聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

日記・コラム・つぶやき

日馬富士殴打事件で思うこと(モンゴル力士会という闇を超えて)

日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打し、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせた事件はまだまだ記憶に新しいというか、いったい事の真相がどこにあるのか、日を追うごとに混沌としてきました。


harumahuji-takanoiwa


最初は、「ビール瓶で殴ったこと」を否定しなかった日馬富士。「その時点で謝罪会見は引退会見であるべきだった」ということを言う人もいました。私も同意見でした。いくら度が悪いといっても素手で制裁したのならともかく、ビール瓶で殴ったら下手したら死にますよ。ほとんど殺人未遂じゃないですか。別に日馬富士が横綱でなくたって品性の問題が浮上しないとおかしい。




takanohana


と思っていたら、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が、殴打事件から3日後に被害届を出しておきながら、協会関係者から電話があったときもそんな事件があったなんておくびにも出さなかったとか、当の貴ノ岩も大怪我を負いながら巡業に参加していたとか、よくわからない。

かと思えば、日馬富士も「ビール瓶で殴っていない」と言い出し、同席していた白鵬も「ビール瓶じゃなかった」と証言する。
しかも、日馬富士はビール瓶をつかもうとしたらすっぽ抜けたとか、貴ノ岩はアイスピックで応戦しようとしたから日馬富士の行為は正当防衛だ、という声も上がっているとか。



20171117-00000011-nkgendai-000-1-view


私はまったく知りませんでしたが、この事件が起こった酒席というのが「モンゴル力士会」というものだったんですってね。

当事者二人ともモンゴル人なら同席していた証言者もモンゴル人ばかりということですが、現役時代に八百長を嫌いガチ相撲しか取らなかった貴乃花親方は、いくら同郷でも別の部屋のライバル力士と酒宴を共にするということ自体を嫌いっているとか、その貴乃花に影響を受けた貴ノ岩が同郷の大先輩に反旗を翻したのが原因じゃないかとか、いろいろ言われているようです。

ただ、以上のことはもしかしたら「フェイクニュース」かもしれません。「モンゴル人たちが神聖な日本の国技を汚した」とレイシストたちが火のないところに煙を立てているだけ、という可能性もあります。

この事件でいまのところ事実だと判明しているのは、日馬富士が貴ノ岩を殴打して全治2週間の重傷を負わせたこと、そしてこの二人が「モンゴル人同士」ということだけです。

別に私は日本人が関係していないからいい、とか、そんなことを言っているのではありません。仮に「日本人同士」でも同じことを書いていると思います。

つまり、もし、モンゴル人横綱が日本人関取を殴っていたら、または、日本人横綱がモンゴル人関取を殴っていたらどうなっていたか、ということです。

いまだに「横綱の国籍・出自」にこだわる日本人がたくさんいるのですから、もし前者だったら、「モンゴル人はやっぱりダメだ。すぐに辞めてしまえ!」と怒号の渦だったと思うんですよね。貴乃花親方の言動に矛盾点があっても、白鵬の証言があっても、そんなのなかったとばかりに世論は「引退せよ」の一点張りだった可能性が高い。


kisenosato


そして後者の場合、つまりは稀勢の里が加害者側だったら、ということですが、いま以上に「真実はどこにあるのか」という議論だけが沸き起こって、「引退せよ」という声が掻き消されていた可能性が高い、と思うわけです。実際、モンゴルでは「日馬富士を引退させないで」という声が日増しに高まっているそうですし。

モンゴル力士会という特異な場で起きたから真相が藪の中みたいになってるわけですが、モンゴル人同士だったから、ナショナリズムやレイシズムに惑わされず、とりあえずみんなの言うことをちゃんと聞こう、そして真相をはっきりさせてほしいと、すぐ熱くなって我を忘れやすい日本人にしてはまぁまぁ冷静な態度で見つめていられるのではないでしょうか。だから「日本人同士」でも同じだというわけです。

まだまだ真相はわからないし、どういうふうに決着するのかはわかりませんが、ナショナリズムやレイシズムという感情的なものが入ってこないぶん、同国人同士のもめ事だったのは不幸中の幸いだったという思いは禁じえません。



シズカちゃん(風水とカント)

最近、会社をクビになりまして。

いや、それがひどいんですよ。

例えば、募集要項に「逆立ちができる人」とあって、逆立ちなら最も得意とするところと猛アピールしたところ、「一輪車には乗れますか?」と聞かれ、正直に「できません」と答えるも、それだけでは印象が悪いから「でも入ってから乗れるようになれるよう努力します」と明言したら「それなら」ということで雇われたんですが、クビの理由を問うと「一輪車に乗れないから」と。

いやいや、それはだから面接のときに言いましたよね。といっても梨のつぶて。クビが覆るはずなどあろうはずがありません。

何か東京から帰ってきてから運がないなぁ、とずっと思ってたんですがね。

先日までの仕事はトイレなど水回りのことを調べてブログにアップする仕事だったもので、いろいろトイレに関しては詳しくなりまして。

あるサイトに「風水の見地からトイレを診断する」みたいなページがあって、最近お金持ちの大きな家では「トイレもひとつの部屋としておしゃれに飾ろう」なんて動きがあるらしく(貧乏人はまったく知らなかった)トイレにおしゃれな本棚を置いてトイレを読書ルームに変えようなんてサイトもあったくらいなんですが、風水サイトの診断によると、

「トイレに本棚を置くのは最悪。運気がどんどん下がっていく」と。

とにかく、トイレというのは家の中でもっとも邪気の溜まっている場所で、その邪気を一番吸収するのが「紙」らしいんですね。だから大便する間だけ本や新聞をもちこむのもほんとはNGらしいんですが、本棚に100冊、200冊の本を置くなんていうのはほとんど自殺行為だと。

我が家は小さな部屋ですが、なぜかトイレが異様に広いんですね。横幅がかなりある。そのうえ本棚が4つもあるものだから、トイレに2つ入れられたらだいぶ部屋を広く使えるぞ。

ということで、引っ越してきてすぐ2つの本棚を入れてたくさん本を詰め込んでいたわけです。まったく抵抗がなかったといえば嘘になりますが、トイレってそんなに使うものじゃないから埃が舞わないでしょ。だから本棚の本にも積もらない。本の上に溜まった埃を掃除するのって結構面倒じゃないですか。

だから、最初は掃除する手間が半分になった、と喜んでいたのですよ。

でも、トイレに本棚は最悪、とか言われたらもう出すしかないですね。たかが占いじゃないか、ともう一人の自分が言うんですけど、でも、「どんどん運気が下がる」と聞いてしまったら気になるじゃないですか。気にしながら生活してたらそれこそ運気が下がってしまう。というわけで、本棚を出して、もちろん本も全部出したわけです。

それでOKかというと、そうでもないらしく、よく艮(丑寅)の方角は鬼門っていいますよね。北東の方角のことですが、裏鬼門といって、その正反対の南西の方角もよくないらしいんです。

この家のトイレはまさに裏鬼門の方角にあり、本を出してもそれでも邪気が溜まってしまってよくないんだとか。

少しでも邪気を払うためには、トイレ用のマットとスリッパがいいらしいんです。トイレの床っていくら掃除してもやっぱり汚いじゃないですか。そこに直に足をつけて、その足で部屋を歩くと、トイレの邪気をそのまま部屋の中にもちこんでしまうからよくないらしいんです。マットとスリッパはそのためのもの。ちなみにマットは置くだけでいいですが、スリッパは置くだけじゃなくてちゃんと毎回使わないと意味ないんですって。

そしてさらに邪気払いにいいのが観葉植物。植物はトイレのみならずすべての邪気を取り払ってくれるらしいんです。当然、造花などは意味なし。ちゃんと生きてるやつ。

というわけで、買ってきました。ラベンダーの一種です。



rabender


何とかこのシズカちゃんに邪気を払ってもらって運気上昇を! と目論んでいるんですがねぇ。

え? シズカちゃんって何だって?

ラベンダーの名前ですよ。

カントの有名な言葉があるじゃないですか。

「他者を手段としてのみならず、目的として扱え」と。

あくまでも邪気払いの手段として買ってきたんですが、それだけではおそらくダメだろうと。この植物を育てることそのものを目的とせねばならない。それでこそ運気上昇を目論める。

というわけで、名前を付けたわけです。そのほうが育てるの楽しいだろうし。

シズカちゃんとの共闘で運気上昇や!!!
(ちなみに、風水は占いじゃなくて科学(環境学)だそうです)




下剋上をなくすためのクライマックスシリーズ改革案

セ・リーグ3位のDenaが14.5ゲーム差だった首位広島を降して日本シリーズの出場権を得たことに対し、それだけ差がついていたのを短期決戦の結果だけで下剋上できてしまうのはいかがなものか、という意見が出ているそうですね。

まったく同意見ですが、私の改革案は、今日から始まるセパ両リーグの代表チームで争う日本シリーズをクライマックスシリーズに変更するというものです。

で、じゃあ、日本シリーズはどうなるの? 


crimaxseries


例えばサッカーでは、リーグ戦とカップ戦がありますよね。ホーム&アウェイで総当たりで勝ち点を競うリーグ戦と、トーナメント方式のカップ戦。

二つの優勝チームが「スーパーカップ」と呼ばれる大会で激突するというのが世界中どこの国でも行われています。あくまでも次のシーズンが開幕する直前のお祭りとして、ですけど。

これを野球に応用したらいいと思うんです。もちろん次シーズン直前のお祭りではなく、そのシーズン最後のお祭りとして。

天皇杯では、J1だけでなくJ2も(たぶん)J3も出れるし、実業団も出れるし大学なども出れますから、野球でもカップ戦に関しては実業団や大学・高校などにも出場権を与えたらいいと思うんですよ。

一方、リーグ戦では普通にペナントレースを戦って勝率1位のチームを優勝チームとして、そのまま次のステージの切符を手にする。つまり、2位とか3位とかのチームはここで排除するのです。当たり前です。何のために長いシーズン戦ったのかわからなくなりますから。

で、セパ両リーグの優勝チーム同士が戦う「新クライマックスシリーズ」を創設する。というか、昔の日本シリーズをクライマックスシリーズに名称変更してやるだけです。普通に7試合制で。

で、先に4勝したほうが「リーグ戦優勝チーム」となる。

対して、カップ戦を勝ちぬいて決勝で勝ったチームがカップ戦優勝となって、二つの優勝チーム同士で「ニュー日本シリーズ」を戦う、というのが私の改革案ですが、それだけでは面白くないので、カップ戦に「下剋上」というか「敗者復活」の要素を入れたらいいと思うんです。

つまり、リーグ戦で2位、3位だったチームが、仮にカップ戦でベスト8とかベスト4に勝ち残れなかったら、敗者復活として、両リーグあわせて最大4チームが再度カップ戦に出場できるようにするわけです。

現行のクライマックスシリーズを廃止できない理由は、何よりも消化試合が少なくなって終盤の観客減を未然に防げることにあるんですよね。リーグ戦2位・3位チームがカップ戦で敗者復活できるとなれば、同じ効果を見込むことができます。

ただ、この案だとセ・リーグとパ・リーグに分かれる意味がなくなってしまうかもしれません。それに、パ・リーグがどうしても人気で劣るから1リーグ制を提案しても人気の高いセ・リーグは猛反対した、ということで、それならクライマックスシリーズをやろうとなったわけでしょ。最初はパ・リーグだけでしたもんね。

それじゃあ、12チームの1リーグ制にしてリーグ戦優勝チームを決めたらいいんじゃないでしょうか。こうするとすべての矛盾や不満が解消されると思うのですが、いかがでしょうか。

江戸しぐさを考える(別に嘘でもいいのでは?)

江戸しぐさというものがあります。
ありますなんて言ってはいけないんですかね? だって巷では「あんなものは嘘だ」「捏造だ」とものすごい批判にさらされていますから。







傘かしげ


江戸しぐさの代表的なものがこの「傘かしげ」で、傘を差した者同士がすれ違うとき、お互いの傘を傾けてぶつからないようにする。

江戸しぐさとは、そういう、世間で生きていくためのマナーなんですね。「江戸時代の人たちはそのようなマナーをもって生活していた」ということで、芝三光、本名・小林和雄という人がちょっと前から広めたもののようです。

他にも、

「こぶし腰浮かせ」

こぶし腰浮かせ

乗合船などで、後から来る人のために拳ひとつ分だけ腰を浮かせて座っていた、というもの。

「うかつあやまり」

うかつあやまり

足を踏まれたほうが、「いや、私のほうがうかつでした」と言って、その場をやんわりとおさめる。

その他、約束の時間に遅れることを「時泥棒」というとか。

私は5年ぐらい前でしょうか、何かの縁で江戸しぐさに関する本を数冊読み、「へぇ、うかつあやまりって面白い」とか「傘かしげは確かにいまはやらない人がいる」とか呑気な感想をもっていました。まぁ、江戸しぐさというものを信じていたわけです。

それが昨今の江戸しぐさバッシングを見ていると、

「時間の概念がほとんどない時代になぜ『時泥棒』などという発想が出てくるのか」
「乗合船にはいまのような座席がなかった。座席がないのになぜ『こぶし腰浮かせ』などできるのか」
「当時、傘は贅沢品で、庶民はみんな雨合羽みたいなのを着て雨中を歩いていた。『傘かしげ』は絶対に嘘である」

という、至極まっとうな批判で、確かにそれも一理あるな、というか、江戸しぐさはやはり嘘であろうと思うわけです。






CfCNEOKVAAABDP91


ただ、私は「嘘でなぜいけないの?」と思うわけです。

というか、つい先日、雨の中を歩いていたら高校生の一段とすれ違ったんですが、こちらがいくら傘かしげをやっても向こうがしないから傘が衝突してお互い雨粒に濡れることになってしまいました。

おそらく彼らに「すれ違うときは傘を傾けなさい」とまっとうな注意しても聞く耳をもたないでしょう。

そこで考え出されたのが「江戸しぐさ」だと思うんですよね。
国造りの神話のように「マナー作りの神話」として。

「江戸時代の昔からそのようなマナーがある」というファンタジーを捏造することによってマナーの失われた現代にマナーを甦らせる試み。いいじゃないですか。

それを、嘘の歴史を捏造することで教育上問題がある、と批判している人たちって「正しい」ことだけが正義みたいに言っていますが、何が正しいかなんてわからんですよ。

ちょっと前まで「ビタミンCは風邪に効く」と言われていましたが真っ赤な嘘だといまでは言われていますし、歴史に関することだって、例えば聖徳太子は実在の人物として私は教わりましたが、いまは違うんでしょ。「厩戸皇子(聖徳太子)」と記述しないといけないとか。

厩戸皇子はいたのかもしれない。でも、さすがに神武天皇はフィクションでしょう。アマテラスやスサノヲ、イザナギ、イザナミにいたっては誰がどう考えても嘘です。

だから、「正しい歴史」を標榜する人は、『古事記』をも否定せねばならず、それはすなわちこの国の成り立ちを根底から否定することになりますが、そのことにどれだけ自覚的なのでしょうか。

話が大きくなりすぎましたが、つまるところ、根拠は嘘でもそれで「正しいマナー」が広まるなら別にいいんじゃないですか、というのが私の主張です。

「江戸しぐさ」という神話を根拠にしないとマナーを根づかせることが不可能な時代、ということのほうがよっぽど大きな問題だと思いますね。





人と人はすれ違い続ける

昨日、ツイッターでリツイートしてくれた人のプロフィールを何気なく見たら旧友だった。あんまりプロフィールを見ることすらめんどくさい私としては僥倖以外の何ものでもない。

いろいろメッセージを取り交わして旧交を温めたのだが、そういえば、つい先月も新しい仕事でLINEアカウントが必要だからと取得したら、昔の職場の知り合いと再会した。

コミュニケーションツールが発達したおかげで再会できたというわけか。

というわけで、何だか興奮してこんな時間に起きている。

その昔、ちょうど20年ぐらい前、携帯電話が爆発的に普及し始めたころ、ある老脚本家が嘆いていた。

「男と女のディスコミュニケーションを描けなくなった」と。

これにある若い女性脚本家が猛反発した。

「どれだけツールが発達しても、男と女はすれ違い続ける」と。

再会したのにすれ違うことを連想するのはおかしいような気もするけれど、すれ違っていたから再会したのだ、とも考えられる。

これを読んでいるあなたとも、袖振り合うも多生の縁。いつかお会いしましょう。

以下の歌は、私の心の一曲。もちろん「すれ違い」がテーマです。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。