ドキュメンタリー

2019年09月05日

クローズアップ現代+「“改名”100人 ~私が名前を変えたワケ~」を興味深く見ました。


20190904_01 (1)

何でも、日本では年間に4000人以上もの人が改名しているそうです。1日に11人超も。

番組で取り上げられていたのは、

①キラキラネームだから
②性転換したから
③親に虐待を受けてきて、その親の名前の一部が自分の名前にあるから
④元受刑者で、就職など社会生活に支障をきたすから
⑤出家したから

などなどの理由が主なものでした。


名前は呪い
4c7d2857

この人が一番長い時間をかけて取り上げられていました。元「王子様」という名前の男性。母親が自分にとって王子様のような存在だから、という理由で、父親には無駄で出生届を提出したそうです。

この人が言うには、

「自分の親はバカですって自己紹介するようなものなんですよ」

と言ってて、かねてからキラキラネームに批判的な私はそりゃそうだろうな、と思いました。生まれたばかりの赤ん坊が未来永劫赤ん坊のままだと思っているのです。成人し、社会に出、やがて老年を迎えるという「時間」の概念が決定的に欠落している。「いま」しか見えていない。(しかし、現在の中高生のキラキラネーム保持者のうち改名を望んでいる人はごくわずかとか。でもそれはまだ社会に出ていないからでしょう)

親に虐待を受けていて、その親の名前の一部が自分の名前にもある女性は、

「名前は呪い」

と言っていました。元受刑者は「名前は爆弾」だと。

言葉というのは(特に漢字は)もともと「呪い」だから、どんな名前でも呪いだと思うんですよね。

昔、個人情報の入力業務をしていたとき「止(とどむ)」という名前の人がいました。あぁ、この人は何をやっても中途半端で終わっちゃったんだろうな、と思いました。そんな名前をつけたら暗示にかかってしまう。

「呪い」というのは暗示にかけるための呪文です。だからどんな名前でも暗示にかかる。まともな名前ならまともな暗示にかかるから大丈夫。


これから名前はオープンになる⁉
miyatahiroaki

クローズアップ現代にいつも出てくる宮田裕章教授。(ネットで「FFキャラ」と書かれていて何だと思ったら「ファイナルファンタジーみたいなキャラ」ということだとか。ふうん)

この宮田教授が「これから名前はもっとオープンになっていくだろう」というんですね。

もともと日本では名前はオープンで、元服や結婚など人生の節目で何度も名前が変わった。それが明治5年の「複名禁止令」で完全にダメになった。「選択的一人一名主義」と言われるもので、要は、明治政府が天皇を父とし国民をその赤子とする中央集権国家を作り、さらに欧米列強に伍していく富国強兵政策を推進していくために、国民を一元的に管理する必要があった。そのために一人にいくつも名前があると管理しきれいないので生まれてから死ぬまでたったひとつの名前しか許されなくなった、と。

しかし、と宮田教授は言います。

個人番号などで一元的に管理する制度は整っているわけだから、もう選択的一人一名主義を貫かなくてもよい。これから名前はもっとオープンになるのではないか。

つまり、昔のように人生の節目節目で自由に改名できるようになるのではないか、と。


女性が強いワケ
昔から思っていることですが、男性より女性のほうが強いとか、結婚した男性は等しく妻の尻に敷かれるとか言われるのは、結婚によって女性の姓が変わるからじゃないかと。

下の名前は変わらないけど、苗字が変わるだけで、やはり内面もまた変わるんじゃないですかね。元服で名前を変えていたように、名前が変わることでより人間として成熟する。

だから夫婦別姓にしたい人はしたらいいけど、私自身は結婚することがあれば自分の苗字を相手の苗字に変えたいと思っています。名前が変わると世界が違って見えるんじゃないかとワクワクするんです。

番組で性転換した男性二人はものすごく幸せだと言ってたじゃないですか。

ということは、もし将来、自由に改名できるようになったら、みんなが人生の節目節目でガラリと内側から変わることができるわけで、この閉塞した時代に風穴を開けることができるんじゃないか、それならいますぐにでも法律を改正して「自由改名OK!」にしてほしいと切に思います。

(宮田教授とセットで出演することの多いノンフィクション作家の石井光太という人は、改名したいと訴える元受刑者に「そのままの名前でいろ。悪いことしたんだから報いを受けるのは当然だろう」みたいなスタンスでものすごく嫌でしたね)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月10日

おとといのETV特集『性犯罪をやめたい』を興味深く見ました。


D8jSr-1VUAA9yJm

画像のような感じで、自分のやったことを白状してもらう趣向。司会の人(医者?)は、

「悪感情をもたないようにするのが目的ではなく、悪感情をもっても大丈夫でいられる自分を手に入れるのが目的です」

と言うんですが、これは考えてみれば当たり前。私たちのような性犯罪に手を染めたことがない者でも色っぽい女性やロシュの多い女性を見たら悪感情はもつのだから。


性犯罪は弱い者いじめ
覗きを常習的にやっている人が言います。覗きをした結果、どういう感情をもつかという質問に対し、

「達成感。勝ったという感じ」

なるほど。前々から「性犯罪は弱い者いじめ」と思っていた私は我が意を得たりという感じでした。

だって、腕力で劣る女性を組み伏せて強姦したり、声を上げられない女性が恥ずかしがる顔を見ながら触りまくるとか、弱い者いじめ以外の何ものでもない。


驚愕の痴漢理由
D8jSr-1UEAE01dd

ほとんどの人が最終的な目的として、「性的快楽」や「達成感」、はたまた「収集癖を満たせる(盗撮の常習者)」などを挙げるのに対し、ある男性の告白には仰天しました。

その人は、痴漢の常習者なんですが、きっかけは離婚というのにまず驚き、さらに、元妻と同じ肌を探す、と。女性なら誰でもいいとか、色っぽい人なら、触れそうなら誰でも、とかそういうのではなく、奥さんと同じような肌でないとダメらしい。さらにそういう肌を触って得られる結果としての感情は、

「安心感」

と言うんですね。これには仰天しました。

失った家庭の安らぎを追い求めて痴漢をしている男がこの世にいるんだということを初めて知りました。おそらくこの番組を見なかったら死ぬまで知らなかったことでしょう。性的快感を得るためでもなく、弱い者いじめでもない痴漢が存在するという事実。


笑ってしまった人間模様
犯行に及ぶ前に、自分自身にどういう言い訳をするか、という質問に対して、

「ばれなきゃいいだろう」
「淋しい」
「目の前に立つ女性が悪い」
「これを最後にしよう」

という声が上がります。最後の一人が全員の意見に対し、「淋しいのはわかります。でもそれ以外は全部歪んでるなぁ、と」と答えるんですが、お前も充分歪んでるだろう! と思わず突っ込んでしまいました。


ご先祖様へのうしろめたさ
この治療プログラムをまっとうすることで得られるいいことは何か。という質問に対し、

「墓参りのときにうしろめたさを感じなくて済む」

と答えた男性がいて、他の人が全員深くうなずいていました。みんなやってはいけないとわかっていながらやってしまうんですね。

というか、いま生きている肉親に合わせる顔がない、とか、また怒られる、とかでなく、もう死んでしまった親や祖父母に対するうしろめたさというのが興味深かった。

「宗教心のない人間などいない」というのが私の持論ですが、これまた我が意を得たり! という感じでした。

性犯罪と一口にいっても千差万別なのが興味深く、もっと幅広く見られるべき良質な番組と感じました。ただ、どうあがいても深夜でしか放送できない内容だと思うので、そのへんの配慮は必要でしょうけど。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月05日

NHKスペシャルの『彼女は安楽死を選んだ』。本放送はまったく情報がなく、ツイッターで知り再放送リクエストをしたところ、ものすごく早くやってくれました。かなりのリクエストがあったようですね。

安楽死といえば、というか、自殺といえばいつも思い出すのが、長谷川和彦監督の言葉。

「生まれてくるのは選べないけど、死ぬのはてめえで選べるからな。俺はずっとそう思って生きている」

『太陽を盗んだ男』の主人公は、原爆を作って何がしたいのかわからいまま悶々とするんですが、最後に菅原文太刑事から「おまえが殺したがっているのはおまえ自身だ!」と言い当てられます。

「俺はずっとこいつが何をしたいのかぜんぜんわからなかったんだが、あ、こいつ死にたいんだ、とわかったとき、グッと自分に引き付けられた気がしたよ」

とも言ってましたっけ。


anrakushi

ミナさんという多系統萎縮症という重い病気を患った方は、苦しみ続けるだけの生活に終止符を打つべく、姉二人に同行してもらって安楽死が合法化されているスイスへ死出の旅に出ます。

姉二人は本人の意思を尊重しようと考えています。でもミナさんには妹が一人いて、その妹さんはミナさんの決断を受け容れません。お姉さん二人にしても、連れて帰りたいけど、連れて帰ったところでまた自殺を図るんじゃないか、それならいっそここで死なせてやったほうが……という消極的な賛成でしかない。

そりゃそうですよね。いくら本人が「それでいい」と思っていても周りは簡単には受け容れられない。

私の祖父は19世紀委末から21世紀初頭まで3世紀をまたにかけた長寿をまっとうしましたが、晩年は寝たきりで褥瘡がひどかった。食べるために起きようとすると激痛でうめき、横になるときもうめく。こんなに苦しんだ状態で生きていて何の意味があるのだろう、楽にさせてあげたいと何度も思いました。本人も死にたかったんじゃないか。いや、それは私が一方的に思っていただけなのか。もう答えはわからない。

でも仮に祖父が自分から「安楽死してもらうためにスイスに行く」と言ったらどうだったか。はたして賛成できたか、どうか。

長谷川監督の「てめえの勝手」というのは間違いとは思わないけれど、周りの人のことを考えるとそこまで言えない気がする。

わからない。

はっきりしているのは、死ぬ瞬間のミナさんは、やっと死ねるという安堵の表情にも見えたけれど、なぜこんな末路をという無念の表情にも見えたということ。

安楽死は是か非か。
この番組は1回の再放送で終わらせず、何度も定期的に放送すべきと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加