聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

アニメ

アニメDVDについて文句をつけたい二、三の事柄

今年の目下のところのベストワン映画は『リズと青い鳥』でして、アニメはちょいと苦手なんですが、やたら評判がいいのと、もともとのシリーズ『響け! ユーフォニアム』を見てなくても充分わかると教えてくれた人がいたので思い切って見てみたらこれがドンピシャ! あまりのすごさに言葉を失ったのでした。

で、もとのシリーズを見てみようと思ったんですが……



こんな感じで7巻に分かれてるんですよね。1枚に2話ずつ。しかも私はレンタルでしか見ないけど、画像のブルーレイBOXは5万円以上もするんですって。これは在庫切れで値が吊り上がってるのかと思ったら、1枚当たりの定価が7000円ほどで、それなら7枚プラス特典がいろいろ付いてるはずだから5万以上というのは定価でしょう。

ていうか、え? 1枚7000円??? 

get_image
試みに調べてみると、ジブリアニメがだいたい1枚4000円ほど。

高くないですか? 
日本映画のDVDは、というか、ハリウッド映画以外のDVDはほとんどやたら高いですが、それは、ハリウッド映画は全世界が市場だから単価を安くしても充分利益が上がるからでしょう? 
であれば、日本のアニメだって世界中で見られてるんだから単価を安くしてもいいのでは?

FIFAワールドカップがたけなわな今日この頃ですが、サッカー選手には『キャプテン翼』のファンが非常に多い。
というわけで調べてみたところ、『昭和版』というDVD-BOXが24枚、128話分で7930円。1枚あたり330円。それが『ユーフォニアム』は1枚7000円っておかしくないですか? 

そもそもの問題として、1枚になぜ2話しか入ってないの? これは他のすべてのテレビアニメ作品に言えることですけど。詰め込めば2枚だけで足りるだろうに。そりゃ枚数が多いほうが旨味が多いのはわかるけれども、ちょっとファンを馬鹿にしすぎでは?

というわけで私は総集編の劇場版を見ました。いろいろ解説なんかを読むかぎりではテレビシリーズと劇場版では当然ながら構成が大きく違うみたいだし、テレビでは出番の多かったキャラクターが劇場版ではほんのちょっとしか出てこなかったとかいろいろ異動があるみたいで、よけいにテレビシリーズを見たくなってしまった。

繰り返します。
アニメDVDは枚数が多すぎるうえに単価が高い!(一説によるとDVD1枚あたりの原価って100円程度らしいです)


ファーストガンダムの政治学③「戦後」を見据えるシャアの深謀遠慮

『機動戦士ガンダム』全43話の再放送がついに終わってしまいました。最終回で、またまた子どもの頃に見た記憶との相違に驚愕しました。

前回までの記事
①地球連邦軍の非情
②シャアを利用するキシリアの狙いとは 


シャアがザビ家への復讐に燃え、ジオン軍の兵士と戦っているけれどもそれは仮の姿。ザビ家の連中の寝首をかくためにそうしている、というのは憶えていました。

が、最後の最後で唯一生き残ったキシリアをバズーカで仕留めて復讐を完遂させるからか、シャアは最後までザビ家への復讐に燃えていたと勘違いしていました。



3b000533ec2a38d7500da8bda391ea62

クライマックスの白兵戦で白黒はっきりつけようというシャアは、ララァの弔い合戦をしているのだとばかり思っていました。けれど、今回見てはっきりしたのは、ララァを殺したのはアムロだとシャアが激怒しているのではなく、ララァを戦争に巻き込んだシャアに対してアムロが激怒しているんですね。同じニュータイプとして。

ではシャアはなぜもう戦争が終わろうとしているのにキシリアを殺しに行かずにアムロと戦うのか。

二人の殺し合いを止めるのはシャアの妹セイラですが、そのときシャアは言います。アムロは危険だと。ニュータイプとして覚醒しすぎた。戦争が終わればニュータイプの時代になる。そうなればアムロの天下だ、いまのうちに殺しておかねば。
セイラはまだザビ家への復讐に囚われていますが、シャアは「もうそんなことはどうでもいい」と言いきります。驚きましたねぇ。まさかこんなセリフがあったなんて少しも憶えてなかったというか、そういう物語、そういう最終回だったとは…。


362ed54d

第二次世界大戦でアメリカとソ連は同じ連合国で味方同士でしたが、イタリアが負け、日本もドイツもジリ貧状態になったとき、ルーズベルトとスターリンは味方同士として笑顔で語り合いながら同時に腹の探り合いをしていたといいます。

「この戦争が終われば、アメリカとソ連の二大大国が敵国同士としていがみ合う時代になる」と。

そのときのことを考えながら原爆開発競争にアメリカは勝ち、そして日本に投下した。

とまぁ、ちょっと話がそれましたが、シャアという男も名うての兵士だけに同じように「戦後」を見据えていたというわけですね。

しかし、「ザビ家への復讐のためにジオン軍兵士として出世する」というシャアのアクロバティカルな生き方に共感するファンのために、復讐などどうでもいいで終わってはいけないと作者たちは考えたのでしょう。

だから、最後にキシリアをバズーカで仕留めるわけですが、その理由というのが、キシリアが自分だけ部下を置き去りにするつもりで逃げようとしていることをシャアが知って「やはりザビ家の人間は許せん」と討ちに行くんですが、ここの動機づけはちょっと苦しいですね。まるでキシリアはシャアを来させるためにせこいことを言ってるみたい。

シャアの行動は理屈としては筋が通っていますし、そうでなければシャア・アズナブルではない! という思いもあるんですが、常に二手三手先を読んで動いていたシャアが爆死覚悟で…というのはちょっと…いや、だから面白いのか。

よくわかりませんが、やはりこの『機動戦士ガンダム』はシャアぬきには語れませんね。主人公じゃない人物がここまで魅力的になるとは、脚本家も夢にも思っていなかったことでしょう。


c2ce349e0f757ad9bd26c1bcf9392010-640x427




ファーストガンダムの政治学②シャアを利用するキシリアの狙いとは

再放送中の『機動戦士ガンダム』ももうあと2話で終わりです。第14話まで見たときに、ファーストガンダムの政治学①地球連邦軍の非情 と題した日記を書きましたが、今回久しぶりの更新です。

シャアがジオン広告を牛耳るザビ家への復讐に燃えており、まず甘ちゃんの末っ子ガルマを罠に陥れて死なせます。公式には「ガルマを守れなかった」ということで左遷されてしばらくシャアは出てきません。


hqdefault

シャアがいない間に出てくる魅力的なキャラがランバ・ラルで、グフの最初のパイロットですが、このランバ・ラルは「ガルマ様」と言っているし、ガルマはドズルの直属の部下だっただから、ランバ・ラルもドズルの部下なのでしょう。

さて、ガルマ戦死時点でのザビ家の人間は、

父親 デギン
長男 ギレン
長女 キシリア
次男 ドズル 

の4人です。


gundam1-021-1


この3人の権力争いが面白いわけです。

例えばキシリア直属の部下マ・クベ大佐。


2011112300455809f

2週間くらい前の回では、ギャンで出撃してすぐにアムロにやられます。子どもの頃ギャンは弱いとバカにしてましたが、マ・クベやギャンが弱いのではなく、アムロがニュータイプとして覚醒してしまったから簡単に負けたんですね。もしランバ・ラルと戦ったころのアムロだったらいい勝負になっていたでしょう。

それはともかく、マ・クベは地球にいたころ、中央アジアで金鉱を採掘する役目を負っていました。そして大きな鉱脈を発見したことをキシリア派以外の人間(つまりランバ・ラル)に知られてはならぬと部下に厳命します。ここらへんのジオン軍内部での派閥争いが今回の再見で最も面白いところです。子どもの頃は「地球連邦軍vsジオン軍」という構図でしか見てませんでしたから。複雑な政治情勢など少しもわかっていなかった。

シャアもランバ・ラルと同じくドズルの直属の部下でしたが、左遷されたあとに少佐から大佐に昇進して戦列に復帰します。キシリアの直属の部下として大佐になっているという設定ですが、ならばキシリアがシャアを引き上げた理由とは何なのか。

すっかり忘れていたシーンを昨日の第41話で見ました。まさに目から鱗!!!


aeb7e705

キシリアはシャアが自分たち一族に復讐をもくろむ本名キャスバル・レム・ダイクンであることを知っていながら引き抜いたと。シャアがララァというニュータイプを育てていることを知り、復讐よりもニュータイプのほうに興味が向いていることを鑑みたキシリアの判断だったらしいのですが、ここでシャアは恥ずかしそうにうつむいているのでおそらく図星なのでしょう。シャアがあのような表情を見せるのはすごく珍しい。

キシリアの本当の狙いは何なのでしょう? 自分たちの寝首をかこうとしている男をどう利用しようというのでしょうか。



13962ed2

ドズルはすでに数話前にアムロたちに殺されているし、デギンは昨日の回でギレンに殺されました。
連邦軍の最高司令官ネビル将軍のもとへ和平交渉に行ったデギンを「父上は年を取って弱気になられた」とソーラ・レイ・システムで殺すラストシーンでしたが、これは憶えていましたけど……え、ってことはネビル将軍も死んだということですよね。

このへんぜんぜん憶えてない。

というか、ネビル将軍といえば、地球連邦軍もジオン軍に負けず劣らずかなりえげつないんですよね。
軍人ではなく一般市民でしかなかったホワイトベースの連中をむりやり軍人にする。そうしないと軍法会議で死刑にするしかないというのもあるし、シャアと互角に戦えるアムロや、アムロたちを統率できるブライトは自軍に引き入れておきたいという政治的思惑のほうが大きいようにも思えます。

とはいえ、ホワイトベースは地球連邦軍にとって「捨て石」にすぎないというところが非情というか、富野由悠季さんの厳しい世界観の顕れです。

昔は、ホワイトベースこそ地球連邦軍の中心だと思って見てましたが、ただの「囮」だったんですね。囮である以上は都合のいいときにやられてくれればいい、とネビル将軍が考えているということであって、中央幹部たちにとってホワイトベースというのはほとんどどうでもいい存在なのです。ジオンの目をそらせてくれさせすればそれでいい。

昨日のラストシーンで、ア・バオア・クー近くに陣取っていた連邦軍の艦隊が全滅したわけだから、ずっと囮として周縁部で戦っていたホワイトベースが、戦いの中心部ア・バオア・クーに乗り込んで最終戦争に至るわけですか。なるほど。

「戦争は血を流す政治であり、政治は血を流さない戦争である」という毛沢東の言葉を思い出すならば、あと2話は全面戦争ですから「血を流す政治」しか見られないのかな。「血を流さない戦争」のほうに興味津々の当方はもうあまり楽しめないのかも。ギレンやキシリアがどういう最期を迎えるかは憶えてるし。

でも、キシリアがシャアを利用しようとした本当の理由は気になる!

続き
③「戦後」を見据えるシャアの深謀遠慮


 
ギャラリー
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード