バラエティー

2018年05月03日

歯に衣着せぬ男、梅沢富美男が『梅ズバッ』で未婚ハラスメントをしたと昨日ツイッターで見ました。


umezawatomio

番組そのものは見ていません。ユーチューブにあるかなと思ったけれどなかった。でもまぁだいたいわかりますよ。ゲストの吉田羊と楠田枝里子に「何で結婚しないんだ」と言ったとかで、この人がどういう言い方をしたかくらいは見なくてもわかる。

あらかじめ断っておくと、私はこのオッサン好きですよ。もしかすると、クリント・イーストウッドが2年前の大統領選挙のとき「みんなポリティカリー・コレクトネスにはうんざりしているんだ。だから俺はトランプに投票する」と言ったのと同じかもしれません。
私はトランプは嫌いでしょうがないけど、梅沢富美男は大好き。言いたい放題だけど嫌味がない。でも、嫌味があるかないかという感じ方は人によって違うのでしょう。

で、当のツイート主の主張は、「なぜ結婚しないんだ」という未婚ハラスメントが昔から横行していて、もういいかげんやめてほしい、というものでした。

わからないではない。私もこの歳で未婚だから「なぜ」とか「同い歳の人はみんな結婚して子どももいる」とか言われるともちろんいい気はしません。でも、それをハラスメントだとかこの世からそういう発言をなくすべきだとか、そんなこと思ったことないです。

人間は言葉でコミュニケーションを取る生き物で、言葉が刃物になることがある。誰のどんな言葉だって刃物になりうる。だってその人が何を嫌がるかはその人自身にしかわからないから。

繰り返しますが、私自身は「なぜ結婚してないの」と言われるのはいやです。いやだけれどハラスメントだと告発するつもりはない。私が相手を知らず知らず傷つけていることも多々あるだろうし。もし結婚したら未婚の人に「なぜ結婚しないの」って言っちゃうと思うし。

そう、人間は刃物となりうる言葉でコミュニケーションを取るのだから、常に心を傷つけたり傷つけられたりという状況にある。

どうも最近の人たちは傷つきやすくなっていませんかね? ツイッターでも「自分の好きな映画をけなされるのがすごくいや」と言ってる人たちがいます。好きな映画を否定されると自分が否定されたように感じるんですって。そんなの単に感じすぎなだけしょう。

「なぜ結婚しないの」はハラスメントだと思います。だけど、すべての言葉がハラスメントになる可能性がある以上、ハラスメントを完全追放するのは不可能です。



hage

私は禿げてますけど、自分からハゲを笑いのネタにするから周りは逆に安心するそうです。それはおそらく、この人には少々のことならハゲハラにはならない、というサインになるからでしょう。それぐらいハラスメントということに対して言われる側はもちろん、言う側もセンシティブになっている。

そりゃ私だって、こちらが笑いのネタにしているからといって度を越した言葉や笑いにはいやな気がしますけど「人間はそういうもの」と思ってやり過ごしています。やり過ごせばいいだけの話じゃないの? 

すべてのハラスメントをやり過ごすべきだと言ってるんじゃないですよ。やり過ごせないほどひどいなら、「おっぱいもませて」の事務次官や「このハゲーーーー!」の議員の例みたいに録音して訴えて社会的制裁を受けさせるべきでしょう。でも「何で結婚しないの」ぐらいの言葉がそれに該当するとは思えない。

どうもいまの世の中は、「どこまでもクリーンでなければならない」という強迫観念が蔓延していると思う。少しでも心地よくないものはこの世から追放しましょうと。

抗菌グッズの売り上げを表す折れ線グラフと、アレルギー患者の増減を表す折れ線グラフは完全に一致するそうです。

過ぎたるはなお及ばざるがごとし。きれいすぎるのも問題なのでしょう。

いまの日本人は「自分は被害者になる可能性がある」ということをデフォルトにしています。それでは片手落ちで、「被害者になる可能性もあるし同時に加害者になる可能性もある」というのをデフォルトにしないといけないと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月11日

