聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

映画

『クレイジー・リッチ!』(少しも乗れない大ヒット映画)

アメリカで空前の大ヒットという話題の映画『クレイジー・リッチ!』を見てきたんですが、何でこんなのがヒットしてるの? と理解に苦しむ映画でした。

crazyrich (1)
まず、ファーストシーン。
1988年のロンドンから始まるのがわからない。ミシェル・ヨーが高級ホテルを買収するシーンがなぜ必要? しかもファーストシーンに。画像の二人が主役なのに。母親の若き日の買収劇なんか意味がない。

そして、すぐ現代のニューヨークになり、ポーカーでブタの役なのにブラフを仕掛けて勝ち、条件つき確率論のレポートを書くよう指示する主人公レイチェル・チュウが描かれます。なぜこんな登場のさせ方なのでしょう? 条件つき確率論というのが何か物語に関係するのかと思ったら何もなし。終盤、ミシェール・ヨーとの麻雀でそれが発揮されるのかと期待したんですがそれもなし。

この映画はあくまでも金持ちの御曹司ニックと恋仲になる女性レイチェルがその事実を知って戸惑う、という内容なのに、いくらレイチェルの職業がニューヨーク大学の教授だからといって、講義のシーンから始められても「え、何で?」と戸惑うばかり。

それからもっと大事なことは、彼氏が大金持ちの御曹司であることになぜレイチェルだけが気づかなかったのか、ということ。

やっとデートのシーンになったかと思ったら、すぐにまったく何の関係もない女の視点から二人が捉えられ、彼女が二人を写メに撮ってSNSに投稿。ネットでは誰もが「これニック・ヤンじゃない?」と話題になり、この女は誰だ!? となる。なのに恋人のレイチェルだけが彼の素姓を知らないなんてありえない。学友のペクですら「ニック・ヤン」という名前を聞いただけで「え、あの!?」と仰天するのに。レイチェルは貧しい家の生まれという設定ですが、いまは晴れてニューヨーク大学の教授という職を得た成功者なんだから彼女だけ知らないという設定はあまりに嘘くさい。

ニックは「君に金持ちだと知られたくなかった。ありのままの自分を見てほしかった」みたいなことを言いますが、その気持ちは理解できるにしても、あんな絵に描いたような大富豪の御曹司がジュース屋のポイント貯めたりしますかね? バスケはいつも古い体育館で、とも言ってたし。

貧しい家の娘が大富豪の御曹司と恋に落ちる。さまざまな妨害、誹謗中傷に遭うも最後は結ばれる。

という物語は新味はないものの幅広く支持を得られるものだから別にいいと思います。物語自体が常に斬新でなければいけないとは思いません。

しかし、物語を本当のことだと信じさせるにはそれなりの用意周到さが必要です。

この『クレイジー・リッチ!』は、物語の背景設定があまりにお粗末です。なぜ主人公だけが彼氏の素姓を知らなかったのか。そこに用意周到さがあれば信じることができる。

情報の提示の仕方にも疑問があります。
前述のとおり、主役二人のデート場面でニックが大金持ちの御曹司であることが観客にだけ提示されますが、これはあまりにもったいない。

主人公が「この人、ひょっとして実家が大金持ちなのでは……?」と疑問を抱くのと観客が同じ疑問を抱くタイミング、そしてその疑惑が事実だったことを主人公が知るのと観客が知るタイミングを同じにすべきです。でないと主人公に感情移入できません。

主人公がもっている情報量と観客がもっている情報量を同じにするか、いつどちらを大きくするかというのはとても大事なことですが、この映画の脚本家は何も考えていません。

だから、最初は誰が主人公なのかよくわからなかったのです。乗れなかったのはそういうわけです。



『ゼイリブ』(アメリカ映画を告発するアメリカ映画)

まだまだ来年のことらしいですが、神戸は元町映画館でジョン・カーペンターの名作『ゼイリブ』が上映されると知り、矢も楯もたまらず見てしまいました。




あまりに映画的なアイデア
「宇宙人の正体が見えるサングラス」というのは実に映画的なアイデアですよね。だって、おのずとこうなりますから。↓


theylive3 (1)
theylive4

「見る者」と「見られる者」をカットバックする。いわゆる切り返しショットが多用されることになります。そして、この「見る/見られる」が「撃つ/撃たれる」に変奏されます。


theylive2 (1)
お見事ですね。ジョン・カーペンターはただこういうことがやりたいだけでこの映画を作ったのだろうかと最初は思ったほどです。しかしながらこの『ゼイリブ』は実に風刺に富んだ告発をやってのけた映画だと思います。

告発といっても劇中で描かれる大量消費社会とか、格差の拡大とかそういうことではありません。いや、それもあるんですけど、それはたぶん口実で、カーペンターは同じアメリカの映画人を告発していると思うのです。


異様に長い殴り合い
theylive1
この二人がこうなるまでに、6分もの殴り合いが行われます。「サングラスをかけろ」「かけない」という争いに6分も。全体が正味90分ほどなのに。なぜか。

おそらく「釣り合い」を取ろうとしたのでしょう。
最初に主人公がサングラスをかけるのって単なるご都合主義ですよね。何か金目のものかと思ったらただのサングラスでごみ箱に捨ててしまう。でも手にひとつだけ残ったサングラスを何の必要もないのにかける。あそこはサングラスをかけないと話が始まらないからあれでいいんですが、キース・デビッドが「かけろ」と言われてその通りにするようではあまりに都合がよすぎるし、何より「服従しろ」「何も考えるな」という宇宙人の洗脳にキース・デビッドまで毒されていることになってしまい、それこそ都合が悪い。そこであそこまで執拗な殴り合いが必要だったのだと思われます。

ただ、ここで大事なのは、それまでキース・デビッドは主役ロディ・パイパーにドヤ街を教えてやったり世話を焼く。でも完全に信頼関係になってるわけではないですよね。キース・デビッドは最初から大量消費社会やエリートばかりが優遇される社会に疑問を投げかけていますが、ロディ・パイパーは「もっと気楽に生きようや」というまさに宇宙人に洗脳された地球人の代表でした。

だからこの二人は、「地球人⇔宇宙人」という対立関係と同じく、切り返しの構図で捉えられます。2ショットもあるけど切り返しもある。特に「サングラスをかけろ」「かけない」のところはこれでもかといわんばかりのカットバックです。

それが長い殴り合いを経てロディ・パイパーの真意をキース・デビッドが理解したとき(↑画像のカット)からラストまで、この二人は一度も切り返しで捉えられることがありません。


ホリーという女
その殴り合いの前に、ロディ・パイパーはテレビ局勤めのホリーという女と出逢います。銃で脅して彼女の家まで行き、宇宙人の謀略を説きますが、当然彼女は信じません。それどころか一瞬のすきをついて彼を殴り、家の外へ突き落とします。

theylive5 (1)
最初はこのように2ショットで捉えられていた二人が、ロディ・パイパーが宇宙人がどうのこうのと言い出すところから切り返しになります。すべてを知った者と何も知らない者との対立の構図。

かと思いきや、宇宙人の侵略から地球を守るゲリラ組織にホリーがやってきて、テレビ局は何も心配ないから安心してと言います。何だ仲間だったのか、とロディ・パイパーは歩み寄り、「あたし、あたし……」と言葉を選んでいるホリーが「見る/見られる」としてカットバックされます。

キース・デビッドとは仲間になったら見つめあう場面も2ショットなのに、男と女は気持ちが通い合ってもカットバックなの? それって演出意図が一貫してないのでは?

と思っていると……


最後のカットバック
実は、地球人の中にすでに裏切り者がおり、ドヤ街で知り合った男ギルバードもそうだし、ホリーもそうだった。ギルバートは言います。

「寄らば大樹の陰っていうじゃないか。楽して大金が入るほうがいいだろ?」

まさに冒頭の主人公と同じです。「考えるな」という宇宙人の洗脳が見事に成功しています。ホリーも同じように洗脳されている。

theylive6
それが判明した瞬間、再び男と女は切り返しで捉えられ、カットバックによって「見る/見られる」の関係だった二人がまたしても「撃つ/撃たれる」の関係に変奏されて映画は幕を閉じます。

つまり、この『ゼイリブ』では、宇宙人の正体が見えるサングラスというアイデアを手掛かりに、対立する者同士を徹頭徹尾カットバックで見せるという演出手法が貫かれているわけです。


結局、カーペンターは何を言いたかったのか
ここからは私の推測です。何しろ画面に映ってないことばかりですから。

観客は上記のような映画監督の演出意図なんてまるで気にせずに見ますよね。

でも、だからといって何も考えずに撮っちゃっていいの? という同じ業界人に向けた異議申し立てなんじゃないか。

70年代の半ばからアメリカ映画は少しずつ魅力をなくしていきます。古典的ハリウッド映画の作法などまるでなかったかのような雑な作りの映画が横行する。カーペンターはそれに我慢ならななかったのでしょう。古典的ハリウッド映画に通暁した映画インテリですから。

人々が何も考えずに享楽をむさぼる時代を撃つように見せかけて、カーペンターはハリウッドを告発したのだと思います。いくら観客が気づかなくてもちゃんと演出意図をもって撮れ。もっと考えろ。適当に撮った映画で大儲けして恥ずかしくないのか。

『ゼイリブ』を発表した80年代末以降、90年代まではコンスタントに作品を発表していたカーペンターも、21世紀に入るとほとんど映画を作れていません。カーペンターのように真摯に映画を向き合い、自分の頭でちゃんと考えて撮る映画監督が生きにくい時代なのでしょう。

ジョン・カーペンターをハリウッドから排斥した連中、彼らこそゼイリブのTHEYなのだと思います。



『ザ・プレデター』(決して「死にたい」と言わない自殺願望者たち)

話題沸騰中の『ザ・プレデター』。実は私はシュワルツェネッガー主演の『プレデター』を30年ぐらい前に見て少しも楽しめなかったので『2』も見てないし、『エイリアンvs.プレデター』とか関連作品もまったく見ておりません。
今回もいくら絶賛されまくってるといっても自分には合わない作品なんだろうとスルーるつもりだったんですが、脚本・監督があのシェーン・ブラック先生と知って慌てて駆けつけたらこれが大当たりでした!!


ThePredator3

よくわからない物語の背景
メキシコで主人公がプレデター(捕食者)と呼ばれる異星人を目撃。政府に拉致されてしまうのですが、ひそかに息子にプレデターから奪ったガントレット(画像の頭の部分とか腕の甲羅の部分)を送っていて、それを息子が誤って起動させてしまったことから、宇宙から別のプレデターがやってきます。

このへん、よくわかりませんでした。何でも、軍の秘密基地で研究対象にされていたのは「プレデター1号」で、宇宙からやってきたのは、いろんな星の一番強い生物の髄液を取り込んで「進化」している奴らしい。
最後のほうで「1号は地球を守ろうとしていたんだ」というセリフがありましたけど、え? じゃあ何でシュワたちは1号と戦ってたんだろう? と、よくわからない。まぁ私がプレデターへの思い入れが皆無に等しいからなんでしょうね。関連作品に詳しい人ならすべて理解できるのかも。

ただ、そのようなことは瑣末なことであって、私が面白いと思ったのは、やはり↓こいつら↓


ナイスガイズなPTSD軍人たち
ThePredator2

彼らは中東で味方を誤射するなど不祥事を起こしてPTSDを発症してしまい、同じグループでセラピーを受けている仲間たち。たまたま主人公と同じバスに乗ることになるんですが、ここの会話が面白い。

「俺はマッケナ」
「俺はネブラスカだ。本名は違うんだが」
「何ていうんだ」
「ゲイロード」
「通称のほうがいいな」

というところは普通にいいとしても、そのあと通称ネブラスカは訊かれてもいないのに他の仲間の紹介をしちゃうんですよね。これは完全に「説明」であって「描写」じゃないよ、シェーン・ブラック先生! と疑問に思いました。

