聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

書籍・雑誌

『人工知能は資本主義を終焉させるか』(齊藤元章の大きな誤り)

人工知能と経済学の関係を研究する経済学者の井上智洋さんと、スパコン・人工知能エンジン開発者の齊藤元章さんの対談本『人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点』(PHP新書)を読みました。


maxresdefault


齊藤さんは何でもつい最近、東京地検特捜部に詐欺容疑で逮捕されたらしく(逮捕されたせいで『プロフェッショナル 仕事の流儀』が放送見送りになったのはこの人だったのかと初めて知りました)これはもしかすると齊藤さんの思想が原因の国策捜査なのかな、という気もします。

ことの真偽はまったくわかりませんが、この本は非常に面白いところとあまりにアホすぎるところの差が激しい珍本でした。

面白いと思ったところは、

・『21世紀の資本』のトマ・ピケティの「R>G」という不等式について
・安土桃山時代の日本の軍事力は世界最強だったこと
・累進課税と言いながら、超高額所得者は逆に税率が低くなる
・ベーシックインカムとヘリコプターマネー
・「人類補完計画」

人類補完計画は齊藤さんの計画ですが(『新世紀エヴァンゲリオン』のラストシーンみたいなのを本当にやろうとしているようです。それも地球規模ではなく宇宙規模で)他はすべて井上さんが喋り手で齊藤さんが聞き手になっているときの話ばかり。

だから、井上さんの話は傾聴に値するのですが、齊藤さんの話には納得できませんでした。

人類補完計画だって、ブレイン・ブレイン・インターフェースといって、人間の脳と脳を直接つなぐことによって、すべての人類、宇宙に棲息するすべての知的生命体をひとつにつなぐことなんですが、そのことで私たちが得られる幸福度がどの程度のものかは知る由もありません。

脳と脳を直接つなぐことによって、うつ病の人がどれだけしんどい思いをしているか、ガンで苦しむ人がどれほどの痛みに耐えているか、歩けない人がどれほどの不自由を強いられているかを直接体感できるため他者への共感度が増す、というのはその通りでしょう。

しかし、脳と脳を直接つなぐのだから自分が考えていることが相手に筒抜けなわけですよね。それは嫌です。ほとんどすべての人が嫌なんじゃないですか。

だから、地球人すべての脳をひとつにつなぐよりも、隣の人の脳と自分の脳をつなぐことがまず難しいですよね。不可能では? 

スパコンと量子ニューラル・ネットワークというものを接続すれば、現在のスパコンが計算終了まで100億年かかる問題も瞬時に解決できてしまうという話があって、それ自体は面白い話ですが、人間は機械じゃないので「脳と脳を接続する」ことを嫌がる人のことを少しも考慮していないのはいかがなものでしょうか。

さらに、齊藤さんの夢は「地産地消・個産個消」らしく、地産地消はわかります。こういうのですよね。↓


B3iCuY8CQAAnz-81


近代以前は自給自足の生活でしたが、それはたとえば100人の村があったらその100人ですべてを賄うやり方です。その100人はおそらく分業制だったはずで、絵のように刈り入れは女性がやって、男たちはその間に狩りに行くとか。

しかし、齊藤さんの提唱する「個産個消」というのは、まさに一個人ですべてを賄うやり方なんです。

「個産個消が可能になれば、誰にも頼る必要がなくなり、金銭も不要になるから犯罪も減るし、何より個性と創造性の爆発が期待できる」

うーん、、、本当に犯罪は減るのでしょうか。誰にも頼らなくて済むのでしょうか。

齊藤さんが忘れているのは、「隣の柿は赤く見える」ということです。

「自分に必要なものは自分ですべて賄えるのだから」と齊藤さんは言いますが、人間は必要じゃないものもほしがる生き物なんですよね。

「有名人のサイン」がいい例です。

あれは単なる「直筆の名前」にすぎません。何でそんなものがほしいの? と訊いてちゃんとした答えが返ってきた試しがありません。みんな「他人がほしがっているから、世間が価値があると言っているから」というただそれだけの理由で「自分もほしがっている」と勘違いしてしまうのです。

このようなことはコンピュータの世界に当てはめれば「バグ」に相当するんでしょうが、齊藤さんは「人間は常にバグを生み出し続ける生き物である」ということをすっかり失念しています。

お金のない世界はユートピアであるという主張には同意します。

しかし、そう主張していた人が詐欺を働いていたとして逮捕されました。

もし本当なら齊藤さん自身がバグだったわけだし、国策捜査としてハメられたのだとしたら、東京地検が、もっといえば日本という国家がバグです。

いずれにしても、「バグ」を生み出し続けるのが人の世であることは間違いなく、だから、やっぱり「人類補完計画」なんてアニメの中の夢物語にすぎないと思います。


今月BSプレミアムで忠臣蔵映画が1本も放映されない件

d0cdd602

今日12月14日は赤穂浪士討ち入りの日ですが、毎年12月といえばNHKのBSプレミアムで忠臣蔵映画が2本とか3本とか放送されるのに何で1本もないんだろう」と不思議だったんです。

が、このたび内田樹先生の『街場の天皇論』を読んで合点がいきました。



先日、今上天皇の退位の日が再来年の4月30日に決定しました。
去年の夏に、退位のご意向という「お言葉」を発せられてから政府は有識者会議を開いていつにするか模索していたようですが、約1年半かけてようやく決まったんですね。

『街場の天皇論』には非常に面白い記述が出てきます。(確か以前の本にも同じことが書いてあったような気がしますが、まぁこれはいつものことですね)

『忠臣蔵』は映画だけでもさまざまなバリエーションがあって、もとは『仮名手本忠臣蔵』という歌舞伎ですし、普通の芝居でも忠臣蔵はたくさんあります。テレビドラマもある。

バージョンによってそれぞれあの物語のある部分をカットしたりキャラクターを変えたりしている。堀部安兵衛の性格がぜんぜん違ったり、もとはといえば『仮名手本忠臣蔵』には安兵衛は出てこないらしいです。目からウロコ!

で、どこをカットするかはもちろん、それぞれの作者たちに任されているわけですが、「松の廊下」をカットしているものもあれば「赤穂城明け渡し」をカットしていたり、信じられないことにクライマックスというべき「討ち入り」をカットしているものさえあるらしいです。これも目からウロコ。それじゃあ『忠臣蔵』じゃないじゃん! と一瞬思いますが、忠臣蔵を忠臣蔵たらしめているのは別の場面らしいのです。

どんなバージョンでも絶対にカットされない場面というのがあって、それは何と「大石内蔵助が京都の茶屋で遊興に耽るシーン」なんだそうです。

そういえば、中学の時分に学校で見に行った先代・片岡仁左衛門の『仮名手本忠臣蔵』はまさにこの京都で遊興に耽る内蔵助を描いた一場でした。

何でこんな本筋と関係ないところを、と不満に思ってほとんど寝てしまいましたが、実は『忠臣蔵』の要だったんですね。30年目の真実。

なぜカットされないかというと、この遊興の場面というのは、討ち入りの意志があることを吉良家や幕府に知られないように、内蔵助が「敵を欺くにはまず味方から」ということで遊び呆けて、確か部下の浪士たちから叱責される場面もあったんじゃないかしら。寝ながらたまにチラチラ見ていた舞台上では確かそんな場面が演じられていたような・・・?

内田先生の卓見を引用しますと、

「『忠臣蔵』というのは不安のドラマなのである。大石という仇討プロジェクトの総指揮者であり、資源と情報を独占して浪士たちの生殺与奪の権を握っている人物が本当のところ何を考えているのか、まったくわからない」

「本当に討ち入りはあるのかという同志たちの猜疑心、討ち入りはいつなのかと怯える吉良家、切腹という公式の裁定に対してテロリズムに訴えられる幕府の不安、血なまぐさいスペクタクルを期待している大衆の苛立ち」

「このような『いったいどっちなのか、やるとしたらいつなのか』という不安がぎりぎりのどころまで高められたうえで『いざ!』と大石が号令をかけるとき、この過度に引き延ばされた非決定状態は劇的な形で解決される」

「全権を握っている人間が何を考えているかわからないとき、日本人は終わりのない不安のうちに様々な解釈を試みる。そのときに日本人の知性的・身体的なセンサーは最大化し、想像力はその限界まで突き進む。中心が虚であるときにパフォーマンスが最大化するよう日本人の集団が力動的に構成されている」

中心が虚であるとき・・・
全権を握っている人間が何を考えているかわからないとき・・・

もうおわかりですよね。

日本人の中心に位置するのはこの人以外にありえません。


tennnou


そして、この人が「生前退位の意向」なるものが「本当は何を考えているかわからない」という状態を生み出したのは、我々一人一人もその渦に巻き込まれたのだからわかりますよね。「いったいあのお言葉の真意はどこにあるのか」と侃侃諤諤の議論が展開されました。

天皇には、安倍某がやろうとしている改憲を少しでも引き延ばそうという意図がある、という内田先生と同じ見解を私ももっていますし、「ただもうしんどくなっただけなんじゃないの?」という解釈だって成り立ちます。(違うと思うけど)

しかしながら、この国を大日本帝国へ戻そうとしている安倍政権は、「天皇」という神輿を利用して全権掌握しようとしているのだから、『仁義なき戦い』のように「ただの神輿のくせに」みたいなことは言えません。それでは神輿を担ぐ資格を剥奪されてしまいます。だから1年半もかけて退位の日程を決めないといけなかった。

だから、中心という虚が何を考えているのか、と日本中が騒いだあの頃を安倍某は思い出したくないのでしょう。

神輿に意思などあってはならないと考える安倍某は、意思を表明した天皇にかなり苛立ったと言われていますが、大本営と化したNHKはそこのところを忖度し、忠臣蔵映画を放映しないんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

(しかし、忠臣蔵のクライマックスが大石が「いざ!」と討ち入り決行を宣言する場面だったとは。だから討ち入りそのものはカットしても成り立つんですね。もう問題のすべてが解決してしまっているから。なるほど)

「レディ・ファースト」の真実

ladyfirst

レディ・ファーストって「まず女性から」という言葉どおりの意味ではないんですって。

えーっ、ウッソーーーー!

というか、仮に言葉どおりの意味だとしても、「まず女性が準備して男性を迎える」「まず女性が先に食事を済ませて退出し、男性の会話に加わらない」という極めて男尊女卑的な言葉だったらしいんです。へぇ~~~、ってな感じですね。

女性が取るべき行動を表す言葉だったのに対し、いまは画像のように男性が女性に対してとるべき行動のような意味になっています。

ところが!!

そのさらに前、大元はぜんぜん違う意味だったらしいんですね。

これも、こないだ読んだ佐藤優さんの『学生を戦地に送るには』で知ったことなんですが・・・(あの本は講演を採録したものなので脱線が多いんです)



Logo-Lady-e-Lord


レディとはladyで、淑女と訳しますが、もともとはlord、つまり貴族の夫人という意味でした(『ロード・オブ・ザ・リング』の「ロード」ですね。支配者とか神、イエス・キリストという意味もあるとか)。公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵と5つの爵位があり、それぞれを表す言葉もありますが、妻になるとすべてladyなんだとか。

レディ・ファーストのレディって、実はこのlordのことなんだそうです。lordの女性形がladyなので。

厳格な階級社会であるイギリスでは、下流階級のことをジェントリ(gentry)といいます。

このジェントリよりもロードを優先せよ。つまりは、階級の上の者が先に決まってるだろ、という、きわめてイギリス的というか、階級社会イギリスを象徴する言葉なんだとか。

そういえば、もう15年ぐらい前、ベッカム・フィーバーが起こったとき、こんなことを言う評論家がいました。

「彼がいかに大金を稼ぐスターであっても、喋ったとたん労働者階級であることがわかる」

すごく嫌な物言いだなと思ったんですが、本国イギリスではもっとすごいんでしょうね。おそらくベッカムのような下流階級の人間を蔑む貴族階級の人たちってたくさんいそうです。

ladies&gentleman

という呼びかけがありますが、あれも、「淑女と紳士」ではなく、「上流階級と下流階級のみなさん」という意味なんだそうです。常に上流階級が先なんですね。

目からウロコ!!!

「尊王攘夷」の真実(『学生を戦地へ送るには』より)

昔から幕末の「尊王攘夷」というのがよくわからなかったんです。



faf0016d


「尊王」って、天皇に実権を戻して親政をしてもらおうという思想でしょ。
対して、「攘夷」とは、「夷」つまり「外国」=「日本ならざるもの」をやっつけるということですよね。「夷狄」「蝦夷」の「夷」ですね。

黒船が来る前から「倒幕派」と言われる人たちがいて、彼らはもちろん「尊皇派」です。それに対して幕府に味方するのが「佐幕派」。
一方、「攘夷派」に対抗する思想は何かというと、言うまでもなく「開国派」ですよね。

だから、


倒幕派⇔佐幕派
 |    | 
攘夷派⇔開国派


横の対立はすぐ理解できるけれども、なぜ上下の縦線が結びつくのか。

だって、尊王=倒幕というのはあくまでも内政問題。攘夷か開国かは外交問題のはずなんです。なのに、なぜこの二つが合体したのか。

佐藤優さんの『学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む』を読んでその謎が解けました。




博覧強記の著者による解説では次の通りです。

幕府の最高権力者は「将軍」だけれども、それはあくまでも略称であって、正式には「征夷大将軍」という。初代征夷大将軍の名前は坂上田村麻呂。


sakanouenotamuramaro

征夷大将軍とは、東北の夷狄やアイヌをやっつけて朝廷を守れと天皇から任命された人のこと。日本ならざるものをやっつけるのがこの人の役目。

なのに、黒船でペリーがやってきたとき、徳川将軍は朝廷に内緒で勝手に友好条約を結んでしまった。

「日本ならざるものをやっつけるのが主たる任務であるはずの征夷大将軍が何をやっている! やはり徳川に日本の行く末は任せられない。俺たちが代わりに征夷=攘夷してやる!」

という声が沸き起こって倒幕派と攘夷派が結びついた、ということらしいのです。



sonnoujyoui1

えらく単純なことなのに、いまのいままでわからなかったとは。恥ずかしいかぎり。




田中陽造と石井輝男と成瀬巳喜男

『田中陽造著作集 人外魔境篇』を読みました。



72154c46


この本は前半と後半があまりに違っていてそこが面白いんですけど、後半の「異能人間」や「犯罪調書」ももちろん面白いんですが、私は前半の映画の話のほうが好きです。

なかでも「石井輝男論」が面白かった。

ishii_teruo2

つい先日、石井監督の『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』を見まして、やや他の猟奇ものに比べて迫力が劣るかなとは思いましたが、やはり面白いことには違いなく、このような題材を扱う(阿部定にインタビューまでしている)人ってどういう人なのか、これまで石井輝男の作品は何本も見てますが、その人となりはまったく知らなかったので、陽造さんの「石井輝男論」を面白く読んだ次第です。



naruse3


まったく知りませんでしたが、石井輝男はあの成瀬巳喜男の弟子だったそうです。成瀬の名作に『おかあさん』という田中絹代主演の作品がありますが、石井輝男は『続おかあさん』でデビューするはずだったそうです。

驚き! 結局、会社の都合でその企画は中止になり、まったく違うアクションものでデビューを果たすそうですが、もし『続おかあさん』でデビューしていたら石井輝男という映画監督はまったく違う道を言っていただろうと陽造さんならずとも思ってしまいますね。

そして、石井輝男は成瀬のことをめちゃくちゃ尊敬していて、スタッフを少しも叱らない成瀬が、石井輝男にだけはきつく叱ったことがあるらしく、

「成瀬さんが俺にだけ心を開いてくれた」

と、やたらうれしかったとか。

成瀬が死んだとき、撮影を中止にして社葬に駆けつけたらしく、陽造さんが「それじゃあ、あなたは少しも異常じゃなくてまるっきり正常じゃないですか」と問うと、

「そうです。正常じゃなけりゃ異常に興味は向きませんよ」

とサングラスの奥でニヤッと笑んでいたとか。

含蓄に富んだ言葉ですね。




LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。