聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ドキュメンタリー

ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性

昨日放送されたETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』。
宮川一夫の助手を長年務め、いまは『雨月物語』などの修復作業をしている宮島正弘さんの顔を久しぶりに見ました。はっきり言って私はこの人に恨みがあります。


ETV-MIYAGAWA1
(右側が宮島さん)

「遊びすぎ」と非難され
専門学校での卒業制作で、私が編集を務めた作品に対してえらく文句を言ってましてね。いや別に編集に難癖をつけられたわけじゃないんですがね。カメラマンだから撮影のことと、あとは全体的な物語とかテーマについて。

私が原案を出したものですが、みんなで何か月もかけて話し合って作った脚本と、それをもとに撮った映画に対し、事務局で「ダメだあんなのは。ふざけすぎ」とか言ってたんです。隣の部屋にいた私たちは苦々しく聞いていましたが、監督の友人はわざと聞こえるような声で「そんなんやから一流になられへんのや!」と毒づいていました。

そりゃそうでしょう。だって、私たちは「あえてふざけて」あの映画を作ったのだから。

アホみたいな内容の話を大真面目に見せる、というのがコンセプトだったんですけど、それを編集でグチャグチャにしてやろうと。

私にとって「映画編集ベスト3」はいまも昔も変わらず、

ゴダール『勝手にしやがれ』
トリュフォー『突然炎のごとく』
スコセッシ『グッドフェローズ』

なんですけど、彼らのように「映画作りにルールなんかない」ということを証明してやろう、くらいの気持ちでやっていました。はっきり言って「むちゃくちゃやろうよ」と。

大映の末期を支えた編集マン、谷口登司夫先生は「荒削りなアマチュアらしさがあってとてもいい。うまくなってはいけない」と私の編集が一番好きだと絶賛してくれました。

また、照明の中岡源権先生も「なかなかよく遊んでる」とほめてくれたし、名前は忘れたけど撮影所の所長さんも「すごく面白かった」と、上のほうの人ほどほめてくれたんですよ。

その作品を宮島さんは「遊びすぎ」だという。


宮川一夫の遊び心
『羅生門』で太陽に向けてレンズを向けるという黒澤の大胆不敵な思いつき。たぶん宮島さんだったら頭から否定していたと思う。でも宮川一夫は黒澤の「ルール無視」「既成概念破壊」を大いに楽しんだ。

『無法松の一生』のあの有名な重ね撮りのディゾルブも、『おとうと』の銀残しも、『浮草』で降らせた土砂降りの雨も、小津作品には珍しい、人物の顔に照明を当てない撮り方も、すべては「遊び心」があったからこそ。

『浮草』(の特に俯瞰)については「やりすぎたか」と後悔していたみたいですが、でもそれぐらいのことをやらないとね。

そういえば、宮島さんは番組内ではっきり自分のことを「技術屋」だと言っていました。

宮川一夫は自分のことを「技術屋」とは思っていなかったでしょう。溝口から「芝居は監督の私がつけるから、その芝居をちゃんとつかんで撮れ」と言われて、「そのほうがやりやすい」と言ってましたもんね。技術屋の宮島さんに溝口の片腕が務まったとはとても思えません。

カメラマンは確かに技術屋の側面もあるだろうけど、同時に「創作家」「芸術家」でもあると思う。

それを可能にするのが「遊び心」。映画作りにルールなんかない。



BS世界のドキュメンタリー『メイド地獄』に怒り心頭!

ある方のツイートで知った『メイド地獄』というドキュメンタリーを見たんですが、あまりにあんまりな内容で怒り心頭に発しました。

ケニアやガーナの若い女性が、レバノンのメイド仲介業者を通じて、ヨルダンやサウジアラビアでメイドとして、というか奴隷として働かされ、挙げ句の果てに殺されるという内容。

冒頭で、レバノンの仲介業者の男が吐く言葉がすべてを物語っています。

「人権なんてものがあるとは思っていません。ヨーロッパにはあるのかもしれない。でも中東にはね」

彼らは一人頭2000ドルだったか、それぐらいの仲介手数料を取ってはどんどん女性を中東の金持ちの家に送り込む。1日8時間、週5日というのはまったくの嘘で、実は18時間労働で休みもない。それどころかセックスの相手を強要されたりもする。何とか逃げようとシーツを結んで3階から下まで降りようとしたり。ヨルダンでのメイドの死因の67%は自殺か建物からの転落だそうです。殺してるも同然。


hqdefault

この人はケニアの上院議員で、自国の女性がひどい目に遭っているのを見過ごせず活動しているのですが、メアリーという女性がひどい虐待の末に全身やけどを負わされたことに関して仲介業者を問いただしても「私たちには何の責任もない。補償もしない」の一点張り。実際、メアリーは死んでしまうのですが、「運命だった」の一言で片づけられたとか。

