日記・コラム・つぶやき

2019年05月17日

昨日の『5時に夢中!』でとても興味深いニュースが取り上げられていた。

詳しくはこちらの記事をお読みください。⇒マレーシアの女性が自殺 インスタでの質問に7割が死ぬべきと回答

53cdce83895b60c47a361298c65b3e7e

この子は「死/生、選ぶの手伝って」と自身のインスタグラムにアンケートを投稿、D=death=死、L=life=生という二者択一で、何と69%の人がDと回答、この少女はその直後に飛び降り自殺したとか。

このニュースがなぜ私の心を激しく突き動かすのかよくわからないまま書きます。

まず、番組コメンテーターの岩井志麻子は、
「ネットやツイッターが悪いんじゃなくて、この子の家庭や学校でどういう問題を抱えていたかを考えなきゃいけない。相談や占いと同じで、他人の意見を聞きたい人はたいていすでに答えをもっている。この子が死にたいとなぜ思ったかを追究しなければ」
と正論を語っていました。

とはいえ、
「マレーシアの
青年・スポーツ相はツイッターに、「自国の若者の心の健康状態を心から懸念している」と投稿し、「真剣に捉えなければならない国家の問題。国全体での議論が必要だ」と訴えた」と記事にあるので、別にネットが悪いという議論は最初からないようです。


マネーの虎「51%」
かつて『マネーの虎』という番組がありました。一代で財を築いた海千山千の社長たちが老若男女の事業計画を吟味して要求する金額を出すか出さないか。「マネー成立です」「ノーマネーでフィニッシュです」という吉田栄作のフレーズが懐かしい。

それはともかく、この番組のご意見番の堀之内社長はいつもこんなことを言っていました。

e4fcb546e892a737254720c82762f7ab

「成功する確率が50%ならやめておいたほうがいい。でも51%あるなら賭けてみるべきだ」

成功確率が過半数なら挑戦せよと。しかし自分の事業計画の成功確率が50%か51%かなんていったいどうやって計算するんだといつも疑問でした。

マレーシアの少女はそれがわからないからインスタでアンケートを募ったわけですよね。過半数なら死のうと。岩井志麻子の言うとおり、自殺という答えはすでに出ていたはずだから、もしL=生が過半数だったとしても他の方法を試していたはずです。インスタがダメならツイッターで、とか。あるいはそれもダメなら窓を開けて次に家の前を通る人が男だったら死ぬとか。

と、ここまで書いてきて「あれ?」と思いました。


「自分は殺された」というメッセージ
私も過去に自殺を図ったことがあります。別に誰にも相談しませんでした。もう死ぬしかないと思ったから。死んだほうがいい確率100%だと思っていました。それが間違いだったのかどうかはいまだにわかりません。あのとき死んでいたほうが幸せだったのかもしれないと思うことはよくあります。

確かなのは、私には背中を押してくれる人や言葉は必要なかったということです。あのときはSNSなんかなかったというのもありますが、不特定多数の人にアンケートを募るなんてバカな真似は絶対しなかった。というか、できなかった。本当に絶望した人間は情報を発信なんかしない。できない。そんな余裕があるなら死んだりしない。

深刻な内容のアンケートではあるけれど、あれはただの遊びだと思う。「これは遊びです」という見えないメッセージを読み取って多くの人がD=死と回答したのでしょう。別にネットがどうとか、匿名だから死ねと平気で言えるとかいう問題ではない。アンケートの主が「これは遊びです」というメッセージを発しているからです。自分自身を弄んでいるからです。

さらに思うのは、あの少女は、ネットという不特定多数の目に晒される「51%」がほしかったのではないか、ということ。

死ぬ自分の背中を押した人間がたくさんいたという証拠を残したかった。
「自死」ではなく「他殺」という証拠を残したかった。自分は周りから殺されたのだと。自分はあくまで被害者なのだというメッセージ。

しかしながら、いくらそういうメッセージを残したところで、その前提に「これは遊びです」という最初のメッセージがあるから遊びのメッセージにしかならない。おそらくD=死に投票した人たちはあまり罪悪感を感じていないんじゃないでしょうか。死んだ少女はそのことにはまったく思い至らず、悲劇の主人公を最後まで演じきったことに満足して死んだのでしょう。

だから、この事件は、少女の主観では「悲劇」だけれど、客観的には「喜劇」なのです。先日感想を書いたカズオ・イシグロの『日の名残り』が一人称で書かれたがゆえに最高の悲喜劇になっていたのと同じことでしょう。(『日の名残り』の感想は⇒こちら

おそらくこの事件が私の心を鷲づかみにしたのは、悲劇と喜劇が同居しているからなのでしょう。そういう映画が大好きだし。


再び「51%」
20160608092615

考えてみれば、撮影所を辞めて脚本家を志そうと決意したときは、確かに51%の自信がありました。絶対に50%ではなかった。

たぶん、ポジティブな方向に行動するときは51%の確信でいいんだと思うんです。堀之内社長はだからやはり正しかった。

でも、ネガティブなことに51%はよろしくない。100%の絶望がなければ死んではいけない。

100%が必要なことに気づかず、51%以上あればいいと考えた少女は、何もわかってないという意味において、また、遊びというメッセージを発しているという意味においても、「悲劇」ではなく「喜劇」の主人公というべきでしょう。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月16日

昼休みにテレビで「ゆたぼん」という10歳のユーチューバーが取り上げられていました。




何でも、宿題をやるのがいやで、やらないと居残りさせられる。さらに、大人の言うことに唯々諾々と従うクラスメイトがロボットに見えて、こんなところにいると自分もロボットになってしまう、というのが不登校の理由だそうです。

同僚さんが「ただのわがまま。いじめを受けていて不登校ならわかるけど、宿題がいやだからってただのわがままじゃないか」と言ってましたが、まったく同意。別に学校に行ったらロボットになるわけじゃない。ロボットにならないという強い決意があれば周りに染まることはない。

親御さんは心理カウンセラーとかで、「子どもを自由に生きさせて何が悪い」と主張しているそうですが、悪いに決まってるじゃないか、というのが本稿の主旨です。


20170217104203

『バカの壁』の養老孟司先生は、かつてこんなことを言っていました。

「小さい子どもに本音を教えてはいけません。徹底的に建前を教えるべき。学校はそういう場です。建前を押しつけてそれに反発して出てくるのがその子の本当の本音。最初から本音を教えてはいけません」

あるいはこんな言葉もあります。

uchidatatsuru

フランス現代思想家の内田樹先生は武道家でもあり、師匠から絶対にやってはいけないことを最初に叩き込まれたそうです。

それは、「いいとこ取り」。

いろんな人の教えのいいところだけをチョイスして自分で組み立てるやり方ですね。

なぜこれがダメかというと、いいとこ取りをするためには何が良くて何が悪いか判別する目をもっていることが前提となる。なぜこれから学ぶ者にそんな能力があるのか。最初はすべての人のすべての言葉を受け入れなさい、ということだそうです。

ゆたぼんの父親の言葉で一番だめだと思ったのは、次の一節です。

子どもたちは自ら学ぶべき事を学ぶべきタイミングで自ら学んでいくと信じています 

なぜこれから学ぶ者に「学ぶべきこと」や「学ぶべきタイミング」がわかるのでしょうか?

学校に行けばいろんなことを教えてくれます。

宇宙はどうやって生まれたか。
生物はどのように進化してきたか。
人間はどのような歴史を歩んできたか。
なぜ昼間の空は青く見えるのか。なぜ夕焼けは赤く見えるのか。
2月はなぜ28日までしかないのか。
100チームでトーナメント戦をすると試合数は全部で何試合になるか。

まだ何も知識の詰まっていない子どもにはすべてが新しくて面白いはず。テストで点を取るために勉強している人はテストが終わったら全部忘れてしまいますが、本気で勉強していればたいていのことは憶えています。

だから、ゆたぼんはものすごく損をしていると思う。自分で自分の可能性を狭めてしまっている。そして、あろうことか父親がそれに加担しているという笑えない大損の連鎖。

ゆたぼんはおそらく型にはまるのがいやなのでしょう。その気持ちはよくわかるけれど、型を否定するためには、まずその型にはまってみることが大事。これはある映画監督の教え。

とにかく、まだ年端もいかない子どもに「自由」などを教えては意味をはき違えるだけだからやめたほうがいい。不自由な時間があるから自由な時間が活きてくるのだから。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月13日

ちょっと聞いてよ生電話! ってな気分ですよ。はっきり言ってこのままでは誰かに暴力をふるいかねない。少しでもガス抜きをせねばとここに書きます。

hqdefault

いまの職場は派遣でして、先月頭に派遣会社の人が来て「5月末で終わり。6月以降の更新はない」とはっきり言われたんですよ。それならそれで仕方ない。

と思っていたら……

連休前のある日、係長的な立場のZ氏に呼ばれまして、

「派遣会社との契約は5月末で切れるけれども、6月からはうちの会社と直接雇用というのはどうか」

と打診されたんですよ。実際、同僚さんたちから「残ってほしい。上の人に話をしてみる」とも言われていたんで、飛び上がるほどうれしかったわけです。

ところが!!!

派遣より給料が下がるというからZ氏に具体的な金額を聞いたところ、

「僕もはっきりとは聞いてない」
「生活できる金額なら続けて来たいです」
「なら、そういうふうに言っておく」

ということになったんですが、それから何の音沙汰もないので今日訊いてみたんですよ。あの話はどうなりましたか、と。

すると、

「生活できるだけの金額となると会社的には厳しいから6月以降はない」
「僕は一言も最低いくら必要とか具体的な金額を言ってないんだから、それはおかしい」
「じゃ、上の人と直接話をしてみる?」

というので、いちばん偉いA氏と差しで話すことになったんですが、のっけから「???」なんです。

「派遣会社の人から聞いてると思うけれど、5月末以降の契約更新はないんです」
「いやいや、派遣じゃなくて、この会社との直接雇用の話なんですけど」
「それは誰から聞いたの?」
「Zさん」
「ちょっと待って。その話の大元は誰なの?」
「そりゃあなたじゃないんですか?」
「Zさんは僕がそう言ってたと言ったの?」
「そうは言いませんでしたが、契約の話ならあなたが大元だと誰だって思うじゃないですか」
「確かにそうだね。僕とZさんの意思の疎通がちゃんとできなかった。本当にごめんなさい。ただ、これから仕事がどんどん減るので人を減らさないと会社としてもやっていけない。どうか理解してほしい」

つまり、A氏にとって直接雇用の話は寝耳に水。Z氏が根も葉もないウソを言っていたということ。直接雇用の話など最初からなかったのです。

はああああああああ!?!?!?


DDGMGLLUMAU2_sw

Z氏はすぐA氏に呼ばれて雷を落とされていました。なぜ聞いてもいない話をするのかと。

前からZ氏を知っているCさんの言葉によると、悪気があってウソをつくんじゃなくて、人の話を理解する頭がなく、変なほうへ変なほうへ誤解する癖があるそうな。

だから、Zさんのなかでは少しもウソではない、と。


DMpzKiVUEAAnIj4

しかし悪気がなくてもウソには違いない。もう必殺仕掛人かゴルゴ13を雇いたい気分。

Cさんは「だいたいなぜ会社もZさんを雇い続けてるのか理解できない。いいかげんクビにすべきではないか」とも言っていました。

大賛成!

Z氏をクビにすれば私が残れるじゃないですか。

いままで「指示が間違ってる」とか「言葉が足りない」とかいろいろ不満はあったけど、なかなかチャーミングなところもあったりで憎めない奴だと思ってましたが、いまは充分憎める。憎まずにいられようか。

だって、A氏は「変な期待をもたせて申し訳ない」と何度も謝ってたのに、当事者のZは一言も謝らない。私のすぐ隣の席だけど、終わる時間まで衝立の陰に隠れていました。

大馬鹿者め!!! 地獄に堕ちろ。

契約終了までもう2週間半。
Z氏には↓この言葉を贈ります。↓


B1Fsl3WCYAAq8bw

でも、うれしいのは、私がいなくなるのを残念がってくれる人がいることですね。謝謝。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加