聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

連続ドラマ

『正義のセ』総括!(人はみな正義が大好き)

seiginoSE

昨日で『正義のセ』が終了しましたが、このドラマはいろいろな問題を含んでいましたね。

とか言いながら最後まで見てしまった私の心のほうに大いに問題がありそうですが、それは後ほど語るとして、まずこのドラマで疑問に思ったこと、んなアホな! とずっこけそうになったことなど、箇条書きで記したいと思います。


『正義のセ』の問題洗い出し
・昨日の最終回では、正当防衛を主張する代議士の息子に対し「何も作戦はない」と、ただ被害者の婚約者の言葉「彼はどのような最期を迎えたのでしょうか」だけを訊き、泣き落としに成功。自白を得られる。
自分のしてきたことに罪悪感を感じていた人だったからよかったものの、何の良心の呵責も感じてない人だったら完全にアウトでしょう。このドラマでは捜査手法が物量作戦とか人情に訴えるとかばかりで知恵がない。

・第6話の「オレオレ詐欺編」では、同期の弁護士・倉科カナが出てきて、正義と正義がぶつかるいい話になりかけていたのに、結局、倉科カナが間違っていて主人公の吉高由里子が正しかったでは意味がないのでは? 主人公が壁にぶつかるから面白いのに、脇役(それもゲスト)を壁にぶつけてどうする。

・第9話の痴漢冤罪でも、結局、冤罪ではなかったというのがつまらない。本当に冤罪にして、主人公を壁にぶち当たらせないと本当の成長はないと思う。

・第7話の保育園の保育士の数を水増ししていた延長を断罪する回では、確かに違法なことをやっているけれど、あの園長には園長なりの「正義」があるわけですよね? 保育士の数を水増しすればたくさんの子どもを預かれる、それぐらいいまの日本は保育園の数が足りてない、と。
それをただ「違法だから」の一言で園長を断罪して終わりでは「正義とは何か」という究極の問いが一度もなされないまま。非常に残念。

・三浦翔平との誤チューはいったい何だったのか。最後は安田顕と「年の差カップルか!?」みたいな展開になっていたし、ちょっと脇筋のプライベートの描写が、彼氏のよくわからない言動も含めて理解不能。

・なぜ実家が豆腐屋なのか。なぜ妹に主役級の広瀬アリスがキャスティングされているのか。


と、まぁ、以上のような難点がすぐに挙がるんですが、ただ、前述のとおり、私は少しでも面白くない連ドラはすぐに見るのをやめるのに「なぜ最後まで見てしまったのか」という問題が重くのしかかってきます。

吉高由里子や安田顕の芝居がいいから、という理由もありますが、それだけでは10週間にもわたって見ませんし。


人はみな「正義」が大好き
結局、これに尽きるのかなぁという気がします。

最終回、「いくら何でもうまく行きすぎだろう!」と突っ込みたくなるし、宅間伸が「息子をよろしくお願いします」と頭を下げるシーンなど「まさか!」とも思うんですが、それでも、やはりあの憎たらしい代議士が自分の非を認めて頭を下げるところを目撃するというのは大いに溜飲が下がる。

だから、他の回でも、いろいろ問題はあるにせよ、正義が貫徹される様を目撃することにカタルシスを感じていて最後まで見てしまったのかな、と思います。

倉科カナとの正義対決にしても、吉高由里子が正しかったという展開には「いや、それはダメでしょ」と突っ込みながらもカタルシスを感じていたような……?

だから、正義というのは本当にたちが悪いと思いますね。

正義が必ずしも勝つわけじゃないし、正義が暴走すればとんでもない惨劇を生んでしまうというのはもはや常識ですが、それでも我々は正義を愛してやまない。何か問題があれば正義の側に立って発言する。

だから、芸能人が未成年と酒を飲んでいたというだけで大問題になる。みんな自分の周りの未成年に「ちょっとぐらいいいよ。正月なんだから大丈夫だよ」などと言って酒を飲ましたりしているのに、有名人がそういうことをしていると自分のことを棚に上げて「謝罪しろ!」となる。

だから、正義は「麻薬」なんだな、と思います。

『正義のセ』を批判することはたやすいですが、このドラマを最後まで楽しんで見てしまった自分自身を厳しく批判するところから始めないと先に進めない気がしています。




『正義のセ』①第2話で見えた作者たちの狙い

吉高由里子が新米検事を演じる『正義のセ』。

先週の第1話は、あまりに青臭さが前面に出すぎてて、「青臭さを失ったら人間おしまい」と思っている当方としてはうれしい反面、ちょっと戸惑いもありました。

だって、、、


危惧
seiginose2

この人、検事に見えないでしょ? 窮地で抜群の頭の良さを発揮したりしますが、本当に司法試験に合格した人間なんだろうか、と。

でも、そこは吉高由里子。持ち前の天然キャラを最大限に活かして、そのような不自然さをギリギリで回避しています。これからのお約束になりそうな「トイレでの頭がんがん絶叫」もこの人らしくて面白い。

ただ、第1話を見たかぎりでは、このまま「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」でずっと行くとしたらきついな、見るのやめてしまうんじゃなかろうか、と危惧していました。

しかしそれは昨日の第2話で雲散霧消しましたね。

第1話ではパワハラ上司の傷害事件という比較的軽い事件でしたが、第2話は「もう?」と思いたくなる殺人事件。ここで殺人事件をもってきたということで凡百のお仕事ドラマにはしないぞ、という作者たちの意気込みが見えた気がします。


絶妙なプロットポイントⅠ
全10話と仮定した場合、もし最後まで純粋なお仕事ドラマで行くなら、第2話はもうちょっと重めの事件にして、第3話でいよいよ殺人事件ということになるのが普通でしょう。三幕構成で言うところのプロットポイントⅠで大きな事件を扱う、つまり、新米検事が飛躍するきっかけとして殺人事件が扱われることになったであろうと思われます。

しかし、第2話で主人公に突きつけられた殺人事件が「家族」に関するものだったことでこのシリーズ全体の行方ががらりと変わったように思います。彼氏との遠距離恋愛に悩み、未婚であることを気に病んでいるアラサー女性である主人公が、事件を解明していく過程で「家族とは」「夫婦とは」ということを考えざるをえなくなる。そのための殺人事件。検事として飛躍するためのエピソードではなく、一人の独身アラサー女性にとって考えさせられる事件となっていました。

寄生している実家の豆腐屋を妹の広瀬アリスが継ぐと言い出して親子喧嘩になったり、そしてこの人も家族のことで悩んでいる。


seiginose3

安田顕があまりにいい味出しすぎで、いっそこの人を主役にしたスピンオフドラマを見たいとすら思わせる名演ですが、この小姑みたいな事務官も家族のことで悩んでいる。

つまり、『正義のセ』と謳っている以上、あくまでも表面上は「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」で行くんでしょうけど、それと同じ比率で家族や結婚といったテレビドラマらしい身の回りの小さなお話が描かれるんじゃないか。もしかしたらそっちのほうがメインプロットかも、と。

映画でそういうせせこましい話は好きじゃないですが、テレビドラマではそういう「小さいけど大事なこと」を語ってほしいと常々思っている私としては、第2話を見てものすごくうれしくなり、これは最後まで見られそうだと安堵した次第です。わざわざ広瀬アリスを配しているんだから、あの妹の話もまだまだ絡んできそうだし。(ただそれが見えてしまうキャスティングはいかがなものか、とは思うものの)

来週は結婚詐欺師の話らしいから、「主人公の結婚」が全体のプロットポイントⅠになるようです。

そうこなくっちゃ!

春の新ドラマ、見る前に語る!

最近はテレビドラマが不作でね。あくまでも私が見ているもののみの話ですが。
前クールは坂元裕二先生の『anone』とか……あと何だっけ、いろいろ見始めたけれどほとんど2回目までに見るのをやめてしまいました。

おととしは『ゆとりですがなにか』、その前は『ようこそ、わが家へ』『徒歩7分』という傑作があったけれど、去年1年通して「これ!」っていうのはなかった。

というわけで、私が今クールで見ようと思っているものは以下の5本です。


『ラブリラン』
ラブリラン

単純に中村アンが好きだというのもありますが、やはり大谷亮二でしょう。『逃げ恥』のあの人。主人公の設定にかなり無理があると思うのですが、まぁそれぐらいで目くじらを立てていてはフィクションは楽しめません。永田優子という脚本家はまったく知りませんが、今夜から。楽しみ。


『正義のセ』
seiginoSE

これも単に吉高由里子が好きだから。この子はさしてかわいくないのにやたら魅力的ですよね。天然なところがいいのかしら。よくわからんけどツイッターでいつも独特の詩のような詩じゃない文章を楽しませてもらってるし、今回はどうか。大杉連が突然死したときのツイートもよかったですよ。『紀子の食卓』から異彩を放っていましたが、やはりビッグになりましたね。
問題は脚本家が『東京タラレバ娘』の人ってことですね。あれはつまらなかった。


『コンフィデンスマンJP』
maxresdefault

これは長澤まさみというよりも、いまもっとも笑える役者の一人・東出昌大の最新作ということで。しかし脚本が古沢良太というのが気になる。あの悪名高き『キサラギ』の人じゃないですか。今回も「連ドラの概念を覆す大スケール」というのが売りのようですが、こういうキャッチコピーはたいてい失敗に終わる(少なくとも私にはつまらない)ことが多いので要注意ですね。月9とかそういうことはどうでもいいです。っていうか、いまだに「月9」とか言ってるのが意味不明。もう死語では?


『ヘッドハンター』
320

これはもう江口洋介とか杉本哲太とかはどうでもよくて、ひとえに小池栄子だから見たい! それだけ。働くことがテーマというところがちょっと引っかかるんですよね。それについてはまた稿を改めて書きましょう。脚本があの悪名高き『ハゲタカ』の人、というのも引っかかりますが。


『デイジー・ラック』
deijiilack

一人も好きな女優さんは出ていませんが、脚本家が横田理恵という人なので一応見てみようかと。2年前の『はぶらし/女友だち』の人ですな。あれは最終回以外はめちゃ面白かった。


見ないことに決めた作品にもちょいとだけ触れましょう。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』
『未解決の女 警視庁文書捜査官』
『警視庁・捜査一課長』
『特捜9』


シリーズものも含まれてますが、すべて刑事が主役。刑事が主役といえば、どうしても長谷川ゴジ監督の言葉が脳裏によみがえるんですよね。これは『太陽を盗んだ男』の稿で書きましたが、刑事が主役の脚本を読んでもらったとき、

「刑事というのは職業として事件にかかわるだろ。だから動機が弱すぎるんだ。もっと個人的な動機がないと面白くならない。いま刑事を主役にするなら単に事件を解決するだけじゃなくて、かなり新しい何かがないと作る意義がない。少なくとも俺は乗れないね」

この言葉を言われてから私は刑事ものを書かなくなりました。というか書けなくなりました。上記4本には「新しい何か」はなさそうなので見ません。
そういえば、前クールの『刑事ゆがみ』というのが好評だったようですけど、見ればよかったかな。どうしても刑事が主役というだけで拒否反応が出てしまうんですよね。(とか言いながらいま考えてる脚本は刑事が主役なんですけどね。「新しい何か」があると信じてます!)

さて、いまのところ見る気はないけどちょっとだけ気になっているのが、

『逃亡花(のがればな)』

元AV女優の蒼井そらが主演のサスペンスのようで、1話30分だけだから見てみようかな。という気もします。BSならではの何でもアリ感も楽しめそう。

新川優愛は好きだから見るつもりだった『いつまでも白い羽根』は番宣を見て見る気をなくしました。あんな臭い芝居ばかり流したら視聴者を失いますよ。

番宣ではなく、タイトルを見ただけで見ないと決めたのは、

『○○な人の末路』
『わたしに××しなさい!/兄友』
『やれたかも委員会』
『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』
『おっさんずラブ』

故・白坂依志夫さんがよく言ってました。
「タイトルより内容のほうがよっぽど重要なのは言うまでもない。しかし、人が最初に目にするのはタイトルである」
上の二つなんてそもそも何と読むんですか?

ここまで書いてきて、びっくり!
まったくノーマークだった『モンテ・クリスト伯』の脚本家が黒岩勉さん。あの『ようこそ、我が家へ』の人じゃないですか。ディーン・フジオカに新井浩文に山本美月。見よう!

6本はちょいときつい気がするニャ。どれも当たりだったらかなり忙しくなるワン。



『アンナチュラル』(遺体に麻酔をする解剖医ドラマが見たい!)

解剖する際には遺体に麻酔注射を打つそうです。そうしないと痛みのあまり遺体が暴れ出すから。


annatural

昨日始まった、『逃げ恥』『アイアムアヒーロー』の野木亜紀子さんの新作『アンナチュラル』を見始めて、「遺体に麻酔を打ってないなぁ」とガッカリしたのです。

以下は、解剖学者・養老孟司先生の話からの受け売りですが、
なぜ遺体が暴れ出すかというと、医者が死亡診断書を書いたからといって「その人はまだ死んでいない」からです。

心臓死、場合によっては脳死の時点で「この人は死んだ」と法律的には決められてしまいますが、実は死んではいないのです。死んでいるのなら暴れ出すはずがありません。

心臓が死んで血液を送られなくなっても、当の心臓だって組織として死んだだけであって心臓を構成している細胞がいっせいに死ぬわけではありません。体じゅうすべての細胞がそうです。少しずつ少しずつ死んでいくのです。だから解剖の際、生き残っている痛覚神経と筋細胞が連動して暴れ出すのです。

じゃあ、その人はいつ死んだと言えるのか。

それは人間には永久にわからないそうです。
死体を野ざらしにしておいて、野鳥がついばんだり、微生物が少しずつ分解していき、もう細胞なんか残ってないだろうという状態になったとしても「死んだ」とは言えないそうです。

心臓死などの概念は明治維新で欧米の法哲学が輸入されたときに日本に入ってきましたが、それ以前は「その人がいつ死んだかはわからない」のが常識だったとか。

だから、江戸時代の解剖学者・杉田玄白らが解剖するのを許されたのは処刑が言い渡された罪人だけだった。普通の死人だと死んでいるかどうかわからない。解剖した杉田玄白が殺したことになる可能性もある。それを避けるために死刑になった人だけ解剖を許された。どっちみち死ななければいけない人なのだから解剖してよろしいということだったそうです。

つまり、解剖を主題にするなら、「死」とは何ぞや、「命」とは何ぞや、というところに切り込んでほしいということです。このドラマでは、医師が死亡確認したときを「死」だと、まるで自明の理であるかのように扱っていますが、これまで3000体、1500体もの遺体を解剖してきた人間なら、「死とは何ぞや」という哲学的な問いと向き合わざるをえないと思うんです。

かつてそういう脚本を書こうとして頓挫した人間が言うのもおこがましいですが、あの野木亜紀子さんが解剖をテーマに、それもこれまでと違って原作のないオリジナルで、と聞いたときは、ついにそういうドラマが見れるのでは? と期待しました。しかし最初のシーンで麻酔が省略されていたのでガッカリ拍子抜けでした。

確かに、麻酔を打つ描写を入れただけで違う話になってしまうでしょう。本当の死因は何か、本当に悪いのは誰なのかという『アンナチュラル』の眼目は失われてしまうでしょう。

しかし、それでは殺人犯を追いかける刑事ドラマと何が違うのかわからない。調べる主体が刑事から解剖医に変わっただけという印象は否定できません。

石原さとみの秘密は一家心中事件の生き残りだったようで、刑事ドラマ的なものでした。
井浦新の秘密の課外活動は何でしょうか。「赤い金魚」とは何なのか。そこに私の期待するものがあるのかもしれません。

が、「遺体に麻酔」を省略している以上、あまり期待できそうにありません。


『奥様は、取り扱い注意』を見終えて

okusamafa0_1


毎週水曜日を楽しみにしていたのも昨日で終わりました。

単に綾瀬はるかが目当てで見始めたから、数回ももたずに見るのやめるんじゃないかと思ってましたが、最初に完走を確信する作品になるとは驚きでした。

ただ、最終回がねぇ・・・


1266a005


西島秀俊は最初から何となくキナ臭かったし、途中、警察に知り合いがいるという挿話があったので、おそらく公安の人間だろうとは思ってましたから夫婦でアクションを演じるのは予想通り。というか、そうでなくてはならない。

途中から「悪役のための悪役」として登場した玉山鉄二は、最初は「何でこんな役出すの?」と不可解でしたし、「つまんねえな。何か面白いことないかな」というセリフも、あの石原裕次郎の隠れた佳作『何か面白いことないか』の二番煎じみたいでちょっと鼻白んでしまいました。





4da9ed6c

ところが、昨日の最終回では、玉山鉄二が綾瀬はるかに「あんたは結局こっち側の人間だ」と語りかけ、最終的にその言葉が証明されます。

なるほど、そのための役だったのか、と、綾瀬はるかがワンカットの見事なアクション(最後のほうはちょっと乱れて映像と効果音がずれてましたが)を見せたあとに「気持ちいい~~~!」と叫ぶ場面で合点がいき、物議を醸しているというラストシーンでも、「なるほど、そう来たか」と、連続11回を見てきてよかった、と思いました。

ラストシーンが物議を醸しているといっても、それは暗転したあとに銃声が鳴るから、綾瀬はるかが殺されたのか、それとも殺すふりをして二人で逃げたか、結局どうなったかわからない、スペシャル版と劇場版があるらしいが、それで明らかになるなんて本当の最終回じゃない! ということなのでしょう?

実際、私は金城一紀脚本作品はこれが初体験なので知りませんでしたが、金城さんのドラマはほとんどこういう終わり方をして次につなげる手法が多いらしいので。

しかしながら、私がこの最終回に疑問をもつのはそういうことではありません。ラストシーンのあとどうなるかわからないなどというのは、すべての物語に付き纏うものです。「物語は永遠に続かなくてはいけない」のが鉄則です。

私が疑問なのは、確かに第1話で、「主婦になって半年で主婦業に飽きてしまった」という綾瀬はるかの言葉がちゃんと伏線として機能しているから、あの「気持ちいい~~~!」は決して唐突なものではないわけですが、やはりそれでも、私たち視聴者に対してではなく、作中人物に対して失礼なセリフではないかと思うのです。

その作中人物とは、当然この人たち。





okusamawa


広末も本田翼も、もう完全に綾瀬はるかがカタギの人間ではないことを知ってしまいました。暴力をふるうことに快感を覚える人間だということも、少なくとも本田翼は知ってしまった。

それでも、これまで困った人を助けていた言動すべてが「スリルを求めるためだった」ということを彼女たちが知ってしまったら、深く失望すると思うんですよね。

まさかそれを劇場版でやるということ?

さすがにそれはダメですね。結末より後のことは観客に委ねていいけど、それまでの問題はラストシーンまでに解決してしまわないと。




LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。