聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ニュース

上沼恵美子への暴言問題について思うこと

私ははっきり言って上沼恵美子という人が好きではありません。むしろ嫌いと言ってもいい。

M-1

でも、今回のM-1グランプリの直後にとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智の二人が「酔ってるのを理由に言いますが」と前置きしたうえで、

「おまえ」
「おばはん」
「クソ」
「更年期障害」

とNGワードを4つも出してしまったと聞き、動画も見ましたが、あちゃー、言ってはいけないことを言ってしまったな、と。

世間の反応も同じようなものだろうと高をくくっていたら、あろうことか、久保田と武智を擁護するばかりか上沼を批判する人も現れたりで、こりゃ黙っちゃいられないと筆を執りました。


酒を言い訳にするな
私はM-1そのものを見ていないので伝聞情報になりますが、上沼の採点はかなり偏ったものだったらしい。だから「人の人生がかかってんだよ」「1点で人生変わるんだよ」という二人の言い分は痛いほどわかる。でもね、それを「酔ってるのを理由に言いますが」などと前置きしてから言うのでは完全にアウトです。

もし彼らがしらふで面と向かって「ちゃんと採点しろ!」と言ったのなら別にいいと思う。その後、彼らがどうなるかはわからないけど、そこまで捨て身の作戦に出たのなら私は彼らを擁護していたでしょう。

しかし、酔っているからと好き放題言ってそれをネットに上げるというのは愚の骨頂。最も卑劣なやり方じゃないですか。

酒の上の席なんだから許してあげたら、という意見も目にしましたが、ダメでしょう。専門学校時代のT先生のことが思い出されます。


小津安二郎と溝口健二
odu小津
mizoguchi溝口

T先生は大映の人で、溝口の『雨月物語』などに助監督として付いたことがあり、監督として一本立ちもしました。しかし、溝口をはじめ大映の巨匠たちが列席した酒の席で(なぜか松竹の小津もいたとか)酔っぱらった挙げ句、あろうことか、料亭の縁側から放尿してしまったそうです。

T先生はそれから劇場映画を撮る機会を完全に失ったそうです。小津や溝口の顔に放尿したんじゃないですよ。縁側から外に向けてやっただけ。それでも一生干された。
「君らも酒の席では充分注意するんだぞ」と言うT先生の顔は紅潮していて「あれさえなければ……」という無念さが滲み出ていました。

だから、上沼に向かって「おまえ」だの「おばはん」だのと言ってしまった二人は干されて当然だと思います。


女だから?
今回の件であまり語られていないように思うのは、

上沼恵美子が女だからあれだけ威勢のいいことが言えたんじゃないの?

ということです。はたしてダウンタウン松本やオール巨人が偏った採点をしていたとして、彼らは同じように「おまえ」「クソ」などと言えたでしょうか?

ちょうどいま問題になっている、医学部の採点で女子受験生だけ一律減点してたというのと通底していると思う。差別以外の何物でもない。#MeToo運動元年の最後にふさわしい事件のようにも思えます。


2回売れてこそ本物
1346296bba9b2a4d17a838a28aaca388-cm

上沼を審査員に招聘した松本人志が去年『ワイドナショー』でこんなことを言っていました。ベッキーがゲストのときだったはずですが、

「俺は昔、大阪の芸人は2回売れなアカンから損やって愚痴いうってたやん? 大阪で売れてさらに東京でも売れんとアカン。でも最近はすべての芸能人が2回売れなアカンのちゃうかって思うんですよ。ベッキーのように1回売れたけどスキャンダルで干される。でもこうやってセカンドチャンスをもらってテレビに出てる。これから2回目のブレイクを目指せばええんちゃう?」

久保田と武智の二人にも同じことが言えると思います。いまは謹慎みたいな感じで干されるのも致し方ない。でもセカンドチャンスを与えないというのはいかがなものかと思う。T先生のような人をもう出してほしくありません。

与えられたセカンドチャンスをものにできるかどうか、それは彼ら次第。




立川志らくといじめ問題(吉澤ひとみひき逃げ映像に関して)

吉澤ひとみがひき逃げした瞬間の映像が別の車のドライブレコーダーに残っていて、先日それが公開されて物議を醸しました。



轢かれた人は軽傷で済んだと聞いていたので、こんなに吹っ飛ばされていたとは驚きでしたし、あれだけ見事に轢いておきながら逃走した吉澤ひとみの罪は重すぎるほど重い。酩酊して判断力がなかった? それならそれで車を運転するべきではないから、いずれにしても重罪です。

が、同時に多くの人が思ったはずですが、すぐそばで見ていた女子高生らしき女の子たちが、目撃していながら見て見ぬふりをして現場から立ち去ったことに哀しみを憶えました。
つい先日、出勤途中に猛スピードの自転車がこけて乗っていた人がもう少しで後ろから来た車に轢かれそうになったんですが、私や他の人も、そばにいた人はみんな駆け寄りましたよ。外国人だったので「OK?」と訊いたら「大丈夫です。ありがとう」と笑顔で言っていたから会社へ急ぎましたけど、あそこで見て見ぬふりはできないし、もし怪我を負っていたのなら誰かが119番しないといけない。


TatekawaShiraku

吉澤ひとみの事故映像に関して、見て見ぬふりをした女子高生も悪いというまっとうな意見に対し、立川志らくがツイッターで、

「あの子たちも轢かれなくて本当によかったと思う。あの映像はひき逃げ犯の証拠としてだけ扱われるべき」

という意見を披露していました。

この意見は何か胡散臭いと思っていたんですが、やっとその理由がわかりました。

あれっていじめを傍観している人たちと同じですよね。巻き込まれたくないから見て見ぬふりを決め込む。まぁ私も昔はいじめられたこともあるけれど、いじめを傍観していたこともあるのであまり偉そうなことは言えませんが、しかし、志らくの「轢かれなくて本当によかった」というのは、いじめられた子が自殺したにも関わらず、

「うちの子がいじめられなくて本当によかった」

と胸をなでおろす過保護な親と何ら変わりませんよね。

確かにあの映像は吉澤ひとみの悪質なひき逃げを映していますが、同時にそれを見て見ぬふりをした子どもたちもちゃんと映している。もし誰も通報せず、そのせいで被害者が死んでいても同じことを言えるんでしょうか?

志らくは見て見ぬふりをした人間を見て見ぬふりしているだけです。偽善以外の何物でもない。


関連記事
吉澤ひとみのひき逃げ事件(若き映画人志望者に向けて)


AI婚活に見る「プラセボ(偽薬)としてのAI」

今朝の『上田晋也のサタデージャーナル』で「AI婚活」が取り上げられていました。
主に「ビッグデータ」を活用するという主旨で、自分が狙っている女性がいろんな人に会いまくっているとか、そういう裏事情を勘案してAIがおすすめの相手を紹介するというもの。
しかし、いつだったか『ワールドビジネスサテライト』で紹介されたときはもう少し違う主旨でした。


WBS-AIkonkatsu (3)

AIが人間の盲点を突く
AIの紹介によってお見合いに至る確率が格段に上がるというのは同じですが、ビッグデータとかそういうことよりも「人間の盲点」をAIが突く、という感じの説明だった記憶があります。

数日前に「AIが車を運転する社会は永久にやってこないだろう」という主旨の日記を書きましたが(→こちら)それは現在のAIが「真の意味でのAI」ではなく、つまり「自律システム」ではなく「他律システム」だから、というものでした。AIはしょせん「コンピュータ」であり、コンピュータとはつまるところ「計算機」であり、計算機にできることは「四則演算」だけです。

AIは人間みたいに間違ったりしないから大丈夫、みたいなことを言う人がいますが、確かに間違わないけれど、それは「四則演算を間違わない」というだけの話です。

とはいえ、WBSで紹介されていたAI婚活はそこを逆手に取った戦略でした。


AIを使いこなす
つまり、人間は自律システムであるがゆえに自分の感覚をあてにしすぎる。しかも事は恋愛や結婚という「フィーリング」が何より重視される場ですから、よけいに理詰めで考えたりしない。

そこで、絶対に計算を間違わないAIに徹底して理詰めで考えてもらう。その末に紹介された相手は「もし自分だけで選んだらこの人は真っ先に落としていた」と思うような人が紹介される。そして実際に会ってみるととてもフィーリングが合って結婚に至る、と。

自律システムたる人間が自分たちの作った他律システムの権化たるAIをうまく活用していると思いました。

だから、これからの時代はAIをうまく使いこなすことが重要になると思われます。


「AIだから……」というプラセボ
しかしながら、水を差すようですが、お見合いに至る確率が格段に上がっているのは「プラセボ(偽薬)効果」の面のほうが大きいと思うんですよね。薬のような外見をしているけれど何ら薬効のない偽薬を飲んだだけで本当に症状がよくなるというアレ。

1041901
去年でしたか、投了の局面から一手だけ戻し、投了したほうをAIがもって芸能人と対戦するという番組がありました。第一人者である羽生善治が解説をしていましたが、ポナンザがまったく意味不明の手を打つことがあって司会者が羽生に解説を求めると「いやぁ、よくわかりませんが、でもポナンザが指した手なので……」と言っていました。
20年ほど前、羽生が7冠を達成したころはいわゆる「羽生マジック」というやつにすべての棋士がきりきり舞いさせられ、プロ棋士ですら「いやぁちょっとよくわかりませんが、羽生さんが指した手なので……」と言っていたもんですが、その羽生がいまやAIに同じことを言う。隔世の感を禁じえませんが、おそらくAI婚活でお見合いする人も同様なんだろうと思います。

AIが薦めてるんだからとりあえず会ってみようか、と。機械は間違わないからすべてを機械に任せてしまえ、と考える人が増えているご時世ですから、「とりあえず会ってみれば」と他の人間から薦められてもおそらく会わないんでしょうね。AIが言うんだからピッタリの相手かもしれない、となる。実際に会うと何か違うと思う場面も多々あるのでしょうが、「AIが選んだ相手」という情報がプラセボ効果となって結婚に至る。

それは本当の意味で「自律システムである人間が他律システムにすぎないAIを使いこなしている」ことにはなりません。逆に、他律システムにすぎないAIに支配されている。

まぁでも、この場合はそれでいいんじゃないでしょうか。それで結婚できるなら。それで幸せになれるなら。幸福かどうかなんてしょせんは人間の錯覚にすぎませんから。そういえば「錯視こそ生物が自律システムたる所以」と『人工知能の哲学』という本に書いてありましたっけ。なるほど、そういうことか。

AIに仕事を奪われる人はたくさん出てくるでしょうが、AIには絶対にできないことはたくさんある。AIにできることは大いにやってもらい、できないことはもちろん人間がやる。そうやってうまく共存すればいいだけの話だと思います。

繰り返しますがAIは計算機にすぎません。電卓が発明されてもパソコンが発明されても人類はそれらを使いこなして文明を発達させてきたのだから、何も恐れることはありません。いままでと同じように自分たちの代わりに超高速の計算機として働いてもらえばいいのです。

ということをAI婚活のニュースを見て感じた次第。


ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード