聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

文化・芸術

オオカミをめぐる宗教試論(犬の誕生)



人は誰でも、『ブレードランナー』のレプリカントたちと同じ欲求をもっています。
クライマックスで、死にゆくルトガー・ハウアーを見つめながら語られるハリソン・フォードのあの素晴らしいナレーション「彼は自分のことを知りたがった。どこから来て、どこへ行くのか。人間も同じなのだ」に感動しない人間を私は容易には信用しません。

それはともかく、なぜか理由はわかりませんが、昨日仕事中に「狼の語源は『大神』だった」という何かの本で読んだ知識を思い出しまして。

それからつらつらいろんなことが頭の中を駆け巡り、古代の人間がなぜ狼を飼い馴らして犬を生み出したのかがわかったような気がしました。


custom_header


狼が大神、つまり神様だったというのは日本だけなのか東洋全体のことなのかはよく知りません。ただ、西洋では狼は恐れるべき存在であり、駆除せねばならない対象だったのと違い、日本では田畑を荒らす鹿などを食ってくれる「益獣」と思われていたそうで、それで神様として崇められていたんだとか。

私は「歴史」というものにもともと関心があるほうですが、特に古代に執着しています。なぜなら、そこに人間の無意識を読み込むことができるから。近代以降の文学は、「意識」というものがあることを知った人間が書いているから、それらをいくら読んでも「人間の本当の姿=無意識」に触れることはできないと思っています。

古代の神話や伝説を読んでこそ人間の本当の姿がわかる。だから21世紀以降の文学や映画だって、「神話」でなければならない。神話的エネルギーに満ちた物語を読みたい/見たい。

それは「どこから来て、どこへ行くのか、自分のことを知りたがった」哀しいレプリカントたちとまったく同じ欲求といっていいでしょう。


8cf6a09b-620x315


聖書や古事記には人類創世や国造りの神話が語られていますが、どこの神話でも「神が世界やこの国を造った」ということになっています。

私自身は「神」の存在を信じていますが、キリスト教やイスラム教みたいに人間と同じ姿の神様がいるなんて少しも信じていません。骨の髄まで日本人なので八百万の神々を信じているだけ。

しかし信じているといっても、やはり、神が人を造ったのではなく、神が降臨してこの国を治めるようになったのでもなく、「人が神を造った、この国を治めるための口実として神を利用している」というのが真実である、という醒めた思いもあります。

誰もがそう思いながらも、心のどこかで神頼みをしてしまう。

だから、この全宇宙を見渡している超越的存在が我々を造ったという転倒した論理を編み出さねばならなかったのでしょう。


CsEqSqDUsAAxqN9


だから犬が誕生したんじゃないか、というのが私の考えです。

大神の「大」とは「聖なる」という意味だそうですが、ともかく、神である狼を飼い馴らす。それは、神が人間を造り、神が命令して人間がそれに従うという転倒した論理をさらに引っくり返そうという古代人のもがきだったんじゃないか。

神を飼い馴らし、家畜化して自分たちの子分にする。

神が人間を造ったというフィクションを必要としながら、それを否定したい哀しい葛藤を感じます。

西洋では狼は神ではなかったというのは先述したとおりですが、人間を上回る力をもった超越的存在という点では一緒でしょう。まぁこのへんはかなり牽強付会の感を否めませんが。

とりあえず、神話や宗教に並々ならぬ関心をもつ私がなぜ犬好きなのかはわかった気がしました。



清水富美加出家で「宗教」を考える③(芸能界という教会からの逃走)

清水富美加出家引退騒動で「宗教」について考える日記第3弾。

前回までの記事
①「とりあえずビール」だって宗教です! 
②ドナルド・トランプ=大川隆法 

今回はいろんな人が清水富美加を批判していますが、その代表格としてこの人を。いま最も嫌いな人間といっても過言ではない宮根誠司。


hqdefault


別にこの人だけじゃなく大概の人が「無責任だ」「ただの仕事放棄だ」という正論をぶってますが、常々「正論」を疑うことを是としている私はどうにも胡散臭いものを感じてしまうのです。

だって、本人は自殺未遂を図るぐらい事務所から押し付けられた仕事がいやだったのでしょう? 

ちょっと前に電通社員が過労のあまり自殺した事件がありましたが、あの女性に対して「仕事なんだからしんどいのは当然。プロ意識がない」という主旨の発言をした人がいたとか。文字通り死者に鞭打っていると思いますが、清水富美加への宮根誠司をはじめとする「識者」の正論はそれとほとんど変わらないと思います。

月給5万円だったということについても、
「芸能界とはそういうところだ」
「みんなそういう時期を乗り越えてきた」
それは少しも間違っていないのでしょうけど、結局それって「ゲーノーカイ教」という宗教ですよね? 「宗教」といって悪ければ「イデオロギー」です。「幻想」です。みんながそう信じていることにすぎません。

芸能界だけでなく、広く社会一般の常識として「突然仕事を辞めるなど大人のすることではない」とされています。私もそういう常識をもっていますが、それだって「イデオロギー」です。みんなが同じ「幻想」を共有しているから「常識」とされているだけであって、「事実」ではありません。



simizufumika
 

彼女の場合、親が幸福の科学の熱心な信者だったらしく、「自分で選んだものじゃないからダメだ」という論調も支配的です。

では、逆に自分の意思で選んだのであればOKなんですか? であるならば「幸福の科学はインチキだ、まやかしだ」とは言えなくなってしまいますよ。

昨日の『ワイドナショー』で、社会学者の古市憲寿が「結局、芸能事務所を移ったってだけの話なんですか?」と鋭い質問をしていました。清水富美加は人肉を食べたり水着を着て男の性欲の対象になるのをやめて、「人を幸せにする仕事をしたい」と幸福の科学が製作する映画に出演するというニュースを受けての素朴な疑問でした。

この疑問に対し、MCの東野をはじめ出演者がほんの一瞬だけ黙り込みました。あの一瞬の沈黙がすべての答えでしょう。

清水富美加は「芸能界という教会」から幸福の科学に乗り換えただけです。

二つの神の狭間で引き裂かれそうになり自殺未遂までした女の子が安寧を求めて片方を捨てただけの話。捨てるためにはゲリラ的に辞めるしかなかった。もし正当な手続きで辞めようとしても妨害されたでしょう。それは指原莉乃も指摘していました。

日本人は無宗教とよく言われ、我々自身がそう思い込んでいますが、無宗教の人間などいませんし、この騒動を宗教問題ではなくただの「職場問題」に矮小化してしまっているのはよくないと思います。

「はじめに言葉ありき」
言葉をもってしまった人間は何かを信仰しなければ生きていけません。人間にとって「客観的な事実」など存在しません。人間にあるのは「主観的な事実」、つまり「幻想=宗教」だけです。

「神なんか絶対信じない」という青木雄二のような筋金入りの無神論者は「無神論という宗教」を信じているのですから。

おわり


 

清水富美加出家で「宗教」を考える②(ドナルド・トランプ=大川隆法)

昨日の 「とりあえずビールだって「宗教」です!) に続く、清水富美加引退騒動をきっかけに宗教について考える日記第2弾。

「運転免許」も「スマホ」も「神」で、「とりあえずビール」も「宗教」といいました。


be82aa5f-s


例えば、以前面接で、「なぜ運転免許をもってないんですか?」と聞かれました。求人票には「資格不要」とあったのに聞かれました。「仕事とは関係ありません。なぜもってないのかを聞きたいんです」というから、「なぜといわれましても…まったく興味がありませんので」と答えると、「なぜ興味がないんですか?」と聞いてくる。

まるで、成人した人間は車に興味をもち、運転免許をもっているのが人として当然のような言い方。いまの若者は車に関心のない人が多いらしいですが、ある世代以上の人は「18歳になったら運転免許を取る」のが人間として「正しい」らしい。

若者からするとガラケーしかもってない私のような人間は「とっても変」らしいんです。それだけでダメ人間の烙印を押されたこともありました。

居酒屋に行っていきなりジュースを頼むと「空気読めよ!」的な文句が飛んでくる。だから酒が大嫌いな私はシューハイやカクテルを飲みます。「とりあえずビール」というか「まず最初はアルコールを頼む」というのが人間としてのあるべき姿とか。へぇ~~~。

でも、それってほとんど「宗教」ですよね? それが言いすぎならば「イデオロギー」といえばわかりやすいでしょうか。

運転免許をもってない者はダメ人間である、というのは決して「事実」ではなく「人々がそう思い込んでいること」にすぎません。すなわち「イデオロギー」です。

そして「イデオロギー」とは「妄想」です。「宗教」とは「妄想」のことです。「神」は妄想の産物であり、妄想にすがりつかないと生きていけないのが人間という生き物の哀しい性です。

あれはヨハネの福音書でしたっけ。「初めに言葉ありき」と。言葉をもってしまった人間は妄想の末に「神」というフィクションを生み出し、自ら生み出したフィクションに命令されるという形で社会を秩序立てることに成功しました。

そのような、人間が人間らしく生きるための方便としてキリスト教やイスラム教、仏教などの宗教は活用されました。だから「古来の宗教ならまだいいけど新興宗教なんてもってのほか」となるのでしょう。古来の宗教が「由緒正し」く感じられるのは、ひとえに「人間社会への貢献度が大」だからです。新興宗教はやはり古来の宗教に比べて社会構成への貢献度が低いため、「信者から金を巻き上げている」という声が上がるのでしょう。

でも、ここで気をつけたいのは、事実かどうか確かめもせずに「新興宗教はインチキだ、まやかしだ」と叫ぶのもまた「イデオロギー」であり、すなわち「宗教」だということです。

だからこの世は「イデオロギー=宗教」で溢れ返っています。




 img_d23a288894c37a99ee61e193427f76bf55729

メディアが流す不利な情報をすべて「フェイクニュース」だと切り捨てるこのお人は、「事実」を「イデオロギー=宗教」にすり替えようとしています。

この人の言動はほとんどアホの放言ですが、アホと切り捨てるには不気味すぎます。おそらくその理由は、「妄想」を「事実」として社会を秩序立ててきた古来の人間社会のあり方とは真逆のベクトルをもっているからだと思います。「事実」を「妄想」にすり替えて自分の立つ地盤を強固にしようとしている。

この男の言動に吐き気を催す人は、「新興宗教なんてもってのほか」と思い込んでいる人とおそらく心理構造は同じです。(私自身がそうです)

トランプは新興宗教の教祖になろうとしている。〇〇教とは言わないだけの話でね。だから大川隆法とトランプはおそらく同型の人物です。ただ、「宗教法人のトップ」か「世界一超大国のトップ」かという違いがあるだけ。

ここで再度気をつけないといけないのは、トランプこそフェイクだというのもまた、事実確認を怠っているかぎりは「フェイク=宗教」だということです。

深淵を覗きこむとき深淵もまたこちらを覗きこんでいるし、怪物と戦うときに気をつけねばならないのは自分自身が怪物になってしまわないこと。

この話はまだ続きます。
次はおそらくこの人が主人公となるでしょう。 


hqdefault


清水富美加は「せっかく成功した芸能界を捨てて宗教に走った」といわれていますが、はたして本当にそうなのでしょうか?

続き
③芸能界という「教会」からの逃走





清水富美加出家で「宗教」を考える①(「とりあえずビール」だって宗教です!)

女優の清水富美加が幸福の科学に出家するのを理由に芸能界を突如引退すると発表してからまだ5日しかたっていませんが、いろいろ続報がたくさん入ってくるのでもうかなりの日数がたった印象ですね。


 simizufumika

宮根誠司をはじめいろんな人が「芸能界とはそういうものだ」「無責任だ」と非難していますが、それに対するカウンターとして伊集院光が「みんながみんな同じように非難するのは気持ち悪い」と疑義を呈していました。でも私にとっちゃそんなのはっきり言って「どっちでもいい」のです。いや、実はどっちでもよくありません。ここの議論はおそらくこの日記の最後のほうでまた出てくるはずです。

まず、この騒動を考えるときに避けて通れないのは「宗教」とは何か、ということです。
が、一連の報道を見ていると、宗教にまったく触れていないところにこそ、この問題の本質があるような気がしてなりません。

キリスト教
イスラム教
仏教
ヒンドゥー教
ユダヤ教
ゾロアスター教

ミルチア・エリアーデの『世界宗教史』を読破したのに、これくらいしか思いつかないのが恥ずかしいですが、世界には多種多様な宗教であふれかえっています。

さらにキリスト教ひとつ取ってみても、ローマカトリックにプロテスタント、ギリシャ正教、ロシア正教、エホバの証人、福音主義、メソジスト、モルモン教など多種多様な宗派があります。(←このへん、かなりうろ覚えです)

しかしながら、すべて「神」を信仰しているところは一緒です。仏教は「仏」ですが、「仏」を信仰しているわけではないから「あれは宗教ではなく哲学だ」という声もあるそうですが、まぁそのようなことはほとんどどうでもいいことです。特に日本では神仏習合といって「神」と「仏」は同じですしね。

さて、幸福の科学についてはろくに知識がないですが、いまググってみると、仏教真理を追究するものとか。ところがブッダはおろかイエス・キリストまでもが聖人の一人らしく、日本ならではの「ごった煮宗教」みたいですね。(そういうごった煮宗教がなぜ世界中で信者を獲得できているのか謎ですが)

ともかく、幸福の科学も「エル・カンターレ」という「神」を信仰しているごく普通の宗教です。

ごく普通の宗教だって!? キリスト教や仏教みたいな由緒正しき宗教と違ってあれはインチキ宗教じゃないか。信者から金巻き上げてるだけだろう!

とすぐ怒る人がいますが、本当にそうでしょうか???



 9b0a9005

以前、同性婚問題(「神」というフィクション)という日記を書きました。

古来の宗教だろうと新興宗教だろうと、「神」という「フィクション」にすがりつくのが「宗教」というものの本質のはずです。

ならば、どんな宗教も「インチキ」であり「まやかし」です。

でも私はそれが悪いことだとは思いません。

人間はフィクションなしには生きていけない生き物だからです。

でも、俺も/私も宗教なんて信じてないけど? 神も仏も信じてないけど?

と言いたい向きも多いことでしょう。

でも、「宗教」って先述したいわゆる宗教というやつ、法的にいえば「宗教法人として登録されているもの」だけじゃないんです。ヤハウェやイエス、アッラーにシヴァ、エル・カンターレだけが「神」じゃないんです。

例えば、そうですねぇ…「車の免許」だって「神」なんですよ。「スマホ」も「神」だし、「とりあえずビール」だって「宗教」だと私は思います。



07ab5b1deacbbf21b75fcd8fedc6f0f5


続きはまた明日。仕事でクタクタでしてね。あさってになるかも。ふふふ。

続きの記事
②ドナルド・トランプ=大川隆法
③芸能界という「教会」からの逃走


 

もう一度「著作権」について考えよう(JASRACによる音楽教室攻撃をめぐって)

昨日のワイドナショーで見た、JASRACが音楽教室から著作権を徴収すると発表したニュース  には衝撃を受けましたね。


x10311


何でも「演奏権」なるものがあるらしく、音楽教室で演奏することにも課金すると。

いくら何でもそれはやりすぎ! という声が多々上がっていることにもうなずけます。

何でも、JASRACは「ヤクザ」と呼ばれているらしく、著作権料を絞るためには手段を選ばないとか。

教育目的で演奏することに課金していては、音楽を目指す子供が減る、それは音楽の将来にとってよくない、だからダメだ。

という批判にも納得はするんですが、私はもっとラディカルに「著作権という概念そのものを抹消すべき」と主張したい。


img_1ad61eda827e138be4c516efbe8c265f45523


去年の10月くらいでしたか、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について  という日記にも書いたことですが、著作権という概念をなくしてしまったほうが、文学も音楽も映画も絵画も、太古の豊かさとエネルギーを取り戻すと思うんですよね。

神話や伝説がいまだにエネルギーを失わないのは、それが口承文学として口伝えに伝えられてきたものだからです。口から口へ伝えられるときに、聴衆(主に子ども)の反応を感じながら改良していく。何世代にもわたって改良が加えられた結果だからいまだにエネルギーに満ちているのです。

翻って、いまの映画や小説を鑑みますと、同じ物語を改良していく作業が許されませんから、かつて豊かだった物語の沃野が痩せ細ってしまってると思うんですね。

音楽だってそうでしょう。

ここのメロディがよくない。このリズムはこう変えたらどうだろうか、と世界中の人が勝手に変えていく。そうして第一級の音楽が生まれ、生まれてはまた改良され、どんどん音楽の沃野が広がっていく。

かつて作家を目指していた人間がこんなことを言うのは筋違いかもしれません。でも、いや、作家を目指していた者の意見だからこそ聞いてもらいたい。

著作権なる概念は、作家を守りはするでしょう。作品を守りはするでしょう。しかしながら、「映画」「文学」「音楽」といった芸術表現そのものは守られないのです。痩せ細っていくのです。

だから著作権なる概念の廃止を強く望みます。

人類は芸術なしには生きていけません。

著作権という目先の利益のために、作家たちは自分で自分の首を絞めているとしか私には感じられないのです。



20050804164154!著作権疑い



 

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。