実は、なぜこのようなわざとらしい説明をしたのかが最後に判明するのですが、それはひとまず措くとして、秘密基地から脱走したプレデター1号がお約束通り彼らと鉢合わせして戦うことになります。

普通なら、異星人を見たら逃げますよね。主人公はともかく、他の連中はみんな心を病んでいるのだから当然逃げるんだろうと思ったら戦う気満々で、え、何で? と。誰かが「ツッコミどころ満載の映画」と言ってたのはこういう箇所なのだろうか、と少し引いたんですが、アクション描写が素晴らしく目は画面に釘づけ。

あの連中は、その後も主人公の麻酔銃を受けた紅一点の生物学者が目を覚ましたらどういう行動に出るかで賭けをして子どもみたいに喜んでるし、このお祭りのような底ぬけの明るさは何なんだろうと、戸惑い半分で見ていました。


ようやくわかった「自殺願望」
彼らが異星人と遭遇してもなぜあんなに明るく無邪気なのかが、クライマックスでの死闘でやっとわかりました。火をつけられたプレデターに自ら飛びついて焼け死んだり、プレデターの宇宙船のエンジンに飛び込んで逃げるのを防いだり、彼らは少しも死ぬのが怖くない。いや、積極的に死のうとしている。
腹をぶち抜かれて磔の状態になった二人が、お互いを死なせてやろうと笑顔で同時に発砲するとき、すべてを理解しました。

彼らは死にたかったんだ、と。死に場所を探してうずうずしていたんですね。だからプレデターを初めて見たときも怖がるどころか喜び勇んで戦いに身を投じた。賭けをして喜んだり、主人公の奥さんに下ネタ連発したりするのも自殺願望者の哀しい遊びだったんだな、と。

『太陽を盗んだ男』で、原爆を作ったものの何をしたらいいのかわからない沢田研二に対し菅原文太刑事が「おまえが殺したがっているのはおまえ自身だ!」と喝破して見事に着地が決まるんですが、この『ザ・プレデター』にもまったく同じ感動がありました。

通称ネブラスカに連中の背景説明をいっぺんにさせた理由も同時に理解しました。

「PTSDに罹っていること」と「自殺願望者であること」をできるだけ離したかったのでしょう。PTSD軍人で心を病んでいる説明をいっぺんにさらっとやってしまって、そのあとは子どもみたいにはしゃぐ描写だけに徹する。そうすれば観客は彼らがPTSDに罹った病人であることを忘れ、ただの血に飢えた馬鹿だと思う。そのうえでクライマックスで喜んで死んでいく連中を描くことで彼らの内面の哀しみが浮き彫りになるという計算。

「死にたい」とか「死に場所を探している」なんて一言も言わないからこそ滲み出る哀しみ。背景は説明するけど心の中はいっさい説明しない。うーん、シェーン・ブラック先生、さすがです!(ちなみに脚本はフレッド・デッカーという人との共作)

以下は蛇足です。


主人公の奥さん
snap00187

主人公の奥さんがちょっとだけ出てきますが、この人のセリフも記憶に残るものです。
主人公とはすでに離婚しているのか別居中なだけなのかはっきりしませんが、ともかく夫はどういう人かと訊かれると、

「ダメな夫だけど、優秀な軍人よ」

これが「優秀な軍人だけどダメな夫」だと、もう完全に気持ちが離れてしまってますよね。後半に本当の気持ちが出ますから。だけど「ダメな夫だけど優秀な軍人」というのだから少しは気持ちが残っているようです。しかもそれが主人公との直接的なやりとりではなく、他の連中とのやりとりでわかるというのが憎い。

しかし、それなら最後は帰還した主人公とのラブシーンがあってもよさそうなのに、このシーンを最後に奥さんがいっさい登場しないってどういうことよ、シェーン・ブラック先生!



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード