単発ドラマ

2019年03月24日

昨日、放送されたNHKスペシャルドラマ『詐欺の子』。これが実にすばらしい作品でした。


saginoko1

善と善の対立
このブログでは何度も書いていますが、私がある高名な脚本家から教わった一番大事なことは、

「善と悪の対立にしてはいけない。善と善の対立にしないとドラマは深まらない」

ということです。

中村蒼演じる「かけ子」も、遠山という役名の「見張り」、17歳の女子高生と14歳の中学生の「受け子」、誰も彼も最初は金ほしさで簡単に大金が入ることが楽しくてはまる。しかしやっているうちに、みな「こんなことやっていていいのか」と良心の呵責に耐えかね、結局は逮捕される。


saginoko2

大元の「オーナー」(『カメ止め』の人ですね)が一番悪いような気もしますが、彼のセリフがとても重要。ゴルフ場で遊ぶ高齢者を睨みつけながらこう言います。

「俺たちに金が回ってこないのはあいつらが蓄えこんでいるからだ。俺たちは社会に金を取り戻さなければならない」

下っ端に発破をかけるときもオーナーは決して「金を盗む」とは言いません。ホワイトボードにでかでかと「金を取り戻す」と書く。実際に逮捕された少年も「社会に還元するためだった」と供述しているようです。

金を取り戻すといっても、結局、年寄りを騙して盗んでるだけじゃないか、という人もいるでしょうが、簡単にそう言える人はすぐにでもテレビのコメンテーターになれるでしょう。

確かに彼らは悪人です。私が「善と善の対立」と言っているのは「善人」という意味ではありません。その人の言い分に理があるということです。


saginoko3

騙されて亭主が自殺までした桃井かおりは、自分が騙されたとは決して認めません。認めたくないのか、それとも本当に電話の主が息子だと信じているのかは定かではありませんが、「あの子が本当に大輔じゃないってどうして言えるの!?」と法廷で取り乱します。

多くの人は「愚かだ」と断罪するでしょう。実際、騙されただけで周囲から罵られ、さらに裁判であんなことを言ったためにもっと糾弾されたようですが、桃井かおりには彼女なりの「言い分」がある。

そして、「大学に行きたくても行く金がなかった」と主張する中村蒼にも彼なりの言い分がある。奨学金をもらって大学に行く人もたくさんいますが、いまや日本の奨学金はヤミ金と同じだとみんな知っています。持たざる者は持つ者の貧困ビジネスの餌食にされるしかない。だからオレオレがなくならないんだ!

という中村蒼の主張に対し、「でも、あなたのように善良なお年寄りを騙す人はごく一部です。みんなまっとうに生きているんですよ」と諭す検察官の言葉にも(空々しく聞こえるとはいえ)理がある。すべての登場人物の言い分に理があり、みんな正しくてみんな間違っている。深みのある内容でした。

以下はほんの蛇足です。


なぜ顔出しできない人を出すのか
このドラマは実際の事件を扱っているうえに「NHKスペシャル」の枠だからか、事件の当事者が何人も出てきますが、みな顔出しはNG。これから更生してもらわねばならないのだから顔を出せないのは当然ですが、それなら最初から画面に登場させるべきではないと思います。

100%ドキュメンタリーであっても顔出しできない人は出すべきではない。外国人が日本のテレビを見て一様に驚くのが、顔にモザイクをかけた人の言葉を「証言」として放送していることだそうです。そりゃそうですよね。顔は見せない・声は変える、それでは嘘と同じです。


手持ちとフィックス
どうも最近の映画もテレビドラマもむやみやたらに手持ちカメラで撮られているものが多いですが、この『詐欺の子』でも、手持ちで撮られたショットとフィックスで撮られたショットが混在しています。

最初は、14歳の子が受け子として心をゆれさせながら犯罪に手を染めているから手持ちで撮っていて、警察での事情聴取では心が落ち着いているからフィックスで撮っているのかと思ったんですが、話が進むうちにどうもそうではないな、と。

