スクリーン

2019年08月26日

遅まきながら見てきました。矢口史靖脚本・監督最新作『ダンスウィズミー』。これが実に素晴らしかった!(以下ネタバレあり)

いや、確かにミュージカルとしてはどうかと思います。そもそも三吉彩花はほんとに歌ってるんですかね? 吹き替えじゃなくて? サントラにはアーティスト名に「三吉彩花」とあるので歌っているのかな。でも普通のミュージカルと違って録音と編集がよくないので、歌のシーンになると効果音があったり消えたり統一感がないし、口パクにしか見えないのもどうかと。声も何だか別人のよう。

しかしながら、詳しくは後述しますが、多くのミュージカルファンはこの映画の歌とダンスがダメだからと批判していますが、私は歌とダンスがうまいからこそよくないのだと思うのです。

この『ダンスウィズミー』を「神話」の観点から見つめると、そのようなことが見えてきます。




かつてユング心理学とジョーゼフ・キャンベルの比較神話学を援用したシナリオメソッドを勉強しましたが、この『ダンスウィズミー』は神話的世界観に彩られていて、そこが素晴らしい。

神話とは何か。英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニーです。この映画でヒーローとは誰か。主人公・三吉彩花です。しかし最初は「アンチヒーロー」として登場します。ヒーローが暗黒面に堕ちたのがアンチヒーロー。アナキン・スカイウォーカーが暗黒面に堕ちてダースベイダーになるのと同じですね。


アンチヒーロー三吉彩花
小学校時代は歌と踊りのレッスンに一生懸命だった彼女は学芸会のミュージカルで主役の座を射止める。が、風邪のために舞台上で嘔吐して笑われる。それがトラウマとなって歌いたい・踊りたいという欲求を抑圧し、勉強を頑張って誰もがうらやむ一流企業に就職する。

この「本心を抑圧する」という主人公の特性は、例えば、誰もが憧れる会社の上役・三浦貴大に対する態度にも表れています。同僚たちは三浦へのあこがれを隠さないのに、三吉彩花だけは本心を隠し「何か計算してる感じ」といやそうに言うくせに、自分だけ仕事を頼まれると「ラッキー」と。冒頭の彼女は友人を欺いて自分だけ得することを考える見事なアンチヒーローとしてキャラが立っています。

物語は、三吉彩花がどうやってその抑圧から解放されて本心を解き放つか、その道程となります。


001_size6

アンチヒーローがヒーローとして返り咲くためには、「心理」「感情」「身体」のそれぞれの物語において、「正」のアーキタイプの助力を得て「負」のアーキタイプに勝利することが肝要だそうです。

では、三吉彩花にとっての「心理」「感情」「身体」の物語とはどういうものでしょうか。そしてそれぞれのアーキタイプとは?

この映画で一番大事なのは「心理」であるのは誰の目にも明らかですが、それは大事であるからこそ後回しにして……


「感情」と「身体」の物語
ダンスウィズミー-336x186

なぜこの二つを一緒にしたかというと、歌って踊って楽しくなるという映画の性質上、感情と身体は同一レベルの問題だからです。

三吉彩花は催眠術の効果によって音楽を聴くと歌って踊らざるをえなくなる。

ここで、先述した、ミュージカルファンの「ミュージカルなのに歌と踊りがぜんぜんダメ」との批判の話になりますが、三吉彩花の歌と踊りがうまいのが問題なのです。

そりゃ往年のミュージカルと比べたら歌も踊りもペケです。でも一般市民のレベルなら普通にうまいじゃないですか。ウディ・アレンの『世界中がアイ・ラヴ・ユー』もこれと同レベルだったと思うけど、あれはヘタウマと褒められたのに。と、それはまた別の話ですな。

歌で感情を表現する。踊りで身体の表現をする。三吉彩花はそれができています。

幼少時は歌と踊りのレッスンを受けていたと電話だったかで母親が言っていましたから、当時はかなりのものだったのでしょう。だから選挙で主役に選ばれた。

でも、あれから完全に踊りを封印していたのだから普通に踊れるほうがおかしいのでは? そりゃ、踊りたくないのに踊ってしまう話なのに、そこでちゃんと踊れなかった映画が成立しないのはわかります。

しかし、最初から「感情」と「身体」の物語が解決されているとなると、話はもう「心理」しかなくなってしまう。後述する「心理」の物語が豊穣だから良しとするか、「感情」と「身体」の物語に何か一味あったほうがもっと面白くなったのにと思うかは人それぞれでしょう。

ただ、少なくとも三吉彩花の歌と踊りがダメだと批判するのは、私は的を射ていないと思います。


「心理」の物語
1015458_01

さて、いよいよ本丸です。

三吉彩花が歌いたい欲求を抑圧して勝ち組OLを演じていることから解放され、生きたいように生きる決意をするまでの物語、つまり映画全体の物語です。

ここで大事なのは、心理における「正」と「負」のアーキタイプです。

「負」は明らかでしょう。舞台上で嘔吐したのを見て笑った級友たちと、彼女の苦悩を思いやれなかった家族です。そして彼らを見て自らの心に蓋をした三吉彩花自身です。

では「正」は?

これはいろンな人がいて、例えば一番最初は何といっても催眠術で踊らざるをえないきっかけを作る宝田明でしょう。

かつてはほんとに催眠術を掛けられたが、寄る年波のせいかいまじゃサクラなしではやっていけないイカサマ手品師に成り下がっている人物が最大の(ユング心理学でいえば)老賢者(『スターウォーズ』のオビワン・ケノービですね)なのがコメディらしい趣向です。そしてこれは彼自身の自信回復の物語でもあるというところがまたオツ。

しかし一番素晴らしいのは、宝田明は「正」でも「負」でもある、というところです。

催眠術によって心理の解決のきっかけを作る。これが「正」としての宝田明。
もうひとつは、催眠術を解いて彼女が会社に帰る手助けをする「負」としての宝田明。

逆に言うと、ヒーローズ・ジャーニーを生きている三吉彩花は、実は「解決に向かって動いていない」のです。彼女の目標は月曜日までに会社へ帰ることですが、それは本心を抑圧する以前の自分に戻るということ。

宝田明に催眠術にかけられた瞬間に彼女のヒーローズ・ジャーニーは実は終わっているのです。しかし彼女はそれが「解決」ではなく「問題」と誤解しているから、ヒーローに返り咲いたにもかかわらずアンチヒーローに退行しようと必死になっている。この「さかさま神話」「さかさまヒーローズ・ジャーニー」がこの『ダンスウィズミー』の肝でしょう。

主人公を助けるものと主人公を危機に陥れるものが同じ催眠術。ここがこの『ダンス・ウィズ・ミー』の物語の力強さです。『ロード・オブ・ザ・リング』の指輪も、主人公や世界全体にとって助けにもなれば一番危険な代物でもある。こういう物語は強い。

さて、心理の「正」のアーキタイプの続きです。

己の欲求のままに生きるお手本のようなやしろ優(いい女優さんですね)もそうだろうし、かつての恋人と「プリンセス&プリンス」というデュエットを組んでいたのに他の女と結婚する相手の結婚式に乗り込んで好き放題しまくるchayという歌手。みんな三吉彩花のヒーローズ・ジャーニーのいい導き手です。嫌味な役の三浦貴大も「正」のアーキタイプですよ。

え、なぜ? 

だって、三吉彩花が好き勝手に踊っても急に一週間の有休と言い出しても「君ってほんと面白いね」の一言で済ませてしまうからです。彼の鷹揚さがなければ三吉彩花のヒーローズ・ジャーニーは貫徹しなかったでしょう。そりゃ根底には下心があるわけですけど、しかし、下心とは「本心」のことであって本心の解放を謳うこの物語にはとてもふさわしい味付けです。

ただ、ラストで彼女自身が解放され、過去の自分の手を取って一緒に歌い踊るというのは幸福の極致ですが、彼女のトラウマの原因を作った家族と和解しなくていいのかな、とは思いました。姪っ子の貯金をイタダキに行ったりするわけだし、そこで「心理」の解決のきっかけがあってもよかった。


やっぱりこれはミュージカル!
1015458_02

歌とダンスがうまいからよくないとか、まるでこの映画をミュージカルとして見てはいけないと言っているみたいですが、とんでもない! これは堂々たるミュージカルです。神話とミュージカルの幸福な結婚です。

だって、主人公自身も言うし巷の映画ファンもよく言う「ミュージカルって突然歌い出すから不自然」というアレ。

でも突然歌い出したくなるときってあるじゃないですか。私たちはそういう無意識の欲求を抑圧して生きている。ミュージカルはそういう抑圧を解き放つジャンルだったと思うんですよ。

この映画は、歌い踊る主人公を神話的世界観で肯定する物語を紡ぎあげ、同時にそのことによってミュージカルというジャンルを肯定しているわけです。

だから、なぜミュージカルファンを自認する人たちが非難するのか、私には理解できないのです。


ダンスウィズミー
オリジナル・サウンドトラック 音楽:Gentle Forest Jaz Band/野村卓史
ワーナーミュージック・ジャパン
2019-08-14




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月17日

御年83歳のロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』。これが久々に色気たっぷりで艶のある映画でした。(以下ネタバレあります。ご注意を)


TheOldManAndTheGun2

拳銃を見せない演出
10代の頃から強盗に手を染め、脱獄と強盗を繰り返した実在の人物を描いているんですが、この男は「銀行強盗」と聞いてすぐイメージされる粗野な感じとは真逆で、窓口の人間に拳銃をチラリと見せるだけで大金をかっぱらっていたとか。共通する証言は「とても紳士的」「いい人にしか見えなかった」。最後のほうで明らかにされる証言は「彼は一度も拳銃を撃ったことがない」。

だからなのか、ロマンチックな邦題とはぜんぜん違う“The Old Man And The Gun”という原題なわけですが、この重要なモチーフである拳銃をこの映画はまったくと言っていいほど見せません。

確かに、窓口でレッドフォードが拳銃を見せているんだろうな、と思わせるカットはあります。窓口係が明らかに動揺してすぐ金を用意しますからね。でも拳銃そのものは見せない。

では、いつ拳銃を見せるのか。


シシー・スペイセクの動揺シーンのみ
TheOldManAndTheGun1

逃げる途中にたまたま知り合った未亡人シシー・スペイセクと恋仲になるんですが、そのスペイセクがレッドフォードの車のグローブボックスをふと開けたときに拳銃が入っていて動揺するシーンで初めて拳銃が観客にも見せられます。

この直後、家に帰ったスペイセクがお湯を沸かそうとやかんに水を入れるんですが、そのとき「あぁ、銀行強盗と言ってたのはほんとだったのね」という感じで一点を見つめてぼんやりします。で、水があふれて慌てて蛇口を止める。

最近の普通の映画なら、水があふれる手元をアップで見せることが多いじゃないですか。でもこの映画の監督デビッド・ロウリーはそうしない。

「映画とはまず見せ、そのうえで語るものである」とは、かのアレクサンダー・マッケンドリックの名言ですが、その前段階である「何を見せて何を見せないか」という問題に非常に意識的だと思います。(とはいえ別にこれは新しいわけでも何でもない。古典的ハリウッド映画はすべてこういう作法で作られていました)

では、なぜ強盗のシーンで拳銃を見せないのか。


「ラクな人生より楽しい人生」
とは、「君なら強盗なんかしなくてももっとラクな人生が送れるだろう」と言われたときの主人公の返答です。

彼は大金を得てラクな人生を送るのが目的ではなく、強盗そのものが楽しくてやっている。

だから彼は拳銃を撃たない。撃つことで誰かが傷つくのは本意じゃない。それじゃ少しも楽しくない。盗む俺も盗まれた銀行もいい思い出しか残らない。そんな思いで強盗を重ねていたのでしょう。

窓口係に拳銃をチラ見せするのもあまり本意ではなかったのでしょう。でも見せないかぎりは盗めないからしょうがなく、ということだったのでしょうね。

ただ、映画は拳銃を見せない。拳銃などという物騒なものは楽しい人生がモットーの主人公のこの映画にはふさわしくないという適切な判断。

そして唯一見せるのは、心を許せる異性が拳銃を見て動揺するときだけ。楽しくあってはいけない場面だけ観客にも見せる。こういうのを「映像演出」というのだと思います。


脱獄ハイライト
捕まったレッドフォードを訪ねたスペイセクに、彼は「いままで幾度も脱獄してきた。今回もするつもりだ」みたいなことを言います。

そのとき、10代から直近までの脱獄ハイライトになるんですが、最終盤であのような見せ方をすることに最初はちょっと戸惑いました。

でも、スペイセクの「最後までここにいれば?」というたった一言でレッドフォードは脱獄しなかったことが明らかになり、のけぞりました。すごい作劇。こういうオチにするためのハイライトだったのか、と。

ただ、最後のオチはまだあって、レッドフォードにすれば恋仲のスペイセクの言葉が脱獄しなかった一番大きな理由なんでしょう。脱獄すれば逃げ続けなければいけない。それより満期出所したあとのスペイセクとの生活を楽しもう。どこまでも楽しい人生を追い続ける主人公に見ているこちらも心が浮き立つばかり。

なのに、最後に自分を追っていたケイシー・アフレック刑事に電話していると目の前に銀行。そしてまたやってしまった、というオチにはさらに心が浮き立ちましたね! しかもさらに4回も!!!

好きな女は大事。でも……という男のロマン。

こんな映画が引退作だなんてめちゃくちゃ素敵じゃないですか。
役者がみんなよかった。レッドフォード、スペイセクは言うに及ばず、ダニー・グローバーもトム・ウェイツも。みんな年寄りなのに色気がある。ケイシー・アフレックは相変わらず好きになれませんでしたが。

音楽もよかったですね。ジャズで押し通すのかと思ったら後半は突然キンクスがかかったり、選曲が見事でした。


さらば愛しきアウトロー
ダニエル・ハート
Rambling RECORDS
2019-06-26





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月07日

大絶賛御礼の映画『新聞記者』を見てきました。非常にタイムリーな映画と聞いていたのでずいぶん期待していたのですが、これがトンデモ映画のお手本のような作品でした。

1015762_01

外務省から内閣情報室に出向している杉原(松坂桃李)が元上司・神崎(高橋和也)の自殺をきっかけに政権の闇を暴くべく、機密資料を新聞記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)にリークする。

というのが全体のあらまし。

このあらまし自体がよくないとは思いません。が、それをどうプロットとして組んでいくか、はたまた、「機密資料」とは何なのか、といったことがあまりにあんまりなので白けてしまいました。


勧善懲悪でいいのか
AS20190703003229_commL

主人公が勤める内閣情報室。こんなに薄暗いって変でしょ? 「ここは悪の巣窟です」という印象操作(誰かさんのお得意の言葉ですね)にしか感じられない。

この映画では、政権側は全員悪人で、それを暴こうとする主要人物がすべて善人という設定になっていて、善が悪を懲らしめる内容になっていますが、それって都合の悪い人間を情報操作で社会的に抹殺する官邸と何が違うというのでしょうか? 

