スクリーン

2019年04月21日

見てきました。『マネー・ショート ~華麗なる大逆転~』のアダム・マッケイ監督・脚本によるアカデミー賞候補作『バイス』。(以下ネタバレあります)



Vice2.jpg_large

ソックリさん大会と爆笑場面
チェイニーのことは名前と子ブッシュ政権のときの副大統領だったことぐらいしか知りません。ラムズフェルドがフォード政権時に史上最年少の国防長官だったというのもこの映画で知ったくらいでして。

それにしてもソックリさん大会みたいなこの映画、ラムズフェルドだけは似てませんが、チェイニーも子ブッシュもパウエルもライスもみんな激似で笑いましたが、映画そのものに笑えたかというとそれほどではなかったかな。サム・ロックウェルによる子ブッシュはあまりに似てて素晴らしかったけど。

一元的執政府理論を弁護士から聞いてニヤける場面のストップモーションは爆笑でした。「法律の解釈次第で何でもできるぜ!」なんつーのはいまの日本にも通じるアクチュアルな問題ですね。ほんと、法律なんて悪い奴のためにある。


子煩悩な一面はカットすべき
政治か娘かの選択を迫られたときに娘を選択し、それが原因で政治から引退し、幸せに暮らしましたとさ。という架空のエンディングもよかった。突如クレジットが流れる場面はあの伝説の『シベ超』を想起したほど。

ただ、その「政治か娘か」という選択で娘を選び、子ブッシュが同性婚に反対しているけど自分はその政策には同意できないという子煩悩な一面を見せるチェイニーですが、娘に関連した「いい親父さん」のエピソードはすべてカットしたほうがよくないでしょうか。

それでは事実を歪曲したことになる? いや、でも、冒頭で「かなり忠実にしたつもり」みたいなふざけたテロップが出るから少々いいんじゃないですかね。『ビューティフル・マインド』だって主人公の同性愛とか奇行にはまったく触れてなかったし。(批判もありましたが)

viceという英単語には「副」という意味の他に「悪徳」「邪悪」という意味もあるらしいので、子煩悩な一面とか全面カットして、大統領独裁の礎を築いた「世紀の悪徳副大統領」という側面だけで押したほうがよかった気がします。


ナレーターの正体
冒頭からある人のナレーションで話が進みますが、最後のほうでナレーターの正体が明らかになります。心臓発作で倒れたチェイニーに心臓を提供したドナーだと。これ、ぜんぜん面白くないですよね。ドナーはあくまでも死後に関係性が生じるだけで逆に言えば生前は何の関係もない人。そんな人に大事なナレーションを任せるんですか? ありえない。

イラク戦争のせいで自殺した兵士にするとか、富裕層を優遇したせいで失業した貧困サラリーマンにするとか、「チェイニーのせいで不幸になった人」にするという手もありますが、それはシリアスドラマならの話。

ブラックコメディなんだから、チェイニーのおかげで大儲けした人・幸せになった人をもってくるのが最善手じゃないでしょうか。最後にハグしてジ・エンドとか。かなり笑えたと思う。


役者のアンサンブル
3panel.0

『マネー・ショート』と同じく、役者のアンサンブルで魅せようという映画ですが、ちょっと散漫になってませんかね? クリスチャン・ベイルが主役なのはわかるんですが、やはりソックリさん大会の意識のほうが高いのか、芝居というより物真似になってる気がする。

一番人々が知らない奥さんをデフォルメするのがいいと思ったんですけどね。でも、マクベス夫人の出来損ないみたいな役柄で、しかもエイミー・アダムスにマクベス夫人は荷が重いのでは? ジェニファー・ローレンスならもっといろいろできたと思うんですが、それはそれでシナリオの書き直しとか大変そう。

アダム・マッケイ監督には、『俺たちニュースキャスター』『アザー・ガイズ!』みたいなハチャメチャコメディをまた撮ってほしいニャ。こういうのも悪くないけど、ちょっと肩に力が入りすぎな気がします。『マネー・ショート』はいい塩梅だったんですけどね。


関連記事
『マネー・ショート』(華麗なるアンサンブル!)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月20日

中島貞夫監督の20年ぶりの新作『多十郎殉愛記』を見てきました。


640

伊藤大輔という名前
まず最初の「伊藤大輔監督の霊に捧ぐ」との言葉にグッときましたね。といっても私は語れるほどには伊藤監督の作品を見ていませんが。(一番好きなのは『下郎の首』かな)

「移動大好き」と名前をもじっていじられていたくらい移動撮影が好きだったというのは知っていますが、この『多十郎殉愛記』でも移動撮影がとても多かった。横移動もありましたが、見ていて一番グッときたのは、人物をフルショットくらいで捉えて、そこからジワリと前進移動で寄っていく画をカットバックした場面ですかね。何回かありました。主に長屋で。


東映京都スタッフの底力
伊藤大輔がどうのこうのよりも、東映京都スタッフの底力に戦慄しました。
長屋の奥まったところに多十郎が帰ってくる場面。明らかに白昼に撮っているのに夕景に見せる撮影・照明スタッフの力!
録音もよかった。私は松竹京都に属していた人間ですが、応援で東映の人が来てくれたりしまして噂は聞いていました。ご一緒したことはありませんが、「松竹の録音部はダメ。東映のほうが段違いにすごい」と先輩が言ってました。映画録音の要諦は「芝居を録ること」に尽きますが、何でもない足音や衣擦れの音にも情感がこもっています。音楽と画のリズムが合いまくりなのは逆に違和感がありましたけど。合わせすぎな感じがちょっと、ね。


中島貞夫の演技指導力
01-123

高良健吾も多部未華子もキャリア最高の芝居を見せてくれます。特に多部未華子の凛とした佇まいと柔らかな物腰が印象的。中島貞夫監督の類まれな演技指導力の賜物でしょう。


肝腎の物語は……
しかしながら、肝腎の物語はどうしたことでしょう。少しも感動させてくれません。

何よりも「主人公・多十郎が何をしたいのか」がまったくわかりません。

tajuroujunaiki_20190321_01_fixw_730_hq

最初はこうやって刀の柄を盾にしてばかりなので、暴力に嫌気が差した設定なのかと思いました。でも非暴力の思想をもった主人公で暴力にまみれた幕末を描くことが可能なのか、いや、でももし描き切ったらすごいことになるのでは!? もしかすると「夏みかん」はその象徴なのか! などと期待したんですが、結局、多十郎はちょうど半ばあたりで刀を抜きます。

その前に、多部未華子が刀を抜いたら竹光で「侍の魂はとっくに売ってしまった」みたいなことを言って多部は号泣してしまうのですが、実は本身を隠し持っていて手入れを欠かさない。で、抜刀隊に周りを囲まれたときに刀を抜くんですが、本身と竹光をすり替えるトリックがいったい何のためなのかさっぱりわかりません。多部未華子を欺くんじゃなくて抜刀隊や新選組を欺かないといけないのでは?

そもそもの問題として、多十郎は長州を脱藩した素浪人で、天下国家を論じるよりも夏みかんの絵を書いているほうがいいという男。そりゃ幕末にだってそういう侍はいたでしょうが、結局彼は何のために戦っているのでしょうか?

最後に駆け込んだボロ屋に僧侶とその女がいて、「天下国家のためか? 金か? 女か?」と訊かれ、すぐに多部未華子を思い浮かべるのですが、別に彼女のために戦っていたわけではないですよね? 結局、寺島進との決闘にも敗れ、自分がお縄になることで多部未華子と目をつぶされた弟は生き延びられるわけですが、別に最初からそういう目的で戦っていたわけではない。長州を脱藩したというだけで付け狙われていただけ。つまり、主人公は常に受け身で、主人公から積極的に起こすアクションがない。

多十郎はすごい剣士なのになぜあんなふうに落ちぶれたのかも結局答えが示されないし、何だかよくわからないままに終わってしまいました。

中島貞夫監督といえば、『沖縄やくざ戦争』という煮えたぎるような思想の詰まった傑作がありますが、この『多十郎殉愛記』には何もなかった。

すべての映画に思想がないといけないとは思いません。中島監督の作品にも『狂った野獣』『脱獄広島殺人囚』という思想とは縁のない傑作がありますし。

しかしながら、幕末というイデオロギーと暴力が結託した時代を扱うにあたって、無思想の人物を主人公に据えるというのはやはり無理があります。


沖縄やくざ戦争 [DVD]
松方弘樹
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-03-09




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月14日

今年のアカデミー作品賞受賞作『グリーンブック』を先週末に見ましたが、何とも味わいの深く、満腹で万福な感覚を映画で久しぶりに味わわせてもらいました。
以下の文章は感想ではなく、ただの「日記」です。


greenbook4

『グリーンブック』の絶妙な人物設定
マハーシャラ・アリが演じるドクター・シャーリーという実在の黒人ピアニストは、ヨーロッパで育ったというだけあってフライドチキンの食べ方も知らない高貴な人間で、ヴィゴ・モーテンセン演じる教養がなく粗野なトニー・リップという運転手兼用心棒とは好対照です。

白人相手にピアノを弾く彼は、招かれたレストランで食事をすることを許されない。ロバート・ケネディとも親交があり、日夜白人を喜ばせている彼は同胞であるはずの黒人から快く思われていない。それに加えて映画では軽く触れられるだけですが、ゲイであるがゆえに「男ではない」というふうにも思われている。

それはトニー・リップも同じで、「イタリア系は半分黒人だからな」という差別発言に対し思わず手が出て逮捕されますが、彼もまた「白人でありながら白人ではない」という微妙な立場にいます。


「私はいったい何人なのか!」
画像が見つからないのが残念ですが、この映画で一番の感動ポイントは、それまでトニーに「暴力はいけない」「常に毅然とした態度でいなくては」と説くドクター・シャーリーが、「白人の中では黒人扱いされる。黒人には白人のように爪はじきにされる。私はいったい何人なのか!」と迫害される者の正直な心情を吐露する場面です。これについて異論をはさむ人はほとんどいないでしょう。(ラスト近くで車を止めた警官がまったく差別意識のない人で、「あの時代のアメリカ南部にはああいう人もいたんだ」と胸が熱くなったりもしますが)

いまだ『グリーンブック』の余韻に浸る今日この頃ですが、この「私はいったい何人なのか!」という心の叫びが胸につっかえたままでした。単に映画に感動しただけではないこの感覚は何だろうと思っていたんですが、やっと気がつきました。私自身が同じようなセリフを書いたことがあるのです。


『非国民』
ちょうど10年前ですが、『非国民』というタイトルの脚本を書きました。一言で要約すると「サッカー日本代表の中心選手がワールドカップ開幕直前に代表を辞退したために日本中から非国民扱いされる話」でした。

バルバロイ那覇というクラブに所属する主人公佐藤不二雄が、沖縄とアイヌと在日の差別に直面し、「日本とは何ぞや」と考えざるをえなくなり代表を辞退するんですが、それが原因で殺されます。そしてさらなる悲劇が起こります。不二雄の代わりに代表入りした選手はブラジルから帰化したマリオという男なのですが、このマリオが2014年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会の開幕戦で大活躍して日本はブラジルに勝つ。しかし、そのためにかつての同胞から「HIKOKUMIN!」と罵られ、試合の翌日に自殺します。

大混乱の中でも大会は進行し、ポルトガルが優勝するという筋書きでした。優勝チームの主将も元ブラジル人でインタビューで叫びます。

「私はインディオの血を引くブラジル人だったが、わけあってポルトガルの国籍を取得した。私はいったい何人なのか! マリオは自殺した。不二雄は殺された。いったい誰が殺したのか! 私たちだ。私たちが殺したのだ……」

ずっと忘れていたセリフを思い出しました。「私はいったい何人なのか!」

私自身が似たような感覚に襲われるときがあります。いったい「どちら側」の人間なのか、と。

私は人と違うことを好みますが、「それは普通の日本人っぽくない」とよく言われます。
年相応だと言われることもありますが、実年齢より老成していると言われたこともあるし、子どもっぽいと言われることもあります。
東京生まれの神戸育ちのため、東京弁も関西弁も喋れます。「出身地」はいったいどちらなのか、よくわかりません。
高卒なのに大卒にしか見えないと言われます。学歴を鼻にかける人からは高卒のくせにと蔑みの目で見られます。
「おまえのようにたくさん知識のある奴は知ったかぶりをするのが普通なのに、おまえはそうじゃない」と言われます。その一方で、親譲りの天然ボケのためか「頭がいいのか悪いのかぜんぜんわからない」と言われます。
映画作りを目指す友人からは「批評なんかするな」と言われます。批評家の知り合いからは「物語を作れるなんて驚異の一語」と言われます。
ホワイトカラーの人たちのブルーカラーを蔑む気質が好きになれません。なのにブルーカラーの人たちといると自分だけ異質な気がします。「あなたは私たちの仲間ではない」という視線を感じてしまう。


いったい俺は何者なのか!

あのマハーシャラ・アリの絶叫に多くの人が感動するのは、人間がみな「我々はどこから来てどこへ行くのか」を追究する存在だからでしょう。

差別とは人間をジャンル分けすることです。

性別
年齢
人種
国籍
学歴
出生地
現住所
家族構成
年収

などなど、差別する気などなくても、人は自分以外の人間をジャンル分けして暮らしています。

そして、どちら側でもある人間がおそらく一番苦しい。

そうか、『非国民』とはそういう物語だったのか。

自分で書いたくせにいま初めて知りました。


greenbook1




  • このエントリーをはてなブックマークに追加