バラエティー

2020年03月31日

志村けんが死んだ。職場の同僚さんはショックで立ち直れないと休んでいる人がいますが、私はそれほどではないものの結構なショックを受けています。

『8時だョ! 全員集合』より『ドリブの大爆笑』のほうが好きだったし、周りもだいたいそんな感じでしたが、いまだにはっきり憶えているドリフのコントは『全員集合』のやつなんですよね。

なぜかはわからないが、あまりに面白くて翌日の授業中にも噴き出してしまい、廊下に立たされたほど。

YouTubeにあるかなと思って検索したけれど、ヒットしない。同じようなのがあったけど、違うんですよね。私が見たのは小泉今日子がゲストで出てるやつなのです。でも、いいのさ。憶えてるから。

どんなコントかというと、「ドリフの国語・算数・理科・社会」というのがありましたよね。あのシリーズの1本です。

仲本工事も高木ブーも加藤茶ですらその他大勢の一人。完全にいかりや長介と志村けんの二人芝居でした。」


x1080.jfif


以下、採録します。


いかりや「いいか、みんな。ここにリンゴが5つあります」
志村けん「誰の」
いかりや「誰のでもいいんだ。ここにリンゴが5つあります」
志村けん「だから誰の」
いかりや「だから誰のでもいいんだよ!」
志村けん「誰のでもいいってそんなのあるかよ。誰のかわかんなかったら気色悪い。なぁ、みんな!」
いかりや「わかったわかった。じゃ先生のだ。先生のリンゴが5個あります。そのうち3個食べました」
志村けん「誰が」
いかりや「誰でもいいんだよ!」
志村けん「誰かわからないのに食べたって言われてもなぁ」
いかりや「じゃ、おまえだ。志村が食った」
志村けん「先生のリンゴ食べるなんて俺そんなことしねえよ」
いかりや「じゃ先生だ。先生が自分のリンゴを3個食べた。それでいいな?」
志村けん「先生さ、いろいろさっきからめんどくさいこと言ってっけど、それって結局5引く3でしょ?」
いかりや「え、志村……おまえわかるのか」
志村けん「5引く3なら最初から5引く3って言ってくれたらいいのに誰のリンゴが5個あるとか何とか言うからややこしくなっちゃうんだよ。先生、俺たちのこと馬鹿にしてるだろ」
いかりや「志村、先生悪かった。謝る。よし志村、行くぞ。5引く3は?」
志村けん「わかりません!」

ドヒャアァーーーーーーーーーーー!

とまぁ、こんな次第。

しかし、ドリフって同じネタをアレンジして再演したりしてましたっけ? 私が憶えているのは確かに小泉今日子がゲストのやつなんですけどね。

もしかしたら自分で自分の記憶を勝手に捻じ曲げてしまっているのか。

それはそうと、さっきテレビで「おととい亡くなったコメディアンの志村けんさん」と言っていたけれど、確かに志村けんやいかりや、ひいてはドリフターズの面々は「コメディアン」という呼称がふさわしい。「お笑い芸人」というと何か気の利いたコメントをする人、程度の意味合いしかないような気がします。

コメディアンと呼べる人が少なくなったこの時代に、巨星がまたひとつ墜ちました。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月28日

昨日の『5時に夢中!』で、「グラビア2秒説」というのが取り上げられていました。


toumi1 (1)

何でも、あるカメラマンが、週刊誌などの美女のグラビアに関して、

「コンビニでお客さんが自分が撮ったグラビアを2秒間見てくれたら、それでいい」

みたいなことを言ったそうです。

グラビアなんて一目だけ見てページをめくることが多い。それは私の経験からも言えます。誰しもそうじゃないかな。

だから、2秒だけでも見入ってくれたら撮った人はうれしいらしい。それが「グラビア2秒説」。

それを聞いて、「カメラマン一瞬説」という言葉が浮かびました。

撮影所にいたとき、Yさんという、重役も頭の上がらないカメラマンがいて幅を利かせていたんですが、撮影部にはあとSさんとHさんという人もいて、このHさんがとんでもないカメラマンだったんですよ。

とんでもないというのは「カメラマンとしての才能がとんでもない」ということ。

引きの画が持ち味の人だったので録音部泣かせでしたが、ラッシュを見ると、映った瞬間に「スゲーーーー!」ってなるんです。

何でこのカットを200ミリの望遠で撮るんだろうと現場で不思議だったのが、撮られた映像を見ると、なるほど、こういう画が撮りたくて望遠だったのかと驚嘆しました。

だから「カメラマン一瞬説」。

Hさんより上の立場だったYさんの撮った画を見て胸打たれたことなかったですもん。

カメラマンの才能ほど一目でわかるものはありません。おそろしや。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月08日

『5時に夢中!』は今日も、滝川クリステルと小泉進次郎の結婚を取り上げていて、というか、滝クリと同じく神戸出身の宇垣美里のコメントが紹介されていました。


koUjRzRuCiDSp

神戸の神格化
宇垣は高校の後輩だから当然知っていたけれど、滝クリが神戸出身とは知らなかった。それはともかく、二人の結婚についてイベントで語ったとされる言葉は、

「神戸の女性は自立している」

というもので、え、そうなの? と。

コメントを求められた同じく神戸出身の大橋未歩(何と彼女は須磨区出身とか。私も30年前まで須磨区在住でした)は、

「なぜ神戸ってここまで神格化されてるんでしょう」

と神戸人なら誰もが抱いている疑問を口にしました。

そうなんです。なぜか神戸は「おしゃれ」とか何とかポジティブなイメージがあるらしく、それでいて「気取ってる」という裏返しのネガティブなイメージもないらしい。


o1046058314384284904

大橋未歩は最後に「神戸の女は品がいい」と言っていましたが、あれは冗談にしても、そういう冗談が嫌味にならない何かがあるような気もします。


大阪人の神戸コンプレックス
一番それを強く感じているのは大阪人じゃないですかね。

以前、ケンミンSHOWでやってました。

「大阪のおばちゃんに、奥さん、何かちょっと神戸っぽいですね、というと異常に喜ぶ」と。

確かに、大阪の人と喋っていると「神戸にだけはかなわない」みたいな強烈なコンプレックスを感じます。なぜそこまで? ほとんどお隣さんじゃないですか。なぜそこまで。

大阪人の東京コンプレックスは有名ですが、あれは裏返ってほとんど殺意みたいな感じになっちゃってますけど、なぜか神戸コンプレックスは少しも裏返らず、素直に「参りました」という感じらしい。


美人が多い
神戸人同士で喋っていると、「神戸なんてそこらへんの小さな街と何も変わらない」とみんな口をそろえて言いますけどね。

しかし、ちょっと前に東京に住んでいたとき、東京生まれの人間ですら「神戸って美人が多いらしいですね」と言ってきた。「それはただのイメージでは?」「横浜みたいな?」「そうそう!」と少しも東京人の横浜イメージを知らないくせに肯定しちゃいましたけど、しかしよく考えてみれば、神戸と東京では人口が10倍近く違うのに美人に遭遇する頻度があまり変わらない。ということはこっちのほうが美女率が高いのか。うーん、わからない。ま、確かに北川景子とか藤原紀香とか戸田恵梨香とか美人芸能人はたくさんいるけど。(他に誰がいるのか忘れちゃった。能年玲奈と有村架純は神戸じゃないですよね。兵庫県ではあるけど)


インスタントラーメン
もう20年ほど前ですけど、何かの番組で京阪神をまたにかけるナンパ男たちにインタビューしていて、彼ら三人が意気投合していたのが、

「大阪や京都の女と違って、神戸の女はインスタントラーメンなんか食わへん」

ということでしたが、まさか! 普通にカップラーメン食ってまっせ!


神戸スイーツ
そういえば東京にいた頃、「神戸はスイーツが種類も多いしおいしいし」と言われたことがあって、さすがにそれに関しては「そうかもしれん」と思ったものの、仙台から移り住んできた人に言わせると、こっちのスイーツはダメだそうです。仙台のほうが断然いいと。他は神戸大好きだけどお菓子だけは不満と言っていました。

その人からもらった「萩の月」ってお菓子は確かにめちゃくちゃうまかった!

というわけで、神戸がなぜここまで神格化されているのかは、結局わかりませんでした。(笑)

イメージだけが一人歩きしてるんでしょう。宇垣だって別にそれほどの美人じゃないし。かなりの闇キャラであることが明らかになってしまったし。


関連記事
宇垣美里が好きになった(週刊文春エンタを読んで)
関西人は必ず話にオチを求めるという「都市伝説」について
宇垣美里『風をたべる』(後輩に教えられた絶望との付き合い方)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加