しかも、極秘資料というのが「大学の名を借りた生物兵器の研究所」というトンデモ設定。

そこまでして官邸を「悪」の設定にするのは、単にこの映画の原作者や彼女に共鳴するリベラル派の人たちが、映画の中だけでも政権に煮え湯を飲ませて溜飲を下げようという歪んだ欲望としか思えない。反政権を唱える人物を反日分子だと決めつけ攻撃するネトウヨと何が違うというのでしょう。

以前、私が書いたシナリオを読んだ高名な脚本家がこんなことを言いました。

「君は『善と悪』の対立で葛藤を作ろうとしている。それじゃダメなんだ。悪の側が作為的な悪になってしまうし、そもそもの問題として『善と善』の対立にしなきゃいけない。どちらの言い分にも理がある。そうしないと深みのあるドラマは生まれない」

この『新聞記者』はトンデモ設定を根幹に据えたためにドラマ全体がものすごく安っぽいものになってしまっています。


国民が出てこない
この映画では、政権のスキャンダルを暴きたてて倒せば問題がすべて解決する、みたいになっていますが、本当にそうでしょうか?

前川喜平さんや伊藤詩織さん、加計学園の問題、公文書改竄など映画と同じいろんなスキャンダルが現実に起こりましたが、内閣支持率はいっこうに下がりません。支持し続ける国民が多数いるのです。

国民の支持というのが「政権側の理」ですよね。だから、主役の新聞記者は政権のトンデモな悪を暴くのではなく、政権を支持する国民と対立させないといけなかったんじゃないでしょうか。

れいわ新選組の山本太郎の動画を見ていると「この国で一番偉いのはあなたたち国民ですよ」といつも言っています。でもこの『新聞記者』ではそういう言葉や思想は皆無でした。聞こえてくるのは、ただ「あいつらをやっつけたい!」という声だけ。

そういえば政治家も出てきませんよね。官僚ばかりで。政治映画なのになぜ?


松坂桃李の動機は?
48059586012_a378a47222

松坂桃李が自分の社会的生命を賭けてリークする動機もよくわかりませんでした。直前に子どもが生まれますが、流れとしては「この子のためにもこの国をまともにしなきゃいけない」という思いを感じました。そして「向こうが誤報だと主張したら僕の実名を出してもらって結構です」とまで言う。なのに記事が出たあと上司の田中哲司から出産祝いを渡され「外務省に戻りたいならいまもってる情報は全部忘れるんだ」と言われて目が泳ぐ。

あれは結局、子どもが枷になってシム・ウンギョンを裏切るということを暗示しているんでしょうか? だとしたらそれまでの流れは何だったの? というか、子どもを人質に取られることぐらい簡単に想像がついただろうに。

逆に、もし最後の表情がシム・ウンギョンと最後まで共闘するという決意だったのなら、なぜ田中哲司から「この記事は君じゃないよな?」と言われたとき「私です」とはっきり答えなかったのか。「外務省に戻りたくないのか」と訊かれたとき「結構です」となぜ答えなかったのか。それ以前に、資料をリークした時点で辞表を出すんじゃないですか、普通は。クビや左遷は覚悟の上なら自分から辞表を叩きつけてくれたほうが見ているこちらは喝采を贈ったんですが。


羊の絵
物語を推進する役目を担った羊の絵はよかったですね。映画なんだからやはり「画」で勝負してほしい。

とはいえ、あの絵が子どものために描いた絵じゃなかったらシム・ウンギョンは神崎の家に入れてもらえなかったわけでしょう? ちょっとご都合主義な感じがしました。それにもとの羊の絵と違う点があって、サングラスをかけてるみたいに目だけ黒く塗りつぶされてましたが、あれはどういう意味があるんでしょうか? 国民は盲目だという意味? それならそれを匂わすセリフを生前の神崎に言わせておかないと観客に伝わらない。

というわけで、今年のワースト候補がついに登場。といった感じですね。ベストワン候補がまだ登場していないのに。。。


補遺
「善と善」の対立がわからないという方はこちらの記事を参照してください。⇒『トイ・ストーリー3』(「善と善」の対立とはこれだ!)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加