聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ニュース

黒塗りはなぜいけないのか(『トロピック・サンダー』との決定的な違い)

DSmqrnFVoAA2JqS

『ガキの使いやあらへんで』で浜田がエディ・マーフィの物まねと称して顔面を黒塗りしていた問題。世界中で非難の嵐なのに今日の『ワイドナショー』でも、

「差別の意図はなかった」
「お笑いがどんどんつまらなくなる」

などの頓珍漢なコメントばかりだったのが残念です。

差別を考えるときに大事なのは、「宿命」と「運命」ということだと思うんですよね。

この二つがどう違うかについては、私はいつも伝説の雀鬼・桜井章一さんの定義を参考にしているんですが、

「宿命」とは「本人の意思では変えられないこと」
「運命」とは「本人の意思で変えられること」


ということになります。

だから、自分の親がどういう人間とか、どこで生まれたとか、自分の名前とか、性別、遺伝的な疾患、そして肌の色などは「宿命」です。

これに対して、同じ名前でもハンドルネームやペンネームは「運命」の範疇ですし、どういう仕事に就いて、どこに住んで、誰と結婚するか、などもすべて「運命」です。

差別というのは、「宿命」を茶化すことだと思うんですよ。

エディ・マーフィの物まねと称して顔を黒く塗る。差別の意図はなかったというのはおそらく嘘ではないのでしょう。でも、あれを見た黒人たちは不快になる。それは浜田が黒い肌に生まれた人の「宿命」を背負ってはいないからです。撮影が終わればすぐに元の肌に戻せるのだから。


DSc3UsZUQAE9oD1

もう10年近く前、『トロピックサンダー/史上最大の作戦』という映画がありました。ロバート・ダウニーjrが演じた狂気の役者は、黒人の役を演じるにあたり、黒塗りではなく手術によって本当に肌を黒くしてしまいました。

この映画が『ガキ使』のような非難を浴びなかったのは、黒塗りじゃなかったからだと思います。そりゃま、実際は黒く塗ってるだけですけども、あくまでもお話の中では肌そのものを黒くした、つまり、黒人の宿命を背負った役どころです。

手術で変えられたということは手術で元に戻せるということでもありますが、単に肌を黒く塗るのとでは覚悟のあり方にあまりの差があります。

見た目を黒人に似せるなら、黒人と同じ「宿命」を引き受けるぐらいの覚悟をせねばならない。

黒人たちが肌の色を理由に理不尽な扱いを受け続けているのは「宿命」の範疇の問題ですが、今回、浜田らが非難されたのはただの「運命」の問題です。

運命ならば変えることができるのだから、これを機に考え方を改めたほうがいいと思います。


「歴史教科書問題」を考える(「生身」を取り戻すために)

私を知っている人はみな異口同音に言うことがあります。

「おまえは生まれる時代を間違えた」

何でも、幕末とか、昭和初期、少なくとも68年革命の頃が合っているらしいです。自分自身でもそう思わないことはありません。

しかし!

一番近い1968年ですら、そんな時代に生まれたら間違いなくボットン便所ですよね。その一点だけだけ取ってみても、私は水洗トイレのある現代のほうがいい。

と言うと、再び異口同音に「時代というものをそういうふうに捉えるとは」と感心されるんですが、逆に私はそういうふうに捉えないことが不思議です。

過去の偉人も、いまこの時代を生きている我々も、みな「生身の人間」です。歴史を考えるとき、この「生身」ということが忘れられていることが多い。


TVタックル

今日の『TVタックル』では、今年の重大ニュースとして「歴史教科書から偉人たちの名前が削除される件」が取り上げられていました。

坂本龍馬、武田信玄、上杉謙信、吉田松陰などの名前が削られることになったわけですが、それぞれの人物を生身の人間として見ていないことが何よりの問題だと思います。

今回の決定に賛成する学者は、

「現在、高校の歴史の授業で教えるべき用語が3000以上あって、そのためには140時間必要で、ひとつの用語あたり2分30秒かかる」

と、負担を減らすことが主眼だと主張していましたが、歴史というものを完全に「データ」として捉えていますよね。

私の高校時代の歴史教師は、

「歴史は物語である。流れである。一問一答式の問題集では歴史の実相には迫れない」

と言っていました。今回の歴史教科書をめぐる決定には「歴史とは生身の人間が織りなす物語」だという観点が完全に抜け落ちています。

歴史を学ぶというのは、その物語そのものをまず受容して、そのうえで未来をどう構築していくかという大局観をもつことでしょう? 


0045-1_r

奇しくも今回削除対象にされた吉田松陰は、そのような教育をしていた真の教育者でしたよね。だから、今回の決定は「教育とは何か」というイデオロギー問題でもある気がします。

だって、大学入試でこれらの人名を出さないことが根幹にあるわけですし。
大局観をもった人間を育てることが教育なのか、受験エリートを生み出すことが教育なのか。

それはともかく、教育者といえば、先述した高校の歴史教師をはじめ、私が教わった中高の社会科の教師は「教科書は嘘ばかり書いてるから使いません」という人ばかりでした。自分でプリントを作ってみんなに配り、授業はそのプリントに沿って行われました。

だから、教科書から削除したら現場の教師は教えなくなる。インプットを減らせば必ずアウトプットも減ると信じている文科省とその追従者は、現場の教師を決して生身の人間とは考えていないのだと思います。

人間とはそんなに単純なものではありません。本来、歴史とはそういうことを学ぶための学問だったはずです。

上杉謙信が武田信玄に塩を送ったエピソードなどは、そのための恰好の教材なのに。


38118791_0

とはいえ、反対派の武田鉄矢も同じ過ちをしていると思いました。

教科書から「坂本龍馬」の名前が消えても、龍馬という人物を教えたり学ぶことはできます。仮に現場の教師が文科省の言うとおりに龍馬のことを教えなくなったとしても、龍馬について書かれた本はたくさんあるのだから学べます。教師によるアウトプットがなくなれば子どもたちへのインプットがなくなると信じているのだから、賛成派を裏返しただけです。

歴史上の偉人も生身の人間、教師も生身の人間、生徒も生身の人間ということを忘れてしまっていることが本当の「歴史教科書問題」と私は思うのですが、いかがでしょうか。



頭の良さとは何か(ABC予想の証明に寄せて)

cd9db1a9


数学界の超難問とされる「ABC予想」を望月新一という数学者が証明したと世界を股にかける大ニュースになっています。

望月教授が2012年にご自分のウェブサイトに発表した論文にもちこまれたアイデアが相当独創的かつ難解だそうで、本当に証明できているかどうか査読するのに5年もの歳月がかかったとか。

私などはABC予想なるものの、いったい何が問われているのかがまずわからないのでこれがどれほどすごいことなのか想像もつきませんが、このABC予想が正しいと証明されれば、あの「フェルマーの最終定理」が一瞬にして証明されてしまうらしいです。それほどの「超難問を解決してしまう超難問」だったんだとか。

世界の名だたる数学者たちですら査読に5年もかかるわけですから、世間の耳目がもっぱら証明の内容よりも望月教授の人となりに集まってしまうのは仕方がありません。

そこで、「16歳でプリンストン大学に入学し、19歳で卒業、23歳で博士号を取得」という華々しい経歴ばかりが取り沙汰されているようです。


motizukisinnichi

「19歳で大学に入った俺はどうなるんだ」とか、「23歳で博士号なんて信じられない」「天才ってそういうものなんだ」とか羨望のまなざしが送られています。

しかしですね、望月教授が真に頭のいい人であることは疑いがありませんが、早熟であることだけを取り出して「天才だ」というのはちょっと片手落ちだと思うんですよね。


3289cf8b

頭脳が早熟ということは、肉体に置き換えれば「瞬発力がある」ということです。それも頭の良さのひとつでしょうが、はたしてそれだけなんでしょうか。

仮に、望月教授の証明文を一読しただけで「これは正しい」と理解しえた数学者がいたとしましょう。彼は間違いなく「頭がいい」。でもそれは瞬発力タイプの頭の良さです。

世の中には別のタイプの頭の良さをもっている人たちがいます。


hukakusensui

ABC予想は望月教授の証明が正しいと判断されたばかりですが、これからその証明がどれだけ精緻を極めているか、独創的であるか、ということを世界の数学者たちは理解していくものと思われます。いま高校生ぐらいの数学好きが大学を卒業するころには、「ドクター望月の証明を理解できないなんて数学者とは言えない」という論調が生まれている可能性もあります。

が、いま現在すでに数学者なのに望月教授の証明文の意味が少しも理解できず、数年後、世界の誰もが理解した頃に、まだ理解できない数学者がいたとしましょう。

彼は学界の笑い者になるでしょうが、20年後とか30年後に「ABC予想の応用にかけては世界一」と世界中から尊敬される存在になっている可能性が充分にあるのです。

彼には瞬発力はないけれど、持久力があった。その持久力で誰よりも深いところまで潜っていけたわけですね。これもまた「頭の良さ」。

望月教授のように誰もなしえなかったことをなしえるのも「頭の良さ」。本を正せば「ABC予想」という仮説を立てた人も頭がいい。

ざっくり分けただけでも頭の良さにはいろんな種類があるのだから、「あの人みたいに早熟じゃない」などと悲観することはないんじゃないでしょうか。

そもそも他人と自分を比較している以上、仮に世界一の天才でも幸せにはなれません。どうあがいたって人間の目には「隣の柿は赤く見える」のだから。



日馬富士殴打事件で思うこと(モンゴル力士会という闇を超えて)

日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打し、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせた事件はまだまだ記憶に新しいというか、いったい事の真相がどこにあるのか、日を追うごとに混沌としてきました。


harumahuji-takanoiwa


最初は、「ビール瓶で殴ったこと」を否定しなかった日馬富士。「その時点で謝罪会見は引退会見であるべきだった」ということを言う人もいました。私も同意見でした。いくら度が悪いといっても素手で制裁したのならともかく、ビール瓶で殴ったら下手したら死にますよ。ほとんど殺人未遂じゃないですか。別に日馬富士が横綱でなくたって品性の問題が浮上しないとおかしい。



takanohana

と思っていたら、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が、殴打事件から3日後に被害届を出しておきながら、協会関係者から電話があったときもそんな事件があったなんておくびにも出さなかったとか、当の貴ノ岩も大怪我を負いながら巡業に参加していたとか、よくわからない。

かと思えば、日馬富士も「ビール瓶で殴っていない」と言い出し、同席していた白鵬も「ビール瓶じゃなかった」と証言する。
しかも、日馬富士はビール瓶をつかもうとしたらすっぽ抜けたとか、貴ノ岩はアイスピックで応戦しようとしたから日馬富士の行為は正当防衛だ、という声も上がっているとか。


20171117-00000011-nkgendai-000-1-view

私はまったく知りませんでしたが、この事件が起こった酒席というのが「モンゴル力士会」というものだったんですってね。

当事者二人ともモンゴル人なら同席していた証言者もモンゴル人ばかりということですが、現役時代に八百長を嫌いガチ相撲しか取らなかった貴乃花親方は、いくら同郷でも別の部屋のライバル力士と酒宴を共にするということ自体を嫌いっているとか、その貴乃花に影響を受けた貴ノ岩が同郷の大先輩に反旗を翻したのが原因じゃないかとか、いろいろ言われているようです。

ただ、以上のことはもしかしたら「フェイクニュース」かもしれません。「モンゴル人たちが神聖な日本の国技を汚した」とレイシストたちが火のないところに煙を立てているだけ、という可能性もあります。

この事件でいまのところ事実だと判明しているのは、日馬富士が貴ノ岩を殴打して全治2週間の重傷を負わせたこと、そしてこの二人が「モンゴル人同士」ということだけです。

別に私は日本人が関係していないからいいとか、そんなことを言っているのではありません。仮に「日本人同士」でも同じことを書いていると思います。

つまり、もし、モンゴル人横綱が日本人関取を殴っていたら、または、日本人横綱がモンゴル人関取を殴っていたらどうなっていたか、ということです。

いまだに「横綱の国籍・出自」にこだわる日本人がたくさんいるのですから、もし前者だったら、「モンゴル人はやっぱりダメだ。すぐに辞めてしまえ!」と怒号の渦だったと思うんですよね。貴乃花親方の言動に矛盾点があっても、白鵬の証言があっても、そんなのなかったとばかりに世論は「引退せよ」の一点張りだった可能性が高い。


kisenosato

そして後者の場合、つまりは稀勢の里が加害者側だったら、ということですが、いま以上に「真実はどこにあるのか」という議論だけが沸き起こって、「引退せよ」という声が掻き消されていた可能性が高い、と思うわけです。実際、モンゴルでは「日馬富士を引退させないで」という声が日増しに高まっているそうですし。

モンゴル力士会という特異な場で起きたから真相が藪の中みたいになってるわけですが、モンゴル人同士だったから、ナショナリズムやレイシズムに惑わされず、とりあえずみんなの言うことをちゃんと聞こう、そして真相をはっきりさせてほしいと、すぐ熱くなって我を忘れやすい日本人にしてはまぁまぁ冷静な態度で見つめていられるのではないでしょうか。だから「日本人同士」でも同じだというわけです。

まだまだ真相はわからないし、どういうふうに決着するのかはわかりませんが、ナショナリズムやレイシズムという感情的なものが入ってこないぶん、同国人同士のもめ事だったのは不幸中の幸いだったという思いは禁じえません。



ケビン・スペイシーの「カミングアウト」から考える

kevin1

ケビン・スペイシーが昔、14歳の少年に性的関係を強要したことがあるという咎で批判を浴びています。

ハーベイ・ワインスタインの永久追放で続々とセクハラしていた人たちの悪行が暴露されていますが、そのこと自体はいいことだと思います。自分が思春期の頃に大人の男から(女でも)性的関係を強要されていたら、と考えると、その少年のいまだ癒えぬ心の傷がおぼろげながら想像できて胸が苦しくなります。

しかもスペイシーが釈明会見にかこつけて、

「これまで男と女とも付き合ったことがあるが、これからはゲイとして生きていく」

とカミングアウトしちゃいました。


38c04abf

この発言についてザカリー・クイントが「最悪のタイミングでのカミングアウトだ」と非難しました。

そりゃそうですね。話をそらそうという意図がはっきり見えますから。

ただ、クイントは続けてこういったそうです。

「何か賞をもらったり、栄誉を受けたときにカミングアウトすべきだ。そうすれば世界中のLBGTに勇気を与えることができる」

うーん、スペイシーのカミングアウトがふさわしくないタイミングだったことはわかるんですが、「カミングアウトにふさわしいタイミング」というものがあるということにちょっと驚きを隠せませんでした。


o0800060013534437358

ちょっと前の『5時に夢中!』で、どういう趣旨の特集か忘れましたが、ゲイバーで働く男性にインタビューしたところ、こんな印象的な答えが返ってきました。

「僕はカミングアウトなんかしてませんしこれからもしないです。何かいまカミングアウトするのが正義みたいな風潮があるじゃないですか。あれには納得できないんです。少なくとも僕は、カミングアウトしたときに両親が感じるショックを考えるととてもできません。墓の中までもっていきます」

私は「カミングアウトすべきでない」と言いたいのではありません。ただ、カミングアウトした人に「よくぞ言った」と拍手し、カミングアウトしない人を「潔くない」みたいに言う風潮に疑問を感じているだけです。そういうことを言う人こそがLBGTを差別してるんじゃないんですかね?

カミングアウトというものを広く「宣言」と捉えてみると、例えば蓮實重彦が何度も著書で書いているのが映画監督の引退ですね。

「昔のハリウッド黄金期に活躍した監督たちは、ある程度の年齢に達したら引退するのが普通でした」

ジョン・フォードやハワード・ホークスが引退宣言をしたかどうかは知りませんが、最近は宮崎駿監督が何度も引退を宣言し、また先日も撤回したのは記憶に新しいところ。


maxresdefault

撤回自体は悪いことだとは少しも思いません。人間は生きている以上、変化するものですし、「君子、豹変す」という言葉もあるし、「引退と言ってたじゃないか」と非難するほうがおかしい。

そんなことより、「引退宣言」というものが必要なのかどうか、ということです。

高畑勲監督は、同志・宮崎監督の数年前の引退宣言のとき、「何で映画監督が引退宣言なんかするんだよ」と、あるドキュメンタリー番組で言っていました。

引退と言えば・・・


aaa004

スポーツ選手は必ず引退宣言しますよね。あれは必要だと思うんですよ。浅田真央のように個人競技の場合だって契約しているスポンサーに対して「もう終わり」という意思表示は必要でしょうし、団体競技の場合は、何より来季も契約したいと考えているクラブや球団に対して選手側から契約の意思なしという表明が必要です。

そして、浅田真央みたいな人気の高い有名選手の場合は、ファンに対して「もう終わり」と意思表明することも必要ですよね。じゃないと、あの人は最近何もやってないみたいだがどうしたんだろう、とやきもきさせることになります。

となると、宮崎駿が引退宣言をするというのも、「人気が高いから」ということは言えるのかもしれません。宮崎アニメを心待ちにしているファンに対し「もう終わり」という意思表示。


4546710i


引退宣言に共通するのは、「もう終わり」つまり、「これからの私はいままでの私とは違います」ということなんですね。過去の自分と未来の自分との間に結界を張るような感じでしょうか。同時に、自分と自分を応援してくれていたファンとの間にも結界を張っている。(参照記事「空間の結界、時間の結界」

とすれば、LBGTの人がカミングアウトするというのもまた結界なのでしょう。しかし何のための結界なのかが私にはわからない。

スポーツ選手のように誰かと多額の契約があるわけでもなければ、有名映画監督のように世界的人気が高いわけでもない人間がわざわざ「宣言」をする理由あるいは目的。

前述の「カミングアウトしたら両親が悲しむ」という男性は、「自分と両親の間に結界を張ってはいけない」と無意識に思っているのでしょう。

ケビン・スペイシーのカミングアウトが最悪なのは、「過去の過ちを犯した自分」と「これからゲイとして健気に生きていく自分」との間に結界を張ろうとしたからだと考えられます。

では、ザカリー・クイントのように意識的に結界を張るタイプの人はいったい何が目的で、というか、自分と誰の間に結界を張っているのか。

普通に考れば「LBGTに理解のない人間との間に」なんでしょうね。

ただ、どうなんでしょう。何度も言いますが、私は別に結界を張ってはいけないと言いたいわけではありません。

ただ、どう考えてもザカリー・クイントのような考え方の人がどういう目的で結界を張っているのかがわからないのです。「栄誉を受けたときにカミングアウトすれば~」という発言がありましたが、そういう効果のあるカミングアウトはいいが、何も効果がないのなら意味がない、と。うーん、何かそういう「営利目的で結界を張る」というのは違う気がする。

「自分の性的嗜好のことは墓の中にもっていく」と恥ずかしげにつぶやいた男性のほうが、LBGTとそうでない人々の間に結界を張らない、つまり「差別のない社会」を真に希求していると感じるのは私だけでしょうか。



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。