聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

日記・コラム・つぶやき

心に残る名言?「オーミヤですぞ」

最近、あまり『5時に夢中!』を見なくなりました。何かマンネリ感があるというか、一番楽しみだった木曜日ですら毎週見ることはなくなりました。月末のエンタメ番付のときは必ず見てますけど。『ホンマでっか!? TV』も2回に1回くらいしか見なくなったし、いま毎週欠かさず見てる番組はもうないですね。


c943f8f7

それはともかく、番組は見なくても『5時夢』の番組HPに載っているアンケートにはほぼ毎日目を通していて、今日のお題は、

「心に留めている名言はありますか?」

というものだったらしい。

私の場合、「名言」となると映画のセリフとかがほとんどだと思うけれど、真っ先に頭に浮かんだのが、

「オーミヤですぞ」

という一言なんですね。

その昔、まだ洟垂れ小僧だったころ、家族で墓参りに行くのが楽しみでした。駅の近くの寿司屋で握りが食べられたので。私にとって墓参りとは「寿司を食わせてもらえる」ということでした。

そんなある日、いつものように墓参りに行って帰りに寿司を食わせてもらっていたら、私ら一家のテーブルのすぐ横のカウンターで独りで飲んでいるおじさんというかほとんど爺さんといってもいい感じの人が、

「なあボク、オーミヤですぞ」

と言ったんですね。別に大仰な感じでなく、意味深な笑みを浮かべながらといった感じで。

オーミヤ、という言葉が何を意味するのかは知りません。たぶんぜんぜん別の言葉だろうし、親や店員さんもその人をだいぶ迷惑がっていたからどうでもいいことだった可能性が一番高い。

でも私はそのときの笑みを浮かべながら悠然と手酌しているおじさんが何度も「オーミヤですぞ」というのを何か神秘的なものを見るように見つめていました。

親は「あんまり見るな」と言っていましたが、私は生来好奇心が強いので穴が開くほど見つめていた記憶があります。そして「オーミヤ」という言葉に秘められた意味なんかわからないくせに、

「そうなのだ、オーミヤなのだ」

と一人合点をしていたのでした。

オーミヤ、という言葉が私の人格形成にどのような影響を及ぼしたのかはまったくわかりませんが、今回のアンケート「心に留めている名言はありますか?」という質問を見た瞬間に頭に浮かんだということは、相当な影響を及ぼしている可能性があります。

名言どころか迷言だった可能性も高いし、迷言ですらなかった可能性すらある「オーミヤですぞ」。

なぜあの言葉に、なぜあのおじさんの笑みに惹きつけられたのかは永久に謎のままでしょう。

しかし「忘れられない言葉に出会ったことがある」という幸福感は確かなもの。

一期一会。
「オーミヤですぞ」という言葉にまつわる思い出話でした。

両親が心配な件

久しぶりに実家に帰ってきています。


parents

もともとうちの両親はすでにいつコロッと逝っても不思議じゃない歳なんですが、今回帰ってきてかなり心配になってきました。

ちょっと前までは父親だけが心配だったんですよね。かなり記憶力が衰えてしまってて。

逆に母親はしっかりしてたので、そこは安心してたんですよ。でも、その母親がだいぶ怪しくなってきました。

記憶力が衰えるのは誰でも加齢が原因でそうなるわけだから致し方ないけれども、詐欺に引っかかりそうなくらい判断力が減衰しているのです。

今日は「耳たぶマッサージ」の体験に行ってくると。肥満解消が目的で耳たぶマッサージって怪しくない? とは思ったものの体験で1000円なら別に相場はその程度と決まっているからそのときは何とも思いませんでしたが、帰ってくると、「すごくよさげだからやることにする」と。

「やる」というからには何か特別な筋トレのメニューでも教えてもらったのかと思ったら、

週に2回の耳たぶマッサージをやって、あとはサプリを飲むだけと。そのサプリというのが、アロエジュースとプロテインとあと3種類は忘れたと。でも、すごくよさそうなの。

で、値段を聞いて目ン玉が飛び出ました。何と3か月で30万円もするというのです。

ちょっとそれは待ってよ、と。まず、サプリ飲んで耳たぶマッサージだけで痩せるわけないでしょ。でも、その「先生」が言うには、耳たぶマッサージをすれば食欲が減退するから痩せるとか。でも食べないで痩せるのは体に悪いというと、その分をサプリで補うから心配ない。

おかしいですよね。それなら最初から普通の食事でタンパク質やビタミンを取ればいい。

それに、痩せるためには筋肉をつけないといけないのはいまや常識。プロテインをいくら飲んだって運動しなかったら筋肉はつきません。普通に食べて、それ以上のカロリー消費をしたうえで筋肉の量を増やさないと。筋肉量が増えれば基礎代謝も増えるから太りにくくなるといくら力説しても「もうやることに決めたから」と少しも聞かない。父親も反対してましたが、よく聞いてみると、私が猛反対するまでは父親も大賛成で、その「先生」とやらに「お願いします」と返事をしてしまったとか。

そんなのいまのうちなら取り消せるから断ったほうがいいと言いました。

父親も尻馬に乗って「30万は高すぎる」と言ってくれたので母親は「息子が反対するので」といって電話で断ってました。向こうは簡単に引き下がったようですが、今日は私がそばにいるからいくら言っても乗ってこないという判断でしょう。数日後、あるいは数週間後、私がいないときに電話がかかってきて口車に乗せられないという保証はどこにもありません。

前々から、太ももの筋肉量が体のうちでもっとも多いからスクワットをして太ももの筋肉量を増やしたほうがいいとテレビやネットで知ったやり方を伝授してたんですが「まったくやってない」と。

無料でできる方法を少しも試さず、30万のサプリに飛びつくなんて本当に心配です。

何でも今日の「体験」というのは、「先生」と二人きりで話を聞くというものだったらしく、どうも軽く洗脳されていたようなんですね。

私がいなかったら父親も賛成して、30万払っていたところです。いったんはお願いしますと言ってしまったのだから「こいつはカモだ」と思われていることでしょう。

それでなくともオレオレ詐欺がいまだになくならない昨今、大金を盗られて泣くような羽目にならないといいですが、そんな保証はどこにもありません。

松本人志「死んだら負け」を断固支持!(愛情と政治)

ダウンタウン松本が『ワイドナショー』で自殺したご当地アイドルの事件について、「死んだら負け」ということをもっと子どもたちに教えるべきではないかと発言して大炎上しました。というか現在もしているので我慢ならず筆を執りました。


MatsumotoHitoshi

松本は好きじゃない
まず、私はこの男が好きではありません。安倍晋三と会食したことをうれしそうに喋ったときは、アンチ安倍の私はテレビを蹴飛ばしそうになりました。
ワイドナショーを見ているのは裏番組に出てるテリー伊藤のほうがより嫌いなのと、乙武さんが好きだとか、最近古市がやたら笑えるとか、トラウデン直美という子が激カワだとかその程度の理由です。まったく見ないときもあるし、飛ばし見したり、ながら見することもしばしば。


好きじゃない松本の言葉に感動
そんな私が、このたびの「死んだら負け」という言葉には深く感動しました。

おそらくその理由は、松本も私も死のうとしたことがあるからでしょう。

松本が死のうとしたことがある? と言いたい向きもあるでしょうが、私はそう思います。それは次のような発言から明らかです。

「死ぬのって理由はひとつじゃないんですよ。いろんなことが複雑に絡まってしまって逃げられなくなってね」
「あふれそうだったコップの水が寝て起きたら半分になってることってあるから」

まさに私も同じ体験をしています。もうかなり前のことですけど、職場でひどい扱いを受けたことが一番の理由で手首を切りましたが蛮勇が足りず死ねませんでした。松本が言うように、職場以外にもいろいろ理由があって八方ふさがりだったんですね。というか正確には八方ふさがりだと思い込んでいただけだったんですがね。

あふれそうなコップの水が寝て起きたら半分になっていた経験もあります。だから松本も私と同じように死のうとした(かどうかはわからないが少なくとも死のうと思いつめた)ことがあると感じたわけです。

そのうえで「死んだら負け」と言われたら、これはもう感動するほかないわけです。私はあのとき遺書を書きましたが、職場の人のことを書きたかった。書きたかったけど自死を選ぶ以上それは許されないと思った。だから書きませんでした。今回自殺した子が遺書を残さなかったのもそういう葛藤があったからかもしれません。これはもう永久に推測の域を出ませんが。


誰に対して「死んだら負け」なのか
どうも松本の「死んだら負け」に対し「死者に鞭打つのはひどい」と言ってる人が多数見受けられますが、それは違うでしょう。松本はあくまでも「死んだら負けだともっと教えるべきではないか」つまり、生きている子に対して言ってるわけであってね。

それから、不登校児の面倒を見ている組織の人が松本の言葉には違和感を禁じえないと、ある自殺した子の例を挙げていました。
自殺したあとも机の上に「あばよ」みたいなことを英語で書かれ、さらに学校がいじめを目撃したかどうかアンケートを取ったら、ちゃんと「あの子はいじめられていた」と書かれたものはすべて処分され、「いじめはなかった」という報告がなされたとか。そういう「社会的に抹殺されたような子に対して死んだら負けというのは違和感がある」みたいなことを言っていましたが、そういうあまりにひどい境涯の子も「死んだら負け」と教えたら救えるとは、松本も思っていないと思います。


私のような心の弱い子に対して
なぜなら、ワイドナショーの2日後くらいに、「それでも自殺する子を少しでも減らすために俺は死んだら負けと言い続けるよ」とツイートしていましたから。「少しでも減らすために」ということは、すべての子を救えるとは思っていないということです。

では、どういう子なら救えるかといえば、私のような心の弱い子です。上記のような常軌を逸したいじめの場合はもともと心が強い子だって折れてしまうだろうから無理です。そういうひどい環境にいる子に「死んだら負け」と言ったって「はあ?」と返されて逆恨みされるだけでしょう。別のケアが必要だと思います。そういう場合は寝て起きたってコップの水は絶対に減らない。

「死んだら負け」と教えることで救えるのは、寝て起きたらコップの水が半分になる可能性のある子です。八方ふさがりじゃないのに八方ふさがりだと思い込んでいる子です。

私が死のうとしたときの気持ちを冷静に分析すると、「死んだらみんなが守ってくれる。悪い奴らを懲らしめてくれる」という気持ちに近かったと思います。そしてこれも推測にすぎませんが、そういう気持ちで死んでしまう子は結構な数いると思う。

松本の「死んだら負け」はあくまでもそういう子を救おうということでしょ。ごくごく当たり前のこと。それがこんなに大炎上するのはひとえに「政治」に尽きると思います。


PC=政治的な正しさ
最近は政治的に正しいことがまるで唯一絶対の正義のように罷り通っていますが、松本が「死んだらみんながかばうのがいや」というのは政治的に正しくない。というか政治的正しさ=PCへの異議申し立てでしょう。

弱者の味方をするのは政治的に正しい。それに異論はありませんが、自殺というきわめて個人的なことに関して政治的に正しいことを言うのはどうなんでしょうね。

私は幸い死ねませんでしたが、親と友人からめちゃくちゃ怒られました。目に涙をためて「おまえはいったい何を考えているのか」と難詰されました。それが「愛情」というものです。私はそのときは「この人たちひどいことを言うなぁ」と思ってました。それはたぶん「それって政治的に正しくないよ。だって俺は死のうとしたんだよ」ということだったと思います。甘えていたのです。でも、いまはあれぐらい叱ってくれた人たちに感謝しています。こういうときに大事なのはPCよりも愛情の深さであることは言うまでもありません。

今回の炎上で一番不満なのは、誰も自殺を自分の問題として語っていないことです。死のうとしたことがなくても、大切な人が死のうとしたら自分がどういう反応をするかくらいは想像力をめぐらせればわかるんじゃないですか?

あなたは大切な人が死のうとしたとき憐れみますかね。それとも怒りますか? 怒らないという人は偽善者だと思う。というか本当の意味でその人に愛情を抱いてない。


松本の政治的立場
ある人の文章を読むと、これまでの松本の発言をすべて読み返したそうです。調べるのはいいですが、安倍と会食したことを得々としゃべっていたのはけしからんとか、それをなぜ今回の批判文に織り交ぜるのか。それはやはりPCでしょう。

その人は私と同じアンチ安倍で、松本の「死んだらみんなでかばうのはよくない」という言葉は政治的に正しくない。だから自身の政治的正しさをアピールするために安倍云々というまったく関係ない政治的なことを織り交ぜていることは明らかです。


愛情と政治は別物
「死んだらかばうのはよくない」というのは確かにPC的にはアウトでしょう。
でも、あなたが死のうとしたら、周りはものすごい剣幕で襲いかかってきますよ。誰もかばってくれませんよ。かばってくれるのは、実はあなたのことをそれほど大事に思っていない人です。大事に思ってくれている人ほど厳しいことを言ってきます。

愛情と政治的な正しさはまったく別物です。松本はいま生きている子に対して愛情ある言葉を放ったと思います。それを非難する人は自分の政治的な正しさを保持しようとしているようにしか私には感じられません。


ギャラリー
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』(ボロ泣き!)
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード