アニメ

2019年10月25日

久しぶりに再見した『妖怪人間ベム』もとうとう終わってしまいましたが、何度も見たあの結末に、これまでとはぜんぜん違う感慨をもつことができました。

前回までの記事
「階段を這う手首」(有神論と無神論の対立)
「すすり泣く鬼婆」(神と悪魔の違いとは?)
「墓場の妖怪博士」(ベムたちは妖怪人間ではなくロボット⁉)
「博物館の妖奇」(妖怪人間は「心」の問題)


人間になる方法をついに見つけた!
妖怪人間とは「心」の問題だと前回お話ししましたが、最終第26話で中心になる素材は心というか「魂」です。


6fb68e8c

ベムたち正義感にあふれた妖怪人間とはまったく違う姉妹の妖怪が現れ、彼らは街で人間たちを拉致してきてその魂を喰らっている。ベロも肉体と魂に分離させられて喰われかけます。


381ed80c

何とかベムとベラが助けに来てベロは助かりますが、姉妹妖怪の所業を見ていたベムとベラは「あること」に気づいてしまいます。それは「自分たちが人間になる方法」です。

肉体と魂を分離させられるなら、自分たちの魂を人間の肉体に植えつければいい。「どうしてこんなことに気づかなかったのか」とベムは自嘲気味に言います。

「悪い奴らをやっつければ人間になれる」というのはただの「思い込み」であることは前回までの記事で何度も言ってきました。そしてその思い込みを彼らに植えつけたのは他でもない、彼ら三匹を生み出したマンストール博士です。

しかし、ベムたちは「本当に人間になれる方法」を知ってしまいます。

3fb031d6

ベロと同じ年恰好の男の子を見たベラは「あの子にベロの魂を乗り移せば……」とベムに囁きます。

そうです。彼らはもう少しで人間になれたのです。しかし彼らはやはりマンストール博士が作った「心」に逆らうことができなかった。

「ベロの魂を移せばあの子が死んでしまう」

いくら悪い人間であろうと「人間だけは殺してはいけない」それがマンストール博士がプログラムしたベムたちの「心」であったことは「墓場の妖怪博士」の回でお話ししたとおりです。

だからベムたちは人間になる方法を知ったにもかかわらず、それを実行できない。そればかりか、

「俺たちのような存在がいなくなれば、人間たちに悪さをする悪鬼羅刹の類をやっつけることができなくなる」

とベムは主張し、ベラも従います。どこまでもプログラムされた「心」から彼らは解放されることがない。


枷は主人公の心のあり方にこそ
よく作劇の基本に「主人公に枷を設けよ」というのがありますが、あれを単純に「主人公の足を引っ張る脇役」と解釈してしまうととんでもなくつまらないドラマになってしまいます。(かつての私がそうでした)

『仁義なき戦い』など名作の数々を遺した笠原和夫さんは「枷は主人公の心のあり方にこそ求めるもの」と言っています。

ベムたちもマンストール博士がプログラムした「心」が手枷足枷となっています。「心」の通りにしか動けない。(ちなみに、人間の「心」とロボットの「機能」はどう違うと思いますか? 実は違いなんてない、というテーマで描かれるのが業田良家先生の『機械仕掛けの愛』です)


ベムたちはどうなったのか
smile

人間になれる方法を捨て、人間になれない方法、つまり悪鬼羅刹の類との戦いに戻ることを選んだベムたちが最後どうなったのかわからないまま物語は幕を閉じますが、あのまま焼け死んだのか、それともナレーションにあるようにどこかで生きているのか。私はどっちでもいいと思います。

問題は、彼らが死んだか生きているかではありません。彼らが人間になれる方法を知ったのにそれを捨てたということです。自分たちの「心」が手枷足枷となって捨てざるをえなかった。

もし彼らに「心」なんかなかったら人間になれた。悪を憎む心なんかもたされてしまったために永久に人間になれなかった妖怪人間の哀しみ。

それで充分ではないでしょうか。(おわり)


蛇足
マンストールってmanstallって綴るんじゃないですかね? コンピュータにソフト(機能)を植えつけることをインストール=installといいますが「マンストール」は「人間の心を植えつける」という意味では?







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月23日

往年の名作アニメ『妖怪人間ベム』の感想もいよいよ佳境に入ってきました。

前回までの記事 
「階段を這う手首」(有神論と無神論の対立)
「すすり泣く鬼婆」(神と悪魔の違いとは?)
「墓場の妖怪博士」(ベムたちは妖怪人間ではなくロボット⁉)

前回では第20話「鉄塔の鬼火」まで見たうえでの感想ですが、今回は少し戻って、全26話中で一番恐いと思われる第17話「博物館の妖奇」に関してです。


spd-2163107f93b29015e06f0e46ae52a9f6

「心」という問題
ある男の子が博物館に展示されている棺桶の上の仮面を盗ってきてしまった。正義感にあふれるベロは「それはダメだ。返しに行かなくちゃ」と一緒に返しに行き、そこで様々な怪奇現象に遭遇して死ぬほど恐ろしい目に遭うという物語。

しかし「ベロたちは本当に恐ろしい目に遭ったのかどうか」がこの物語のとても面白いところです。

男の子の祖父が博物館で警備員をやっており、返しに行く手伝いをするのですが、その祖父が口癖みたいに言うのが、

「恐いと思うから恐いものが見えるんだ」

というもの。霊や霊が巻き起こす恐怖の数々は自分たちの心が生み出しているのだと。唯心論ですね。


t02100155_0210015513630759830

実際、この「博物館の妖奇」では周到な演出がなされていて、ベロたちも途中で現れる泥棒たちも「霊に遭遇したかのように」描かれていますが「そういう気がしただけ」のようにも受け取れるようにも描かれています。

そして、全26話の中でこの回だけが、ベロが問題を解決するんですね。いつもはベムとベラの助けを借りないと何もできなかったベロが仮面を棺桶の元の場所に戻して一件落着。何かおかしい。

捕まった泥棒たちも警備員の祖父も「霊には遭遇しなかった」と警察に証言していると聞いたベラは、「恐いと思ったからそんなのが見えただけだろう」と高笑いします。

はたしてベロたちは本当に恐いと思ったから霊が見えただけなのでしょうか? 私の答えは「イエス」です。


マンストール博士の誤算
「階段を這う手首」と「すすり泣く妖婆」を取り上げた回では、ベムたちの「信仰」を問題にしました。信仰とは心の問題です。そして「博物館の妖奇」でも「心」が問題になっています。心が恐怖や悪鬼羅刹の類を生み出すのだと。

そして、墓場の妖怪博士たるマンストール博士は「悪鬼羅刹の類を憎む心」をもったベム、ベラ、ベロを生み出しました。悪い奴らをやっつければ人間になれると思い込んだ妖怪を。

3人は「三つ子」のはずなのになぜかベロだけは失敗作だったようで、とても未熟です。ベムとベラはおそらく「本当の悪鬼羅刹」と「心が生み出した幻影の悪鬼羅刹」を見分ける力をもっている。でも、ベロはそういうレベルにない。そして、われわれ人間はベロと同じレベルなのです。だから、幼い男の子のみならず、泥棒も、さらには「恐いと思うから恐いものが見えるんだ」が持論の爺さんまでもが幻影に惑わされてしまう。

ベムとベラはマンストール博士が生み出した類まれな能力により、完全に「妖怪」として屹立しています。ここでいう妖怪とは「人間に悪さをする悪鬼羅刹」と「幻影の悪鬼羅刹」を見分けられる存在という意味です。

でもベロは中途半端な能力しかないから、彼だけが「妖怪人間」と呼ぶにふさわしいと思うのです。だからほとんどの回でベロが何かに遭遇してベムに助けを求める。ベロが主人公に見えるのはそのせいでしょう。我々に近い存在だから感情移入しやすい。

話がそれましたが、「悪鬼羅刹の類を憎む心」をマンストール博士は生み出すことに成功したのですが、それが結果的にベム、ベラ、ベロの悲劇を招いてしまう。それが最終話「亡者の洞穴」です。


続きの記事
「亡者の洞穴」(あの結末が意味するもの)







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月15日

いっぺんに見てはもったいないと少しずつ見てきた『妖怪人間ベム』も全26話のうち第20話「鉄塔の鬼火」まで見ました。

しかしどうも妙です。このシリーズには決定的な瑕疵があるような気がしていたんです。これは第3話「死びとの町」で感じていたことではあるんですが、気にすまいと思ってきました。だって幼少の頃から大好きな作品に重大な瑕疵があるなんて認めなくないじゃないですか。

でも、私が感じる「妙なもの」とは瑕疵ではなく、作者たちが意識的に仕掛けたものではないかと思えてきました。


前回までの記事
「階段を這う手首」(有神論と無神論の対立)
「すすり泣く鬼婆」(神と悪魔の違いとは?)

前回までは主に、ベムたち3人を「宗教」の側面から考察してきましたが、私の感じる妙なものとは「科学」の問題です。しかしここでいう科学とは「邪教」と言ってもいいものなんですが。。。

その前に私が「死びとの町」から感じている「妙なもの」から説明しましょう。


なぜベムたちは人間を懲らしめないのか
e91f40bd-s

「死びとの町」では、子どもを人身御供として悪魔に差し出さねばならないという母親たちの悲痛な叫びにベラが共鳴し、自分が棺桶に入って古井戸に投げ込まれると、何とそこでいままで差し出したはずの子どもたちが父親たちと楽しく遊んでいる。

実は、かつて死にかけた女がこの町にやってきて命乞いをしたとき、母親たちは家の戸を閉め冷酷にもその女を見殺しにした。その女の霊が母親たちに憑りつき、満月の夜に悪鬼と化すようになった。父親たちは妻たちから子どもを守るために人身御供として子どもをさらっていた、というなかなかアクロバティックな作劇がいまも新しいんですが、それはともかく、ベムたちは悪鬼と化した女の霊を懲らしめるけれども、そのおかげで人間に戻れた母親たちを懲らしめないのはなぜなんでしょう?

どう考えても、母親たちが女を見殺しにしたのが悪の根源ですよね。それがなければ女が悪鬼と化すこともなかった。なのに被害者も同然の女だけやっつけて加害者の母親たちはお咎めなしっておかしいのでは?

私が「瑕疵」と感じたのはここです。

「悪を倒して一日も早く人間になりたい」と言っているベムたちが「本当の悪」を倒さないのはなぜなのか。確かに母親たちには子どもや夫がいる。でも再び同じことをしでかさないとはかぎらない。少なくとも言葉で彼女たちの非を咎めてもいいのでは?

それは第16話「山荘の妖鬼」や第19話「古井戸の呪い」でも感じました。

t02110162_0211016213629983985

「山荘の妖鬼」では、狼の化身が人間を殺して仲間の狼に食べさせてやっているのですが、それは人間が山奥に山荘を建てたために餌が激減し、その復讐として人間を殺している。でもベムは狼たちだけを殺して山荘を建てた人間(登場しませんが)の悪事は不問に付します。


DURvywBXcAE-i9Z

「古井戸の呪い」では、古井戸の中の悪霊がガスコン家の娘に憑りつき、周りの人間を次々に殺していきます。悪霊は言います。「私の先祖はガスコン家の先祖の手でこの古井戸に投げ込まれた。だから私はガスコン家の人間を次々にこの古井戸の中に葬ってやった」と。

