スポーツ

2020年02月29日

妖精と謳われた女子テニス界のアイドル、マリア・シャラポワが引退を表明してもう3日たち、ようやく心の整理がつくようになったので書きます。


最初は見た目から
sharapova5

そりゃ私も最初は見た目から入った口ですよ。彼女のファンは誰でもそうでしょう。こんなにかわいいとつい肩入れしたくなるというもの。

しかしですね、17歳でウィンブルドンを制した彼女の本当の魅力は美しいとかセクシーとかそういうところにあるのではないのです。


spo1906100025-p1

シャラポワといえば、ショットのたびに雄叫びを上げることで有名です。あの声に乱される選手が続出し「打つときの声を制限すべき」なんてアホな声が出てきたりもしました。

もしシャラポワが声を出すのを制限されていたら、生涯グランドスラムなど成しえなかったでしょう。力いっぱい打つのと雄叫びはセットですから。


メンタルの鬼
sharapova3

そしてあのメンタル。WOWOWで解説をやっている神尾米さんがシャラポワのファンであることはテニスファンなら誰でも知っているでしょう。いつも彼女に肩入れした解説をしてくれてファンとしてはうれしいかぎりでした。

その神尾さんが常々口に出していたのが「シャラポワのメンタルの強さ」でした。

メンタルの強さこそ彼女の一番の魅力だと言っても誰も信じてくれません。どうせ見た目なんでしょ、という冷たい目で見られます。そりゃ最初は見た目から入ったのだから否定できませんが。

でも、マリア・シャラポワというアスリートの試合を見ていると「気合いだけで逆境を跳ね返す」のが見ていて一番痛快なわけです。


シャラポワのベストゲーム
sharapova2

そんなマリア・シャラポワのベストゲームは何かと問われたら、みなさんは何と答えますか?

大方のファンは、2006年の全米だったか2008年の全豪だったか、とにかくシャラポワが優勝した大会でのジュスティーヌ・エナンとの死闘を挙げるでしょう。

私もそれに同意するにやぶさかではありませんが、あえて2010年の全仏準々決勝を挙げます。

え、何それ。ぜんぜん憶えてない。

そう言いたい人はたくさんいるでしょう。何しろ、肩の怪我から復帰した最初の大会で、ベスト8まで来たのが精いっぱいだったシャラポワは、この試合、完全なスタミナ切れで0-6、2-6で負けているのですから。

何がそんなに記憶に残るのか。

相手が誰だったか憶えてないんですけど、トレーニング不足で肩で息をしているシャラポワをコテンパンにやっつけました。

で、相手から見れば6-0と第1セットを取り、第2セットも5-0と大きくリードしました。あまりのワンサイドゲームに誰もがシャラポワの敗退を信じたそのとき……!

シャラポワのショットがラインぎりぎりオン・ザ・ラインと判定され、相手選手が徹底的に抗議した。全仏はいまでもチャレンジシステムはありませんから。

もう勝ちは見えているのに執拗に抗議した相手選手にフランスのお客さんはブーイングの嵐。そこからシャラポワが不屈の闘志を見せます。

ほとんど動けない体だけれど、少しでも甘い球だと無駄のないスイングでウィナーを取る。観客はやんややんやの大喝采。そこから2ゲームを連取したとき、私は「もしかしたら大逆転勝ちするかも」と本気で思いました。観客もみんなそれを願いながら「マリア! マリア!」の大合唱。ほんとに奇跡が起きかねない雰囲気でした。

実際はそこでジ・エンドとなったわけですが、マリア・シャラポワというアスリートの「底力」を感じたそのゲームを、私はいままで何度思い出したかしれません。


sharapova1

もう彼女の雄姿は見れませんが、心からありがとうと言いたい。そして、お疲れさまでした。


マリア・シャラポワ自伝
マリア シャラポワ
文藝春秋
2018-06-29








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月02日

スーペルコパを制し、国王杯でも順調にベスト8に勝ち上がり、目下公式戦20戦無敗と乗りに乗ってるレアル・マドリード。今日はアトレティコとの伝統のダービーマッチでした。


結果は1-0で見事わがレアル・マドリードが勝利!



_G__8257Thumb

この試合でジダンはスーペルコパと同じ布陣を敷きましたが私はスタメンを見てかなり不吉な予感がしました。決して結果論ではなく。

GK:クルトワ
DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、マンディ
DMF:バルベルデ、カゼミーロ、クロース
OMF:モドリッチ、イスコ
FW:ベンゼマ


スーペルコパと違うのはヨビッチじゃなくてベンゼマというところ。ここが危ないと思いました。

スーペルコパでもベンゼマが怪我してなかったら普通に4-3-3だったと思うんですよね。でもヨビッチを使わなくてはいけない。9.5番としてゲームメイクもするベンゼマがいず完全に9番タイプのヨビッチしかいないなら、いっそのことヨビッチにはゲームメイクには参加させず、トップに張り続けさせて相手DFラインを押し下げさせる役割を担わせた。空いたスペースにモドリッチやイスコ、バルベルデが入ってきてフィニッシュという狙いが功を奏していたと思うんです。特にバレンシア戦では。

ヨビッチは何もしていないと批判されていましたが、私はいい動きをしていたと思います。

その夢よもう一度と思ったのか、ベンゼマがいても2シャドーを使う4-3-2-1を採用したので「これはひょっとすると……」と思っていました。

案の定、ボールは保持するもののベンゼマにゲームメイクさせずヨビッチと同じようにトップに張り続けさせるからチャンスが広がらない。カゼミーロが守備時はアンカーで、奪ってビルドアップのときは3バックの中央に入り、ここぞというときは最前線まで上がるという、アトレティコからすると非常にマークにつきづらい動きをさせていましたが、他には何もなし。

普段ならベンゼマが下がってゲームメイクに参加したら両ウイングが空いたトップの位置に入ってフィニッシュというのがこれまでの形でしたが、ベンゼマがトップに固着したままでは攻撃も手詰まりだし、何より前線からの守備もおろそかになって完全にアトレティコのペース。

またスコアレスドローか、負ける可能性も大いにある。いずれにしても得点は生まれない。

と思ったら、ジダンがハーフタイムで動きました。クロースとイスコを下げてヴィニシウスとルカス・バスケスを投入。

おおおおおお!!!! これで行ける! 

ちょっと前からジダンは動くのが早くなってるな、とは思っていましたが、戦術的理由で後半頭での選手交代は今季初めてです。しかも大胆な二枚替え! ただ、入った二人はどちらもチャンスメイカーでベイルやロドリゴのようなフィニッシャーじゃないのが気にはなりましたが。

とはいえ、かつてのジダンなら、状況がよくなくても「俺が選んだ11人だから」とスタメンに固執してなかなか替えなかったですよね。それが変わった。自分が選んだ11人を否定する勇気をもつようになった。素晴らしい。

いままでジダンの采配には疑問をもっていた私も今日は喝采を贈ります。ただ最初の11人を選び間違わなければ、というのはありますが、それはまぁいいでしょう。

あと一人の交代枠を使わなかったのはどうでしょうか。ハメスを入れたくても下げる選手がいないから理解できますが、マルセロをマンディに代えて投入しても面白かったように思いますが。あと普通にベンゼマに代えてヨビッチとか。というか何でオドリオソラを出したんですかね? よっぽどあのマジョルカ戦での退場が響いているのか。

とにもかくにも見事な采配で7シーズンぶりにサンティアゴ・ベルナベウでのダービーに勝利。朝飯がうまい。(そんなに負けてたとは知らなかったけど)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月05日

前節終了時でEL圏内の6位と奮闘中のヘタフェとのアウェー戦。厳しい戦いが予想されていましたが、終わってみれば3得点無失点の快勝でした。しかもバルサがエスパニョールとのダービーで引き分けてくれたため再び勝ち点で並ぶことに。ヨッシャヨッシャ。


_1VC6329Thumb

しかし今日の試合で目立っていたのはキング・オブ・ザ・マッチに選ばれたクルトワですよね。(いつマン・オブ・ザ・マッチからキング・オブ・ザ・マッチに変わったの?)

確かに2得点に絡んだうえ本職の守備でも獅子奮迅の活躍を見せたバランもよかったし、カゼミーロも素晴らしかった。

でもみんな守備の選手。本来「2点取られても3点以上取って勝つ!」が信条のチームが、3試合連続無失点なのはいいけれど、今日の圧巻の3点目以外は、ここ4試合での3得点は全部セットプレーからの得点というのはいかがなものか。

解説の安永も言っていたけれど、ジダンの采配で勝てた試合がものすごく少ない。モチベーターとしては折り紙つきだけれど、戦術家としてはまだまだ疑問符。

今日の試合だって、運よくオウンゴールから先制できたけど、あれはキーパーのミスですよね。

_HE16219Thumb
_2VC0944Thumb (1)

どっちから見てもよくわからないけれど、スロー映像で見たかぎりでは、パンチングし損ねたボールがバランに当たって入っていました。いずれにしてもキーパーのミスには違いない。マンディが意外にも右足でクロスを上げたこととキーパーのミスでもらって得点。

ハーフタイムで0-1にできたのは慶賀。あれで後半頭から選手を変える必要はなくなりましたが、うーん、私としてはあれが入らずに0-0でヘタフェペースの場合にジダンがどう動いたかを見たかった。私は動かなかったと思います。それぐらいジダンの腰は重い。そこが難。

後半8分にクロースのFKからバランが見事に決めましたが、あれもへらふぇの選手がマーク外しすぎですよね。ボールもよかったけど、どちらかといえばヘタフェのミスじゃないですか。

ラッキーな2得点のあとのジダンの采配がよくわからなかった。

というか、そもそもスタメン選びを間違ってやしませんかね?

もはや絶対的レギュラーのはずのバルベルデを使わない、急成長中のロドリゴを使わず本来ハーフのイスコを左ウイングとして使う。わからない。スーペル・コパを見越して、ということですか? でもスーペル・コパよりリーガのほうがよっぽど大事でしょうよ。

運よく勝てたけど、本当に運がよかっただけ。クルトワが本来のビッグセーブを連発し、その前でDFがシュートブロックする場面も目立ってきて、簡単に失点することはなくなりましたが、今日の試合、後半26分に2枚替えしたときは危ないと思いましたぜ。

だって同時2枚替えといえば、負けてるチームのほうが劇的に局面を変えたいときに使う手じゃないですか。2点リードしてて2枚替え、ガタガタになっちゃったらどうするの。それにヴィニシウスを入れるというのがわからない。チャンスを与えたいのはわかるけれど、あともう1点取って勝利を確実にするにはロドリゴだったと思います。案の定ヴィニシウスはまたしてもビッグチャンスをふいにしてしまった。

ただ、自陣深いところからの超高速カウンターから生まれた3点目は素晴らしかったですね。久しぶりに流れのなかで得たゴール。

マンディのうまいフェイントからベイルへ。ベイルがワンタッチで左サイドを駆け上がるバルベルデへ絶妙なパス。そのままドリブルしてシュートかと思いきや、全速力で駆け上がってきたモドリッチにラストパスしてゴールと、これですよ、これ! 最近、自慢の超高速カウンターが鳴りをひそめていただけに、久しぶりにすごいものを見たな、と。ああいうのが見たい。

最後にVAR。
バランのゴールがオフサイドがどうかをかなり時間を取って検証していましたが、確かに左肩が出ていたような気がしないでもない。

でも、数日前のプレミアリーグでも問題になっていましたが、VARは「明らかな誤審をなくす」ために導入されたもののはず。センチメートル単位のオフサイドなんか取るな。何分も試合が止まって興が殺がれるマイナス面のほうがずっと大きい。

人間はミスを犯すからテクノロジーの手を借りたほうがいいという意見には基本的に賛成です。ゴールラインを割っているのにゴールが認められないとかそんなのは絶対になくすべき。だけど、今日のバランみたいな微妙な判定や、ゴールが決まったのに、その起点になったボール奪取時にファウルがあったとかで得点取り消しはやめてほしい。主審の目にファウルに見えなかったのならファウルじゃない。

いくらテクノロジーといっても最終的には人間の目で判断するんだから、細かいツッコミは不要。

いますぐにでもVARが介入していいときとダメなときをはっきりさせてほしいと切に思います。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加