聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

映画

ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性

昨日放送されたETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』。
宮川一夫の助手を長年務め、いまは『雨月物語』などの修復作業をしている宮島正弘さんの顔を久しぶりに見ました。はっきり言って私はこの人に恨みがあります。


ETV-MIYAGAWA1
(右側が宮島さん)

「遊びすぎ」と非難され
専門学校での卒業制作で、私が編集を務めた作品に対してえらく文句を言ってましてね。いや別に編集に難癖をつけられたわけじゃないんですがね。カメラマンだから撮影のことと、あとは全体的な物語とかテーマについて。

私が原案を出したものですが、みんなで何か月もかけて話し合って作った脚本と、それをもとに撮った映画に対し、事務局で「ダメだあんなのは。ふざけすぎ」とか言ってたんです。隣の部屋にいた私たちは苦々しく聞いていましたが、監督の友人はわざと聞こえるような声で「そんなんやから一流になられへんのや!」と毒づいていました。

そりゃそうでしょう。だって、私たちは「あえてふざけて」あの映画を作ったのだから。

アホみたいな内容の話を大真面目に見せる、というのがコンセプトだったんですけど、それを編集でグチャグチャにしてやろうと。

私にとって「映画編集ベスト3」はいまも昔も変わらず、

ゴダール『勝手にしやがれ』
トリュフォー『突然炎のごとく』
スコセッシ『グッドフェローズ』

なんですけど、彼らのように「映画作りにルールなんかない」ということを証明してやろう、くらいの気持ちでやっていました。はっきり言って「むちゃくちゃやろうよ」と。

大映の末期を支えた編集マン、谷口登司夫先生は「荒削りなアマチュアらしさがあってとてもいい。うまくなってはいけない」と私の編集が一番好きだと絶賛してくれました。

また、照明の中岡源権先生も「なかなかよく遊んでる」とほめてくれたし、名前は忘れたけど撮影所の所長さんも「すごく面白かった」と、上のほうの人ほどほめてくれたんですよ。

その作品を宮島さんは「遊びすぎ」だという。


宮川一夫の遊び心
『羅生門』で太陽に向けてレンズを向けるという黒澤の大胆不敵な思いつき。たぶん宮島さんだったら頭から否定していたと思う。でも宮川一夫は黒澤の「ルール無視」「既成概念破壊」を大いに楽しんだ。

『無法松の一生』のあの有名な重ね撮りのディゾルブも、『おとうと』の銀残しも、『浮草』で降らせた土砂降りの雨も、小津作品には珍しい、人物の顔に照明を当てない撮り方も、すべては「遊び心」があったからこそ。

『浮草』(の特に俯瞰)については「やりすぎたか」と後悔していたみたいですが、でもそれぐらいのことをやらないとね。

そういえば、宮島さんは番組内ではっきり自分のことを「技術屋」だと言っていました。

宮川一夫は自分のことを「技術屋」とは思っていなかったでしょう。溝口から「芝居は監督の私がつけるから、その芝居をちゃんとつかんで撮れ」と言われて、「そのほうがやりやすい」と言ってましたもんね。技術屋の宮島さんに溝口の片腕が務まったとはとても思えません。

カメラマンは確かに技術屋の側面もあるだろうけど、同時に「創作家」「芸術家」でもあると思う。

それを可能にするのが「遊び心」。映画作りにルールなんかない。



宇垣美里が好きになった(週刊文春エンタを読んで)

高校の後輩でTBSアナウンサーの宇垣美里。
3年くらい前に『あさチャン』で初めて見たときは後輩であることはまったく知らず、「かわいいけどもっとかわいい女子アナはいくらでもいるでしょ」と思っていました(うちの学年には彼女よりかわいい子が3人はいたと思う)。後輩と知ってからはよけいに冷めた目で見るようになり、『あさチャン』を降ろされたと聞いたときも「そりゃそうだろう」とファンが聞いたら怒られるような感想しかもちませんでした。

「何で私が降りなきゃいけないんですか」と上層部に食って掛かったという情報を聞いたときも「そんなんだから降ろされるんだよ」と思ってしまいましたが、今回『週刊文春エンタ』での映画史研究家・春日太一氏との対談を読んでガラリと見方が変わりました。



まず何よりもクリント・イーストウッドが好きというところがいいですね。なかでも『グラン・トリノ』が大好きでいまだにベストワン映画なんだとか。へぇ~。でも『ミリオンダラー・ベイビー』を見て怒ったと。自分が死ぬのと殺すのは違うじゃないかというんですが、いや、殺すといっても殺される側もそれを願ってるんだからその見方は違うんじゃないかと……。でも、『グラン・トリノ』が一番好きだなんてセンスが良い。泉下の大先輩・淀川長治さんも喜ぶのでは?

それはともかく、私は『カードキャプターさくら』とか『少女革命ウテナ』とか『セーラームーン』などはまったく見たことがないのでよくわからんのですが、それらのアニメの影響で、

「自分たちで作らないとその未来には意味がない」

と、なかなか強い志を子どもの頃からもっていたというから驚きです。

そして、『かぐや姫の物語』のような「白馬に乗った王子様がいつか迎えに来てくれて……」という少女マンガ的憧れを強く否定するようになった、と。

「でも、それは同志社大でミスキャンパスに選ばれたことと矛盾するのでは?」との春日氏の当然の質問に対し、

「絶世の美女とは思ってないけど、自分の見た目はある種の武器になるとは思っています」

という驚きの答えが返ってきて春日氏も圧倒されてましたね。外見がいいことを自認することを許されない世の中でそういうことが言えるのは素晴らしいと。

でも、少女マンガ的憧れを否定するのとミスキャンパスを武器にするのはやはり矛盾するわけで、だから、

「宇垣の言っていることは理解できない」

と周りから思われていたのでしょう。岩下志麻のような凛としたブレない人が目標だと言いながらブレてるじゃないか! と、どうしても思われてしまう。

でも、この人の中でそれは矛盾していないんだと思います。

自分というものをしっかり持った「孤高」の人に憧れると言いながら、アナウンサーになった当初はアナウンサーっぽい服装をしようと心掛けたりとか、

「人に求められてることをやろうって思うわりに、絶対に曲げない部分もあるので、そこの齟齬をもうちょっと直していけたらな、と思うんですけどね」

それに対する春日氏の「敵も作るかもしれないけど~」という受けに納得というか、絶対に曲げない部分をもっている人間は敵が多い。

私も似たような精神構造だからよくわかる。なるほど、『あさチャン』を降ろされたのはそういうところが災いしてのことだったのかと初めて知りました。不明を恥じます。

でもね、そういう「本人は何も悪くないのに無意識に敵を作ってしまうタイプ」って深い友人ができるんですよ。
文中でも「高校に入ってから面白いマンガを教えてくれる友人と出逢ったと言ってましたが、その人はボーイズラブ系の作品が好みらしく、その手の作品が市民権を得ていなかった頃に「こういうのが好き」と打ち明けてくれたということはかなり心を開いてくれていた証しでしょう、と春日氏も指摘していましたが、私もまったくもって同感。こういう人は広く浅くつきあうことができず、「狭いけど深く」なんですよね。

ともかく、この対談を読んで宇垣美里という人がいっぺんに好きになりました。『ウテナ』とか『さくら』とか見てみようかと思うほど。


o1080062414311460826.webp



『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)

近くの劇場で急遽上映が決まったらしい『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。監督はあのジョージ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス。予告編を見て何とも言えぬ禍々しさが気になったので見に行きました。

いや、もうこれはニコラス・ケイジの新たな代表作というか、私にとっては『ワイルド・アット・ハート』に次いでケイジ兄貴がはじけた映画として記憶に刻まれそうです。


00

ニコラス・ケイジって基本的に好きじゃないんです。この顔で主演スターを張ってるというのが私にはよくわからないんですよ。この顔なら普通脇役ばかりでしょ。叔父さんの七光りがなければ絶対スターになれてないと思う。

しかし、この『マンディ』は『ワイルド・アット・ハート』のようにニコラス・ケイジという特異な役者を活かしまくった稀有な映画だと思いました。

さて、マンディというのはニコラス・ケイジの奥さんの名前で、人里離れた山奥で木こりをやっているケイジに深く愛されているのですが、この奥さんがカルト集団みたいなのに惨殺されて、我らがケイジ兄貴が復讐の鬼と化すというのが『マンディ』のあらまし。

カルト集団の頭目も何が目的なのか少しもわからないし、何かヴェノムみたいな怪人も出てきますし(『ヴェノム』は未見ですが)はっきり言ってよくわからないこの映画。

最初はね、途中退席しようかと思ったんですよ。だって、マンディが惨殺されて復讐の鬼と化すまでに75分もかかるんですよ。全体は120分そこそこなのに。クレジット入れたら120分ない。いくら何でも時間かかりすぎ。

でもね、そこまでを我慢すれば実に楽しい時間が待っています。

楽しい? 血みどろの復讐劇が? という声が聞こえてきそうですが、この映画は非常なる可笑しみに満ち溢れているのです。

ちょうど昨日、WOWOWでやっていた『マザー!』というのを見たんですけど、あれもよくわからない映画で、不条理なホラーを目指したのか何なのか。一番残念なのは可笑しみがないことなんですね。笑えない。不条理をやるならブニュエルみたいに笑わせてほしいんですけど、恐がらせようとするばかりで逆に白けました。

でもこの『マンディ』は笑えるんですよ。

まず、奥さんを目の前で惨殺されたケイジ兄貴がトイレで号泣するんですが、いつものようにトチ狂った芝居には定評のあるケイジ兄さんなので、このシーンが異常に笑えるんですね。

さらにヴェノムみたいな怪人をやっつけるところで、どうやってやっつけたのかよくわからないんですけど(この映画はわからないことだらけ!)ヴェノムが血をドバーッと吐くんですね。でニコラス・ケイジがその血を浴びるんですけど、その顔が笑える!

さらにここ。↓↓↓




20181105-mandy_full

復讐を果たしたケイジ兄貴は車を運転して帰路につくんですが、いつもなら助手席に乗って微笑んでいる奥さんを夢想してこんなすごい目で笑うんです。このカットはもう爆笑もんでした。劇場で笑ってたのは私一人だけでしたが。www

とにかく、この映画は本当にわからないことが多すぎるし展開がのろいので、万人向きじゃないと思います。むしろ「何だこの映画は」と眉をひそめる向きのほうが多いんじゃないでしょうか。

でも私は大いに楽しみました。何より、ニコラス・ケイジという役者を使って面白い映画を作った監督はこれまであまりいませんから。

パノス・コスマトス。この先どういう映画を作るのか、目が離せません!
(ちなみにこの記事には「ヨーロッパ映画」というタグをつけていますがアメリカ映画じゃなくてベルギー映画なのでね。念のため)


ギャラリー
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード