日記・コラム・つぶやき

2020年05月16日

先日、BS1スペシャル『ウイルスVS人類③スペイン風邪 100年前の教訓』を見て驚愕しました。


スペイン風邪とナチス
AS20200426002463_comm (1)

1918年から20年まで約3年に亘って猛威を振るったスペイン風邪(英語ではスパニッシュ・インフルエンザ)のせいでナチスが誕生したというのです。

その前に、第一次世界大戦をドイツの負けで終わらせたのもスペイン風邪だったというから驚きです。

当時のドイツ軍の将軍が「ドイツはアメリカに負けたのではない。インフルエンザに負けたのだ」と言ったとか。

講和条約を締結するためのパリ講和会議では、ドイツに多額の賠償金を支払わせるべきだと主張するフランスと、もっと穏便に解決すべきだと主張するアメリカが激しく対立していたそうです。


wilson

アメリカのウィルソン大統領は何とかその線で押し切るつもりが、スペイン風邪にかかってしまいダウン。死にはしなかったものの、治って会議に戻った頃にはフランス派が優位で、ウィルソンもまだ体調が思わしくなかったので「フランスの言うとおりでいいでしょう」と妥協してしまったとか。

この結果、莫大な賠償金のせいでハイパーインフレが起こったドイツでは民衆の経済的困窮が続き、「ドイツ復活!」「ドイツ・ファースト」を掲げるヒトラーの登場を大歓迎したとか。

スペイン風邪がなくともヒトラーは登場していたでしょうが、登場しても、ベルサイユ条約がまったく違った形で締結されていれば、ヒトラーやナチスは歓迎されていなかったかも、という驚きの内容でした。


「歴史=his story by virus」?
ieyasu

歴史を意味する英語「history」は「his story」つまり、時代の支配者である男たちの物語のことだ、とはよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?

ベルサイユ条約やナチス、ヒトラーについて、スペイン風邪による影響なんていまのいままで知らなかったし、それらに関する本にもこれまで書いてあったためしがありません。

年初に放送された『100分deナショナリズム』で取り上げられていた『昭和維新試論』を読んだんですが、この本には原敬がどうのこうの、という記述がいくつかある。『ウイルスVS人類③』では、原敬がスペイン風邪にかかってその後の政治が変化したと言っていました。

しかし、『昭和維新試論』にはそのような記述は一切ありません。明治から昭和初期までを扱うこの書物は、スペイン風邪が大流行したことなど「まるでなかったかのよう」に書かれています。

それがダメだと言いたいのではなく、本当なら歴史は「his story by virus=ウイルスによる支配者の物語」として記述されるべきなのに、後半を捨象したのが巷間に流布されている歴史なのだということ。


人類はCOVID-19をいつまで憶えていられるか
images

『ウイルスVS人類③』では、スペイン風邪は一説によると1億人もの死者を出したのに完全に忘れられた、その要因のひとつは直後の1923年に起こった関東大震災だろう、と言っていましたが、別に大震災がなくとも忘れられていたんじゃないでしょうか?

喉元すぎれば熱さを忘れる。

緊急事態宣言がまだ出ているのに、早く企業活動を再開させないと、という考えから休業要請を解除し、そのために日本中の繁華街で人出が戻っています。

喉元すぎれば熱さを忘れる。

私は別にそれが悪いと言っているのではありません。人間とはそういうものだというだけの話。私自身、街なかへ繰り出したしね。

COVID-19(=新型コロナウイルスによる新型肺炎の正式名称)を我々はいつまで憶えていられるか。

ほんの少し前までは「自粛警察」が幅を利かせていましたが、休業要請解除の動きから一変、自粛警察のニュースなど見なくなりました。

それどころか、1年後には「自粛警察」がまったく違う意味で使われている可能性があります。自粛しない人や店を叩くのではなく、過度に自粛する人たちを叩く。

もうCOVID-19など過去の遺物だとばかり、三密を防ぐための新しい生活様式を厳守する人たちを叩きまくる可能性は充分あると思います。

それを防ぐためにも、我々は新型コロナウイルスやCOVID-19をいつまでも憶えていなくてはいけないし、COVID-19によって世界の歴史がどう変わったのかを記述し続けていかなくてはならないと思う次第です。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月01日

ガンではなかった
胃と十二指腸の間に腫瘍ができた親父がおととい検査を受けた。胃カメラで腫瘍の組織を取った。

ガンではなかった。
正確には「取った組織に悪性のものは認められなかった」です。良性のすぐ横に悪性が潜んでいる可能性もあるのでいまのところ何とも言えないと。

その前に、訂正を。

前回は「母親が言っていた逆流性食道炎は正しかったけど、十二指腸潰瘍は間違い」と書きましたが、あれは僕の間違いでした。十二指腸潰瘍だったそうです。

ただ、十二指腸には潰瘍の痕はまったくなく、おそらく初めてだろうということでしたが、胃には潰瘍の痕(斑紋?というのか)が結構あり、苦しい思いをしたことがあったのではないか。という話もありました。

母は「人間ドックではいつも胃は頑健そのものと言われていた」と言ってましたが、結構弱かったのかもしれません。


手術の必要なし
さて、前回は仮に良性であっても手術をしたほうがいいということでしたが、胃の中の画像を見てみると前回とは打って変わってきれいなピンク色で、幽門も前回よりは大きくなっている。

ほんの1週間前は流動食すら忌避していたのに、いまは五分粥を食べているとか。食べたものはすべて腸へ流れているらしい。この調子だと全粥にしてもいいんじゃないかという話。そして、いま現在は手術の必要なし、とのこと。

よかった。

そもそも、先生との話の前に親父に会ったとき、カーテンを開けると悠然と足を組んでいつものように偉そうな面をしてましたっけ。元気になったんですな。食べる食べないでこんなに変わるのか、という感じ。

前回はいまにも死にそうだったので、仮に悪性でも手術はせずに家で犬と再会させてあげたほうが……と言いましたが、いまはまったく変わりました。


転院
変わったといってもここからがまた大変で、母親などは先週よりも今回のほうが「困った困った」と頭を抱えているのです。

というのが、いま自力では立てないんです。立ちさえすれば結構すたすた歩けるけれども立ち上がることができない。おそらく階段も上がれない。門から玄関まで数段の階段もいまの状態だと絶対上がれない。

となると、病状的にはいま退院させてもいいとのことだけれど、足のことを考えると、転んで頭を打つ、足を骨折して寝たきりになる、などのリスクのほうが大きく、リハビリ専門の病院に転院させたほうがいいんじゃないか、と。

それは僕も母も先生も同じ意見なのだけど、当の本人は毎日毎晩「帰りたい帰りたい」と言って看護婦さんを困らせているらしく(病院でも犬自慢をしているらしい)実際、3年前だったか、人工関節を入れたあともリハビリ専門の病院に転院したけれど1か月くらいしかもたなかった。それが今回は2か月必要とか。

母親は「絶対嫌がる。どう言って説得すればいいか」と頭を抱えてるんですけど、僕は楽観的です。帰る間際に話した看護婦の話だと、本人の了承は必須だけれど一言でも「わかった」と言質を取ればいいらしく、うまく言いくるめればいいだけの話。

「お父さんがいないから犬が淋しがって最近はお父さんのベッドで寝ている、また散歩に連れて行ってあげたらどれだけ喜ぶか」

みたいな話で何とかならないか。人一倍疑り深いから骨が折れるだろうけど、前回は「死ぬのを待つしかないのか」ぐらいの悲壮感で家路につきましたが、今回は晴れ晴れとした感じでした。あれだけの憎まれ口を叩くのだからね。

ただ、転院先でのリハビリは2か月と言ったけれど、逆に2か月たったら絶対に退院しないといけないんです。家に帰ることが叶うかもしれないし、それが無理な場合は施設に入れるしかないと。帰宅か施設か、二者択一だそうです。

それから、2か月といっても実際は1か月ぐらいでおおよその判断が下されるそうです。そして、転院先が胃カメラできるところであれば、2か月後くらいに再度組織を取って悪性でないかどうかを診ることも可能と。向こうのお薦めに従って転院先の希望を出してきたけど、その病院が胃カメラ検査ができる病院かどうかはすぐわからないって、何それ。そんな情報も共有してないのかと腹が立った。

それはさておき、施設という判断が下ったらもう犬には会えない。それはもうしょうがない。

それより、いまはリハビリして元気な姿で帰宅する可能性に賭けたほうがいいんじゃないかというのが僕の意見。

ところで……


認知症
2か月後の再検査で「悪性」との診断が下された場合は手術するかどうかの選択を迫られます。

前回は、「本人が手術を拒否したらとりあえず説得する」という結論が出た、と言ったら、

「本人はなぜ入院しているのかもわからないんですよ。とりあえず『わかった。受ける』と言ったとしても明日にはまた『絶対いやだ』というかもしれないんですよ。言うことがころころ変わるんです。そのときはどうしますか」

と、何だか小学校の先生に叱られるみたいな感じで言われてしまって、「すいません、その可能性は考えていませんでした」と答えました。

とにかく、前回も今回も先生が強調していたのが「本人は認知症である」ということ。いまなぜ自分がここにいるかがわかっていない。説得と一口にいってもそのような人間を説得するのは難しい。(いまになって、経験談としてうまく説得できた例を教えてほしいと言えばよかったと思うけど、話をしている最中は威圧されてしまって質問が思い浮かばなかった)

というわけで、今回話し合うべきテーマは、

①転院させてリハビリを受けさせるか、いますぐ帰宅させるか。(これについては前者で異論はないと思う)
②2か月後、悪性の診断結果が出た場合、本人が手術を拒否したらどう対応するか。
③(お金が絡む話だけど)リハビリの効果が出て帰宅できそうとなった場合、家の中だけでもバリアフリーにするかどうか。
自動で車椅子ごと上げてくれる機械あるよね。あれをつけるのはどうか、と言われました。少なくとも段差はなくしたほうがいいと。(これについては家の財政状況がわからないので僕には何とも言えません)

最後に、

「三男さんはいますぐにでも家に連れ帰りたいって先週は言ってたじゃないですか。それが手術を受けるよう説得するという結論に至ったのは、お二人のお兄さんの意見ですか? やっぱりね。だいたい遠くにいる人はそう言うんですよ。実際に病状を見ている人間は『でも、それが本人にとって本当に幸せなことなのか』と考えるんですが。『実際に見てないからそんなことが言えるんだ』くらいのことは言ってください。今日の話し合いではお母さんと三男さんが主導権を握ってください」

とのこと。

一番難しいの②ですよね。体力的にもたないと判断されてしまったら、もうどうしようもないことだけど。

ちなみに、手術して入院となると、僕とお母さんが交代で24時間付き添っていなければいけないそうです。そして、いつ退院できるかはまったくわからない、と。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月25日

両親が危ない。

親父が入院し、医師から息子さんに直接話がしたいということで昨日行ってきました。

まず事実関係から。

母親が言っていた病名のうち逆流性食道炎は正しいがそれはもう収まっている。十二指腸潰瘍は間違い。

胃から十二指腸潰瘍への入り口「幽門」の近くに腫瘍があり、そのせいで幽門がふさがれた状態。

おそらく1か月ほど前から徐々に徐々に幽門がふさがれていったのだろうとのこと。腸へ食べ物が流れていかないから入院したときは胃が異常に大きくなっており、食べ物が残っていた。嘔吐はそのため。

鼻からチューブを入れて吸い取ろうとしたが、自分で引っこ抜いた。半分は吸い取れたが半分は残ったまま。でも、いま現在は胃にほぼ何もない状態なので、ほんの少しずつ流れていっているのだろう、と。

その間に何度もむせたりしているので食べ物が期間のほうへ流れて「誤嚥性肺炎」を起こしている可能性が高いとのこと。体温の折れ線グラフを見ても、最低37℃あり、高いときは38度を超えている。

ただ、いまは食べていないから少しずつでも大丈夫が、普通に食べたらまた胃が肥大化して同じことの繰り返し。

だから、腫瘍が悪性だろうと良性だろうと手術したほうがいいとのこと。

その前に、火曜日の検査自体をしない選択肢もあると。

いま現在の状態を父に話して、検査を受けたいかを訊く。もし受けたいなら予定通り受けさせる。受けたくない帰りたいといえば、言葉通り帰らせるか、受けるよう説得するか。

ただし、火曜日の検査はもう決まっているようなので、ここは特に深刻に考える必要はなさそう。

問題は、検査の結果。

悪性の結果が出れば悪性に決まっているので治すには手術が必要。除去してしまえば幽門は広がるけれど、高齢であること、心臓に持病があることなどを考えると、よけいに食欲がなくなって体力低下につながる可能性あり。

ただし、まずは本人に手術を受けたいかを訊かないといけない。受けたいなら家族の意向に関わらず絶対手術。

受けたくない帰りたいといえば、言葉通り帰らせるか、受けるよう説得するか。

次兄は「説得を聞くような人ではないから言ったとおりにすれば」との意見。
長兄は「最終的には本人の意向に沿うけれど、まずは説得したほうがいいのでは」という意見。

僕の意見は、昨日病院で先生に直接言ったけれど、いま現在の時点で家に帰らせてあげたい。つまり、手術はもちろんのこと、検査も受けさせずに家に帰らせる、ということ。

理由は、ほとんど食べれてないので筋肉を分解して体力を維持しているらしく、太ももが腕のような細さ。あれでは手術には耐えられないと思う。専門家じゃないから本当のところはわからないけれど。

もうひとつは、認知症が進んで家族のことはわかるけれど、看護婦さんが立とうとしてふらついたときに手を貸そうとしても邪険に振り払う。母親は「あまりいい患者さんじゃないんでしょうか」としきりと言っていて、これからのことよりいま現在迷惑をかけまくっていることを気に病んでいる様子。

気に病むといえば……

親父が一番気に病んでいるのかもしれない。

とにかく最近は失禁がとても多いらしい。昨日もトイレに行きたいとしきりに言っていて、母親がナースコールをしたら看護婦さんがあてがった尿瓶に排泄していたけれど「何ともはや……」と屈辱的な様子。

シーツを全部変えないと言えないほどの失禁もするらしく、おそらく、自分ではナースコールをしないのでしょう。立てればトイレはすぐそこなのに、立てないから行けない。立てないけど手を貸してほしいの一言が言えない。それで我慢に我慢を重ねて大量失禁になっていると思われます。

先生も「ご本人の性格がだいぶ関わってきている」みたいなことを言ってた。

失禁したらよけいにプライドはズタズタになるわけで、そのような状態を続けたら逆に不幸なのでは? このままベスに再会できないまま死んだらと思うと涙が出る。それならいまのうちに……というのが僕の意見。

いま連れて帰っても悪くなるだけだろうと長兄は言うけれど、手術をすれば入院生活はもっと長くなるわけで、本当にそれが本人にとって幸福なのだろうか。生き永らえることが即幸福とは思えない。

そもそも本人に「もっと生きたい」という欲求がないように感じられる。

子どもの頃は「75まで生きられたらいい」とよく言っていた。歳をとると「78までは生きたい」、もっと歳をとると「80までは」と少しずつ伸びたけれど、「85まで生きたい」と言ったことは一度もない。

何よりも好きな酒も飲めない、大好きな犬にも会えない。それが本当に幸せなのか。もう充分と思っている可能性は高い。

僕の見立てが正しければ、検査をして手術を受けるかどうかを聞いたら受けないというはず。もし受けたいといえば有無を言わさず手術なので、結局僕も「本人の意向に沿う」ということなのかもしれない。

ただ、不安なのは、悪性ならどうする、良性ならどうする、手術を受けないと言ったらどうする、の他にも選択肢があったような気がすること。

長兄には言ったけれど、とにかく威圧的な先生で、「そんなことも知らないのか」みたいな態度をとるので委縮してしまって細かいことを憶えていない。

確か、良性なら腫瘍を取らずに、胃と小腸を直接つなぐ方法もあると言っていたような気がする。でも、それは望ましくないと言っていたような気もする。言ってない気もする。言ったとしても理由はまったく憶えていない。

犬ももうほとんど目が見えず、ここ最近の衰えぶりにショックを隠せない。加速度的に衰えてお父さんが入院している間に死んでしまう可能性もある。

そうなると、手術をして食べれるようになっても、家に帰ってきたら犬が死んでいたでは合わせる顔がない。ショックのあまり寝込んで容態が悪化して手術の意味がなかった、なんてことにならなければいいけど。

元気で家にいたときから犬の話ばかりしていた人なので、犬のことを考慮しないのはまったくのナンセンスと考えます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加