聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ニュース

大阪府スマホ学校持ち込み解禁について思うこと

大阪府が公立小中学校へのスマホ持ち込みを解禁するニュースが1週間たっても巷を賑わせているようです。

直接のきっかけは昨年6月の震災で、安否確認のためということらしい。

しかし、いくら安否確認のためといっても、スマホを解禁したら依存症になる、授業が混乱する、スマホをもってない子がいじめられるなどなどいろんな反対の声が上がっているようです。


5c6b7f903b000069046b7e46

私はこのように休み時間に外で遊ばずスマホをいじる子どもが増えないように工夫するなら別にいいと思っています。

依存症については、すでに依存症の子どもってたくさんいると思う。学校が終わったらスマホばっかり見てるとか。いまさら学校で解禁したところでそういう子が増えるとは思わない。いま依存症じゃない子は学校に持ち込んでも依存症になることはないでしょう。

逆に、これをいい機会に外で遊ぶ楽しさを教えてやってほしい。
最近は公園とかでも鬼ごっことかかくれんぼとかドロケイとか缶蹴りとかやってる子どもたちほとんどいませんよね。子どもの数自体が減ってるのもあるんでしょうが、外で遊んだら危険だとアホな親が禁止してる場合も多そう。

特に小学校で大事なのは勉学よりも体力作りだと思う。体育と食育をきちんとするならあとはそれほど大きな問題じゃないだろうし、安否確認できる利点のほうが多いのではないか。

食育といえば、私の高校時代、保健体育の先生が、

「いまは魚を切り身で食べるやろ。あれはアカン。ちりめんじゃことかめざしとか、その生物のすべてをいただく『全体食』が大事」

と言っていました。

全体食? それがスマホ解禁と何の関係が?

国語の教科書ですよ。

日本の国語の教科書では、作品の抜粋しか載ってないじゃないですか。あれ、ほんとよくないと思う。ひとつの物語を最初から最後まで全部読むのが大事。

また、世界史の先生はこう言っていました。

「欧米の学校では、ある本を読んでレポートを提出するという課題がある。学校の図書館に生徒の数だけ本をそろえているからそういうことができる。日本の学校は1冊ずつしかないからとうていできない。世界史を理解するために必読の本がたくさんあるのに子どもたちに読ませることができない」

と嘆いていました。

だから、スマホなどタブレット端末の持ち込みOKにすることで、電子書籍で読めるようになるんじゃないか。あの先生の夢がかなうんじゃないか、という期待があるんです。

私自身は電子書籍が苦手です。兄貴がキンドルで中島敦の『山月記』を読んでるというので見せてもらったことがあるんですが、大好きな作品なのに少しも頭に入ってこない。でもデジタル・ネイティブ世代ならそんなことはないでしょう。むしろ日本の学校図書館に世界の古典を生徒の数だけそろえるなんて金銭的にも無理だろうし、そもそもそんな巨大な図書館を置ける土地がないのだから、スマホなどで電子書籍を読めることは教育効果が高いと思う。

家で読んだらいい?

いやいや、教室でみんなと同じものを読むのがいいんじゃないですか。ブックマークとかも簡単にできるだろうし、授業で聞いたことを書きこんだりもできるんじゃないの? よく知らないけど。

それに家で独りで読むと黙読になるでしょう? みんなで音読するのが大事だと思う。寺子屋みたいに『論語』の素読をするとか。そのためには『論語』をまるごともってないと。

マンガもいいと思うんですよ。下手な小説よりマンガのほうが面白いし真実に迫ったものは多い。「学校でマンガなんてけしからん」とか言う保守的な人間は相手にしないほうがよろしい。真面目なテーマを扱ったマンガばかりじゃなくてギャグ漫画とかもね。教室全体が笑いに包まれるなんて素敵。

とにもかくにも、国語は教育の基幹だから安否確認だけに使うんじゃなく、「読書における全体食」の楽しさ、大切さを子どもたちに教えてやってほしいと思います。

もちろん費用は税金で。自費だと家で読むことすらできない子もたくさんいるでしょうし。出版社も学校が買うぶんについては大幅に安くするとかね。再販制度があるから無理? いやいや、そういうのを変えていくために国会があるんでしょ。


20190218-00115142-roupeiro-000-36-view


高校野球の球数制限について思うこと(マウンドに立つまでが大事)

高校野球で球数制限のルールが導入するという新潟高野連に対して、日本高野連が再考を求めた問題。

確かに、一人のピッチャーに連日連投させるのは肩や肘によろしくない、将来を嘱望されるピッチャーほど連投を強いられるから制限するのはいいことだという意見と、いやいや、それではエース級が一人しかいない弱小校が圧倒的不利になる、はたまた、高校で野球をやめる生徒を球数だけで交代させていいのか、という感情論も出ているようです。


0bf037e0a2cc248dbab2e556d1f2804e_s

私もこの球数制限には大反対ですが、上記のような理由ではありません。

何よりも「100球」というデジタルな数字で区切ることが大いに疑問。個人差があるのになぜ一律100球なのか。

みんな頭の中がデジタルになってしまっていると思います。

球数が問題なんじゃない、大事なのは登板間隔だと、1日おきの投球なら大丈夫と言う人もいますが、それだって結局はデジタルな数字を論拠にしてる点では大差ない。

この問題についての意見を読んでいると、誰それは1試合で何球投げたとか、数字ばかりが前面に出てきています。それっておかしくないですか?

横浜のエースとして延長17回を一人で投げた松坂大輔。あのときの監督は「あいつならまだ投げられる」と確信していたそうです。練習のときから常に全員のコンディションや性格などを頭に入れ、「こいつはまだまだ」「でもあいつはもう代えてやらないと」と考えていたとか。何球とか何イニングとかそういうことじゃなくアナログな感覚。

結局のところ、指導者がちゃんと気を配っていればいいだけの話で、なぜ「(デジタルな)ルール」として制限せねばならないのかが少しもわからない。

勝つために一人のエースを酷使しないように指導者を教育することのほうが大事だろうし、何より一番大事なのは子どもたちへの体育指導じゃないですか? そこをおろそかにしてルールだけ変えても野球が面白くなくなるだけ。最近の子どもたちは幼い頃から冷房の効いたところで育つから汗腺の数が少ない。だから熱中症になりやすい。学校だけじゃなくて家庭での体育や食育がとても大事。

マウンドに立ってから何球とかそういうことじゃなくて、マウンドに立つまでのほうがよっぽど大事なのに、なぜそういうことを言う人がほとんどいないんでしょうか。

肩を壊す球児を減らしたい。それはわかります。

でもそれなら本から正さないと。試合というのは末端であって、本は日頃の生活ですよ。生活を大人がちゃんと見ていてやること。



上沼恵美子への暴言問題について思うこと

私ははっきり言って上沼恵美子という人が好きではありません。むしろ嫌いと言ってもいい。

M-1

でも、今回のM-1グランプリの直後にとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智の二人が「酔ってるのを理由に言いますが」と前置きしたうえで、

「おまえ」
「おばはん」
「クソ」
「更年期障害」

とNGワードを4つも出してしまったと聞き、動画も見ましたが、あちゃー、言ってはいけないことを言ってしまったな、と。

世間の反応も同じようなものだろうと高をくくっていたら、あろうことか、久保田と武智を擁護するばかりか上沼を批判する人も現れたりで、こりゃ黙っちゃいられないと筆を執りました。


酒を言い訳にするな
私はM-1そのものを見ていないので伝聞情報になりますが、上沼の採点はかなり偏ったものだったらしい。だから「人の人生がかかってんだよ」「1点で人生変わるんだよ」という二人の言い分は痛いほどわかる。でもね、それを「酔ってるのを理由に言いますが」などと前置きしてから言うのでは完全にアウトです。

もし彼らがしらふで面と向かって「ちゃんと採点しろ!」と言ったのなら別にいいと思う。その後、彼らがどうなるかはわからないけど、そこまで捨て身の作戦に出たのなら私は彼らを擁護していたでしょう。

しかし、酔っているからと好き放題言ってそれをネットに上げるというのは愚の骨頂。最も卑劣なやり方じゃないですか。

酒の上の席なんだから許してあげたら、という意見も目にしましたが、ダメでしょう。専門学校時代のT先生のことが思い出されます。


小津安二郎と溝口健二
odu小津
mizoguchi溝口

T先生は大映の人で、溝口の『雨月物語』などに助監督として付いたことがあり、監督として一本立ちもしました。しかし、溝口をはじめ大映の巨匠たちが列席した酒の席で(なぜか松竹の小津もいたとか)酔っぱらった挙げ句、あろうことか、料亭の縁側から放尿してしまったそうです。

T先生はそれから劇場映画を撮る機会を完全に失ったそうです。小津や溝口の顔に放尿したんじゃないですよ。縁側から外に向けてやっただけ。それでも一生干された。
「君らも酒の席では充分注意するんだぞ」と言うT先生の顔は紅潮していて「あれさえなければ……」という無念さが滲み出ていました。

だから、上沼に向かって「おまえ」だの「おばはん」だのと言ってしまった二人は干されて当然だと思います。


女だから?
今回の件であまり語られていないように思うのは、

上沼恵美子が女だからあれだけ威勢のいいことが言えたんじゃないの?

ということです。はたしてダウンタウン松本やオール巨人が偏った採点をしていたとして、彼らは同じように「おまえ」「クソ」などと言えたのでしょうか?

ちょうどいま問題になっている、医学部の採点で女子受験生だけ一律減点してたというのと通底していると思う。差別以外の何物でもない。#MeToo運動元年の最後にふさわしい事件のようにも思えます。


2回売れてこそ本物
1346296bba9b2a4d17a838a28aaca388-cm

上沼を審査員に招聘した松本人志が去年『ワイドナショー』でこんなことを言っていました。ベッキーがゲストのときだったはずですが、

「俺は昔、大阪の芸人は2回売れなアカンから損やって愚痴いうてたやん? 大阪で売れてさらに東京でも売れんとアカン。でも最近はすべての芸能人が2回売れなアカンのちゃうかって思うんですよ。ベッキーのように1回売れたけどスキャンダルで干される。でもこうやってセカンドチャンスをもらってテレビに出てる。これから2回目のブレイクを目指せばええんちゃう?」

久保田と武智の二人にも同じことが言えると思います。いまは謹慎みたいな感じで干されるのも致し方ない。でもセカンドチャンスを与えないというのはいかがなものかと思う。T先生のような人をもう出してほしくありません。

与えられたセカンドチャンスをものにできるかどうか、それは彼ら次第。




ギャラリー
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード