聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

スクリーン

『クワイエット・プレイス』(足りないあの手この手)

登場人物と同様に息もできないほど恐くて面白いと評判の『クワイエット・プレイス』を見てきました。(以下ネタバレあります)


QuietPlace2

「驚喜するもの」に関する疑問
『クリエイティヴ脚本術』という本では、最終的に問題を解決する小道具を「驚喜するもの」と表現しています。『ジョーズ』なら酸素ボンベ、『ガントレット』なら一発の銃弾ですね。

で、この『クワイエット・プレイス』では視力はないものの異常な聴力をもつ異星生物を殲滅する小道具が、主人公夫妻の聴覚障害の娘がもつ人工内耳。異常に不快指数の高い音で弱ったところをショットガンでズドン!と。で、その音でやってきた他のエイリアンたちをやっつけるべく、エミリー・ブラントが娘と目を合わせながらショットガンの新しい弾丸を装填するところで幕切れ。恰好いいといえば恰好いいけど、疑問が残ります。

世界中の軍が束になっても殲滅できなかったという設定ですが、いったい軍はどうやって戦ってたんでしょうか。聴力が異常に発達している。でも短所は長所の近くにあると普通に考えればわかるはずですが。え、これで終わり? んなアホな!? と思ってしまいました。


出産に関する疑問
予告編を見たときにゲゲッとなったのがエミリー・ブラントが妊娠してるってことなんですよね。絶対に物音を立ててはいけないところでどうやって出産するのか。自分が声を挙げなくても赤ちゃんは絶対泣くし、泣かなかったら死んじゃうし。

と思ったら実際の映画ではえらくあっさり処理してませんでした? というか、エミリー・ブラントも叫び声をあげるし、赤ん坊も結構泣いてるのに何で奴らは襲ってこないんでしょう?

それよりも、冒頭で「400何日目」って出るから、妊娠したのはエイリアン襲来のあとなんですよね。なら「産むべきか堕ろすべきか」という議論が夫婦の間でなされていたはずですが、それは野田高悟ふうに言えば「演じられなければならない場面」ですよね。仮に産むことで合意したとしても、お腹が大きくなってきたら夫が「やっぱり堕ろすべきだ」「いやよ!」みたいな芝居はあるのが普通だし、この映画はそこから逃げていると思います。


でも上記のようなことは些末なこと。もっと気になるのは以下の点。


可聴領域
人工内耳を使えば勝てると気づく直前、新聞記事か何かで「可聴領域」がどうのこうのという文字が出ますよね。私はそのとき初めてこの映画がものすごくもったいないことをしていると気づきました。

同じ地球生物でも、人間と犬や猫では可聴領域は異なります。犬は人間より長い周波数の音と短い手端数の音を聞き取ることができる。なのに異星生物は人間と同じ可聴領域という設定はもったいないでしょう。

奴らのほうが可聴領域が広いといくら何でも不利すぎますから、逆に人間のほうが可聴領域が広いという設定にすればよかったのではないでしょうか。可聴領域は広いけど平凡な聴力しかない人間と、可聴領域は狭いけど異常な聴力を備えたエイリアンとの死闘! ならもっといろんな手が使えたような気がします。

例えば、人間のソプラノぐらいの音が奴らには聞こえない。という設定にしてはどうだったでしょうか。
人間たちはとにかく高い音でしゃべります。女の人や子どもは得ですよね。普通に喋ればいいから。でもあのお父さんは声が裏返るほど高い声を出さないといけない。そんなことをしたらコメディになる? いやいや、この映画に足りないのはまさにコメディの要素だと思う。


笑いのシーンがない
別にお父さんが一生懸命高い声を出すとかでなくてもいいんです。家族とか気心の知れた仲間と一緒にいると何でもないことがえらく可笑しいことってありますよね。この映画では映画自体がシリアスだからなのかシリアスなシーンしかないのがこれまたもったいない。

何でもないことがきっかけでみんな笑いそうになるけど笑ったら殺される。だから必死にこらえる。こらえるとよけい可笑しいからよけい危険が迫る。というふうに、笑いと命の危険が隣り合わせという描写があるほうが映画が豊かになったと思います。

冒頭、おもちゃの飛行機を飛ばそうとした末っ子をたしなめて電池を抜き取りますよね。なのになぜかそのあと末っ子は飛行機を飛ばして奴らの餌食になってしまいますが、あれ、なぜああなったのか少しもわかりませんでした。あれだけ注意したのに? それなら思わず笑っちゃって餌食のほうが絶対よかった。


というわけで、「これはおかしいのでは?」と思うことよりも「もったいない!」と思うことのほうが多かったです。基本アイデアはいいのに観客を楽しませる「あの手この手」が足りないというのが正直な感想です。



『クレイジー・リッチ!』(少しも乗れない大ヒット映画)

アメリカで空前の大ヒットという話題の映画『クレイジー・リッチ!』を見てきたんですが、何でこんなのがヒットしてるの? と理解に苦しむ映画でした。

crazyrich (1)
まず、ファーストシーン。
1988年のロンドンから始まるのがわからない。ミシェル・ヨーが高級ホテルを買収するシーンがなぜ必要? しかもファーストシーンに。画像の二人が主役なのに。母親の若き日の買収劇なんか意味がない。

そして、すぐ現代のニューヨークになり、ポーカーでブタの役なのにブラフを仕掛けて勝ち、条件つき確率論のレポートを書くよう指示する主人公レイチェル・チュウが描かれます。なぜこんな登場のさせ方なのでしょう? 条件つき確率論というのが何か物語に関係するのかと思ったら何もなし。終盤、ミシェール・ヨーとの麻雀でそれが発揮されるのかと期待したんですがそれもなし。

この映画はあくまでも金持ちの御曹司ニックと恋仲になる女性レイチェルがその事実を知って戸惑う、という内容なのに、いくらレイチェルの職業がニューヨーク大学の教授だからといって、講義のシーンから始められても「え、何で?」と戸惑うばかり。

それからもっと大事なことは、彼氏が大金持ちの御曹司であることになぜレイチェルだけが気づかなかったのか、ということ。

やっとデートのシーンになったかと思ったら、すぐにまったく何の関係もない女の視点から二人が捉えられ、彼女が二人を写メに撮ってSNSに投稿。ネットでは誰もが「これニック・ヤンじゃない?」と話題になり、この女は誰だ!? となる。なのに恋人のレイチェルだけが彼の素姓を知らないなんてありえない。学友のペクですら「ニック・ヤン」という名前を聞いただけで「え、あの!?」と仰天するのに。レイチェルは貧しい家の生まれという設定ですが、いまは晴れてニューヨーク大学の教授という職を得た成功者なんだから彼女だけ知らないという設定はあまりに嘘くさい。

ニックは「君に金持ちだと知られたくなかった。ありのままの自分を見てほしかった」みたいなことを言いますが、その気持ちは理解できるにしても、あんな絵に描いたような大富豪の御曹司がジュース屋のポイント貯めたりしますかね? バスケはいつも古い体育館で、とも言ってたし。

貧しい家の娘が大富豪の御曹司と恋に落ちる。さまざまな妨害、誹謗中傷に遭うも最後は結ばれる。

という物語は新味はないものの幅広く支持を得られるものだから別にいいと思います。物語自体が常に斬新でなければいけないとは思いません。

しかし、物語を本当のことだと信じさせるにはそれなりの用意周到さが必要です。

この『クレイジー・リッチ!』は、物語の背景設定があまりにお粗末です。なぜ主人公だけが彼氏の素姓を知らなかったのか。そこに用意周到さがあれば信じることができる。

情報の提示の仕方にも疑問があります。
前述のとおり、主役二人のデート場面でニックが大金持ちの御曹司であることが観客にだけ提示されますが、これはあまりにもったいない。

主人公が「この人、ひょっとして実家が大金持ちなのでは……?」と疑問を抱くのと観客が同じ疑問を抱くタイミング、そしてその疑惑が事実だったことを主人公が知るのと観客が知るタイミングを同じにすべきです。でないと主人公に感情移入できません。

主人公がもっている情報量と観客がもっている情報量を同じにするか、いつどちらを大きくするかというのはとても大事なことですが、この映画の脚本家は何も考えていません。

だから、最初は誰が主人公なのかよくわからなかったのです。乗れなかったのはそういうわけです。



『ザ・プレデター』(決して「死にたい」と言わない自殺願望者たち)

話題沸騰中の『ザ・プレデター』。実は私はシュワルツェネッガー主演の『プレデター』を30年ぐらい前に見て少しも楽しめなかったので『2』も見てないし、『エイリアンvs.プレデター』とか関連作品もまったく見ておりません。
今回もいくら絶賛されまくってるといっても自分には合わない作品なんだろうとスルーるつもりだったんですが、脚本・監督があのシェーン・ブラック先生と知って慌てて駆けつけたらこれが大当たりでした!!


ThePredator3

よくわからない物語の背景
メキシコで主人公がプレデター(捕食者)と呼ばれる異星人を目撃。政府に拉致されてしまうのですが、ひそかに息子にプレデターから奪ったガントレット(画像の頭の部分とか腕の甲羅の部分)を送っていて、それを息子が誤って起動させてしまったことから、宇宙から別のプレデターがやってきます。

このへん、よくわかりませんでした。何でも、軍の秘密基地で研究対象にされていたのは「プレデター1号」で、宇宙からやってきたのは、いろんな星の一番強い生物の髄液を取り込んで「進化」している奴らしい。
最後のほうで「1号は地球を守ろうとしていたんだ」というセリフがありましたけど、え? じゃあ何でシュワたちは1号と戦ってたんだろう? と、よくわからない。まぁ私がプレデターへの思い入れが皆無に等しいからなんでしょうね。関連作品に詳しい人ならすべて理解できるのかも。

ただ、そのようなことは瑣末なことであって、私が面白いと思ったのは、やはり↓こいつら↓


ナイスガイズなPTSD軍人たち
ThePredator2

彼らは中東で味方を誤射するなど不祥事を起こしてPTSDを発症してしまい、同じグループでセラピーを受けている仲間たち。たまたま主人公と同じバスに乗ることになるんですが、ここの会話が面白い。

「俺はマッケナ」
「俺はネブラスカだ。本名は違うんだが」
「何ていうんだ」
「ゲイロード」
「通称のほうがいいな」

というところは普通にいいとしても、そのあと通称ネブラスカは訊かれてもいないのに他の仲間の紹介をしちゃうんですよね。これは完全に「説明」であって「描写」じゃないよ、シェーン・ブラック先生! と疑問に思いました。

実は、なぜこのようなわざとらしい説明をしたのかが最後に判明するのですが、それはひとまず措くとして、秘密基地から脱走したプレデター1号がお約束通り彼らと鉢合わせして戦うことになります。

普通なら、異星人を見たら逃げますよね。主人公はともかく、他の連中はみんな心を病んでいるのだから当然逃げるんだろうと思ったら戦う気満々で、え、何で? と。誰かが「ツッコミどころ満載の映画」と言ってたのはこういう箇所なのだろうか、と少し引いたんですが、アクション描写が素晴らしく目は画面に釘づけ。

あの連中は、その後も主人公の麻酔銃を受けた紅一点の生物学者が目を覚ましたらどういう行動に出るかで賭けをして子どもみたいに喜んでるし、このお祭りのような底ぬけの明るさは何なんだろうと、戸惑い半分で見ていました。


ようやくわかった「自殺願望」
彼らが異星人と遭遇してもなぜあんなに明るく無邪気なのかが、クライマックスでの死闘でやっとわかりました。火をつけられたプレデターに自ら飛びついて焼け死んだり、プレデターの宇宙船のエンジンに飛び込んで逃げるのを防いだり、彼らは少しも死ぬのが怖くない。いや、積極的に死のうとしている。
腹をぶち抜かれて磔の状態になった二人が、お互いを死なせてやろうと笑顔で同時に発砲するとき、すべてを理解しました。

彼らは死にたかったんだ、と。死に場所を探してうずうずしていたんですね。だからプレデターを初めて見たときも怖がるどころか喜び勇んで戦いに身を投じた。賭けをして喜んだり、主人公の奥さんに下ネタ連発したりするのも自殺願望者の哀しい遊びだったんだな、と。

『太陽を盗んだ男』で、原爆を作ったものの何をしたらいいのかわからない沢田研二に対し菅原文太刑事が「おまえが殺したがっているのはおまえ自身だ!」と喝破して見事に着地が決まるんですが、この『ザ・プレデター』にもまったく同じ感動がありました。

通称ネブラスカに連中の背景説明をいっぺんにさせた理由も同時に理解しました。

「PTSDに罹っていること」と「自殺願望者であること」をできるだけ離したかったのでしょう。PTSD軍人で心を病んでいる説明をいっぺんにさらっとやってしまって、そのあとは子どもみたいにはしゃぐ描写だけに徹する。そうすれば観客は彼らがPTSDに罹った病人であることを忘れ、ただの血に飢えた馬鹿だと思う。そのうえでクライマックスで喜んで死んでいく連中を描くことで彼らの内面の哀しみが浮き彫りになるという計算。

「死にたい」とか「死に場所を探している」なんて一言も言わないからこそ滲み出る哀しみ。背景は説明するけど心の中はいっさい説明しない。うーん、シェーン・ブラック先生、さすがです!(ちなみに脚本はフレッド・デッカーという人との共作)

以下は蛇足です。


主人公の奥さん
snap00187

主人公の奥さんがちょっとだけ出てきますが、この人のセリフも記憶に残るものです。
主人公とはすでに離婚しているのか別居中なだけなのかはっきりしませんが、ともかく夫はどういう人かと訊かれると、

「ダメな夫だけど、優秀な軍人よ」

これが「優秀な軍人だけどダメな夫」だと、もう完全に気持ちが離れてしまってますよね。後半に本当の気持ちが出ますから。だけど「ダメな夫だけど優秀な軍人」というのだから少しは気持ちが残っているようです。しかもそれが主人公との直接的なやりとりではなく、他の連中とのやりとりでわかるというのが憎い。

しかし、それなら最後は帰還した主人公とのラブシーンがあってもよさそうなのに、このシーンを最後に奥さんがいっさい登場しないってどういうことよ、シェーン・ブラック先生!



ギャラリー
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』(ボロ泣き!)
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード