書籍・雑誌

2020年01月22日

Fさんにまつわるあれやこれや

いまの職場にはとても面白い人がいます。

以下、特徴を箇条書きにしてみます。

・みんなから嫌われている。
・仕事を憶えようとしない。
・そのくせ偉そうに命令だけはする。
・「私は指示する人間です」と自分の地位にあぐらをかいている。
・自分自身を客観視できない。
・顔がドラキュラみたい。

というような感じです。まぁどこにでもいると言えばどこにでもいる輩ですな。

この人(仮にFさんとしましょう)について昨日、仰天してしまうことを聞きました。

何でも、私にパワハラ告発されるんじゃないかと恐れているらしい、と。


なんでやねん

確かに去年、自分のことを棚に上げて他人を非難してばかりなので一喝したこともあるし、その半年後くらいには別の部署の問題児(この人も確かに問題多いけどFさんに比べたらまだまだかわいげがある)のことをトップの人に直談判したことがあり、結構いろんな人に聞こえていたみたいなので、それで恐れているのか。

どちらにしても「パワハラ」という認識はまったく違うでしょう。

あの人はパワーハラスメントをしているのではなく「自分には何ができて何ができないかがわかっていない」ことに問題がある。

自分はこの仕事ができない、あるいは苦手である。

そういう認識をもって初めて「これは誰それに聞いて憶えよう」「こっちは他の人に聞こう」という行動が生まれるわけで、自分にできることとできないこと、わかっていることとわかっていないことの区別がつけられることをほんとの「知性」だという、というのが私の持論なのだけれど、Fさんには「知性」がない。

それが最大にして唯一といっていい問題なのに「パワハラ告発を恐れてる」って、それこそ自分が抱えている問題がわかっていない、つまり知性がないということ。

Fさんに教えてあげたくてうずうずしてしまう。あなたは言葉の本当の意味で頭が悪いんですよ、と。「何かがわからない」ことを頭が悪いとは言いません。「何がわからないかがわからない」ことを頭が悪いというのです。

しかしま、Fさんのおかげでそれ以外のみんなが一致団結できているので、いい効果もあるのかもしれない。(そういえば1年前はHさん以外のみんなで一致団結していたっけ。Hさんはもういまやれっきとした我がチームのリーダーですぜ。愛すべき天然ボケ)


弟子がほしい件
さて、話題はガラリと変わって、別の部署の女性に弟子ができたんですね。と思っていたら、その人が近々辞めると今日になって聞きまして、だからただの引継ぎなんですけど、しかし弟子には違いない。

私もホテルの客室清掃の副責任者をやっていたときは新人にベッドメイクを教えたりする側だったからわかるけれど、その女性が弟子に仕事を教えている姿がとても楽しそうなんですよ。

images.jfif

そう、確かにあれは楽しい。

弟子がこちらの「教えてあげたい気持ち」をくすぐってくれると教え方にも熱がこもってしまう。

そして、教えているうちに「自分はこういうことがわかっていない」ということに気づかされる。弟子の無垢で素朴な質問にハッとなることがある。

そのとき師匠として「学び直さなければ」という気持ちになる。

よく「地位が人を作る」というけれど、それは「この地位にふさわしい人間にならねば」という気持ちがその人自身を成長させるからでしょう。

だから、Fさんは長らく指導的立場にいたらしいけれど、そういう立場にあぐらをかいて学ぶ気持ちをおろそかにしてきたからあの歳でその地位にふさわしくないどころか、子どもみたいなわがままを言い、挙げ句の果てに「パワハラ告発されるのでは……」などという頓珍漢な疑惑が頭の中で渦を巻いているのだと思う。

私は弟子がほしい。つまり後輩がほしいのだ。別の部署では後輩が何人もいるが、その部署では指導的立場の人間しか教えてはいけないことになっているので師匠になれない。

本来の部署と別の部署と両方の仕事ができるのは実は私だけで(いまのところ)今日はそれをほめてくれる人がいたのだけど、それはあくまでも私が「弟子として優秀」であることにすぎず、やはり師匠として優秀であることも見せなければFさんのことを笑っていられないな、というのもまた事実。

というわけで、嗚呼オレも弟子がほしい、と思った真冬の雨中でした。





2020年01月12日

敬愛してやまない業田良家先生の最新刊『機械仕掛けの愛』第6巻。

このシリーズは、1話完結形式で「人間の心とロボットの機能は同じではないのか」「人間の心よりもロボットのほうが機能に従順なぶん純粋ではないのか」というテーゼを打ち出していくのが素晴らしいところ。

人間の眼底ばかり覗いていた医療用ロボットが初めて外界に連れ出され、海を見、山を見、この世の美しさを初めて見ることで、なぜ患者たちが目が治るとあんなに喜んでいたかを知る「眼科医ルック先生」も素晴らしかったし、『マトリックス』のような世界を描いた「バーチャル・プリズン」も面白かった。「焚書工場」は『華氏451』の完全パクリじゃないかとは思ったけれど。

それはそれとして、私が一番胸を打たれたのは「宇宙の片すみ清掃社」ですね。


「宇宙の片すみ清掃社」
DWJBN7sU8AIdxI3 (1)

掃除用ロボットのタスクが、いまは亡きご主人様の墓を丹念に掃除する場面から始まるこの物語の要諦は、タスクがご主人様から聞いた「掃除の心得」。それは……

家の前を掃除していたご主人様が、隣の家の前も掃除をしているのを見たタスクが、

「掃除は我が家の前だけでよろしいのでは?」

と問いかけたところ、

「いいの。宇宙をきれいにしてると思ってるから」

との返答。

「ここはこの町のほんの片すみ。そして日本の片すみ。そして地球の片すみ。広大な宇宙の片すみ。でも、どんなに片すみだろうとこの宇宙を掃除してきれいにしているのに変わりはない。私のひと掃きが宇宙をきれいにしている。そう考えたら楽しくなる。ねえ、この考え、ステキと思わない?」


「スケール」とは……
私は年明けから職場で配置換えがあって、それ自体はいいものの、元の部署といまの部署とを行ったり来たりで疲弊して倒れてしまいました。「なぜ俺だけがこんな苦労をしないといけないのか」と。

でも、そんな恨み言はもうやめようと思います。私の仕事は清掃ではないけれど、確かに社会に貢献する仕事ではある。ほんの少しだけど。

だからタスクのご主人様が言うように「自分のちょっとした仕事が地域社会に、ひいては宇宙に貢献している」という大きなスケールで物事を考えないといけないと思い知らされました。

歴史的名著『映像の発見』の松本俊夫監督は、

「スケールとは、予算の規模や物語の舞台の大きさのことを言うのではなく、時代や社会を見つめる『目』の問題である」

と言っていました。大事なことをすぐ忘れるのが私の悪い癖。隣の人より自分が不遇だとか、そんなことに拘泥せず、宇宙に貢献しているという大きなスケールで考えないといけない。それは、話は変わるけれど、食事するときに「地球の裏側では今日食べるものがなくて餓死する子どもがいる」ということを頭の片隅に入れておくということでもあります。


業田良家先生の転回
しかし、ちょっと待ってよ。この『機械仕掛けの愛』の面白さは人間とロボットの何が違うのか、人間よりロボットのほうがよっぽど人間的だというところが面白いんじゃなかったの?

という声が聞こえてきそうですが……はい、その通りです。

私はこの第6巻でそのような面白さには出逢うことができませんでした。むしろ、ただの機械でしかなかったロボットが、人間の真心に触れて変容する様が描かれています。業田良家先生はシフトチェンジを目論んでいるのでしょうか。


人間の目をロボットは獲得できるのか
ただ、この「宇宙の片すみ清掃社」で、次に印象に残っているのは、先述のご主人様の素敵な言葉を聞いたタスクが「はい、同意します」と言う場面。

ご主人様は「あら、タスク、あなた笑うのね」と言う。タスクは「いえ、笑う機能はついてないはずです」と返す。

でも、確かに「はい、同意します」と言ったときのタスクの目は輝いているように見える。

この目、描くの大変だったろうと思います。本当にキラキラ輝いているのではなく「何となく輝いているように見える」ように描かねばならない。業田良家先生はストーリーテラーとしてずば抜けているだけでなく、やはり絵もうまい。(当たり前ですけど)

ここで大きな問題は、人間の目には前後の文脈によって同じ目でも輝いているように見えたり、笑っているように見えたり、怒っているように見えたりする、ということです。

それは人間の「心」が生み出す技。心と機能に何の違いがあるのかと問いかけてきたこの『機械仕掛けの愛』シリーズですが、ロボットの目も人間のそれと同じように、同じものが違って見える瞬間があるのか、どうか。

第7巻以降はそこらへんの「哲学」を読ませてほしいと切に願います。


関連記事
『機械仕掛けの愛』(「心」と「機能」はどう違うのか)







2019年12月31日

さあ、2019年もあと1日ちょっととなりました。今年の読書を振り返ります。

例年のことですが、映画は最新の作品を健気に追いかけていますが、音楽や本は昔のものを好んで鑑賞しています。というわけで、旧作が多いんですけど……


①資本主義から市民主義へ(岩井克人&三浦雅士)
十二人の手紙(井上ひさし)
となりの脳世界(村田沙耶香)
怠惰の美徳(梅崎春生)
答えより問いを探して 17歳の特別教室(高橋源一郎)
脳はみんな病んでいる(池谷裕二&中村うさぎ)
会社員でぶどり(橋本ナオキ)
僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディみかこ)
⑨文化防衛論(三島由紀夫)
宵待草夜情(連城三紀彦)



結構感想を書いているものが多い。これは意外。いま読み返してみると、だいぶ細かいところを忘れていることに気づきました。

しかしながら、「憶えてないから読んだ意味がない」みたいなことを言う人にはまったく賛同できません。

本というのは読むことで自分が内側から変わることが大事なのであって、憶えているかどうかなど二の次三の次です。憶えていても何の感動もなかったのなら意味がない。

『資本主義から市民主義へ』は『貨幣論』という秀逸な本を著した経済学者に文芸評論家が真っ向っからぶつかっていく様が非常にスリリング。カント、ヘーゲル、マルクス、などなど、いろんな哲学者の名前や著書が出てきます。私はそのほとんどを読んでいませんが、「とんでもない会話が交わされている」ことだけはわかりました。

高校の頃に読んだ井上ひさしを30年ぶりに読んだ『十二人の手紙』の素晴らしさ。

去年その存在を知った村田沙耶香の相変わらずの絶好調ぶり。

そして、「遺書を書くために文字を習った木村セン」という名前を教えてくれた『答えより問いを探して』。

『会社員でぶどり』は第2巻を読んだらちょいと残念でした。第1巻は自ら社畜として働く「でぶどり」と、そんな彼を冷徹に見つめる後輩の「ひよ君」の葛藤が描かれていましたが、第2巻は面白いキャラクターは出てくるものの「日常あるある」に終始している感が否めない。

梅崎春生は小説しか読んだことがなかったけれど、『怠惰の美徳』を読んで随筆家としても一流という感じ。『悪酒の時代/猫のことなど』も読んでみたい。

リンク先を読んでもらえればわかるように、今年、私を救ってくれた書物は『怠惰の美徳』でした。


ダウンロード

自分の影に追い立てられるのは益田ミリの『すーちゃん』シリーズでも描かれますが、私も未来の自分とか過去の自分とかそういうものとの葛藤を演じたりせずに、「いま・ここ」の自分と闘っていかねば、というのが新年に向けての決意です。

関連記事
2018書籍ベストテン!
2019テレビドラマ・アニメ ベストテン!

2019映画ベストテン!




怠惰の美徳 (中公文庫)
梅崎 春生
中央公論新社
2018-02-23