バラエティー

2019年08月08日

『5時に夢中!』は今日も、滝川クリステルと小泉進次郎の結婚を取り上げていて、というか、滝クリと同じく神戸出身の宇垣美里のコメントが紹介されていました。


koUjRzRuCiDSp

神戸の神格化
宇垣は高校の後輩だから当然知っていたけれど、滝クリが神戸出身とは知らなかった。それはともかく、二人の結婚についてイベントで語ったとされる言葉は、

「神戸の女性は自立している」

というもので、え、そうなの? と。

コメントを求められた同じく神戸出身の大橋未歩(何と彼女は須磨区出身とか。私も30年前まで須磨区在住でした)は、

「なぜ神戸ってここまで神格化されてるんでしょう」

と神戸人なら誰もが抱いている疑問を口にしました。

そうなんです。なぜか神戸は「おしゃれ」とか何とかポジティブなイメージがあるらしく、それでいて「気取ってる」という裏返しのネガティブなイメージもないらしい。


o1046058314384284904

大橋未歩は最後に「神戸の女は品がいい」と言っていましたが、あれは冗談にしても、そういう冗談が嫌味にならない何かがあるような気もします。


大阪人の神戸コンプレックス
一番それを強く感じているのは大阪人じゃないですかね。

以前、ケンミンSHOWでやってました。

「大阪のおばちゃんに、奥さん、何かちょっと神戸っぽいですね、というと異常に喜ぶ」と。

確かに、大阪の人と喋っていると「神戸にだけはかなわない」みたいな強烈なコンプレックスを感じます。なぜそこまで? ほとんどお隣さんじゃないですか。なぜそこまで。

大阪人の東京コンプレックスは有名ですが、あれは裏返ってほとんど殺意みたいな感じになっちゃってますけど、なぜか神戸コンプレックスは少しも裏返らず、素直に「参りました」という感じらしい。


美人が多い
神戸人同士で喋っていると、「神戸なんてそこらへんの小さな街と何も変わらない」とみんな口をそろえて言いますけどね。

しかし、ちょっと前に東京に住んでいたとき、東京生まれの人間ですら「神戸って美人が多いらしいですね」と言ってきた。「それはただのイメージでは?」「横浜みたいな?」「そうそう!」と少しも東京人の横浜イメージを知らないくせに肯定しちゃいましたけど、しかしよく考えてみれば、神戸と東京では人口が10倍近く違うのに美人に遭遇する頻度があまり変わらない。ということはこっちのほうが美女率が高いのか。うーん、わからない。ま、確かに北川景子とか戸田恵梨香とか美人芸能人はたくさんいるけど。(他に誰がいるのか忘れちゃった。能年玲奈は神戸じゃないですよね。兵庫県ではあるけど)


インスタントラーメン
もう20年ほど前ですけど、何かの番組で京阪神をまたにかけるナンパ男たちにインタビューしていて、彼ら三人が意気投合していたのが、

「大阪や京都の女と違って、神戸の女はインスタントラーメンなんか食わへん」

ということでしたが、まさか! 普通にカップラーメン食ってまっせ!


神戸スイーツ
そういえば東京にいた頃、「神戸はスイーツが種類も多いしおいしいし」と言われたことがあって、さすがにそれに関しては「そうかもしれん」と思ったものの、仙台から移り住んできた人に言わせると、こっちのスイーツはダメだそうです。仙台のほうが断然いいと。他は神戸大好きだけどお菓子だけは不満と言っていました。

その人からもらった「萩の月」ってお菓子は確かにめちゃくちゃうまかった!

というわけで、神戸がなぜここまで神格化されているのかは、結局わかりませんでした。(笑)

イメージだけが一人歩きしてるんでしょう。宇垣だって別にそれほどの美人じゃないし。かなりの闇キャラであることが明らかになってしまったし。


関連記事
宇垣美里が好きになった(週刊文春エンタを読んで)
関西人は必ず話にオチを求めるという「都市伝説」について




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月01日

昨日の『5時に夢中!』で驚愕の発表がありました。

昨日はおおたわ先生が夏休みということで美保純のお友達の演出家・脚本家の人(名前忘れた)が代打コメンテーターとして出ていましたが、来週は美保純(江原さんだったっけ?)が休みということで代打コメンテーターに何と黒船特派員の小原ブラスが抜擢されると!

小原ブラスのプロフィールは↓こちらの公式サイトを見てください。



D9e73wyVUAEemEF (1)

あれはいつだったかと調べてみたらほぼ1年前の9月に、ピンチヒッターとして黒船特派員として初登場したときは文字通り衝撃でしたね。

下ネタから政治までを縦横無尽に、しかもめちゃ論理的に、それでいて理屈っぽくなく語り、そして何より笑える。関西弁をしゃべるロシア人というのも新鮮で、最近プーチン・ネタは禁止になったようですが、あれも面白かった。

ちょっと前の何かのコーナーでブラスが喋っていると、MCのふかわりょうが、

「ブラスくんが喋っているとぜんぜんADが巻いて巻いてって指示出さないんですよ。我々が一人でこんなにしゃべってたら巻け巻けって言われるのに」

と文句なのか、ブラスへの称賛なのか判然としない言い方をしていましたが、よくわかります。ブラスならこの話題についてどう思っているんだろう? どう語るんだろう? と気になりますもの。

公式プロフィールでは「コラムニスト」でもあるらしく、産経デジタルに書いてるとか。読んでみよう。
あと、ウィキペディアによると、10年ぐらい前にはユーチューバーとして知る人ぞ知る存在だったとか。へぇ~。


DncUTV6U0AEiizt

ふかわりょうは昨日、

「明日のジョナサンの反応が楽しみ」

と言ってましたが、自分の椅子の心配もしたほうがいいように思います。

と昨日は思ったんですが、よくよく考えてみると、ブラスにMCは不似合いな気がします。できるできないではなく、全体を見通す役では個性が殺される気がする。隊長をやるよりも、隊長の命令を聞いてないふりをしながらいつの間にか敵側へ通じる穴を独りで掘り当てていたみたいな、群れから外れたところで自由にさせていたほうが個性が色濃く出るように思う。

来週水曜日はコメンテーターとして爆発でしょう。

そして「小原ブラスが面白い」という声が広まって、そのうち『踊る! さんま御殿』に呼ばれると思います。さんまはアゲチンで有名ですからね。ブラスのいいところを引き出して大ブレイク‼‼ という流れが目に見えるようです。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月17日

映画評論家・町山智浩さんの『アメリカの今を知るTV』が2時間スペシャルでプライムタイムに登場! というわけで見てみました。

いつもの本放送はたまにしか見てないので初めて触れる情報がたくさんありました。特に仰天した3点について書きます。


①メキシコとの国境に壁は作れない⁉
トランプが公約に掲げていた「メキシコとの国境に壁を作って不法移民を根絶する」というアレ。アレは絶対不可能なんですって。

なぜなら、メキシコとの国境はリオ・グランデ川で、あまりに蛇行しているために川の上に橋を作れない。(仮に作ったとしても橋があるところでは住民は自由にアメリカとメキシコを行き来している)


ダウンロード

現実には、このように川の手前の部分に壁は存在しているんですが、そこは何と農家の私有地。農家の人も壁の向こうとこっちを行き来するため、どうしてもビッチリした壁を作れず、ところどころ穴が開いてしまう。すべての私有地を買い取れば完全な壁を作ることはできるけど、莫大な金がかかるから現実的には不可能。

さらに仰天するのが、アメリカ人ですらこの事実をほとんど知らないということ。なぜか報道されてないと。日本でも安倍に都合の悪いことは伏せられることが多いし、あちらでも「忖度」がまかり通っているということでしょうか。


②銃社会アメリカの現実
衝撃の事実が語られました。
昨年、銃乱射事件が起こった高校の生徒が自殺したというのです。10何人もの人が死んだのに自分は生き残ってしまったという罪悪感=サバイバーズ・ギルトのせいで。

今年の5月末までで全米で発生した銃事件の件数が何と21686件。死者は5705人。今年のたった5か月間でですよ。

これだけの事件が起き、莫大な人数の被害者がいまも出ているなか、なぜアメリカでは銃規制が進まないのか。それは何と「憲法」にあるというから仰天しました。

合衆国憲法修正第2条
「規律ある民兵は、自由な国家安全にとって必要であるから、人民が武器を所有し、また携帯する権利はこれを侵してはならない」


町山さんの解説によると、「規律ある民兵」とは「反政府ゲリラ」のことだそうです。反政府ゲリラがいないと独裁国家になってしまう。それを防ぐために銃所持を認めているそうです。

ボストン茶会事件を発端に、イギリスはアメリカの民兵から銃を取り上げようとした。それに逆らって独立戦争を起こして勝利し、アメリカ合衆国ができあがった。民兵=反政府ゲリラこそが建国の父だった。父たちがもっていた銃は合衆国国民全員が所持・携帯する権利がある、という理屈だそうです。

昔懐かしい岸田秀さんの『ものぐさ精神分析』の冒頭、「アメリカを精神分析する」みたいな論考がありました。先住民を制圧して建国した国だから、世界の警察ヅラをして内政干渉したがるのだ、みたいな内容でした。(←かなりうろ憶え)

先住民の虐殺が外交問題を生み、旧宗主国イギリスとの独立戦争が内政問題を生んでいる。

ただ、かつてグァムで銃を撃ったことのある人間としては、やはりアレはもっているだけで「止まっている的を撃つだけではつまらない」「猫でも撃ってやろうか」「いやいや、人間を……」とどんどんエスカレートしていく魔性を秘めていると思う。だから規制したほうがいいに決まっているけど、建国の礎が理由だからこの病根はかなり深いというか、もう治癒不能では? と思わされました。


③コメディアンが政治を茶化す伝統
これはちょっとうらやましいというか、アメリカの健全なところ。

日本よりもよっぽどお笑いが人気でコメディのライブハウスがたくさんある。そして政治を風刺しないコメディアンはコメディアンじゃないとまで言われるとか。

戦慄したのは、2006年に開かれたホワイトハウスの晩餐会。当時の子ブッシュ大統領の前で、登壇したコメディアンがこんなことを言ったのです。


colbert

「私はブッシュ大統領を支持します。なぜなら、彼はアメリカが攻撃されたときちゃんと反撃してくれるからです。世界一わざとらしいヤラセ写真によって」

ゲボッ! すげーー!

こういう懐の深いところはアメリカ独自の伝統というより、ヨーロッパの宮中の伝統らしいです。

シェイクスピア劇にもよく出てくる宮中道化師。国王に向かってたった一人だけタメ口を利いてもいい人物。王様を茶化すことで相対化し、諭す役割があった。

ちょうどいま読んでいる赤坂憲雄さんの『王と天皇』でも、道化は「王であって王でない者」「王の分身として王の支配を裏側からシンボリックに支えるもう一人の王であった」と書かれています。だからタメ口で直言することが許されているんですね。(その代わり何かあったらスケープゴートとして殺される)

その伝統がいまも残っているのはいいと思いましたが、トランプは一昨年、昨年と続けてこの晩餐会を欠席しているとか。なるほど、建国以来、もっとも懐の深くない人物が大統領になってしまったのですね。

というわけで、かなり盛りだくさんな2時間でありました。またやってほしいです。




関連記事
町山智浩さんの『市民ケーン』解釈への反論




  • このエントリーをはてなブックマークに追加