聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

経済・政治・国際

電通の働き方改革は失敗する可能性が高い



昨日のクローズアップ現代+「電通 働き方改革」を見て暗澹たる気持ちになりました。

高橋まつりさんの悲劇を受けての働き方改革の特集でしたが、社長のインタビューを聞いて、ダメだこりゃ、と思いました。

「残業を少なくしたいがそのために生産性が下がることはあってはならない。働き方改革を推し進めながら同時に業務を拡大していくのが大事」みたいなことを言ってましたが、はたしてそんなことが可能なのでしょうか?


w=600&h=600&r=230817


戦後日本経済はずっと右肩上がりで推移してきましたが、このところその上がり方も鈍化し、ゼロ成長とかマイナス成長とかがあたかも絶対悪みたいに言われています。しかしながら、別にゼロやマイナスで何が悪いの?

だって人口が減少してるし、少子高齢化は進む一方だし、成長なんて無理でしょう。

内田樹先生は「イギリスは世界帝国から小さな島国へのソフトランディングに成功した世界史上稀有な例」と戦後イギリス政府のやり方を絶賛していますが、日本も「経済大国から極東の小さな島国」に縮小していったほうがいいと思います。

「一企業の問題ではない」という言葉がありましたが、電通が変わるよりも前に、まず経済成長という幻想に取りつかれた日本政府が変わらなきゃ、ということもあるのではないでしょうか。

コメンテーターの人が、「リーディングカンパニーとして」と言ってましたが、確かにそれはそうですが、リーディングカンパニーをリードする政府が考え方を変えないと結局何も変わらない。

内田樹先生や柄谷行人氏が言うような「贈与」を主体にした経済体制に変わることができれば先は明るいと思いますが、はたして可能かどうか。




img_0


さて、働き方改革が失敗に終わると思うもうひとつのもっと大きな理由。

「顧客のためなら徹夜をいとわないのが当たり前だと思っていた」という36歳の男性従業員がいました。

「机の上で仮眠していた」とか「徹夜明けに築地で食べる海鮮丼がうまかった」とか、まるで社畜である自分が大好きみたいな、完全に自分自身に陶酔している語り方でしたが、こういう人、日本にはどこにでもいますよね。

「寝てない自慢」や「サービス残業自慢」する人たち。アホかいなと思ってしまいますが、彼らはどう考えてもマゾヒストです。

「顧客が急に納期を早めてくることがあって、その対応のためには深夜まで残業せざるをえない」という場面があって、これは顧客の立場からするとサディズムですよね。

電通ではありませんが、他のネット広告業を営む会社では21時に消灯と決めたのに従業員の強い希望で取りやめになったと。メール1通で簡単に発注できるから、受注する側は対応に追われまくる。受注側のマゾヒズムと発注側のサディズムのコラボといって過言じゃないと思います。




kyakukami-4


日本人って「お客様は神様です」を金科玉条のように言いたがりますが、あれってマゾヒズムの発露ですよね。客からやいのやいの「言われたい」みたいなのです。そして自分が客になったときはあれこれ無理難題を押しつける。でも、それって受注側のときに無理難題を押しつけられたいから発注側にいるとき逆の言動をするような気がしてなりません。逆じゃなくて。

つまり、客から好き勝手言われるストレスを発散するために客になったとき好き勝手言うんじゃなくて、好き勝手言われたいために好き勝手言う。マゾヒズムとしての快感をマックスにもっていくためのサディズムという気がするのです。

「一企業の問題ではない」というのは、一人の日本人のうちに「客」にまつわるマゾヒズムとサディズムが混在しているという人間の心性のことだと思います。(それは電通というひとつの企業体が、顧客に対してはマゾヒストで下請会社に対してはサディストというのと完全に相似形です)

この日本人特有の心性を根本から変えないかぎり何も変わらない気がします。

「マゾヒズムのためのサディズム」を演じているわけだから、まず、自分が客のときにわがまま言うのをやめるのが成功への第一歩じゃないでしょうか。

休日にお出かけしたら、どこの店でも丁寧な言葉遣いをして、店員が無理しようとしたらこちらから遠慮する。

働き方改革は、まず何よりも「消費者としてのあり方改革」でなければ、というのが私の主張です。

だから企業体としては、残業時間を減らすとか小手先の手を弄さずに、下請会社に偉そうな物言いをするのをやめることから始めるのがいいように思うのです。




共謀罪に透けて見える日本人気質(個人情報保護法を介して)



共謀罪についての議論がかまびすしい今日この頃ですが、みなさん、いかがお過ごしですか?


 image


「一般市民が捜査対象になることはない」が、「嫌疑をかけられた時点で一般市民ではない」って、「何が秘密かそれも秘密」という特定秘密保護法と同じく、吉本新喜劇の新ネタかと思っちゃいました。

忖度を強いた森友学園の運営する幼稚園で「教育勅語」を暗唱させてたり、あろうことかヒトラーの『わが闘争』を教科書にするとぬかしたり、安倍某の暴走を何とか止めないといけないと強く思う私ですが、仮に安倍を止めたところで国民自身が変わらなければどうしようもないということなんですよね。

そう思うに至ったきっかけは、「個人情報保護法」です。

調べてみると、国会で成立したのが2003年、実際に施行されたのが2005年らしく、もう10年以上も前のことなのかとげんなりしましたが、それはともかく、いまの仕事は個人情報を扱うのでどうしても考えちゃうんですよね?

個人情報保護法っていったい誰のためのものなの? と。

まだ法案だったころ、フリーの作家やジャーナリストたちが反対デモを起こしていたことが記憶に新しい。


7ns3_1101800410


 政治家や官僚の悪事を暴きたくても暴けなくなると。

そうなんですよ。個人情報保護法とは、国民の生活の安全を第一に考えた法律ではなく、政治家や官僚が自己保身のために作った法律なのです。

なのに、成立・施行された途端、国民は「個人情報は保護されなければならない」と思い込むようになってしまいました。

しかし考えてみましょう。

私の住所や電話番号、メールアドレスなどはあくまでも私のものではなく、私にコンタクトを取りたい人のためのものです。

そりゃ、最近はストーカーとか変な人もいるからすべて開示するのはどうかと思うけれども、基本的に個人情報はその人のものじゃないと思うんです。銀行の口座番号とか暗証番号は別ですけど。

ただ、そうなると、


kibina


ってことになるんですよね。
仕事してても、これって言っちゃってもいい個人情報なのか、それともダメなのか判然としない。

プライバシーは守られるべきでしょうが、「別にそれぐらいいいのでは?」と思うことも多々。

何が言いたいかというと、日本人はお上の言うことには盲目的に従う癖があるので、法案の段階では反対するけれど、成立・施行されたら最後、国民全員が「犬」と化してしまうのでは? ということなんです。

「それは個人情報だから言えません」という人の何と多いことか。「別にテメエの情報なんか知りたかねーよ。だけどこっちも仕事でね、聞かなきゃならんのよ」と激昂したくなることもしばしば。

だから…


image

 
こうやって共謀罪反対に血道を上げている人たちですら、いったん成立・施行してしまったら、「あの人、何か怪しい」「 隣りの人がどうもおかしい」とかって密告しまくるんじゃないか。

トランプにNOを突きつけるアメリカ人を批判する人も日本には多いですよね。

「選挙で選ばれた人なんだから」と。

同じ論法で行けば、

選挙で選ばれた人たちが国会で決めたことなんだから共謀罪には従わないといけない。

ということになってしまう。

安倍某の失脚を何よりも願う私ですが、そういう国民性を根本から変えないことにはこの国は少しも変わらないんじゃないかと目の前が真っ暗になってしまうのです。



 

マンガン乾電池の扱いに見る流通業界の怠慢について

ちょっと前にドンキホーテでも思ったことですが、今日はダイエーで同じことを思いました。てことは、流通業界全体がほとんど同じようなことになってるんじゃないかと。

何の話かというと、マンガン乾電池についてです。


ダウンロード
 

ドンキホーテにもダイエーにもアルカリ乾電池は置いてますが、マンガン乾電池は置いてないのです。

私自身、つい数年前まで知らなかったので偉そうなことは言えんのですが、世間では「マンガン乾電池は性能が悪い」とか「アルカリのほうがたくさん電気が入っている(つまり長持ちする)」という誤解があるようなんですね。

マンガンとアルカリ。ほんとは用途によって使い分けるべきなのです。 

マンガン乾電池は、休み休み使う電化製品向きで、ずっと使うにしてもごく少ない電流で大丈夫な場合に適しています。だから、時計、リモコン、懐中電灯なんかにいいそうです。いまググってみたら携帯ラジオにもマンガンが適しているとか。

アルカリは、一時にたくさんの電流が必要な電化製品向きです。CDラジカセとか、デジカメ、強力ライトなどに適しています。

適しているものを使ったほうが長持ちするそうです。だから時計にアルカリを使うと逆に長持ちしないし、CDラジカセにマンガンなんか使うのは論外です。

だから、どちらも店頭に置いておくべきなのに、世間の「アルカリのほうが高性能」という誤解のために売れない、売れないなら店頭には並べない。

流通業の言い分としてはそれでいいのかもしれませんが、やっぱりどうも違うと思うんですよね。

だって、時計にアルカリを使ったら逆に長持ちしないわけだから、客のことを考えてませんよね。「時計やリモコンにはマンガンのほうが長持ちするんですよ~」と宣伝して売るのが正しいのでは?

それをしない理由はひとつしかありません。ドンキホーテやダイエーの従業員はマンガンとアルカリの違いを知らないのです。

自分たちが扱っている商品の特性を何も知らない。これって絶対におかしい。

そりゃ、彼らが作っている商品じゃないけれど、売る以上は知っておくべきでは? 客から聞かれたらどうするの?

ダイエーはともかく、ドンキは何年か前にあふれた商品に火がついて大火事おこしましたよね。通路をふさぐほど商品があふれているというのは、売れ筋商品は何かリサーチ→仕入れる→売る/売れ残る→次の仕入れ量を考える→仕入れる→売る/売れ残る→次の仕入れ量を…という循環が延々と続いているわけですね。

そんなの当り前じゃないかと言われそうですが、その循環自体が間違っているとは思いません。

ただ、マンガンを店頭からなくす前、マンガンがたくさん売れ残ったわけですよね。そのときに「なぜ」と問うことをしなかったってことでしょ? 仮に問うて世間の誤解が理由と知ったとしてもその誤解を解こうとは思わなかった。アルカリが売れるんだからアルカリだけ仕入れればよい、と機械的にアルカリの仕入れ量を増やす決定がなされた。
いろいろ複雑なことを考えるより、単純な循環を維持したほうが安く仕入れてたくさん売って薄利多売を実現できるということなのでしょう。

でも、アルカリでは長持ちしない場合があるわけだから、知ってて客に損させてるわけで、それってどうなの? と思うわけです。

これはほんの一例で、おそらく物の売り買いの現場ではこういう怠慢がまかり通っていると思われます。

もうドンキホーテでは買い物をしません。食料品のすぐ隣で化粧品や芳香剤を売ってたりしますしね。ああいうところも「消費者をバカにしている」と思いますね。

(ただ、ダイソーとかキャンドゥとか100円ショップにはちゃんとマンガン乾電池が置いてあるんですよね。いまや最も消費者寄りの店って百貨店でも量販店でもスーパーでもコンビニでもなく100円ショップじゃないかと思う今日この頃です)


終わらない人・宮崎駿、資本主義への抵抗

先日放送されたNHKスペシャル『終わらない人・宮崎駿』を再放送で見ていたく感銘を受けました。


308010317-1479054472_l


ひとつ思い出したのは、 先週受けた面接をこちらから断ったことですね。

ロボット化する社会①派遣業界の実態 

5か月も前に書いたのと同じことが起こりました。労働者を働くロボットしか考えない会社で働く気は毛頭ありません。

『終わらない人・宮崎駿』の最後でドワンゴの会長が人工知能が描いたアニメーションをプレゼンするシーンがありました。

障碍者の友人がいる宮崎駿はあれを「生命に対する侮辱としか思えない」と一刀両断しましたが、その是非はどうでもいいことです。「ゾンビゲームに使えるんじゃないか」とドワンゴ会長は言ってるわけだし、それならそれでいいんじゃないの、と。でも這いずり回ることしかできない友人がいたら同じ感想をもつかもしれません。

それよりも、同席していた鈴木敏夫プロデューサーの「あなた方はどこへたどり着きたいんですか」という質問に対し、ドワンゴのスタッフたちが放った次の一言を問題視したい。

「人間が描くのと同じように描く機械を作りたい」

要はロボットがほしいんですよね。

宮崎駿だってCGを使って毛虫の短編アニメを作ろうとしてるんだし同じじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、違います。

宮崎駿は「人間には描けないものをコンピュータなら描けるんじゃないか」という可能性を試してるんですよね。「人間が描くのと同じように描く」のとは雲泥の差です。

例えば、スペイン・バルセロナのサグラダファミリア。
あれって、ちょっと前までは完成までまだ150年か200年くらいかかるといわれてましたが、3Dプリンタ技術のおかげであと15年ぐらいで完成するとか。すごい!

それって、いまこの世に生きてる人が絶対見れないと思われていたサグラダファミリアの完成形を見れるということであって、人間には不可能と思われることを機械が実現してくれたこと自体は素晴らしいことなわけです。

だから、「人間が描けないものを機械に描いてもらう」のは少しも悪いことではありません。

でも、「人間と同じように描く機械」となると話は別です。




ダウンロード

 
ちょっと前に、内田樹先生の『マルクスの心を聴く旅』という本を読みました。資本主義とは何かを解き明かしそれを超克しようとしたマルクスの思想をみんな読もうよ、という趣旨の本『若者よ、マルクスを読もう』の第3弾というか番外編なんですけど、ここで内田先生はいつもと同じことですが、こんなような意味のことを語っていました。

「資本主義というのは人間の身体性を忘れるのが基本なんですね。資本主義の勃興期には1日に16時間も18時間も働かされた。でもそれでは死んでしまう。人間という生身の体には『食べる』『休む』というのが必要。限界があるんです。でも資本家は限界がないほうが儲かる。労働運動とはそういう生身の限界をめぐる闘争だったと思うんです」

宮崎駿は番組の中で何度も言っていました。

「ぼちぼち行こうよ」

かなりの高齢者になってしまったから若いころのようにはできない。「老い」という限界。その先にある「死」。

人間はいつか必ず死ぬ。でも機械は死なない。もし壊れて使い物にならなくなってもいくらでも代わりがいる。ドワンゴがほしいのはそういう無限機関のようなシステムなのでしょう。

私がこの番組で大問題だと思ったのは、人工知能じゃなくて人間を食い物にする資本主義というシステムのほうです。

宮崎駿が鈴木Pに長編の企画書を見せたら、「でも宮さんが絵コンテ描いたところで死んじゃったら…映画は大ヒットしますよ」。この一言はいくら冗談とはいえ非常に不快きわまりなかったですが、ここにも資本主義の悪魔が潜んでいる気がします。人の死さえも食い物にして金銭を奪い取るシステム。

しかし本当に死んでしまったら…

宮崎駿の代わりはいません。

番組の最後で、CGスタッフが作った映像がすごすぎて逆に闘志が湧いた宮崎駿が映し出されます。

「機械なんかに負けてられないよ」

人間には描けないものを代わりに機械に描いてもらおうとしていた宮崎駿が、ついに「機械には絶対描けないもの」を描こうと奮闘する、というところで番組は終わります。

感動しました。


選挙は「顔」で選ぶ! いや選びたい!!!

参議院選挙で始まりましたが、何だか自民党だけで単独過半数の勢いとかで、それだけならまだしも自公合わせて3分の2以上取られることは絶対に阻止せねば! と思ってるんですが、もっているのは1票だけだしどうすればいいの? と途方に暮れてしまいます。

これまで「選挙は『顔』で選ぶ!」が私の信条でした。

選挙権を得た当初は一人一人の政策とか読んでたんですけど、ちゃんと実行しているのかどうかぜんぜんわからないから方針転換。

こういう顔なら何かやってくれそうだ。という顔を選ぶことにしてました。

そんなのポスターなんかいくらでも修正できるじゃないか。とすぐ言われます。


IMG_1268

確かにその通りですね。でも、修正できるからこそポスターの時点でダメな顔は真っ先に×をつけます。

次に、駅前なんかで演説しているところをじっくり見ます。



maxresdefault


聴くんじゃありません。見るんです。

話してる内容なんかどうでもいい。大きな声で堂々と喋っているか。小さな声なら×です。大きな声で堂々と喋っていても自分の演説に酔ってしまって周りの「○○さん頑張って!」という声が聞こえてないような人も×です。自分の主張を堂々と展開しながらそういう声にも会釈したり手を振り返したりうまい感じで対処していると○をつけてその人に投票します。

あ、大事なことを忘れていました。ポスターで顔を見る前にまず自民党の候補者は×です。いままでいろんな政党に入れたことありますが、自民党には入れたことないんです。日本を悪くした元凶だから絶対入れません。

というわけで、以上のような感じで選挙のたびに候補者の顔で選んできました。

しかし、自公で3分の2行きそうだという現在、それを何とか阻止するためには顔で選んじゃダメかなぁ、という気がしてきました。

自民党は論外、公明党も与党だからダメ、おおさか維新の会も嫌い、幸福実現党など視界に入ってこない。

という現実のなかでは、もう民進党か共産党しかなくて(あともうひとつ長い党名の人がいましたっけ)比例代表ならもう少し選択肢はあるんですが、ここ兵庫県では一番手が自民党、二番手が民進党でどちらも現職。三番手を公明と共産が激しいデッドヒート。でも公明候補がかなり票を伸ばしそうだ、というニュース。

となると、公明党の議席を減らすためには共産党に入れたらいいのかな。というか、もう選択肢はそれしかない。

もう顔で選ぶのがいいとも悪いとも言っちゃおれんのです。

で、難しいのが比例代表で、さすがに政党名で投票するから顔では選べないんですよね。党首の顔で選ぶという手もありますが。

12政党のうち、自民党、公明党、幸福実現党、おおさか維新の会など私にとって論外の政党を除いてもいくつか選択肢はあるわけです。

問題は、自公の議席を少しでも減らすにはできるだけ議席を取れそうな政党に入れるのがいいような気がしてきたことです。

小さな政党にも頑張ってほしいですが、入れても1議席も取れないんじゃダメだし、かといって、このような選び方でいいんだろうか、という気もします。

それもこれも安倍某とそのお友だちが悪いんだ! 

そういえば安倍って気持ち悪い顔してますよね。あのニヤけ顔を見るのは本当に健康に悪い。

やはり人間は顔。もちろん政治家も顔。




tabiji020101

こういういい顔がどんどん少なくなってますね。(『男たちの旅路』より 池部良と鶴田浩二)

子どもたちの顔、高校球児の顔なんか昔はもっと精悍だったのに、いまは何だか変な顔が多いと思いませんか? 日本の将来はどうなるんでしょう。


人間は「顔」です。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。