遠山という男が法廷で脅迫に来た弁護士を見たときも手持ちでだいぶ揺れていましたが、その後、だいぶ落ち着いてイッセー尾形と話すシーンでは冒頭のマスターショットだけフィックスで、バストの切り返しになると手持ちになるという、意図不明の演出になっていました。あのシーン全部をフィックスで撮らないと意味がない。


というわけで、いろいろ文句も言いましたが、犯罪者として社会から断罪された人たちを「悪」として裁いたりせず、彼らにも言い分があるのだという製作者たちの心意気に胸を打たれました。

続編として、詐欺とわかっていて名簿を売る名簿業者にフォーカスを当てたドラマを見てみたいです。


関連記事





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月25日

いつもは映画のベストテンしか選ばないんですけど、珍しくテレビドラマのベストでも選んでみようかと思い。ただの気まぐれ。

といっても、私の場合、見始めるのは結構な数なんですが、この先面白くなりそうにないと直感で思ったら容赦なく途中で見るのやめるので、最後まで見たのはほんのわずか。単発ドラマもそれほど見ないので10本にはどうしても到達しないのでベスト5ということに。

では、その5本は以下の通り。(放送当時に感想を書いたものにはリンクを貼っています)


①弟の夫
dele/ディーリー
③フェイクニュース
④リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~
義母と娘のブルース



1本ずつコメントすると……

①弟の夫(脚本:戸田幸宏)
otoutonootto

今年はもうこれですよね。連ドラ(といっても3話しかないけど)をほとんど間をおかずに2回も見たなんて『王様のレストラン』以来かも。
弟とその夫を毛嫌いしていた佐藤隆太が変化する様子を丹念に描いて素晴らしい。しかしいくら変化して弟のことを理解できても、もう彼はこの世にいない。
「俺には弟がいた。リョウジが大好きだった」というモノローグが哀しく響く。


②dele/ディーリー(脚本:本多孝好、渡辺雄介、青島武、瀧本智行、金城一紀、徳永富彦)
dele


これも素晴らしかった。山田孝之の素晴らしさはもちろんのこと、菅田将暉がいいと思ったのは出世作『35歳の高校生』以来かも。
どの回が一番好きか、と訊かれたら……うーん、全部好きと答えたいけど、あえて高橋源一郎&余貴美子の3話と橋本愛&柴咲コウの5話かな。
どっしりした山田とちゃらんぽらんの菅田。いいコンビでした。


③フェイクニュース(脚本:野木亜紀子)
fakenews

『獣になれない私たち』にはついていけなくて2話でリタイアしましたが、これはキタ!って感じでしたね。フェイクニュースを追及していた主人公自身がフェイクニュースに踊らされていたというどんでん返しはかなり意外というか、見た人はみんな足元をすくわれたのでは? だからフェイクニュースは怖い。
「人間の目には自分の見たいものしか見えない」というアリストテレスの言葉が思い出されます。


④『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(脚本:橋本裕志)
regalV (1)

これはちょっとシナリオに難ありかな、と思います。だって、結局、敵であったはずの向井理の裏切りによって勝つわけでしょ? 敵失で勝利というのは痛快ではあるけどつまらない。ではなぜここに挙げているかというと、なにより画像の6人が素晴らしいから。適材適所のキャスティング。役者で魅せる正攻法。
米倉涼子は『ドクターX』とどこが違うのかという批判もあるようですが、それを言ったら『35歳の高校生』も同じような芝居だった。別にいいんじゃないですか。ジョン・ウェインだってイーストウッドだってどの映画でも同じなんだし。そんなの批判の理由にならない。
ただ、私は米倉より林遣都こそ、この『リーガルV』の世界を根底から支えていた功労者だと信じていますが。


⑤義母と娘のブルース(脚本:森下佳子)
gibotomusumeno

リンク先の感想を見てもらえばわかりますが、私はこの作品を買っておりません。どうしても竹野内豊が死んでからがつまらないので。
ただ、彼が死ぬ5話までは破格の美しさでした。もし6話以降もあの味わいが続けば断トツのトップだったでしょう。
とにかく綾瀬はるかが素晴らしい。彼女でなければ出せない味でした。


というわけで、これが私の今年の5本。次点には中村アンの『ラブリラン』を。

関連記事
2018書籍ベストテン!
2018映画ベストテン!


