聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

スクリーン

『15時17分、パリ行き』(SF的発想をしてほしかった)

ようやく見てきました。クリント・イーストウッド最新作『15時17分、パリ行き』。

おまえのようなイーストウッド信奉者が封切から3週間もたってから見にいくなんてどういうことだ。
という声も聞こえてきそうですが、正直言いまして怖かったのです。『グラン・トリノ』で俳優を引退してからというもの前作の『ハドソン川の奇跡』を除いてどれもこれも愚にもつかない作品ばかりでしたから。

でも、結果的に『ハドソン川の奇跡』と同じくらい楽しめる作品で安堵しました。ただし「傑作」だとは思いません。「佳作」といったところでしょう。なぜか。


本人が自分の役を演じるという「情報」
この映画では公開前から、実際に起きた事件を、主役3人だけでなく実際にあの列車に乗り合わせた人たちをできるだけ集めて本人たちに自分の役を演じさせた、という情報が出回っていました。

その「事前情報」が観客に与える影響はかなり大きいと思います。

実際、ド素人が演じている割にかなりうまい。それは監督自身が役者であり、それもあまり器用ではない役者だった(←過去形で言わないといけないところが悲しい)ということで、監督経験しかない監督よりもかなりいいアドバイスができたんじゃないでしょうか。

15時17分、パリ行き (1)

映画を見ていると、↑こういう光景が目に浮かぶんですよね。イーストウッドはどんなふうに素人俳優を演出したのか。それも自分自身の役というプロですら難しい役なのに。

という思いが「先入観」として観客の心を支配したはず。この映画の高評価の背景には「素人を使ってよくやった」みたいなところが多分にあるのでは?


セリフつなぎ
演技そのものもいいですが、セリフの途中でカットを割って繋ぐ、いわゆる「セリフつなぎ」が多用されてましたよね。
よくアクション映画などで、アクションがあまり上手でない俳優を使う場合、アクションの途中でカットを割るアクションつなぎが多用されます。
一昔前によくテレビでやってた武富士のCMがそうですよね。めちゃくちゃダンスがうまいように見えて、実は編集でごまかしてるだけという。


1517toParis

列車に乗る前のこのシーンが最も顕著でしたが、3人が喋りまくるこのシーンではセリフつなぎばかりでした。素人の芝居を少しでもうまく見せるための工夫だったのでしょう。


実話=主演作
なぜか最近のイーストウッドは実話ばかり。
俳優引退前も「硫黄島2部作」と『チェンジリング』があり、引退後は『インビクタス』『J・エドガー』『ジャージー・ボーイズ』『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』、そして本作。他にも『バード』や『真夜中のサバナ』。

ん? 自分が出てない映画ばかり。なるほど。そういうことか!



guntlet (1)

例えば『ガントレット』。
クライマックスで10万発の銃弾を浴びますが、誰もイーストウッドが殺されるかも、なんて思わないでしょう? そんなの『白い肌の異常な夜』みたいな珍品だけで、大スターたる彼は決して死なない。ある意味安心して見ていられる。それと俳優引退後の実話ばかりというのはつながっていると思います。

だって、実話なら結末があらかじめわかってますから。「イーストウッドは殺されたりしない」というのと「この映画はテロリストを倒した英雄を描いている」というのは結末があらかじめわかっているという意味では同じです。

だから、学校の先生に心ない言葉を投げられても、軍に入隊して負傷兵への対処の仕方でバカにされても、「彼らは最後は英雄になるのだから」と安心して見ていられる。

でも、素人にしてはうまい、とか、実話ならではの面白さとか、そういうところばかり楽しめるというのは映画としていかがなものか。


マシンガン不発
だって、映画の一番の見せ場である「主人公がテロリストめがけてタックルする場面」。あそこでテロリストがマシンガンの引き金を引きますがなぜか不発。首尾よくタックルが成功して彼らは英雄になれたわけですが、あそこでもし撃たれていたらどうなっていたか。

そこをもっと突っ込まないといけないと思う。

もし不発じゃなかったら彼らの家族は周りから何と言われたか。教師たちは「だからあのとき薬を飲んでおけばよかったのよ」とでも言ったか。軍の上官たちは「ほら、言わんこっちゃない。そもそもあいつは軍人に向いてなかった」とでも言われたか。それとも、英雄になり損ねた悲劇の小市民として悼まれたか。
マスコミの反応はどうだったか。マシンガンを構えているテロリストに丸腰で肉弾戦を挑むなど愚の骨頂だと非難されなかっただろうか。

などなど、SF的な想像力をめぐらして、もしあのとき不発じゃなかったら、という物語を作ることもできたはずなんですよね。

英雄になれなかった、ありえたかもしれないもうひとつの物語

それを現実に英雄になれた本人たちが演じる。そのほうが「事件の当事者を起用する」ことの意味も意義もあったんじゃないか。

この映画は私は楽しめました。それは本人たちが出演しているとか最近のイーストウッドは実話の映画化が多いとかの事前情報と、それなりに映画を見てきたからセリフつなぎが多いことに気づけたとか、あくまでもそういう理由によるものであって、決して子どもの頃に『ガントレット』を見たときのような「映画そのものの力」に感動したわけじゃない。

実際、本人たちが出演していると知らなかったうちの両親はあまり楽しめなかったそうです。


『シェイプ・オブ・ウォーター』(単純につまらない)

賞レースを席巻している『シェイプ・オブ・ウォーター』を見てきましたが、これが心の底からつまらない映画でした。


112de515


「悪」の創出
昨日、たまたま『イングロリアス・バスターズ』を再見しまして、こんなツイートをしました。

「ナチスを『絶対悪』として利用するだけの作劇は作家的怠慢だと思う。『独創的な悪』の創出は作家的使命のはずなのにタランティーノはそこから逃げている」


db035786


『シェイプ・オブ・ウォーター』は悪を造形することから逃げてはいませんが失敗してますよね。マイケル・シャノン演じる極秘研究所のボスみたいな男(中間管理職?)は汚い言葉を吐き暴力を振るうだけで、少しも独創的でもなければ魅力的でもない役です。

まだしも『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツのほうが残忍さをエレガントな衣で隠していて面白いですが、彼にしたところで「総統の命令を粛々と遂行しているだけ」で本当のところ悪い奴なのかどうかは最後までわかりません。ブラピに頭の皮をはがれるときの子どもみたいな恐がり方から察するに「ただの小役人」だった可能性が高い。

ところで、『シェイプ・オブ・ウォーター』では結末が途中でわかりますよね。悪役が暴力しか振るわないんだからああなる他ありません。


わからない行動原理
それよりも、主人公サリー・ホーキンスが怪獣を家にこっそり連れ帰る動機がまったくわかりません。


32113d1a


喋れないために誰も理解してくれない。怪獣も喋れないからお互い理解しあえる。というのはわからないではありませんが、彼女にはリチャード・ジェンキンスという孤独を分かち合う隣人がいるし、職場にはオクタヴィア・スペンサーという彼女の面倒を見てくれる心やさしい同僚がいます。

だから少しも孤独じゃない。「私には怪獣しかいない」というところまで追いつめられていません。

男がほしかった? 確かにオナニーシーンがあるし、後半は怪獣とセックスしまくってました。しかしですね、主人公の周りにはまともな男が出てきません。リチャード・ジェンキンスはゲイだし、マイケル・シャノンは女を暴力的に扱うことしか考えていない。ソ連のスパイは諜報戦のことしか頭にない。

怪獣との恋愛を描く。
それはドラマ作りとして志が高い。ハードルが高すぎるほど高いですから。
しかし、それならば、前段としてまず「人間との恋愛」を描かないといけないのでは? 愛し合っているごく普通の男がいる。「私には彼しかいない」と思っている。でも何らかの問題のために二人の関係が破綻してしまう。だから怪獣しかいない! となればグッと乗れたと思うんですが、そうなっていません。だから、この映画は完全にご都合主義で作られていると思うわけです。


ご都合主義
ご都合主義といえば、クライマックス前のマイケル・シャノンもそうですよね。

同僚がソ連のスパイだとわかり、「あの掃除婦が……」というのを聞いて彼はオクタヴィア・スペンサーの家に行くんですが、なぜサリー・ホーキンスの家じゃないんでしょうか。

怪獣がいなくなったときはまだサリー・ホーキンスが怪しいとは思われていなかったようで全員のタイムカードを調べていましたが、あのとき、サリー・ホーキンスは指で「ファックユー」とやりますよね。マイケル・シャノンにははっきり意味がわからなかったようですが、サリー・ホーキンスが自分によからぬ思いを抱いているのはわかったはずで、「掃除婦」と聞いて真っ先にオクタヴィア・スペンサーを思い浮かべるのはどう考えても不自然です。サムソンとデリラの逸話を喋りたかったから? まさか!

もしあそこで真っ先にサリー・ホーキンスの家に急行していたらあの美しいラストシーンはなかったわけですから、完全なご都合主義です。登場人物が作者の操り人形でしかない。

セットや衣装の色づかいが目に心地よく、照明もとても繊細でヴィジュアル的にはとても楽しめる映画でしたが、お話にまったく乗れなかったのでお金返してほしい。

これでアカデミー賞最有力候補??? 信じられません。昨日見た『ビッグ・シック』のほうがよっぽど面白かったですよ。

『ビッグ・シック』(直球と変化球のほどよい按配)

もうじき発表されるアカデミー賞で脚本賞にノミネートされている『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』を見てきたんですが、これがめちゃんこ面白かった!!!


bigsick

予告編を見たかぎりでは、
「熱烈に愛し合ったパキスタン人の男とアメリカ人の女が宗教の壁を乗り越える」という現代版『ロミオとジュリエット』だと思っていました。でもぜんぜん違うんですね。

2年前に『マジカル・ガール』という映画がありました。芝山幹郎さんが「ナックルボールの連投」という独特の言い回しで批判していましたが、この『ビッグ・シック』にはナックルボールはありません。かといって『ロミオとジュリエット』のような剛速球でもない。直球にほどよくカーブやフォークなどありふれた変化球を織り交ぜたナイスピッチングな一品に仕上がっています。


3d1a8200


この二人のラブストーリーには違いないし、違う国、違う宗教という壁が立ちはだかるというのも確かにその通りなんですけど、予想と違ったのは、まず、この二人がそれほど熱烈に愛し合っているわけではない、ということです。

主人公クメイルはコメディアン志望の男で、厳格なイスラム教の家庭で育った人間ですが、アッラーに祈りを捧げるふりをしてゲームをするような不信心者です。パキスタンでは親が見つけてきた相手と見合い結婚するのが習わしで母親が何人もの女を連れてきますが、クメイルは見合い結婚なんかハナからする気がない。

舞台を見に来たエミリーという女とすぐベッドインしてしまうんですが、このエミリーも「いまは誰ともつきあう気がない」という女で、実はバツイチ。それを隠していたくせにクメイルが何度も見合いしていることを知ると激怒して別れるハメに。

愛し合った男女に壁が立ちはだかるんじゃなくて、男が女にそっぽを向かれてしまう話なんですね。イスラム教徒とキリスト教徒。アメリカ人と移民の子。という現代的な仕掛けを施しておきながら、実はメインプロットに宗教や政治はさほど関係してこないのが一番の変化球。

クメイルが他の女と寝ていると電話がかかってきて「エミリーが重病でERにいる」と。ここからエミリーの両親が出てきて、9・11の話で険悪な空気になったりするんですが、クメイルの舞台を見に行くと「アイシスに入れ!」と叫ぶ不届きな客がいて、エミリーの両親は彼と大喧嘩し、一気にクメイルとの距離が縮まります。

ここはちょいと残念でした。宗教や政治が障害になるのならいいんですが、逆に主人公にとって都合のいいアイテムと化してしまっています。

でもそれはこの映画にとって小さな瑕疵です。

ここからエミリーの意識が戻り、縒りを戻し、クメイルの両親も彼らの結婚を祝福する。という流れだろうと予想したら、また裏切られます。

エミリーの両親と話をし、意識の戻らないエミリーを見つめているとクメイルは次第にエミリーを心から愛していることに気づきます。そしてエミリーの意識が戻ります。でも、クメイルのことが許せず「出てって!」と言うばかり。
しかも見合い結婚をする気もなく礼拝もせず白人女とデキていたと知った両親は激怒し、コメディアンとして大成するためにニューヨークへ行くというクメイルに対して、父親は涙ぐみながらも「最後の別れだ」と言い残し、クメイルのことを決して許さず目も合わせようとしない母親と一緒に去っていきます。

何と! 主人公と両親は和解しないのでした。イスラム教徒がキリスト教徒を絶対に受け容れないというなかなか過激な展開ですね。これもなかなかの変化球。

で、ニューヨークで舞台に立つクメイルの前に再度観客としてエミリーが現れ、ボーイ・ミーツ・ガールの物語は幕を閉じます。これが実話と知って驚きました。別に実話だからといって映画の価値が高まるわけではないし、完全なフィクションだからといって映画の価値が下がるわけでもないですが、神を信じていないイスラム教徒とか、キリスト教徒との結婚を絶対に許さないイスラム教徒とか、そういうなかなか(映画としては)発想しづらい「変化球」は実話だから可能だったのですね。なるほど。

『マジカル・ガール』のナックルボールは確かにしっくり来ませんでした。『スリー・ビルボード』のような大リーグボール級の変化球も好きになれません。

でも、この『ビッグ・シック』のような、ボーイ・ミーツ・ガールという古典的な直球にほどよい変化球が織り交ぜられたのが自分の好みということをいまさらながら再確認させてもらったのでした。

『ビガイルド』(リアリズムと反リアリズム)

もうすぐ発表されるアカデミー賞で話題をさらっているのが、とうとうあのロジャー・ディーキンズが撮影賞を受賞するのか!? ということで、組合賞も獲ってるからかなり確率は高いと思われます。が、対象作品である『ブレードランナー2049』の撮影がものすごくよかったかというと、私は決してそんなことはないと思います。

確かに「さすがロジャー・ディーキンズ!!」と喝采を贈ったカットも少なくありませんでした。が……

今日見てきた『ビガイルド 欲望のめざめ』でも同じことを感じました。


beguiled

これは昼間の場面です。南北戦争の頃なので電灯というものがない。窓から入ってきた日光を背にしているので役者の顔に充分な光が当たるはずがない。というリアリズムなのでしょう。

『ブレードランナー2049』でも同じように役者の顔に光を当てていない場面がたくさんありました。表情が読めないのでイライラしました。カメラマンが異なる『メッセージ』も同じ画調でしたから、間違いなく監督の指示なのでしょう。いずれにしても私はあのような照明プランに撮影賞を与えてはいけないと思います。

『ビガイルド』に話を戻すと、夜の場面はこうなります。

2f9d9152

ろうそくの炎しか光源がないはずなのにこの光の具合は完全におかしいですよね。リアリズムで行くなら、役者の顔がやっと映るぐらいでバックはほとんど映らないんじゃないでしょうか。何でエル・ファニングの肩の後ろやスカートのあたりが映るんだろう、と。

コリン・ファレルが階段から転落するシーンでも、月光がものすごく明るいですよね。なのに昼間の日光はそれほど強く感じられない。

だから、この映画は昼間はリアリズムで、夜間になると反リアリズムになっていると思われます。それなら、昼間の場面でももうちょっと役者の顔に光を当てる反リアリズムの照明でもよかったのでは?

どうしてもそれが嫌なら、


beguiled

この場面なら、役者を窓に向けて芝居させたらよかったんじゃないでしょうか。

どうにもイライラしました。

役者(特に女優)の衣裳はほとんど白を基調にしたものでしたよね。あれはおそらく白に近い色のほうが弱い光でもちゃんと映るという計算なのでしょうが、ソフィア・コッポラは過去にまさに衣裳が主役のような『マリー・アントワネット』という映画を撮っています。この映画でも生きた人間より衣裳を見せることが主眼になっているようで真面目に見る気がどんどん失せてしまいました。

ニコール・キッドマンのような尋常じゃない美しさをもつ女優を配したのなら、リアリズムを捨てるべきだったと思います。現に夜のシーンは捨ててますから。どっちかにしてよ! と。

許せない映画③『グレイテスト・ショーマン』

greatestshowman1

『ラ・ラ・ランド』のスタッフが結集したという謳い文句で大ヒット中の『グレイテスト・ショーマン』。なるほど、歌と踊りのシーンはノリノリで見れますが、この映画は非常に大きな問題を抱えており、私は決して許してはいけない映画だと思います。

過去の許せない映画はこちら。
①『ダーティハリー2』
②『L.A.コンフィデンシャル』

まず、ヒュー・ジャックマン演じる主人公は貧しいというただそれだけで好きな女の父親から蔑まれ「娘はきっと戻ってくる。おまえとの貧しい生活に耐えきれなくなって」というひどい言葉を浴びせられます。この富者が貧者を見下す世界で主人公がどのように「ヒーロー」として名を上げるか、というのがこの映画の眼目となります。


greatestshowman


主人公はまず小人やヒゲ女、巨漢にノッポ、シャム双生児などなど異形の者たち(フリークス)を集めた見世物小屋を作り、そこで歌を踊りを披露して人気を博します。

フリークスも異形であるというただそれだけで虐げられてきた者たちであり、貧しいというだけで差別されてきた主人公と同じ身の上です。の、はずが……

歌姫レベッカ・ファーガソンが仲間に加わってからはその歌があまりに素晴らしいために主人公はフリークスを迫害し、歌姫と二人だけでツアーに出ます。

「他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」

というカント哲学の要諦がありますが、主人公はフリークスを手段としてしか見ていなかったことが明らかになります。彼はダースベイダーのように暗黒面に堕ち、アンチヒーローとなってしまったわけです。

ここまでがちょうど半分。いわゆるミッドポイントというやつですが、ここから主人公がどのようにフリークスと折り合いをつけヒーローとして甦るかが眼目となります。

ですが、歌姫に逆恨みされてスキャンダルを仕組まれ、しかもサーカス小屋に放火されてすべてを失った主人公は酒場でやけ酒を飲んでいると、フリークスが入ってきて、何と彼を許すのです。

え、何で???

彼らは怒らなければならないはず。確かに「あなたのおかげで舞台に立てた」という気持ちはわかります。劇評家の「あらゆる人を同じ舞台に立たせた」という言葉もわかりますが、それは結果論であって、主人公はただ金儲けの手段として彼らを利用しただけです。

だから、彼はフリークスに謝らないといけないし、フリークスだって容易に許してはダメです。ここにこそこのドラマの要諦があるはずなのです。なのに主人公は彼らに簡単に許してもらい、さらに片腕のザック・エフロンがこっそり金を貯めていたとかで簡単に再起できます。

何じゃそりゃ。

主人公はヒーローとして復活しますが、それはフリークスが彼を甘やかしているからです。作者たちが主人公を甘やかしている。

そして大事なことは、主人公のみならず、作者たちもがフリークスを目的として扱わず手段としてのみ扱っているということです。まともな人間として相手にしていない。彼らを締め出し暗黒面に堕ちた主人公と作者たちは同類です。

というわけで、この『グレイテスト・ショーマン』は決して許してはいけない映画ということになります。派手な歌と踊りに騙される人もいるかもしれませんが、これは絶対に許してはいけない!



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。