聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ニュース

杉田水脈「LGBTは生産性がない」発言は論理的に誤謬である件

衆議院議員の杉田水脈が「LGBTは子供を産まないから生産性が低い。なぜそのような人たちに税金をつぎ込む必要があるのか」と発言して大炎上しています。


sugitamio

あきれてものも言えないとはこのことですが、黙っていてはダメだろうといろんな人が非難しています。が、私はその多くの言説が的外れというか、杉田水脈と「同じ穴のムジナ」と思える部分が少なくありません。

非難の多くは「生産性が低いからといって非国民扱いするのはよくない」とか「ナチスの優生思想に通じるからダメ」という論調のものが多いようですが、それらの言説は「LGBTは生産性が低い」という杉田水脈の考え方に同意署名してしまってますよね。

生産性が低いからといって……ということは、LGBTは生産性が低いという考え方自体には異議を唱えていないし、優生思想云々も同じ。劣った人種は断種してすぐれた人種だけを残すべきというのが優生思想でそれはダメだと。でも、その時点で「LGBTは劣った人種である」と言外で言っちゃってます。


子どもは「作る」ものなのか
そもそも子どもは「作る」ものではなく「授かる」ものです。もうだいぶ前から「子どもを作る」という言い方が流行していますが、私は同意できません。人間が人間を生産するというのは間違いです。だから「LGBTは生産性が低い」という言い方は根本からして間違っています。

しかしながら、いまさら杉田水脈のような人に「子どもは作るんじゃなくて授かるものなんですよ」と諭したところで納得しないでしょう。「そんなの宗教ですよ」と言われておしまい。私は常々、宗教心のない人間はいないと思っていますが、そう思っていない人のほうが多いのが現代ニッポンの現実。

それならば論理的に杉田水脈の言葉が誤謬であると言ったほうがいいのではないか。


人間を生産するとは何か
ここで百歩譲って「人間が人間を生産する」ことを真としましょう。それを真としても「LGBTは生産性が低い」は必ずしも真とはなりません。

43763096_ml
LGBT-family-building

人間が人間を産む、というのは出産だけではありません。その子を一人前の大人に育てることも含みます。
LGBTの人が養子をもらうなどしてきちんと育て上げれば人並みの生産性を上げたということになります。我が子を虐待して苦しめている親から子どもを取り上げ、LGBTや子どもができない人に育ててもらえばいいんじゃないですか。それが政治家の仕事では? そういうことを何もせずにただもっと産め、産まない人間は非国民であると主張するのは「職場放棄」以外の何物でもありません。保育園不足、保育士不足の問題を解消するだけでも「生産性」はかなり上がるはずなのに何もしない。


「数」の問題なのか
それよりももっと大きな問題があります。
杉田水脈は「子どもの数がゼロの人間には何の価値もない」と言ってるわけですが、これって「数」の問題なんでしょうか?

人口さえ増えれば問題が解決するんですかね? そんなことないでしょう。そりゃ「量」も大事だろうけど「質」のほうがもっと大切では?

だからこれもまた教育の話になりますが、まっとうな人間を増やさなければいけないと思うんですよね。
いまは何でも「数値」で測ってばかり。今日もある番組で「カジノ法案の審議時間が○○時間。もっと審議しないと」と言ってましたが、審議時間が長くなればそれでOKなんですか? まさか! 長かろうが短かろうが質の高い議論をすることが肝要なはずなのに。

少子化問題を解決するには、まず行政がいろんな問題を解決するのが先でしょうし、すべて解決できたとしても、子どもの「数」のみを基準にするのはおかしいと思います。5歳の子を虐待死させるような人間を育ててしまったら恐ろしく生産性が低いということになるだろうし、杉田水脈のような国会議員が陸続と生まれてしまったら、いくら人口が増えてもこの国は沈むしかないでしょう。


死は生より本当に不幸なのか(西部邁さんへの自殺幇助に思う)

先日亡くなった西部邁さんの自殺を幇助した疑いでTOKYO MXの子会社の社員で西部さんの死生観に共鳴していた男性が逮捕されたというニュースを見て、反射的に森鷗外の『高瀬舟』を読み返しました。(『高瀬舟縁起』を合わせても20ページしかないからすぐ読めますよ。できるだけ多くの人に読んでもらいたい)


nishibe

ある男が、一緒に生活する病気の弟が「自分がこのままだと兄さんが幸せになれない」と言って首を掻き切って死のうとするが、切り方が悪く死にきれず「このままでは苦しい。刀を引いてくれれば死ねる」というから仕方なく引いてやった。とどめを刺したのは兄のほうだが、はたして本当に彼が悪いのかどうか、というお話。

苦から救ってやろうと思って命を絶った。それが罪であろうか。殺したのは罪には相違ない。しかしそれが苦から救うためであったと思うと、そこに疑が生じて、どうしても解けぬのである。

と鷗外は疑問を投げかけて小説は終わります。

すっかり忘れていましたが、この弟がなぜ死にきれない状態になったかというと、はっきりとは書かれていませんが、弟は自分さえ死ねばと思いながらも死ぬのが恐かったからです。一思いに喉笛を刺し貫けば死ねるものを恐くて手が震えるものだからすべってしまってうまく刺せなかった。だから兄さん、あんたが最後のとどめを……

私自身、自殺を図ったことがあります。

もうかなり昔のことですが、手首を切って死のうとしたのでした。しかし恐くてうまく切れない。うまく切れない状態が長く続くとだんだん恐くなって死ねませんでした。あのとき手助けしてくれる人がいたら、間違いなく死んでいたでしょう。

ならよかったじゃないか。

と平気で言える人とはたぶん一生わかりあえない。

あのとき手助けしてくれる人がいたら、私は喜んで死んでいったはずだから。

西部さんが主張していた「自裁」とはそういうことでしょう? 死が生より不幸だなどと、いったい誰に決められるのか。

私や西部さんの場合はわからないにしても、はっきり死のほうが幸せだったと言える人がいます。

私の祖父は晩年、毎日生き地獄を味わっていました。

寝たきり生活のため、背中や腰、太ももに至るまでひどい褥瘡ができ、食事のたびに起き上がろうとするとき痛みのために悲鳴をあげていました。席に座るときも悲鳴を上げ、食後ベッドに戻るためにまた悲鳴を上げなくてはいけない。死なせてあげられるならそうしてあげたい、と思ったのは私だけではないはず。

もし自分が歳を取って毎日悲鳴を上げて生きねばならないとしたら、誰かに殺してほしいと思うでしょう。それを否定できる人がいますか?

それを「法だから」の一言で片づけてしまえるのなら、安楽死を認める「法」を作るべきではないのか。





魔女狩りと化したMeToo運動(ウディ・アレン性的虐待をめぐって)

ウディ・アレンが養女に性的虐待をしていたことに対して、彼の映画に出演した俳優たちがこぞって「出演を後悔している」「この事実を知っていたら出演しなかった」とコメントを出しているニュースが世界中を駆け巡っています。もうアレンのキャリアは終わったという人もいます。


WoodyAlenn

ハーベイ・ワインスタインのセクハラ+パワハラでの永久追放を可能にした「MeToo運動」ですが、これはもはや魔女狩りになってきたと私には感じられます。

ただし、ウディ・アレンが魔女狩りに遭っていると言いたいわけではありません。そうではなくて……

流れを整理しましょう。

この記事を見てください。⇒ウディ・アレンから性的虐待…養女が告白

すでに4年も前に当の養女が性的虐待を告発してるんですよね。それにもっと遡れば、1992年にミア・ファローと離婚する際にも性的虐待疑惑は報じられていました。

92年の段階ではまだ疑惑にすぎなかったから百歩譲って「知らなかった」で済ませてもいいでしょうが、4年前の時点では明らかだったわけですよね。あのときも「アレンはもう終わったか」みたいな論調がありました。

でも、結局終わりにならなかった。それは彼の映画に出た俳優たちがいたということです。少なくとも2014年以降の出演者は何も言えないのでは?

ブリジット・バルドーのように「性的に誘惑して役をもらっておいていまさら言うな」みたいなことを言うつもりはありません。カトリーヌ・ドヌーブの言葉には「よくぞ言った!」と思いましたが、バルドーの言葉は少しも響いてきません。
ハーベイ・ワインスタインなどはかなりの権力者だったのだから、拒否すればもう映画に出られないかもしれないわけで、サルマ・ハエックが『フリーダ』に関するワインスタインとのあれこれを記した手記を読むのは胸が痛みました。

でも、ウディ・アレンはそこまでの力はないのだから、嫌なら出演拒否すればよかったんじゃないの? と普通に思いますね。

繰り返し言いますが、私は「ウディ・アレンが魔女狩りに遭っている」と言いたいわけではありません。性的虐待は十中八九事実だと思うし、一人の人間の未来を奪った罪は重い。


MeToo

ウディ・アレンじゃなくて、MeToo運動に賛同しない者が魔女狩りに遭っていると思うのです。

「いまはウディ・アレンを非難しないと自分が非難される」という恐怖から上記のようなコメントが出ているのではないか。

コリン・ファースは、虐待の一報を聞いて数時間後に「もう彼の映画には出ない」と言ったらしいですが、どう考えてもそんな短時間ではその一報が事実かどうかわかりませんよね。そんな状態で出演拒否声明を出すというのは、無意識に魔女狩りに遭いたくない、もっといえば、アレンを非難する側にいれば安全だという計算も働いているはずです。あくまでも無意識にですよ。コリン・ファースがそんな狡賢い計算をする人間だとは少しも思っていません。

しかし人間は弱い。どうしても「いまどう行動すれば一番得か」を考えてしまう。今回の問題で一番悪いのはウディ・アレンでしょうが、「正義」を振りかざしている人たちのほうが私には恐ろしい。

そりゃ、心からの正義感や善意からウディ・アレンを非難している人たちも多数いるでしょう。でも「地獄への道は善意によって舗装されている」という有名な言葉があります。「正義」というものはそれほどまでにたちが悪い。

現在のMeToo運動は、運動を推進している人々が魔女狩りの加害者であり被害者でもあるという「自作自演」の様相を呈してきました。自分が被害者にならないよう無意識に加害者の側に回ろうとする。いくら正しいお題目をかざしていても、結局のところ人間とはそういうものです。

こうなってくると、日本の不倫バッシングと同じで「新たな獲物」を探し求めることになります。ドヌーブだって「獲物」の一人だったわけですよね?

はたして、この運動はどこにどういう形で落とし込まれるのでしょうか。





ギャラリー
  • 『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 許せない映画⑥『ダイ・ハード』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード