聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ドキュメンタリー

ETV特集『長すぎた入院』(臭いものには蓋をするだけの日本人)

昨日放送されたETV特集アンコール『長すぎた入院』があまりに衝撃的かつ義憤に駆られる内容だったので筆を執りました。


maxresdefault (1)

この時男さんという方は、39年もの長きにわたって精神科病棟に入院させられていたそうです。病名は統合失調症。当時は精神分裂病と言っていたんでしょうが、17歳のときに発病して、5年前に61歳で退院するまで39年間入院生活を強いられていたそうです。39年間ですよ。失われた青春。いや、失われた人生。

退院のきっかけは東日本大震災による原発事故。原発の近くにあった病院だったため機能しなくなり、県外に移転し、それでも福島へ戻りたいという人のための矢吹病院という病院で診察してもらったら「入院の必要なし」と。


DVJ6mJKVQAAWlKl (1)

矢吹病院の院長は言います。「本当に入院が必要なのは40人中2人だけ」と。何と95%もの患者が入院の必要なしというから驚愕です。

初めて知りましたが、世界中にある精神科病床の約20%が日本に集中しているそうです。入院日数の世界平均は28日なのに日本の平均は270日。ほぼ10倍。

根底にあるのは「偏見」らしい。

ある女性が、退院したから実家で暮らしたいと父親に訴えても「おまえは60歳だろう。何を甘えてるんだ。もう人生やめてしまえ」みたいなことを言われる。でも、その女性が長い入院生活を強いられたのは、家族が退院を拒んだからなんですよね。医師が入院の必要なしと診断しても家族の同意がないとなかなか退院は難しいらしい。

これは私事ですが、ちょいと前に母親が精神科病棟に入院して、そのときは父や私たち息子が退院を強く望んでいるということで2か月ほどで退院の許可が出ましたけど、強く望まなければたぶん死ぬまで出られなかったのでしょう。ぞっとします。

あの父親などは、自分で娘を長期間精神科病棟に丸投げしておいて、出てきたら「おまえのことなど知らん」と。同じ血の通った人間なのでしょうか。あの父親こそ入院させるべきじゃないんですかね。


DVHuDBaU0AAkTdA (1)

でも、そのような日本だけ特異な精神科病棟の事情はさすがに世界も見捨てておけないということで、国連やWHOからの強い改善要求があり、1987年に精神保健法というのが成立し、できるだけ入院患者を退院させようという動きもあったそうです。

しかし、退院の前に「活動ホーム」というところで一定程度の社会復帰のためのトレーニングをしてから退院させようとなったのはいいんですが、今度は近隣住民から活動ホームの建設反対の運動が起こってしまう。

せっかく受け皿を作ろうという動きになっても受け皿そのものが作れないから退院させたくてもさせられない。

最近でも、保育所の数が足りないから全国各地で新しく作ろうという動きがありますけど、近隣住民の反対で……というニュースがありますが、あれと同じですね。みんな自分のことしか考えていない。

結局、臭いものには蓋をしたくてしょうがない、蓋さえ閉めておけばあとは知らないという日本人の悪い特性が如実に出ている事例だと思いました。

まだ時男さんなどは偶然の事故で出られたからいいですが、全国にはもっともっとたくさんの幽閉患者がいると思うと怒りを禁じえません。


20180217_1567281

それでも失った人生を取り戻そう、家庭をもちたい、夢をもっていれば何とかなる、と語る時男さんの言葉に胸が熱くなりました。


『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て思ったこと

昨日のドキュメンタリープラス『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て義憤に駆られたので感想を書きます。


警察庁の金星ではあるが……
yamebou2

西山組という建設会社を営む西山さんは、かつて山口組系暴力団の組長をやっていたが、35年前に辞めて西山組を立ち上げ、暴力団を辞めて行き場を失った人たち=「ヤメ暴」の受け皿を担っている。

毎月20通もの手紙が全国の刑務所から送られてきて、

「孤独です」
「もう死にたいです」

という悲痛な声が綴られている。西山さんはそういう人たちがカタギとしてやっていけるように更生する役目を担っている。

しかし、おかしい。

警察庁の発表では、暴力団対策法が施行されてからの26年でかなりの数のヤメ暴が生まれていて、この10年間でも2万人以上。そのうち就職できたのはたったの182人とか。暴力団としてやっていけなくしておいてあとは放っておくだけ。

確かに暴力団の数は減り、構成員の数は減った。だから西山さんは言います。「ヤメ暴が増えているのは警察庁の金星です」

でも、増えたヤメ暴がカタギとして就職できず社会の中をさまよっている。「警察庁の金星ではあるけど、社会の金星ではないよね」

まったくその通り。暴力団や暴力団員の数は減り、数字の上では「反社会的勢力」はどんどん縮小しているように感じられるけれど、ヤメ暴を放っておいたのではどうしようもない。食えなくなったら簡単に法を犯して金品を得ようとするし、彼らは殺人だって厭わない。それではダメでしょう。辞めさせたのなら国が何とか支援する手立てを打たないと。


警察が反社会的勢力!?
yamebou1

このドキュメンタリーではものすごく印象的な場面があります。ナビゲーターの武田梨奈もイチオシだと言っていた場面。

西山さんたちが街頭に出てヤメ暴への理解と支援を訴えようとすると、警察から横槍が入る。西山さんたちは必要なものを入れるために近所のスーパーの了解を得て買い物カゴをもっていたんですが、警察官はそれを疑ってわざわざスーパーに電話を入れて確認を取る。確認が取れても「まだ確認が取れていないので」とか何とか時間を稼いで街頭演説できないようにした。

ここだけ見たら完全に警察のほうが「反社会的勢力」じゃないですか。

後日、署長から西山さんに謝罪があったらしいですが、あんなふうに社会からヤメ暴やヤメ暴を支援する人たちを排除するだけではよけいに犯罪が増えてしまう。

経済の問題と相似形を成していると思いました。


経済の問題との相似形
国は国民から税金を収奪し、その代わり社会保障などで再分配するのが本来のあり方ですが、最近は再分配がうまく行き届いてないですよね。来年から消費税が上がるらしく、安倍某は社会保障費としてと言っていますが、そんなのウソだとみんな知っています。

それと同じように、警察は暴力団を壊滅することにばかり熱心で、そのために増えたヤメ暴の受け皿を作らず、彼らを社会から排除しようとしている。

排除するだけで受け容れない。
収奪するだけで再分配しない。


いまこの国は相当やばいことになっていると感じました。




『ビハインド・ザ・コーヴ』(捕鯨問題をめぐるカネと宗教とDNA)



アカデミー賞を受賞した反捕鯨映画『ザ・コーヴ』に対するアンチテーゼとして作られた『ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~』を見ました。


b256b02f

『ザ・コーヴ』を見たときの怒りが再燃しちゃいましたね。

「太地町をいい町に向かわせたい」とある活動家が言いますが、そういうのをこの国では「よけいなお世話」というんだよ、と。町長も「それはあなたがこの町の住民として登録されたら聞くけれども、そうじゃなければ聞けません」と返しますが、当たり前ですね。

この映画は「一神教と多神教」の違いも背景にある、と指摘します。


07f14a64

つまり、一神教は唯一神の言うことが絶対的に正しいから、異教の者に自分たちの価値観を押しつけてかまわないと考える。
こう言う人もいます。「イスラム教の人から『日本人はとても偉い』と言われた。なぜかと聞くと、『宗教のことで他の国の人を責めないから』と。イスラムの人でもそういうこと言うのかと驚いたけど」と。

世界では「イスラム教だけがテロをやっている」みたいに喧伝されていますが、グリーンピースやシーシェパードはほとんど白人の団体なのだからキリスト教の信奉者なのでしょう。キリスト教徒だってテロをやっているのです。

誰の言葉でしたっけ?
「地獄への道は善意で舗装されている」と言ったのは。

『ザ・コーヴ』やこの『ビハインド・ザ・コーヴ』を見て頭に浮かぶのは、そのことばかりですね。

と思ったら、実は彼らは「善意」で捕鯨反対をやっているわけではないらしいのです。


CZ-HkTwUsAAArAG

捕鯨反対運動というのはかなりの額のカネを生んでくれるらしいんですね。

別の環境保護活動には一銭も出なくても、捕鯨反対ならものすごい金額の支援金が出るらしく、シーシェパードの活動家らはそのカネが目当てであのような鬼畜に等しい所業をやっているとか。

ますます腹が立ってきた。

日本人は敗戦のあと外国人相手に強くものを言えなくなった、と嘆く日本人がたくさん出てきます。実際、彼らの一人は敵のリーダーに向かって英語で「帰れ、この大バカ野郎!」みたいなこと言ってましたが、本を正せば、日本人が外国人に弱いのは72年前の敗戦ではなくて、中華帝国の周縁に位置する地政学的なことが原因じゃないのかしらん?

中国に朝貢して日本列島を支配するお墨付けを得なければ統治できなかったわけですし。もうこの心性は日本人のDNAに深く刻まれてしまっているのでは?

私は外国人に道を聞かれたとき、できるだけ英語で答えるようにしていますが、その人が横柄な態度だったら日本語で答えます。「英語で話してよ」と言われたら「ここは日本だ!」と怒ることにしています。(といってもそんな事態はいままで1回しかありませんが)

こういう話をすると、「外人に向かって日本語はあかんのちゃうん?」と言われますが、いいんですよ、ここは日本なんだから。外国人には英語で話さないといけないと思い込みすぎなんです。

太地町の人も、「ここは俺たちの町なんだから自分たちの価値観を押しつけるのやめてよ、って言ってやって」と監督に頼んだりせずに、日本語で罵声を浴びせてやっていいと思うんですがね。


hqdefault

この映画で一番びっくりしたのは、日本に開国を迫ったペリーは捕鯨のために太平洋を周遊していたらしく、燃料がほしくて横浜に寄港したんだとか。

へぇ~~~~~! ホンマでっか!?

アメリカも昔は日本と同じようにクジラを捕って食っていた。でも、日本人は肉も油も骨も何もかも無駄にしないのに、アメリカ人というか西洋人はいろんな部位を捨てる「もったいない捕り方」をしていたと。それは知らんかった。

そして、『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞したことで、他の候補作品でアメリカ政府にとって都合の悪い有力作品が忘れられてしまった、と。

なるほど、ということは、この『ビハインド・ザ・コーヴ』はアメリカやオーストラリアにとって「不都合な真実」を突きつける良質な映画ということになりますな。

ぜひ少しでも多くの人に見てもらいたい良質なドキュメンタリーです。
(『ザ・コーヴ』では人間の顔にモザイクをかけまくってましたが、この映画はそういう「反則技」とも無縁ですしね)




ギャラリー
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード