聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ロック・ポップス

ローラ・マーリング「Rambling Man」in『I Speak Because I Can』

もう結構前になりますが、『心と体と』というハンガリー映画を見に行ったら、映画自体は「どこがオモロイねん!」ってな感じでしたが、エンディングに非常に印象的な歌が使われていました。
何でも、オドレイ・トトゥが主演した『ロング・エンゲージメント』でも使われていたらしいんですが、そのときはまったく印象に残りませんでした。

ローラ・マーリングという人の「What He Wrote」という歌。

『I Speak Because I Can』というアルバムに収録されていると知るも、アマゾンでもヤフオクでも高くて手が出ない。というわけで中古屋に足しげく通ってついに見つけました! 安値で入手に成功。



で、聴いてみると、最初はあまりピンとこなかったんですね。映画には少しも感動しなかったから純粋に歌に感動したはずなんですが、どうもあの映画館の暗闇に座っていたときと同じ感動がない。それは「What He Wrote」と聴いても他の曲を聴いても同じ。

でもま、そういうことは私にはよくあることなので我慢して何度も聴いていると、だんだんと素晴らしいと思うようになりました。特に曲別では3曲目の「Rambling Man」というのが素晴らしすぎる。

同名の歌が、オールマン・ブラザーズ・バンドとか、吉川晃司と布袋寅泰のCOMPLEXとかにもあるようですが、もちろんまったく別物です。

とにかく、この「Rambling Man」や「What He Wrote」だけじゃなく、全体的に共通するのが、

ジョーン・バエズの透明さ
スザンヌ・ヴェガの寂寥感
キャロル・キングの通俗性

なんですね。

それではお聴きください。動画の下に歌詞を載せておきました。訳詞は見当たらなかったのでご容赦を。




Oh naive little me
Asking what things you have seen
And you're vulnerable in your head
You'll scream and you'll wail till you're dead
Creatures fade by night
Following things that aren't right
And they're tired and they need to be lead
You'll scream and you'll wail till they're dead
But give me to a rambling man
Let it always be known that I was who I am
We're beaten, battered, and cold
My children will live just to grow old
But if I sit here and weep
I'll be blown over by the slightest of breeze
And the weak need to be lead
And the tender I'll carry to their bed
And it's a pale and cold affair
And I'll be damned if I'll be found there
But give me to a rambling man
Let it always be known that I was who I am
It's funny that the first chords that you come to
Are the minor notes that come to serenade you
And it's hard to accept yourself as someone
You don't desire
As someone you don't want to be
Oh give me to a rambling man
Let it always be known that I was who I am
Oh give me to the rambling man
Let it always be known that I was who I am














ラムゼイ・ルイス・トリオ「ジ・イン・クラウド」がすごすぎ!

ウディ・アレン先生の新作『教授のおかしな妄想殺人』はちょいとファンにとっちゃ残念な映画でしたが選曲のセンスは抜群でした。

何度も繰り返される旋律に「この曲、なんて曲?」と思った方も多いことでしょう。

かくいう私もその一人。

調べてみたら、ラムゼイ・ルイスという人がリーダーを務めるトリオの『ジ・イン・クラウド』というアルバムの一曲目、そのまんま「ジ・イン・クラウド」という曲なんですね。

偶然にも中古屋で激安値で売られていたため速攻買い。で、例によってヘビロテ状態。

すごいですよ。とりあえずは聴いてみてください。




私は普通のジャズとフュージョンの区別もつかない人間なので知りませんでしたが、これは「ジャズ・ロック」というジャンルなんだそうですね。

そのジャンルを極めたのがマイルスの『ビッチェズ・ブリュー』なんでしょうか? よくわかりません。

映画を見るときは映画史の流れを念頭に置いて見ますが、音楽は歴史とか関係なくただ聴くだけなので。ライナーノーツを読んでも「ふうん、そうなんだ」と思うだけですぐ忘れてしまいます。

しかし、このリズムとメロディは忘れることなどできません。

グラミー賞受賞というのにも大納得です。



オールマン・ブラザーズ・バンド「ウィッピング・ポスト」in『アット・フィルモア・イースト』

ある人の強い勧めで、オールマン・ブラザーズ・バンドという私はまったく聞いたことのないバンドの最も有名かつすぐれたアルバムを購入しました。

『アット・フィルモア・イースト』

一曲目から静かでいながら力強さを感じさせるブルースが続きます。しかも一曲一曲が長いのですよ。5分ぐらいの曲もあるにはあるけど、20分ぐらいの曲もあったり、何だかそのへんはブルースロックというよりはプログレみたい。

最初から最後まで静かなこのアルバム、聴けば聴くほどに味があります。

ライナーノーツによると、このバンドは「ライブ・バンド」としての評価が非常に高いわりにレコードの評価が低く、レコードでもいいものが作れることを証明するために、フィルモア・イーストというスタジオで開いたライブを録音したそうです。
しかし、それじゃあ結局ライブ・バンドとしての評価がさらに高まっただけなんじゃないの? と思うのは私だけでしょうか。ライブじゃなくて完全に録音のために演奏しないとそのへんの評価は覆らない気がしますが。

ま、そのへんの事情はできあがった音楽とはまったく関係ないわけで、私は特に最後の7曲目「ウィッピング・ポスト」というのが大好きです。長いです。

秋の夜長にぜひお聴きください。







ギャラリー
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード