スクリーン

2020年03月25日

いまだにこの映画がカンヌでもオスカーでも『パラサイト』に負けたというのが信じられない2019年フランス映画『レ・ミゼラブル』。(以下ネタバレあります)


lesmiserables2

つい先日、ブライアン・デ・パルマの8年ぶりの新作『ドミノ 復讐の咆哮』というのを見ましたけど、この『レ・ミゼラブル』のほうがよっぽど「ドミノ」だと感じたのは私だけではないでしょう。

お話の転がし方にも工夫がありますが、私はやはりラジ・リという監督さんの演出力に驚嘆しました。

これは何度も言っていることですが、京都の専門学校に行っていた頃、監督を目指す友人たちは「どう撮るか」ばかり考えていました。

カメラをどう動かすか。
どうつなぐか。
光をどこに当ててどこに当てないか。

などなど。

それも大事でしょうが、役者への演技指導が監督の一番の仕事じゃないの? というのが私のスタンスでした。


荒井晴彦さんの誤解
AraiHaruhiko

脚本家の荒井晴彦さんがよく映画芸術誌上で言っています。「どう撮るか」は監督の仕事だが「何を撮るか」は脚本家の仕事だ、と。

本当にそうでしょうか?

脚本を書いていた者の感覚からすると、脚本にだって「どう」はあると思うんですよね。この題材を映画にする場合、どういう切り口で語るべきか、というのは「どう」の範疇でしょ?

逆に、できあがった脚本に「何を撮るか」はふんだんに盛り込まれているとはいえ、やはり実際の現場に行って実際の役者がそれぞれの役を演じるとなると、そこには「何を見せるか」という問題が出てきます。

つまり演技指導です。脚本には小説と違って必要最小限のことしか書かれてないから同じセリフでもどう抑揚をつけるかとか、喋りながら動くのか、あるいは、立ち止まって喋るのか。脚本にもある程度動きが書かれているとはいえ、そこは役者の生理や全体のバランスを考えて変えていかねばなりません。

セットや衣裳のデザインや光の塩梅なども「何を」のうちに入るのでしょうけど、一番はやはり「役者」ですよね。役者が「何」を担当する。その「何」を演出するのは監督の役目です。

脚本家も「何を撮るか」を書くけれど、監督も現場で「何を撮るか」を形作る。

荒井さんは監督もやってるのになぜそんな大きな誤解をしているのだろうと不思議です。


『レ・ミゼラブル』
lesmiserables3

『レ・ミゼラブル』では役者が輝きまくっていました。

私の中の「映画史上最高の演技」は『フレンチ・コネクション』のジーン・ハックマンなんですけど、あれに勝るとも劣らない「まるで目の前に実際に存在しているかのような」芝居が繰り広げらていました。

lesmiserables4 (1)

子どもたちへの演出はもっとよい。この子どもたちはこの映画でかなり重要な役柄を背負っていますけど、物語上重要だからというより、やはり現場での演技指導が卓越していたから印象に残るのでしょう。彼らもジーン・ハックマン並みの芝居を見せてくれます。ラストシーンのあの表情!

とはいえ、ラストははっきりあの火炎瓶を投げて大炎上し、警官が子どもを撃ち殺して……というカタストロフをちゃんと見せ切ってほしかったという思いもあります。あそこで幕というのはちょっと手抜きな気がしないでもない。

カメラも最近の映画特有の手持ちカメラが多く、最初はぐらぐら揺れるカメラに「またか」と辟易しましたが、映画があまりに充実しているので気にならなくなりました。

ただ、ここは手持ち、ここはフィックスという分け方に意味がなかったような……? 「何」を担当する役者があれだけ魅力的なら全編手持ちカメラで撮ってもよかったように思います。(個人的には全編フィックスのほうがいいけど)

とにかく、今年見た映画の中では、臨場感という点では『1917』より素晴らしく、映画全体としても『フォードvsフェラーリ』より上を行くとんでもないものを見たという感じです。

いまはお腹いっぱいで他の映画を見る気になれません。時間と財布が許してくれたらもう一度見に行きたいくらい。


演技指導論草案 (青空文庫POD(大活字版))
伊丹万作
青空文庫POD[NextPublishing]
2014-10-31





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月01日

ずっと見たい見たいと切望してきた東海テレビ製作による『さよならテレビ』。

監督が傑作『ホームレス理事長』『やくざと憲法』の土方宏史さんということでよけいに期待が高まっていましたが、これが期待にたがわぬ素晴らしい壮大なる「自爆テロ映画」でした。


最初にすべてが……?
sayonaraTV4

冒頭、土方監督が『テレビの今』という仮題の企画書を見せ、同じ会社の面々に取材を申し込む。テレビがいまどうなっているかを撮らせてほしいと。

で、すぐ机の下にマイクが仕込まれるんですが、「ダメだ、マイクがあると喋れない」となり、お偉いさんたちの猛反発に遭って、

①机のマイクを外す
②打ち合わせは許可を取ってから
③発表の前に必ず試写をする

という三条件を新たに設けて取材が進むことになるんですが、土方監督が「テレビ局内部にカメラを向けることでハレーションを起こすかもしれませんが、それならぜひそれも撮りたい」と言っていたハレーションがまさに起こってましたよね。いつもカメラを向ける側のテレビマンたちが、カメラを向けられれるとキレかかる。マイクがあるとナーバスになって喋れない。いつも取材対象にはそれを受け容れさせているのに……。


三人の登場人物
しかし、そんなことにお構いなしに映画は別の方向に進みます。

登場人物が三人出てきます。

局アナの福島さん(右側)
sayonaraTV2



派遣社員から一年契約の契約社員になれた新人の渡邊くん
sayonaraTV1


ベテラン記者の澤村さん(中央)
sayonaraTV3

これら三者三様のドラマが展開されるんですが、この人たち、すべて「外様」ですよね。

局アナはもちろん東海テレビの社員ですが、カメラを向ける側ではなく向けられる側だから社内でも異質の存在のはず。常日頃からカメラを向けられている人にカメラを向けても意味ないでしょう。

新人の渡邊くんもしかり。まだ半人前以下の彼はカメラやマイクを突きつけるより、自分が被写体になることのほうが多い。それにテレビマンになりたての人間にカメラを向けて「テレビの今」を活写できると思うなんてあまりに馬鹿げています。

澤村さんも中途入社らしく、かなりのベテランのようですが一年契約の契約社員といってましたよね。やはり東海テレビの中では外様。

やっぱり、冒頭でカメラを止めろ! と叫び、渡邊くんのミスを叱り飛ばしていた東海テレビの中枢の人たちのあれやこれやを見せてくれないと意味がない。


自爆テロ=アクロバティック・ドキュメンタリー
おそらくは、撮ったけど編集で切ったのではなく、撮らせてもらえなかったのでしょう。もしくは撮って編集でも残したけど試写をしたら切らされた。そこで土方監督は逆の手を打った。

最後に澤村さんに「このドキュメンタリーも結局、いつもテレビがやってるのと同じでしょ?」と告発してきます。共謀罪で逮捕されたが無罪になった人との対面の場面は最初からマイクなどが仕込まれた「やらせ」だった。そうやってテレビ番組は作られている、この映画だって同じでしょと澤村さんが告発する。

と見せかけて、実はその澤村さんも仕込みなんですよね。あの告発はもともと台本にあるセリフのはず。

だって、最後に「出演者」として三人の名前が出ましたから。被写体ではなく「出演者」です。ドキュメンタリーなのに「出演者」です。

ドキュメンタリーと称していたこの映画は、実は周到に準備された劇映画だった。というか、編集の魔力によって無理やり劇映画にしてしまった。それもかなり不出来な。

映画そのものが、いまの腐ったテレビをそのままなぞるような「腐った映画」たろうとしています。

渡邊くんが地下アイドルのライブに行ったりするのをなぜ見せる必要があるのか。密着取材だから撮るのはいいけど作品のテーマとぜんぜん違うことだから編集で切らないといけないのにあえて残す。

それは、いまのテレビはこういう必要のない場面、テーマや主旨とは関係ないけど、アイドルおたくが情けない顔で握手会に参加してる場面があると視聴率が上がるからですよ、と作者自身が身を挺して訴えるためでしょう。

映画そのものを駄作にすることで「テレビの今」を告発する自爆テロ映画。何ともアクロバティックなドキュメンタリーで、これはかなりの実験作にして野心作だと思いました。

まだまだ映画には可能性が残されていますね。この映画は希望の星です。


関連記事
『ホームレス理事長』感想(きれいごとが大好きな世間へ)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月31日

さて、2019年ももう終わり。2010年代も終わり。平成も終わったし、新たな気分で今年の映画ベストテンを。


①ドッグマン(マッテオ・ガローネ監督)
ブラック校則(菅原伸太郎監督)
さよならくちびる(塩田明彦監督)
グリーンブック(ピーター・ファレリー監督)
マリッジ・ストーリー(ノア・バームバック監督)
⑥ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形(藤田春香監督)
ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(ブレット・ヘイリー監督)
ダンスウィズミー(矢口史靖監督)
さらば愛しきアウトロー(デビッド・ロウリー監督)
⑩嵐電(鈴木卓爾監督)
⑪きみと、波にのれたら(湯浅政明監督)
⑫眠る村(齊藤潤一&鎌田麗香監督)


え? 全部で12本ある? 別にいいじゃないですか。誰が10本って決めたの。

以前にも書いたことですが、ベストテンというのはただの遊びなのに「10本に絞り切れない。ベストテン選びは楽しいけどつらくもある」みたいなツイートを今年も散見しますが、遊びで苦しんでどうするの。絞り切れないんなら12本でも14本でも21本でもいいじゃないですか。

ま、かくいう私も去年まではきっちり10本選んでたんですけどね。ただ、それは簡単にふるい落とすことができたからであって、今年はそれが難しかった。

ベスト5は絶対的存在ですが、あとの7本は横一線。どれもふるい落とせない。というわけで12本並べてみた次第。

例によって選考基準は「図太くて厳しくて哀しい映画」。そして去年から加えた「監督の演技指導力」「俳優の想像力・演技力」。

では、1本ずつ簡単なコメントを。


①ドッグマン
dogman

完全な受け売りになるけれど、週刊文春のシネマチャートで翻訳家の芝山幹郎氏が次のように語っています。
「弱者の逆襲はともかく、濁った海辺の空気と、そこでささくれる男たちの対比が目に刺さる。荒れ方や錆び方が映画的だ
『バハールの涙』にも似た感想を抱きました。荒れや錆びが美しく感じられる。映画ならではの感じられ方。
最後はなぜか『地獄の黙示録』を想起しました。殺しちゃうからかな。でもマーロン・ブランドを殺したマーティン・シーンは新たな「王」となるけど、この映画の主人公はただうろうろするだけ。
私はやっぱり「主人公がうろうろする映画」が好きなようです。「もっと主人公のウロウロを描いてみろよ」という長谷川和彦監督の激励の言葉がいまだに脳裏に残響しているのでしょうか。


②ブラック校則
640 (1)

この壁画一枚で物語の流れを説明するというのが発明。映画というのは「説明をいかに説明と感じさせないか」だなと改めて思いました。
主役二人のうち、「面白かったら笑うよ」というほう(名前が憶えられてない)はどんどん伸びる気がする。芝居が自然すぎて逆に不自然な気がするくらい。


③さよならくちびる
431107

今年はハルレオの歌声にしびれまくった年でありましたことよ。
小松菜奈という女優はこれまで好きになれなかったけど、いっぺんに好きになったのでありました。しかしこの傑作が3週間で打ち止めというのには憤りしか感じない。宣伝が足りないのか何かわからないけど、もう少しうまく売ってほしかったと思う。


④グリーンブック
greenbook1

あのピーター・ファレリー作品がアカデミー賞⁉ ほんの1年前まで誰も信じなかった事態が起こってしまった。
でも、こういう社会的に深刻な問題を取り上げないと栄誉に輝けないというのは問題だと思う。というか、これはアカデミー賞だけでなくすべての「賞」の限界ですかね。
「あのシーン」のマハーシャラ・アリは素晴らしすぎたし、ヴィゴ・モーテンセンもよかったけれど、ヴィゴの奥さん役の女優が一番印象的でした。かわいい。


⑤マリッジ・ストーリー
marriagestory1 (1)

感想にも書きましたが、あのシーンが、というか、ほぼすべてのシーンをワンシーン・ワンカットを基本に撮ってくれていたらベストワンだったんですけどね。
しかしあのスカヨハがアカデミー賞に輝く日も近い。あの『のら猫の日記』のあの女の子が。感慨深い。


⑥ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形
友人の強い薦めに感謝します。TSUTAYAに在庫がなかったので、わざわざNetflixに入って(ちょうど30日でぬけたけど)全話視聴したうえで劇場に駆けつけました。
来年4月に正統的な劇場版が公開されるとか。本当なら来月10日が初日だった。あの犯人には怒りしか感じなかったけど、「こんなに他人からやさしくされたのは初めて」という言葉を聞くと、複雑な気持ちになる。
物事は一筋縄ではいかない。それはこの映画のテーマでもありました。


⑦ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
hblmovie_01

何だかんだ言っても、やっぱり『ナタリーの朝』は偉大だった、ということでしょうか。


⑧ダンスウィズミー
001_size6

最近の歌が出てこない、昭和の歌ばかりとか、そんなのどうでもいい。ミュージカルという時点で「大ウソ」なんだからリアリズムを追求するのは違うと思う。
失ったものを取り戻す物語。つまり喪失プロット。どうしても物語というのは過剰プロットのほうが多いですから、喪失プロットというだけで心惹かれてしまいます。しかも神話的世界観がそれを裏打ちするのだからなおさら。


⑨さらば愛しきアウトロー
TheOldManAndTheGun2

ロバート・レッドフォード、いい花道になったんじゃないですか。シシー・スペイセクにまだ華が残っていたのもうれしい。役者で魅せる映画。


⑩嵐電
これは何か不思議な映画でした。「面白かった!」と満面の笑みで他人に紹介したくなる類の映画ではないし(観客を選ぶ映画ですから)かといって独りで静かに余韻に浸っていたいかというとそれも違う。虚実皮膜といってわかったつもりになってはいけないのだけど、それしか味わい方がないような気もする。不思議な映画。


⑪きみと、波にのれたら
湯浅政明監督はこれまであまりピンときませんでした。『夜は短し歩けよ乙女』も『夜明け告げるルーのうた』も画作りの面白さは感じても肝腎の物語に没入できなくて。
でも、この映画はノリノリで見ましたね。アニメであんなにうまそうなコーヒーやオムレツは初めて見た。
年初から始まる『映像研には手を出すな』、期待してます!


⑫眠る村
1961年に起きた名張毒ぶどう酒事件に関するドキュメンタリー。死刑囚は愛人関係を清算しようとして、というのが検察の言い分らしいけど、村の人たちは頑なにそれを信じている。おそらくは「愛人とよろしくやっている」ことへの妬み嫉みが根っこにあるのでしょう。たったそれだけのことが人間の判断力を狂わせる。見えているものを見えなくする。おそろしい。(それにつけても東海テレビの取材力のすごさよ。『さよならテレビ』が楽しみでしょうがない)


ワースト
さて、毎年恒例のワーストですが、いつも言っているように、『運び屋』『多十郎殉愛記』『天気の子』『記憶にございません!』『楽園』『ジョーカー』などといった単につまらない作品を選んでも面白くない。

というわけで以下の作品を。


2019ワースト
『新聞記者』(藤井道人監督)
1015762_01

ノーコメント。


関連記事
2019書籍ベストテン!
2019テレビドラマ・アニメ ベストテン!
2018映画ベストテン!
2017映画ベストテン!
2016映画ベストテン!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加