今日の『ワイドナショー』を見ていたら、最後に松本が「あれ? 今日は貴闘力さんは? レギュラーやのに」と冗句を言ってましたが、フジテレビは本気で1コーナーだけのゲストではなくメインコメンテーターとして出演交渉をしていると。

いいですねぇ。だって、あの昭和の大横綱・千代の富士を引退に追いやった男ですよ。

cf44ade7

あのとき、千代の富士は初日に確か貴乃花と当たって負けたんですよね。で、2日目に板井と当たって勝ち、まだ行けるかと思ったら3日目貴闘力に負けて、あの有名な「体力の限界! 気力もなくなり・・・」という引退会見と相成りました。

形としては貴闘力が引導を渡したんですが、実質的には初日の貴乃花に負けたときに「もう俺の時代は終わった」と思ってたはず、と当時は誰もが言っていました。

だから、そんな心境の千代の富士に2日目で負けた板井の立場がないなぁ、と当時思ったことを鮮明に憶えています。

ちなみに板井とはこんな力士↓


77d2c19b

貴闘力は賭博問題でクビになり、いまはただの焼肉屋のオーナーみたいですが。それでも大鵬の娘との間に子どもをもうけてその子が角界入りしているし、角界の事情通として3週連続してワイドナショーに出演。二言目には「江戸時代では……」と江戸時代の例を出して解説するのが得意スタイル。

政治でも芸能ネタでも「江戸時代では……」で行くのか。とにかく貴闘力自体が面白いうえに、とってもチャーミング。ウソの言えない人柄が滲み出てますよね。それに松本がやたらいじりたくてしょうがないみたいなので、これは楽しみ。早速来週出てもらいたいもんです。

それか、相撲協会がまた不祥事を起こすとか。(笑)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月14日

20180105193049

『ガキの使いやあらへんで』で浜田がエディ・マーフィの物まねと称して顔面を黒塗りしていた問題。世界中で非難の嵐なのに今日の『ワイドナショー』でも、

「差別の意図はなかった」
「お笑いがどんどんつまらなくなる」

などの頓珍漢なコメントばかりだったのが残念です。

差別を考えるときに大事なのは、「宿命」と「運命」ということだと思うんですよね。

この二つがどう違うかについては、私はいつも伝説の雀鬼・桜井章一さんの定義を参考にしているんですが、

「宿命」とは「本人の意志では変えられないこと」
「運命」とは「本人の意志で変えられること」


ということになります。

だから、自分の親がどういう人間とか、どこで生まれたとか、自分の名前とか、性別、遺伝的な疾患、そして肌の色などは「宿命」です。

これに対して、同じ名前でもハンドルネームやペンネームは「運命」の範疇ですし、どういう仕事に就いて、どこに住んで、誰と結婚するか、などもすべて「運命」です。

差別というのは、「宿命」を茶化すことだと思うんですよ。

エディ・マーフィの物まねと称して顔を黒く塗る。差別の意図はなかったというのはおそらく嘘ではないのでしょう。でも、あれを見た黒人たちは不快になる。それは浜田が黒い肌に生まれた人の「宿命」を背負ってはいないからです。撮影が終わればすぐに元の肌に戻せるのだから。


4e1cbafd

もう10年近く前、『トロピックサンダー/史上最大の作戦』という映画がありました。ロバート・ダウニーjrが演じた狂気の役者は、黒人の役を演じるにあたり、黒塗りではなく手術によって本当に肌を黒くしてしまいました。

この映画が『ガキ使』のような非難を浴びなかったのは、黒塗りじゃなかったからだと思います。そりゃま、実際は黒く塗ってるだけですけども、あくまでもお話の中では肌そのものを黒くした、つまり、黒人の宿命を背負った役どころです。

手術で変えられたということは手術で元に戻せるということでもありますが、単に肌を黒く塗るのとでは覚悟のあり方にあまりの差があります。

見た目を黒人に似せるなら、黒人と同じ「宿命」を引き受けるぐらいの覚悟をせねばならない。

黒人たちが肌の色を理由に理不尽な扱いを受け続けているのは「宿命」の範疇の問題ですが、今回、浜田らが非難されたのはただの「運命」の問題です。

運命ならば変えることができるのだから、これを機に考え方を改めたほうがいいと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加