弟の夫 [DVD]
佐藤隆太
NHKエンタープライズ
2018-07-27








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月08日

昨日放送された『30年目の真実・宮崎勤の肉声』はなかなかの力作ドラマだと感じました。が、このドラマには嘘がある! と声を大にして言いたい。

9883dd4194cd36770f8911456ac2f0c4

もし金子ノブアキ演じる刑事がいなかったら、宮崎勤は連続幼女誘拐殺害事件の犯人としては捕まらなかったんじゃないかと思えるほど、この刑事の勘が鋭かったようですが(というか、トランクから血が出てるのに車の色が違うからホシじゃないと決めつける同僚や係長のほうがどうかしてると思いますjけど)とにかく、宮崎勤の肉声と、当時実際に放映された映像と、今回撮られた再現映像とを駆使してあの事件に迫るドラマとして見応えがありました。

が、やはり、このドラマには「嘘」があるんですよ。

1c59f75b19ff9476275d80d8cb7f2a7b-700x391

最終的に、
「宮崎勤は俺たちと同じただのちっぽけな人間だった」
そこに一番衝撃を受けた金子ノブアキ。そのラストシーンはなかなか見せるものでした。

だが、不満もあります。

171004-i364_05

ダンカン演じる宮崎勤の父親。だいぶ息子とそりが合わなかったようで、あの部屋に入ろうとすると怒るから近寄らないようにしているとか、報道陣から部屋を見せてくださいと言われたときに、チラと息子の部屋のほうを見てから「いいですよ」と言うときの影のある顔など、もうちょっとこの父親と宮崎勤のことを突っ込んでくれてもよかったんじゃないかと。

ただ、私が本当に言いたいのはそういうことではなく、この人が事件から数年後に自殺したことを世間の人はほとんど知らない、ということなんです。
このドラマでもその事実にはまったく触れていませんでした。

というか、この父親の自殺をテレビはおそらくほとんど報じていません。新聞でも社会面の片隅にひっそり書かれていただけ。少なくとも私の友人・知人は誰もあの父親が自殺したことを知りませんでした。

何かあったんじゃないか。宮崎勤の父親の自殺には公にできないある秘密がある。

と、自殺を報じた新聞記事をたまたま見たときからずっと思ってましたが、このドラマを見てその思いを強くしましたね。

このドラマには「嘘」があるから。

その嘘というは、「自供書の書かせ方」です。

ドラマでは、宮崎勤の供述を金子ノブアキの同僚がずっと書き留めていましたが、最後の最後で金子ノブアキが、
「おまえのやったこと全部ここに書け!」
と白紙を差し出します。そして、同僚刑事が、日付、場所などちゃんと書けよ、みたいな命令をしていました。あれは絶対におかしい。

以前、警察官を主人公にした脚本を書くためにいろいろ調べたんですが、元警察官が書いた本によると、自供書って警察官が書くんですよね。薄く鉛筆で書いたものを何度も何度も容疑者に読ませて間違いがないことを確認したうえでペンでなぞらせるそうです。だから白紙を渡して「やったことを書け」なんてありえない。

この『30年目の真実・宮崎勤の肉声』の冒頭、どれだけ人物の言動を忠実に再現しているか、まるで手柄のように提示されます。

なのに、自供書に書き方(書かせ方)ひとつにも嘘がある。

おそらく警察から「自供書は本当は警察官が書いていることを知られたくないから現実どおりに表現しないでくれ」という要請があってああいう表現になったと推察しますが、そんなことすら隠す警察(とメディア)は、宮崎勤の父親の自殺についても何か隠しているんじゃないか、というのが私の見立てです。

宮崎勤事件が抱える闇はまだまだ大きいと断定せざるをえません。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加