聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

日記・コラム・つぶやき

両親が心配な件3

次兄にできるだけ実家に帰ってやってほしいと言われたので、正月から2週間でまた実家にいます。

さて、今回はぎりぎり認知症とは診断されなかった父のことではなく、母のことです。

まず、父のリハビリがこれまでは同じ施設に週2回行っていたのを、別の施設に週1回ずつに変更になったことから。

昨日、帰ってくると、いつもならテレビの前に座っている父がいない。お試しで別のデイサービス施設に行っていると。これまでのところは午前中だけの半日プログラムでしたが、夕方までの全日らしく、大丈夫だろうかと思いながら犬の散歩に行き、帰ってきたら帰宅していました。

かなり疲れたというのは想定内ですが、左目の白目の部分が真っ赤。どうしたのかと聞いても要領をえない。母に聞いても知らないという。疲れたから充血しているだけかと思っていました。

それが昨日だいぶ早く寝て疲れが取れたはずなのに真っ赤な目は変わらない。ちょっと心配だということで昼から夫婦そろって眼科に出かけました。

帰ってきて、どうだったかと母に訊くと「それがよくわからないらしいの」と。え、医者でもわからない奇病!? と思ったら、わからないの主語は父らしい。「でもお母さんも一緒に医者の話聞いたんでしょ」というと、「私は待合で待ってた」と。

うーん、こないだ私と次兄がわざわざ神経内科に付き添ったのは何のためと思っているのでしょう。というか、私がついていけばよかったんですよね。たかだか眼科と思ったのが迂闊じゃった。とりあえず、もらってきた薬には「角膜の炎症、目の乾きを抑える」とある。

たぶん目はたいした病気ではないんでしょうが、問題は薬の効能を書いた紙ですよ。私がどういう薬か知りたいといっても「どこにもない」と。捨てたのと訊くと「捨てるわけがない」。でもゴミ箱をあさるとびりびりに破かれた効能書きが出てきました。

医者の言葉も聞かず、効能書きも捨てたのでは、いったい何のために点眼薬をさすのかわからないじゃないですか。それでは好くなったかどうかもわからない。

しかも、そもそも今日は神経内科の予約が入っていたらしく、完全に失念していたと。

自分のことなのにすべて母が悪いと言い募る父もどうかと思うけれども、母さえしっかりしてくれていたらとりあえず問題ないのに、最近はかなり判断力や記憶力が衰えているようで心配です。

父の目下の悩みは便秘。母は食べる量が少ないからだ、と言いますが、どうなんでしょう。下剤を飲んでいるようです。あまり薬には頼らないほうがいいと思いますが、昔から便秘とはまったく縁遠い生活だったので、ちょっと出ないだけで憂鬱きわまりないとか。まぁこれは健全ですね。

食はますます細くなり、酒の量が増えています。



「姪の子ども」は何という続柄?

もう何年も前に働いていた職場で、

「姪の子どもは何という続柄なのか」

という疑問を口にする人がいました。続柄が大事な職場だったのでね。

で、調べてみると、このような家系図と出会いました。


d0092767_5453817

姪子ではなく「姪孫」
おわかりのように、姪の子は姪の孫と書いて「姪孫(てっそん)」といいます。

え? 姪の孫じゃなくて姪の子どもなんだけど。姪孫じゃなくて「姪子(てっし)」にして、その子どもを姪孫にしたほうが理に適っているのでは? と思った方も多いことでしょう。私も当時疑問に思って調べてみました。簡単なことでした。

「姪子」と書いて「めいっこ」と読むらしいんです。姪っ子の「っ」が省かれたんですね。「めいっこ」といえば姪のことですから、姪の子どもも姪子と表記した場合、文脈や状況によって「めいっこ」と読んだり「てっし」と読んだりしないといけなくなる。それは不便だから「姪孫」にしたのでしょう。

姪孫の孫は「まご」ではなく、子孫という意味だと思います。

ただ、ここで大きな問題があります。


甥の子どもは何というの?
実は甥の子どもも「姪孫」なんです。

なぜ???

と疑問を抱くのが普通だと思います。これについてはいくら調べてもわかりません。一応、甥の配偶者も姪ですからどちらも姪の子どもと考えることもできます。

じゃあなぜ「甥孫」じゃないのか? という疑問が湧きます。

これはただの推測ですが、日本では(世界のいろんな地域で多いですが)大昔は女系社会だったからじゃないか、という理由です。でも、それは関係ないという人もいて、本当によくわかりません。

ただ、姪の子どもと甥の子どもを区別する呼び方もあります。


又甥・又姪
又従兄弟の又をつけて、甥の子どもなら「又甥(またおい)」、姪の子どもなら「又姪(まためい)」というそうです。これならわかりやすい。

ただ、これと似た言い方でぜんぜん違う意味のものもあります。


大甥・大姪
これはおそらく姪孫から見た自分が大伯叔父・大伯叔母だからその逆ということなのでしょうが、一見すると大甥が甥の子ども(つまり又甥)、大姪が姪の子ども(又姪)のような気がしますが、実は違って、甥の子どもだろうが姪の子どもだろうが、その子の性別が男なら「大甥」、女なら「大姪」となるそうです。兄弟姉妹の孫息子か孫娘か、ということですね。

ややこしいから全部「姪孫」にしてしまえばいいと私は思うのですが、おそらく、もともとは姪孫という呼び方しかなかったと思われます。

だって姪孫が一番、漢語っぽいでしょ? こんな言葉は漢字の本場でしか思いつかない。又甥、大甥なんていかにも亜流という感じ。

姪孫しか呼び方がなかったけれど、それではその子が男か女かわからない。甥の子なのか姪の子なのかもわからない。そこで又甥・又姪、大甥・大姪という言葉を作ったのだと思われます。

父母、祖父母、兄弟姉妹、伯父・叔父、伯母・叔母、従兄弟・従姉妹など、だいたいの続柄は性別や年上かどうかとかもわかりますけど、姪孫だけはわかりませんから。

とはいえ、なぜ甥の子どもも姪の子どもと同じ「姪孫」なのかという謎だけは残ってしまいますがね。(笑)






賽銭箱に万札を入れる人の心性について

前々から初詣のニュースを見るたびにこういう映像を見ますが、


21bf8c59 

お金をたくさん入れたら御利益があると信じている、というのは結局のところ、

「金さえあればどんな問題でも解決できる」

という思想をその人がもっているから、ということですよね。

最初は500円玉ぐらいから始まったはずが、何もうまく行かないからやがて千円札になり、それでもうまく行かないから5千円札になり、そして万札になる。万札も1枚だったのが2枚になり3枚になり…

その人が「金さえあれば…」という誤った思想をもち続けるかぎり、この悪循環は終わることはないでしょう。構造的にそうなっているのだから仕方がない。

断言してもいいです。

賽銭箱に万札を入れる人は不幸から逃れられないと。


 
ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード