日記・コラム・つぶやき

2019年07月11日

e4956ac7531ccc17fb47b4e29bcec5c8

美人と美女
どちらがきれいか? そんなのどっちも意味一緒じゃないか。

美人=美しい人
美女=美しい女

「人」といっても普通「美人」という言葉は女にしか使わないんだから「美女」と言い換えても同じ。違いなんかない。というか、そもそも「美」の概念は主観の問題なんだから正解なんてないのでは?

と、普通はそう思うと思うんですが、これが違うそうです。

もう10年くらい前だと思いますが、タモリが司会の言葉をテーマにした深夜の30分番組でやっていました。

正解は「美女」! だそうです。

なぜか。

普通、人と話していてきれいな女の人を見たら「すげえ美人!」って言いますよね。あまり「美女」とは言わない。

つまり、「美人」と「美女」は意味は一緒でも人の口から出る頻度がぜんぜん違うのです。

通貨がたくさん市場に出回るとインフレになって同じ100円でも価値が下がります。それと一緒で「美人」という言葉は「美女」に比べて価値が目減りしているのです。

だから「美人より美女のほうがきれい」ということになるんだそうです。

へぇ~~~!


政治における言葉のインフレ
「遺憾に」「真摯に」「毅然と」などなど、政治家が決まり文句のように使う言葉もインフレを起こしていますね。「真摯に対応する」と言われても少しも真摯に感じられないし、「遺憾に思う」と言われたら「何も考えてないのね」と思ってしまう。

「忖度」もそうですね。
ちょっと前まではほとんどの日本人が読み方すら知らなかった言葉ですが、流行語大賞に選ばれるなど人が口にすることが急激に増えたので価値が急落。いま「忖度」という言葉を使うと冗談と間違えられるんじゃないかと躊躇してしまいます。


「傑作」という言葉
私はブログやツイッターで映画の感想を書くとき、「傑作」という言葉をあまり使わないようにしています。たまに使うと「おまえがそこまで言うんなら見に行くよ」と言ってもらえる。

と、ここまで書いてきて気づいたんですが、「傑作」という言葉はあまり使わないにしても、「素晴らしい」はよく使ってるなぁ、と。私の「素晴らしい」はあまり信用されてないのかもしれません。

使う頻度を減らしていこうかな。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月05日

今日はふと30年前のあるエピソードを思い出しました。

高校時代の数学教師です。名前は憶えていませんが、1年のときだけ受けもってもらったのは憶えています。そして「教え方が悪い」という悪しき評判も。もう定年間近の腰の曲がったおじいさんのような人でした。

ちょいと話が脱線しますが、「教え方が悪い」という言葉、どう思います?

私は非常にけしからんものの言い方だと思います。

教え方が悪いとケチをつけられるということは、いい教え方がどういうものかすでに知っているということですよね? なら授業なんか受けなくてもいい成績が取れるはずじゃないですか。

「教え方」じゃなくて「学び方」でしょう? 「教え方が悪い」という生徒は「学び方」がなっちゃいないと思います。

さて、この話はこれぐらいにして、くだんの数学教師の話です。

いつもは宿題を出した問題を黒板に書かせてそれを添削していくというだけの授業だったんですが、なぜか月1回くらい数学と関係ない話をしてくれました。

そのときも「たまには数学以外の話をしましょう」と、ソ連よりも三重水素を先に見つけていたとかトンデモな話が満載な50分でしたが、はっきりと憶えているのは最後のエピソードです。

中学生だったその先生は、大好きだった女の子に告白するも大失恋してしまい、三重水素の発見に一役買ったという自作の自転車で隣町の隣町の隣町まで突っ走ったそうです。気がついたらものすごく遠いところまで来ていた、と。

ちょうど海岸沿いの道で、砂浜に腰を下ろして、沈みゆく夕日に彩られた海を眺めていたそうです。


NVpIM2NX

虚心坦懐に寄せては返し、寄せては返す波の動きをじっと見ていると、あることに気づいた、と。

常識的に考えると、波というのは「寄せる」「返す」という二つの動きしかしないわけだから、その二つを1:1のリズムでやっていると思いませんか? と先生は私たちに問いました。

そうですよね。普通そう思う。でも先生は「違うとそのとき初めて知った」というのです。

「とにかく何かを考えようとするとフラれた子のことが浮かぶから、じっと寄せては返すリズムにだけ集中していたらね、驚くべきことに1:1のリズムじゃないことに気づいたんだ。どういうリズムだと思う? 五七五七七なんだよ!」

私たちは爆笑しました。たぶんここまで読んで笑った人も多いことでしょう。この話を誰にしてもここで爆笑するんです。

しかし先生は「笑い事じゃない!」と一喝しました。

「どんなに複雑に見える事柄でも、突きつめていけば単純な法則に行きつく。数学とはそういうことを学ぶための学問です。君たちはそこのところを忘れちゃいけません」

そこでキンコーンとチャイムが鳴り、先生は静かに出ていきました。

息を呑みました。かっこいい。かっこいいとはこういうことなんだ、と。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月30日

ついにやりました。長かった。本当に長かった。

何がって今月は毎日ウンコが出たんです。毎日快便だったんです。

何だそんなことか、というなかれ。本当に長い道のりだったのです。


kaiben

なぜ私は便秘がちになったか
これはちょいと言いにくいですが、幼い頃、ウンコを我慢することに快感を見出していたんです。我慢すること自体が快感なんじゃなくて、我慢して我慢して我慢した果てに、ウンコがひょいっと中へ引っ込む瞬間があるでしょ? 誰でもウンコを我慢したことあるはずだからわかるはず。あのひょいっと引っ込む瞬間がたまらなく気持ちよかったんです。それで毎日我慢しているうちに出なくなってしまいました。

さすがに中学になる頃には我慢することに快感を見出すなんてことはなくなっていましたが、幼い頃に沁みついてしまった便秘がちな体質は変わらないまま。あのときは計算したことなかったですけど、たぶん2日に1回より頻度は低かったように思います。出ないほうが普通だったんですね。だから「昨日から出なくて憂鬱」という友人の気持ちがさっぱりわからなかった。

しかも、出るときはもちろん出るんですが、たまにしか出ないから、いつも固いウンコばかりで、しかも大腸の中でものすごく太くなってしまっているのでいつも切れて血が出ていました。

こんな状態をずーっとずーっと放置してしまっていたのです。30歳を過ぎるまで。


転機は2005年
30歳を過ぎたころ、「何か最近、疲れやすくなったな」と思ったんですよね。もともと人より疲れが出やすい体質なんですが、それでも5年前10年前と比べても格段に疲れやすくなっている。

日頃の生活を見直してみると、「ウンコをちゃんと毎日出していない」ことに気づいたんですね。30年も。

で、出すべきものはちゃんと出して体質改善をせねば! と一念発起したわけです。


まず始めたのはカレンダーにチェック
高校の保健体育の先生がこんなことを言っていました。

「朝出たら◎。昼出たら〇。夜出たら△。出んかったら×や」

というわけで、カレンダーにそれを記していきました。

そうすると、◎の日はものすごく少なくて、×が一番多かった。幼い頃よりは改善していたようですが、それでも月の半分弱が×でした。


とにかくトイレに座る
朝食を食べたら、催していようといまいと、とにかくトイレに座る。これを実行しました。それまでは催したときしか座らなかったし、催しても我慢して快感に打ち震えていたり。。。

とにかく座る。これで劇的に改善したなんてことはありません。ただ少しずつ×の数が少なくなっていき、〇や◎の数が増えていきました。


あきらめずにカレンダーチェックを続ける
私の記憶が正しければ、2010年ごろには×が月5回くらいまで減っていました。その状態がずっと続くんですね。いくら少なくても月に3回は×があり、多いときは10回近くあったり、平均が5回くらい。

何年もそういう状態が続いたから、3年くらい前にもうカレンダーにチェックするのはやめようかと思ったんですよ。朝食のあとだけでなく毎食後にトイレに座る習慣はもう根付いていたし、昔に比べたらかなり出るようになった。もう付けなくてもいいのでは?

でもあきらめずに続けました。何より、カレンダーチェックを始めたときは「いつか×がゼロになる日が来ますように」と祈っていたのだから。

出すべきものを出さないと大腸がんになる可能性が高まるというし、少しでもそのリスクは減らしたほうがよかろうと続けました。子どもの頃から「統計を取る」のが好きな性格も幸いしたようです。ウンコのほかにも、両膝の半月板を損傷しているので、そのリハビリをしたらチェックを入れたり、筋トレをしたらチェック、スクワットをしたらチェック、などなど、私のカレンダーはチェックだらけです。

実家を出てからは毎朝ヨーグルトを食べるようにしました。そんなこんなで、ついに実現しました。

2005年から14年かかってついに月間の×がゼロ!!! ミッション・コンプリート!(危なかったのは先週の月曜日。夜初めて出たんですよね。あのときはもう必死でした)

継続は力なりとはよく言ったものです。これからもカレンダーチェックは続けますよ。何しろ×がゼロになっただけで、毎日◎になったわけじゃないですから。

次の目標は、とりあえず毎月×ゼロを続けていくこと。そのうえで毎日◎にすること。また14年かかるのか、それとも死ぬまで実現できないのか。

嗚呼、幼い頃にウンコを我慢さえしなければ……




  • このエントリーをはてなブックマークに追加