そう、悪いのはガスコン家の人間です。この回の冒頭、ひどい暴風雨のためベムたちが雨宿りだけでもと懇願してもガスコン家の家長である爺さんは「ダメだ!」の一点張り。ベロを気に入った孫が口を利いてくれたおかげで馬屋で何とか一夜しのげることになったものの、あの爺さんの物言いはひどい。

おそらく、ガスコン家の人間は代々あのような他人をいたわることのないわからず屋ばかりだったのでしょう。それを恨まれたのだから自業自得です。でも、ベムがやっつけるのは被害者も同然の悪霊だけ。そして加害者も同然のガスコン家の爺さんには「こういうことは早く忘れたほうがいい」とだけ言い残して去っていく。

そしてきわめつけが第20話「鉄塔の鬼火」です。

DUUzuLCU0AA-vDq

世界でも五指に入る372メートルの鉄塔の建設にかかわったもの全員が殺されていくのが物語のあらましで、実は、この鉄塔の足場はかつて墓地だった。墓地を荒らしたということで、眠りから無理やり醒めさせられた亡霊たちが設計士や建設作業員を呪い殺していく。だからこれも「霊なんてコンクリートで固めてしまえばいい」という人間のほうが絶対的に悪い。

でもベムは霊だけをやっつけて人間たちの悪行は不問に付すのです。

ベムたちの「正義」はいったいどこにあるのでしょうか?


第10話「墓場の妖怪博士」
DPNOQNQVoAA_Ap9

ここで思い出されるのが第10話「墓場の妖怪博士です。このマンストール博士というのが実はベム、ベラ、ベロを生み出した人なのです。

ゴーレムという悪人からベラの写真を渡され「この女と同じ姿かたちで、悪いことしかしない人間を作ってほしい」と依頼され、まさにそのような女を作り出します。ベムたちは彼らをやっつけたあと「俺たちもあの家(博士の家)で生まれたのかもしれない」というだけで、劇中ではマンストール博士が彼らの生みの親とは明かされませんが、今回発売されたDVDの特典ブックレットによると、50年前のパイロット版がそういう内容だったそうです。

そのパイロット版が収録されていないのが歯痒いのですが、それはともかく、悪いことしかしない人間を作ろうとしてまさしくそのような人間を作れるマンストール博士がベムたちを作ったとすると、これは完全な想像ですが、

「人間に悪さをする悪鬼羅刹の類だけを懲らしめ、人間自身には決して手出ししない妖怪人間」

それがマンストール博士自身の狙いなのか、他の誰かからの依頼なのかはまったくわかりませんが、ベムたちは「そのようにプログラムされた生き物」と考えればすべてに合点がいきます。

前回までの記事で、ベムは「正しいことをしていればいつかきっと人間になれる」という「宗教」を信仰していると言いましたが、それももしかするとマンストール博士による「プログラム」なのかも……。

ベムたちは妖怪人間ではなく、正しくは「人造人間」であり、もっといえば「悪鬼羅刹の類を懲らしめ、人間にだけは手を出さない」とプログラミングムされた「ロボット」のようなものなのでしょうか。

でも、第18話「謎の彫刻家」では人間である彫刻家を殺しますよね。ただ、あれは正確には勢いあまった彫刻家が自分から窯の中に飛び込んで死んでしまったのだし、自分は芸術家だと豪語し「芸術のために」人殺しを重ねていた彫刻家に対し「このほうがあいつも安らかに眠れるだろう」と言いますから、ベムにとっては悪鬼羅刹の類だったのかもしれません。

『妖怪人間ベム』最大の謎は、最終回でベムたち3人がどこへ行ったのか、死んだのか、それとも……というところなんですが、この観点で見ていくと新しい発見があるような気がします。もったいないとか言わずに一気に最後まで見てみようかな。


続きの記事
「博物館の妖奇」(妖怪人間は「心」の問題)
「亡者の洞穴」(あの結末が意味するもの)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加