聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

エッセイ・ノンフィクション

伊藤詩織『ブラックボックス』(自らの痴漢間違われ事件を交えて)

61GazXCWq7L (1)

ジャーナリスト伊藤詩織さんが元TBS記者・山口敬之氏にレイプされたと告発する『ブラックボックス』。

私が注目したのは次の3点。

①レイプにかぎらず証拠が「ブラックボックス」の中にある場合はどうすればいいのか
②レイプ直後は「レイプされた」とは思わない
③レイプ大国スウェーデン!?

そこにプラス、
④私自身の痴漢実体験で思ったこと

まず、①レイプにかぎらず証拠が「ブラックボックス」の中にある場合はどうすればいいのか、ですが、


正義のセ
吉高由里子が新米検事を演じる『正義のセ』第3話では結婚詐欺師が1千万円を騙し取った証拠がブラックボックス内にある。伊藤さんのように密室内で行われた犯罪ではないけれど、目撃者も監視カメラもないところで大金が授受されたと裏付ける証拠がどこにもない。証拠がなければ起訴できない、となるところをしらみ潰しに当たっていくうちに隠れた証拠を見つけることができ起訴に至るわけですが、あれはフィクションだから都合よく証拠が見つかるけれども、現実には証拠が完全にブラックボックス内にあって手も足も出ないケースは多々あるように思います。

合意があったかどうか、というのもねぇ。そんなの被疑者があったといえば、なかったとは立証できないわけでしょ。目撃者も記録映像もないブラックボックス内で行われた犯行であれば、拒否したといくら被害者が訴えても認めてもらえない。

しかも、伊藤さんの場合は目撃者とかカメラの映像とかいろいろ証拠があるにもかかわらず権力側の都合でもみ消されてしまった。100%クロだとわかっているのに、逮捕状も出たのに逮捕できない。起訴もできない。しかも検察審査会でも不起訴相当という判断。このあたりの経緯はすでに知っていましたが、やはり権力者におもねる人間が得をするというのはいつの時代にもあることとはいえ怒りを禁じえません。


被害届を出すのが遅れただけで
伊藤さんは、レイプされた直後は「レイプされた」とは思わなかったそうです。なぜなら、相手が顔見知りだから。どうしてもレイプというと「暗闇で見知らぬ男に羽交い絞めにされて…」という場面をイメージしがちですけれど、顔見知りによる犯行のほうがダントツで多いとか。それで被害者にレイプされたという自覚がなく、被害届を出すのがどうしても遅れてしまう。

『正義のセ』第1話でも、パワハラ上司に暴行を受けた部下がすぐに被害届を出すことも考えるけれども「そんなことをしたら会社にいづらくなる」と逡巡して事件から一週間後に被害届を出します。それが原因で「本当に暴行を受けたのならすぐに出すだろう」と思われてしまい、「上司を陥れるためだったのでは?」という意見が大勢を占める。伊藤さんの場合もまったく同じで「なぜ被害届をすぐ出さなかったのか」と詰問されたとか。

すぐに被害届を出さないと出したほうが疑われるというのは納得いきませんね。そりゃ相手を陥れるためにそういうことする人もいるんだろうけど、もう少し警察も司法も人間心理を勉強したほうがいいのではないでしょうか。

人間心理といえば、「セカンドレイプ」というのもひどい。アメリカの病院で医師から「傷はついてないから大丈夫」と言われたそうですが、いやいや心の傷のことを少しも考えていないのは医師として失格じゃないのか、と思ってしまいました。

それから、「処女ですか」という質問の無神経さ。
『女教師』という映画でレイプされた主人公が同じことを話題にされます。「処女じゃないんなら別にいいのでは」という意見が出る。なぜ??? 伊藤さんも同じ疑問を提示していますが、そもそも、女性に処女かどうか聞くなんておかしいでしょ。普通の会話なら絶対聞かないじゃないですか。それが相手がレイプされたとなると平気で聞けてしまうのはどういうことか。


レイプ大国スウェーデン!?
何と、人口10万人あたりの各国のレイプ件数は、
1位スウェーデン 58.5件
2位 イギリス 36.4件
3位 アメリカ 35.9件

68位 インド 2.6件
87位 日本 1.1件

日本ってこんなに少ないの? というより、スウェーデンなど北欧ってこういう犯罪は少なそうなイメージがあるけど……と最初は思いましたが、著者の解説を読んでなるほどと膝を打ちました。

まず、これは警察に被害が届けられた件数なのですね。しかも、日本などでは、たとえば父親から何度も性的虐待を受けても「1件」とカウントされるのに対し、スウェーデンでは実際に暴行が行われた回数でカウントするので、同じ人から100回受けたら100件となるらしい。

それから、スウェーデンは女性警察官の比率が日本よりもかなり高いので被害届を出しても男性から心ない質問を受けることも少ないし相談もしやすい。被害者の受け皿が整っている北欧だからこそ件数が多くなり、日本のように被害者のことをまるで考えていない国は少なくなる、という数字のマジックなのでした。


私の実体験
20170525-OYT8I50000-L

私は以前、こういう混雑した電車内で痴漢と間違われました。前に立っている女性がどんどん押されてこっちにお尻が押し付けられるようになってきたため、右足を比較的すいてる左側へ移そうとしてふくらはぎで女性のお尻をなでるような形になってしまった。
やばい! と思って女性を見ると、キッと鋭い目で睨んできました。幸い、それですんだからよかったようなものの、もし「この人痴漢です!」と言われていたら、と思うとゾッとします。両手は本をもっていたので目撃者が名乗り出てくれたら無罪放免になったかもしれませんが、もし誰も証言してくれなければそれこそ「ブラックボックス」。

ただ、私は間違って逮捕されずに済んでよかった、で終わりですが、その女性は痴漢に遭ったと信じているわけで、その傷は一生消えないでしょう。

と思ったのは、この本を読んでのことで、ずっと「捕まらずにすんでよかった」としか思っていませんでした。自分には何も後ろ暗いことはない、手でなでたわけでは絶対にない、自分はシロだ! という自覚があるから、その女性が「自分は痴漢に遭った」と思い込んでいることには考えが至りませんでした。

だから、男性諸氏はもうちょっと性犯罪とかセクハラとかに自覚的になったほうがいいと思うのです。法律的にシロであっても一生消えない傷を負わせている場合があるのだから。

そこから根本的に変えないと、最初の第一歩「正義のセ」すら実現しないと思った次第です。




久米宏です!(『ニュースステーションはザ・ベストテンだった』を読んで)

kume-hiroshi2

この本はかなり詳細です。つまり、かなり面倒な内容ともいえます。
最後の「簡単にまとめてみる」をお読みいただくと、一瞬にして本書の内容がわかります。


巧妙なツカミ
素直な私はその「簡単にまとめてみる」から読んでみました。確かに概要はわかる。でも概要でしかないから詳細を是が非でも知りたくなる。最後のまとめから読んでください、なんて書いてある本って普通ないですよね。(あるのか?)
少なくとも私は久米宏の術中に完全にはまってしまい、夢中で最初から読み始めたのでした。
テレビとラジオの両方で50年もの長きにわたり視聴者の心をつかんできた著者ならではのツカミのうまさですね。

この本で最も感動的なのは、248ページのくだりなんですが、


kume-hiroshi


僕は『ニュースステーション』を始めるときに、殺される覚悟をした。

うーん、かっこいい! 

しかし、とりあえずそこは後回しにしまして・・・


「なぜ全員合格させなかったのか!」
久米宏はアナウンサーになりたかったわけではないそうです。当時は大学の就職部に希望を出して推薦をもらわなければ就職試験を受けられなかったそうで、学業の成績が悪すぎて普通の会社は受けられなかった久米宏は、ラジオで「アナウンサー募集」というのを聴いて、これなら就職部を通さなくても受けられそうだと、とりあえず受けてみたら合格だった。しかも最終面接では寝坊して遅刻。それでも合格だったというのだから相当気に入られたみたいです。

しかし、その気に入られ方というのがまたすごくて、試験は7次まであり、彼は1次から2次、2次から3次と進むうちにだんだん腹が立ってきたとか。その都度落とされる人間がいるから。
最後のほうでは「また何人か落とすんでしょう? いったいどんな権利があってあなた方は人間に優劣をつけるんですか」と生意気に迫ったこともあるそうな。それでも落ちずに最終面接。
最終面接には8人残り、4人だけ合格。そのあとでアナウンサーの数が足りないとなり、一般職で受かった者から特に声のいい者をまともな試験もなしにアナウンサーとして採用した。「じゃあ、あのときなぜ8人とも合格にしなかったのか!」と食って掛かったらしい。

やはり、報道のTBSと言われていただけに、そういう「反骨精神」が気に入られたんでしょうね。あと、「何が何でもアナウンサー」じゃなかったから、肩の力が抜けていたのもいい方向に影響したと思われます。

さて、久米宏といえば何と言っても『ザ・ベストテン』と『ニュースステーション』ですが……


久米宏の中の『ザ・ベストテン』と『ニュースステーション』
大韓航空機撃墜事故をどこのニュース番組も伝えないので、『ザ・ベストテン』の冒頭で、「それにしてもなぜあんなにソ連の奥深くまで侵入したんでしょうね」と言ったとか。

僕にとって『ザ・ベストテン』は時事的、政治的な情報番組であり、のちの『ニュースステーション』のほうがニュースを面白く見せることに腐心したぶん、ベストテン的という意識が強かった。二つの番組は僕の中では表裏の関係をなしていた。

なるほど。これがこの本のタイトルの所以なわけかと納得したけれど、想定内の話でもある。どうにも想定外だったのは以下のような話。


情報量を常に均一にする
テレビカメラのズームレンズの中には「中玉」というのがあり、それが手前に来るとカメラが引いてワイド画面になる。中玉が引くと自分のクロースアップになる。(いまのカメラに中玉はないそうです)

中玉の位置を見ながら「画面の情報量」を常に意識していたとか。黒柳徹子は派手なドレスをいつも着ているから視覚的な情報量が多い。ツーショットのときはどうでもいいことを喋り、自分のアップになったときに「これぞ」ということを喋るように意識する。そうすれば、視覚情報と聴覚情報の和が常に一定になる。それを生放送で毎週やっていたというのだから恐ろしいまでの頭の回転の速さ!


殺される覚悟
僕は『ニュースステーション』を始めるとき、殺される覚悟をした。言いたいこと、言うべきことは言おう。言いたいことを言えば僕を殺したいと思う人間が出てくるかもしれない。しかし、それで殺されても仕方がない。殺されるのが怖いからといって口を噤むことだけはするまいと思った。

黒柳徹子の家に呼び出され、「辞めるのをやめるよう」説得されても応じず、『ザ・ベストテン』を強行降板して始めた『ニュースステーション』。絶対に失敗できない状況で常に心掛けたことは・・・

まだ誰も言ってないことを言おうと、朝刊に書いてあったこと、昼のワイドショーで誰かが言ったことはすべて除外。そのうえで「これなら行ける!」と思ったことをまず記憶して、さらに本番直前にトイレに行って憶えたことをすべて水に流す。

原稿の下読みは常に黙読。音読してしまうと本番で音読したときの新鮮さが失われるから。

うーん、普通なら音読してリハーサルするところでしょうが、そういうのは凡人の考え方らしい。

小宮悦子と小谷真生子は実際には仲がよかったそうだけれど、マスコミは「不仲」と騒ぎ立てた。それならそれを大いに利用しようじゃないか、と「人と人は仲良くしなければ」という話題になると、「ね、小宮と小谷も仲良くするように」と言ってみたら取り上げてくれる雑誌があった。

小宮悦子といえばいつも久米宏から「悦ちゃん」と呼ばれていたけれど、あれもプレーボーイのイメージがある自分と女性のキャスター共演ということで絶対関係を疑う人がいるという計算から「悦ちゃん」と呼んでいたそうな。呼びたい呼びたくないの問題ではなく、「生粋のエンターテイナーとして視聴者の期待には応えなければならない」というプロ意識の表れだそう。(ヒッチコックが「自分がどこに出てくるか見つけるのも観客の愉しみだから」と、いやでしょうがなかったエキストラ出演を遺作まで続けたのとまったく同じですね)

キャスターやアナウンサーではなく、一人の人間として番組の中に存在する。ニュースに対するコメントも、一人の人間としてどう考えるかを言葉にする。そんなふうに出演者たちが番組の中で「人間として生きている」と感じることができる。いってみれば、僕はニュース番組にストーリーのあるドラマを持ち込みたかったのだ。


異端から正統へ
NHKの『ニュースセンター9時』に対するカウンターとして始まった民放初のプライムタイムのニュース番組だったから、あくまでもNHKが「教科書」で『ニュースステーション』は「くだけた参考書」程度の意識だったらしいけれど、いつの間にかNHKが9時のニュースをやめ、自分たちが教科書になった。

もうこの時点で情熱は失われていたのでしょう。あとは辞めるまでのことが簡単に綴られているだけ。

「革命」は成功した。王は倒した自分が王になるのはいや。気持ちはもう次の革命に。『ニュースステーション』が実際に終わるまでの後半10年ぐらいは降板するしないの情報が飛び交ってばかりでしたからね。

そういえば、いまやってる民放共同企画の池上彰が5人のつわものと対談する番組。今日がたけしで明日が久米宏なんですよね。どんな話が飛び出すか。括目して見たい。




岡潔の『春宵十話』など2冊を読んだが納得できなかった件について

『数学する身体』で引用されていた岡潔という数学者にとても興味をもったので、早速読んでみました。

『春宵十話』(光文社文庫)
『春風夏雨』(角川ソフィア文庫)

image520

確かに、思わず膝を打つ名言が多々あって、心酔する人たちがたくさんいるのはよくわかります。

特に、「創造とは、科学的に何かを発明したり芸術的な作品を作ったりすることだけを言うのではない。一日一日をしっかり生きることが本当の創造なのだ」

みたいな意味の言葉が一番グッときましたね。こんなことを平然と言える岡潔という人は只者ではないな、と。

それに、新しく読み始めた『心はすべて数学である』という本でも岡潔の名前がデカルト、スピノザ、カントなんかと一緒に挙がっていて、相当な影響を与えた人なんだなと、いままでほとんど知らなかったことを恥じました。

とはいえ、ことあるごとにもち出すのが「戦後、進駐軍は3つのSを巷間に流行らせようとした。セックス、スクリーン、スポーツである」

といっていて、この3つを蛇蝎のごとく嫌う発言が相次ぐんですが、やはり「スクリーン(映画、テレビ)」が人間にとっていけないものだ、という言説には納得できかねます。

テレビはまだわかりますが、それでも良質の番組もあるし(いまなら『新・映像の世紀」とか)映画にいたっては、それを否定されたら私の人生はすべてダメだったってことになっちゃうじゃないですか。

セックスなどは本能、岡さんの言葉でいえば「無明」だからダメなんですって。で、人間の顔に動物性が出てきたのがダメだとおっしゃる。

確かに、子どもたちの顔の無機質さというか、どれを見ても同じような顔というのは私も思います。それは岡潔の時代よりいまのほうがさらにひどいでしょう。岡さんが教育こそ大事だ、いまの教育がダメだから子どもたちの顔がダメになったんだ、という主張には同意します。

が、「動物性」がいけないというところに納得できないんですよ。

人間だって動物じゃないですか。

何か、この2冊を読んでいて強く感じたのは、「人間は他の動物とは違うんだ。他の動物は下等な生き物なんだ」という歪んだ自然観なんですよね。

無差別智とか無分別智とか、仏教用語のせいもあるんでしょうけどひとつひとつの言葉もいちいち抽象的で頭では納得できても腹に落ちてきません。最大のキーワードである「情緒」しかり。

一度は読むべき本であることは間違いないですが、この2冊で頭を熱くするより、『仁義なき戦い』でも見て血沸き肉躍らせるほうがよっぽど健全じゃないだろうか。 

と、強く思った次第です。



森田真生『数学する身体』(運動・思考・情緒)

いまちょいとした話題になっている森田真生さんという在野の研究者による数学エッセイ『数学する身体』(新潮社)を読みました。

51VLj+AxphL__SX335_BO1,204,203,200_

やはり、話題になってるだけあっていい本ですね。

前半は数学史。それも「身体を介した数学史」というところが本書の独創。

ギリシア数学は、パルメニデス(でしたっけ?)らの「この世に運動などない」という詭弁にあらがって、「直線を引く」とか「コンパスで円を描く」とか、「運動」を前面に出して実際に身体を使った幾何学が主流だったんだとか。そもそも当時のローマ数字は数字を表すことはできても「計算」することにはぜんぜん向いてない。ギリシア数学は頭の中で計算することを端から相手にしていなかったと。

で、イスラムやインドの計算が主流の数学が入ってきて、しかも幾何学と代数を同じ土俵で表現できるようになると、身体を使った作図ではなく、初めて数学は身体を離れて頭の中で計算することが主流となる。

そうした「思考」のはてに、エニグマ暗号を解読したチューリングという数学者の理論が基礎となって思考する機械=コンピュータが発明される。

なるほど。

しかし、ここまではただの前段。これを踏まえたうえでの後半が本書の真骨頂。

身体を離れ、人間の手をも離れた数学にあらがった数学者が日本にいた。

それが、岡潔という人。名前は聞いたことあったけど、著書を読んだことないし、何となく知ってる程度でしたが、この本では岡潔という人の少しも数学者らしくない数学者ぶりがあますところなく描かれていて非常に興味深い。

だって、数学者が「情緒」なんてことを言い出すんですよ。数学者が芭蕉をもち出すんですよ。

そして岡潔の真骨頂は、「数学はゼロから始まる」といったヨーロッパの数学者に対し、「ゼロまでが大切」と当然のように言い放ったこと。

その言葉の著者なりの解釈は、数学を農業に例えると、種子から芽が出て水をやって大きくなって作物ができて・・・という、その最初の種子はゼロである。しかし、種子ができるまでが、つまりゼロに至るまでが本当の過程ではないのか。そこに数学の真骨頂が秘められているのではないか、ということらしい。

うーん、深い。常人には書かれていることは理解できても、「ゼロまでが大切」との言葉からそのような思惟をめぐらすことは至難の業です。禅問答のように「何となくわかった気になる」のは簡単ですがね。

ぜんぜん関係ないですが、「武道の究極の奥義は、微動だにせずして相手の剣先をかわすこと」らしい。でも、意味がわからない。何となくわかった気にはなる。で、私の場合そこで止まったまま。そこで止まらずに思索をつき進めることのできる人が一流と言われる人たちなのでしょう。

森田真生さんという、私よりずっと若いこの本の著者に心から頭を垂れます。

素晴らしい読書体験をどうもありがとうございました。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。