しかも、ケニアの外務省の役人にこのことを言ってもただ笑うだけ。おそらく仲介業者から多額の賄賂をもらっているのでしょう。

「これは国家間の談合です!」

この女性は上院議員ではあるけれども「上院議員(当時)」というテロップが出るから、だいぶ目立った活動をして目をつけられてしまい、票を操作されて落とされたんじゃないですかね。この人がなぜ落選したかの追跡ドキュメンタリーを見たい。

それより最後のほう、中東でのメイド体験がどれだけ悲惨だったかを女性たちが次々と証言する場面で戦慄すべきことが起こりました。

「外国人材受け入れ法案が衆議院法務委員会で可決」

というニュース速報。あんなにタイムリーかつ皮肉なニュース速報は見たことがありません。




ETV特集『長すぎた入院』(臭いものには蓋をするだけの日本人)

昨日放送されたETV特集アンコール『長すぎた入院』があまりに衝撃的かつ義憤に駆られる内容だったので筆を執りました。


maxresdefault (1)

この時男さんという方は、39年もの長きにわたって精神科病棟に入院させられていたそうです。病名は統合失調症。当時は精神分裂病と言っていたんでしょうが、17歳のときに発病して、5年前に61歳で退院するまで39年間入院生活を強いられていたそうです。39年間ですよ。失われた青春。いや、失われた人生。

退院のきっかけは東日本大震災による原発事故。原発の近くにあった病院だったため機能しなくなり、県外に移転し、それでも福島へ戻りたいという人のための「矢吹病院」で診察してもらったら「入院の必要なし」と。


DVJ6mJKVQAAWlKl (1)

矢吹病院の院長は言います。「本当に入院が必要なのは40人中2人だけ」と。何と95%もの患者が入院の必要なしというから驚愕です。

初めて知りましたが、世界中にある精神科病床の約20%が日本に集中しているそうです。入院日数の世界平均は28日なのに日本の平均は270日。ほぼ10倍。

根底にあるのは「偏見」なんですよね。

ある女性が、退院したから実家で暮らしたいと父親に訴えても「おまえは60歳だろう。何を甘えてるんだ。もう人生やめてしまえ」みたいなことを言われる。でも、その女性が長い入院生活を強いられたのは、家族が退院を拒んだからなんですよね。医師が入院の必要なしと診断しても家族の同意がないとなかなか退院は難しいらしい。

これは私事ですが、ちょいと前に母親が精神科病棟に入院して、そのときは父や私たち息子が退院を強く望んでいるということで2か月ほどで退院の許可が出ましたけど、強く望まなければたぶん死ぬまで出られなかったのでしょう。ぞっとします。

あの父親などは、自分で娘を長期間精神科病棟に丸投げしておいて、出てきたら「おまえのことなど知らん」と。同じ血の通った人間なのでしょうか。あの父親こそ入院させるべきじゃないんですかね。いや、ほんとに。


DVHuDBaU0AAkTdA (1)

でも、そのような日本だけ特異な精神科病棟の事情はさすがに世界も見捨てておけないということで、国連やWHOからの強い改善要求があり、1987年に精神保健法というのが成立し、できるだけ入院患者を退院させようという動きもあったそうです。

しかし、退院の前に「活動ホーム」というところで一定程度の社会復帰のためのトレーニングをしてから退院させようとなったのはいいんですが、今度は近隣住民から活動ホームの建設反対の運動が起こってしまう。

せっかく受け皿を作ろうという動きになっても受け皿そのものが作れないから退院させたくてもさせられない。

最近でも、保育所の数が足りないから全国各地で新しく作ろうという動きがありますけど、近隣住民の反対で……というニュースがありますが、あれと同じですね。みんな自分のことしか考えていない。

結局、臭いものには蓋をしたくてしょうがない、蓋さえ閉めておけばあとは知らないという日本人の悪い特性が如実に出ている事例だと思いました。

まだ時男さんなどは偶然の事故で出られたからいいですが、全国にはもっともっとたくさんの幽閉患者がいると思うと怒りを禁じえません。


20180217_1567281

それでも失った人生を取り戻そう、家庭をもちたい、夢をもっていれば何とかなる、と語る時男さんの言葉に胸が熱くなりました。


ギャラリー
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード