません。

戦争やテロで明日突然死ぬかもしれない。いや、明日を迎えることすら不可能な人たちがこの世にはたくさんいるということを忘れている。

よく健康志向の高まりは日本人の平和ボケと関連しているという人がいますが、本当にその通りだと思います。

この日本ですら、交通事故で突然命を落としたり、不条理極まりない通り魔に殺される可能性はあります。

日本人は「一寸先は闇」ということを忘れてしまっている人が本当に多いと感じます。

それなら、毎日毎日健康食品ばかり食べてないで、とりあえずは食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、たまに「あ、最近はちょっと脂肪を取りすぎてるからしばらく控えめにしよう」とか気をつけるだけでいいのでは?

そして、何を食べるにしても、「この世には今日食うものさえない」という人のことを常に頭の片隅に置いておくべき、ということは声を大にして言いたい!





面食いは悪いことなのか!?

私は自他ともに認める超面食いです。

だいぶ前のことですが、職場の人と喋っていて「俺は面食いだから」というと、「認めるの?」と驚愕の問いが返ってきたんですね。同じようなことはたびたびあります。

外国のことは知りませんが、どうも日本では「面食い=悪」と捉えられている気がしてなりません。

10年ほど前でしょうか。藤原紀香が陣内智則と付き合っていると噂がたったころ、職場の女性陣が「陣内と、というのはとてもいい」というんですね。誰と付き合ったっていいではないかと思いながら理由を問うと、「いままではイケメンばかりだったじゃないですか。でも今回は違うから」と。

イケメンばかりと付き合うのは女子としてよくないことなんですって。意味不明です。

ちょっと前の『5時に夢中!』でも、福原愛の結婚相手がイケメンで、以前噂のあった錦織圭もイケメンだからか中瀬ゆかり親方が「イケメンが好きなのね」と皮肉っぽく言ってました。

なぜだろう。なぜ顔で選んだらダメなんでしょうか? 

「人は見かけによらない」というのは本当です。だけれど、「見た目で判断してはいけない」というのは真っ赤なウソです。

このところ失業期間が長かったから経験的に知っていますが、面接では何よりも第一印象が大切です。だから身だしなみや清潔感、靴がきれいかどうかとか見られてるんですよね。で、人間というのは第一印象に左右されますから、そこで「何だこいつ」と思われてしまったら、いくらその後の面接で話が弾んでも、いくら筆記試験で満点を取っても落第です。第一印象ですべてが決まってしまうし、第一印象ですべてを決めてしまうのが人間という生き物なのです。

それから、昔話。
昔話に出てくる王子様やお姫様はみな容姿端麗ということにされてますよね。というか容姿端麗という特徴しか与えられていないといっても過言ではありません。

ということは、「容姿端麗=第一級の長所」と捉えられていることがわかります。言葉だけで語られる物語において顔が美しいというのは、それだけで「結婚相手にふさわしい人」と聞く者に思わせる効果がある。

なぜ人が容姿端麗の異性を好むかというと、そういう人と結婚して子供を産んだほうが、その子がモテるようになるからです。モテればまたその子も容姿端麗な人と結婚して子を産める。そうやって自分のDNAを永く残すべく容姿端麗な人を求める。

だから、面食いであることは人間の「宿命」です。誰もが面食いのはずなんです。

なのに、現実の人生で顔が美しいという理由で伴侶に選んだら批判されてしまう。面食いでないことが素晴らしいことのように語られてしまう。



2719_original



沢尻エリカが好きだというと、みんな(特に女性)は「なぜ? え、何で何で???」と聞いてきます。かわいいから、と答えるとみんないっせいに引くのがわかります。

私には意味不明です。10年前の「別に」問題はまた別の話なので割愛しますが、なぜかわいいだけで好きになっちゃいけないのでしょうか。

先日、伊達マスクについての日記 を書きましたが、女性はみんなかわいく見られようとして化粧ばかりかマスクまでしている今日。

なのに、かわいい女が選ばれると非難する。かっこいい男を選ぶと非難する。

わけがわからないのら~。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。