聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

日記・コラム・つぶやき

やはり映画は映画館で見たほうがいいと思う理由

ちょうど1年前にこんな日記を書きました。→映画は映画館で見るべき最大の理由はこれだ!

私の考えは少しも変わりませんが、やはり「べき論」というのはちょっと押しつけがましい気がしないでもないので、今日は「映画館で見たほうがいい」と思う理由を書きます。


eigakan

ちょっと前に誰かのツイートで、
「家で独りで見るよりも、映画館で見たほうが種々雑多なエピソードと一緒に『エピソード記憶』として記憶されるから、映画館で見たほうがいいよ」
みたいなことを言ってる人がいましたが、それには一もにもなく賛同します。が、私の主張はぜんぜん違う角度からです。私の主張といっても偉い人の受け売りですけど。


kurosawakiyoshi

黒沢清監督が、『アカルイミライ』のメイキングで言っていました。

「映画館は自分と世間とのずれを知る場だと思っています。自分は悲しいのに笑っている人がいるとか、思わず笑ってしまったけど他の人は誰も笑っていないとか。人間の価値観は人それぞれだということを映画館で映画を見ることで思い知らされたんです」

確かにそうですね。家で独りで見ているぶんにはこういう感覚は味わえない。

価値観の違いといえば、こないだ驚愕したのが、あと5分で終わるというときにトイレに走る人がいたことです。え、マジで??? いま出ちゃうの、と。

もう一刻の猶予もままならない状態だったのかもしれませんが、もしかすると映画そのものが何分で何時ごろ終わるということを把握せずに見ている人もいるんだろうな、と。

私は構成の勉強のために、始まって何分でどういうエピソードが起こって……と時計で時間を測りながら見るので、予告編が何分で映画本編が何分で終演が何時何分というのは常に把握してから劇場入りしていますが、そういう人はおそらくごくごく少数派なのでしょう。

だから、あと5分でトイレに走る人を見たときに「え、マジで?」と思ったのはもしかすると私だけだったのかもしれない。トイレに走った人が特異なんじゃなくて、その人を特異だと思った私のほうが特異だったという可能性は大いにあります。

自分がどれだけ特異な存在か、またはどれだけ世間と同じ価値観をもっているかを確認できる。それが料金に含まれているのだからお得ですよね。

映画は人間を描くもの。その人間とはどういうものかを映画館で見たほうが深く理解できるのではないか。

だから、家に閉じこもって独りで見るのはもったいないと思うのです。


兵庫県立長田高等学校のリカちゃん人形

ちょっと前に実家に帰ったら、なぜか母校の兵庫県立長田高等学校同窓会の会報が私の名前あてで届いてまして。

驚愕!!!


0001-1-4

ちょっとこれを見てくださいよ。→長田高校100周年記念

何ゆえにリカちゃん人形???

記念すべき創立100周年事業がこんなんでいいのか!!!

しかも「オリジナル」とか称してますが、リカちゃん人形はタカラのオリジナルであって長田高校のオリジナルではない。(いまはトミー社と合併してタラカトミーというらしいが)

しかもですよ。上のリンク先には前のページがあって、それが→こちら

何と「オリジナル リカちゃん人形」とかいいながら、いろんな学校が記念事業としてこんな子供だましな人形をメーカーと結託して儲けようという目論見らしい。創立110周年とか60周年とか違いはあるけど。

しかし長田高校は中でも一番記念すべき「100周年」じゃないですか。恥ずかしくないのか!

ライバルの神戸高校や兵庫高校の100周年記念事業はどんなのだったか調べてみると、コミュニティホールを設立とか式典開催とかそういう地味だがごくごくまっとうなもので、リカちゃん人形なんて販売して喜んでるのは長田だけだぞ。そんなんでいいのか!

中内功や宮崎市長はどうでもいいし、宇垣美里も伊藤利尋もどうでもいいが、あの淀川長治さんを悲しませていいはずがない。

いまからでも遅くないからやめてケロ。



関西人は必ず話にオチを求めるという「都市伝説」について

昨日、関西ローカルの番組で鈴木奈々が「関西の人はオチのない話をすると何で怒るの!?」と言っていました。

うん。確かに、もうかなり前にタモリも『笑っていいとも』で同じことを言ってたし、とにかく関西以外の出身者はそういうコメントをする人がこれまでにもたくさんいました。番組では関西出身の芸人が「そんなの当たり前だろう」と答えてましたが、ほんとに? と私はいつも思うのです。

結論から申しますと、「関西人はオチのない話に怒る」というのは都市伝説だと思う。


4f2bc0f426e99e3a663dfb74d2e9fe3c (1)

そりゃ↑こんな感じで「なあなあ、聞いて聞いて」と近寄ってきた場合はオチがなかったら怒ります。しかしこういう場合って別に関西人でなくともオチを期待してると思うんですよね。

で、もし↓このような顔で「聞いて聞いて」と近寄ってきた場合は、

hqdefault

明らかにシリアスな感じなので最初からオチなど期待しないし、実際オチはありません。文句を言うこともない。

だから、実際はオチがない話すべてに怒るわけではなく、オチを期待させておいたくせに……という場合に怒る、ということでしょう。

関西人同士で話をしていたら、オチがない話なんか山ほどありますよ。「関西=お笑い」というイメージが強すぎてこのような都市伝説が生まれたのでしょう。

しかし……

もしかすると「関西人はオチのない話に怒る」というのは本当かもしれない、とも思うのです。

どういうことかというと、関西人同士ならオチがなくても怒らないけど、関西以外(特に東京)の人がオチのない話をしたら「ここは関西やで。オチがない話は許さんぞ」みたいな感じで東京人をからかいの対象にする。
関西に一歩でも入った以上は笑いを常に意識せよ、みたいな「お笑いのエリート意識」みたいなのが出てきてしまうんじゃなかろうか。

関西人の東京への敵対心はすごいですからね。ま、実際はコンプレックスなんですが。
だから、関西人と話をするときに大事なのは「オチがある話をする」ことではなく、「私は東京から来た」とか「大阪や神戸はたいしたことない」みたいな態度を取らないことだと思うわけです。
それさえしなければ、オチがない話をしても大丈夫だと思います。(たぶん)



アニメDVDについて文句をつけたい二、三の事柄

今年の目下のところのベストワン映画は『リズと青い鳥』でして、アニメはちょいと苦手なんですが、やたら評判がいいのと、もともとのシリーズ『響け! ユーフォニアム』を見てなくても充分わかると教えてくれた人がいたので思い切って見てみたらこれがドンピシャ! あまりのすごさに言葉を失ったのでした。

で、もとのシリーズを見てみようと思ったんですが……



こんな感じで7巻に分かれてるんですよね。1枚に2話ずつ。しかも私はレンタルでしか見ないけど、画像のブルーレイBOXは5万円以上もするんですって。これは在庫切れで値が吊り上ってるのかと思ったら、1枚当たりの定価が7000円ほどで、それなら7枚プラス特典がいろいろ付いてるはずだから5万以上というのは定価でしょう。

ていうか、え? 1枚7000円??? 

get_image

試みに調べてみると、ジブリアニメがだいたい1枚4000円ほど。

高くないですか? 
日本映画のDVDは、というか、ハリウッド映画以外のDVDはほとんどやたら高いですが、それは、ハリウッド映画は全世界が市場だから単価を安くしても充分利益が上がるからでしょう? 
であれば、日本のアニメだって世界中で見られてるんだから単価を安くしてもいいのでは?

FIFAワールドカップがたけなわな今日この頃ですが、サッカー選手には『キャプテン翼』のファンが非常に多い。
というわけで調べてみたところ、『昭和版』というDVD-BOXが24枚、128話分で7930円。1枚あたり330円。それが『ユーフォニアム』は1枚7000円っておかしくないですか? 

そもそもの問題として、1枚になぜ2話しか入ってないの? これは他のすべてのテレビアニメ作品に言えることですけど。詰め込めば2枚だけで足りるだろうに。そりゃ枚数が多いほうが旨味が多いのはわかるけれども、ちょっとファンを馬鹿にしすぎでは?

というわけで私は総集編の劇場版を見ました。いろいろ解説なんかを読むかぎりではテレビシリーズと劇場版では当然ながら構成が大きく違うみたいだし、テレビでは出番の多かったキャラクターが劇場版ではほんのちょっとしか出てこなかったとかいろいろ異動があるみたいで、よけいにテレビシリーズを見たくなってしまった。

繰り返します。
アニメDVDは枚数が多すぎるうえに単価が高い!(一説によるとDVD1枚あたりの原価って100円程度らしいです)


中島みゆき最高傑作『南三条』

中島みゆきといえば、みなさんは何がお好きですか?

『時代』? 『地上の星』? 『ファイト』? 『慟哭』?(←最初に歌ったのは工藤静香ですが作詞・作曲は中島みゆきです)

もちろん私もそういうのは好きですが、一曲だけとなると、『南三条』ということになります。

『南三条』? 聞いたことないな。

という反応がいつも返ってきますが、これは大変な名曲なのです。とにかく歌詞がいい。

お聴きください。(といっても本人が歌っているのがなくてカバーですけど。でもとてもうまい)





地下鉄の海へ流れ込む人の流れに身をまかせ
今日も流れゆく 流れゆく心のぬけがら
互いに誰もがまるで人のいない砂漠をゆくように
うまくすりぬけてすりぬけて触れあわず流れゆく

突然袖引かれ見れば
息をきらしてる笑顔
何てなつかしい、と汗かいて
忘れたい忘れないあの日の女(ひと)
南三条泣きながら走った
胸の中であの雨はやまない
南三条よみがえる夏の日
あの街並はあとかたもないのに
流れてゆく人の流れ何ひとつも知らなくて
ただ二人は親しそうに見えるだろう

会いたかったわ会いたかったわと無邪気はあの日のまま
会いたくなんかなかったわ私は急ぐふり
どこまでゆくのと背中で眠る赤子を揺りあげながら
私ふけたでしょうあなたより年上みたいねと

何も気づいてないのね
いまもあの日と同じね
もしもあなたなんか来なければ
いまもまだ 私たち続いたのに
南三条泣きながら走った
胸の中であの雨はやまない
南三条よみがえる夏の日
あの街並はあとかたもないのに
ほんとは違うわかっているの私と切れて後のことだと
でも憎まずにはいられなかったの

この人なのよと呼び寄せた男に心当たりはなく
そんなはずはないあの人と幸せになったはず
戸惑う私に気づいて教える屈託のない声で
あなたの知ってるあの人とは間もなく切れたわと

そんなこと知らなかった
彼といると思ってた
ずっと憎んできた無駄な日々返してと
何を責めればいいの
南三条泣きながら走った
胸の中であの雨はやまない
南三条よみがえる夏の日
あの街並はあとかたもないのに
許せないのは許せなかったのは
あの日あいつを惚れさせるさえできなかった自分のことだった

最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。