聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

テレビ

『男たちの旅路』①-③「猟銃」(デウス・エクス・マキーナのうまい使い方)

山田太一脚本、鶴田浩二主演による『男たちの旅路』第1部第3話「猟銃」。


o0259019514150396029

デウス・エクス・マキーナ
鶴田浩二がまた若者の胸を痛打する爽快な一編ですが、これ、デウス・エクス・マキーナを使ってるんですね。

デウス・エクス・マキーナというのは、ギリシア悲劇で非難の的だった「機械仕掛けの神」のこと。いろんな難題がある物語を、最後に突然現れた神様の一言で解決して終幕させる手法。これから派生して最後に突然現れた悪人を退治して一件落着というのもデウス・エクス・マキーナと言われます。いわばご都合主義の手法ですね。

『男たちの旅路』全体では、鶴田浩二演じる吉岡司令補という、若者が嫌いな主人公が変化する過程を描いています。
特にこの第1部ではそれがメインの葛藤を織り成している。第1話「非常階段」では甘ったれた自殺未遂者・桃井かおりを叱責し、第2話「路面電車」では万引き犯に肩入れすることがやさしさだと勘違いする水谷豊らを叱責して退職に追いやります。
第2部以降は若者にも理があり、大人たちや老人にも問題があるという主題になって鶴田浩二の変化のほうが主題になりますが、ここではまだ鶴田浩二が若者たちを変化させるのが主眼。

だから、ここでのデウス・エクス・マキーナは、水谷豊、森田健作、桃井かおりという若者たち3人を鶴田浩二が変化させるために終盤突然現れた猟銃強盗犯のことです。

彼ら強盗犯は、第2話で辞めてしまった若者たちをもう一度鶴田浩二のもとへ帰らせる役目を担っています。デウス・エクス・マキーナというのは、第1部全体を通してのことです。第1部を一気に収束させるための手。これが実にうまいというか、いままで何度も見てるのに、あれがデウス・エクス・マキーナとは気づきませんでした。


ファーストシーンで暗示にかける
冒頭で猟銃をぶっ放すシーンがあるからでしょうね。あくまでも「猟銃」一編だけに限れば、デウス・エクス・マキーナではない。でもシリーズ全体を見るとデウス・エクス・マキーナである。なるほど、禁じてと言われる手法もこういうふうにすればうまい手法に変わるのかと勉強になりました。

この第3話の眼目は、鶴田浩二と久我美子の30年間の恋愛ですよね。それを猟銃をぶっ放すシーンから始める。これはセオリーではない。鶴田浩二と久我美子の物語に関連する場面をファーストシーンにもってくるのがセオリー。たとえば、猟銃発砲の次の場面、久我美子が息子の森田健作の家を訪ねるところをファーストシーンにもってくるとか。もしこの話単独ならばそうしないといけない。

しかし、山田太一さんは猟銃をファーストシーンにもってきた。これはおそらく強盗犯がデウス・エクス・マキーナであることを悟られたくなかったからでしょう。この話はあくまでも強盗犯を捕まえる話なんですよ、と視聴者を暗示にかけるためのいわば詐術です。タイトルを「猟銃」にしていることからも明らかです。どう見ても鶴田浩二と久我美子の話なのに。それを通して若者たちの内面を激変させる話なのに、猟銃を最初から意識させておけば両方がうまく絡まった話に見えるだろうという計算。すべての詐術がダメなわけではない。使ったほうがいい詐術もある。嘘も方便。


山田太一さんのあの手この手
とはいえ、強盗犯が「おまえらどうせカネなんだろ? カネで動く奴が俺は好きだ。正義だ何だとかいう奴は嫌いでね」という場面はちょっと白けますよね。水谷豊たちと同じことを言うもんだから、鶴田浩二が彼らを倒すことで若者たちが改心することがわかってしまう。

しかし山田太一さんは工夫を怠らない。鶴田浩二が突っかかっていって撃たれ、それを見た他の警備士が「私にも吉岡さんと同じ誇りがある!」と言い、最終的に若者3人が強盗犯を捕まえる。
若者たちの無意識の発露に任せる。鶴田浩二はきっかけを作るだけ。


吉岡司令補の意地
「じゃあ、おまえはどういうのがほんとだと言うんだ。カネのためならほんとだと言い、人のためなら偽善だと言う。人間はそんな単純なものじゃない。そういうふうに高をくくっちゃいかん」

素晴らしいセリフですが、ここで問題なのは、鶴田浩二は水谷豊たちにこのセリフを言ったから、それを実践するために強盗犯に立ち向かっていったのか、ということです。

冒頭の猟銃乱射事件のあと、現場を見に来た鶴田浩二が若い警備士たちに言いますよね。

「我々は丸腰だ。犯人を見つけたからといって無理に立ち向かわないことだ」

これは警備員としての一般論であるのは明らかですが、とすると、やっぱり我らが吉岡司令補は水谷豊たちとのあれこれがなくても丸腰で立ち向かっていったんでしょうか。

私の解釈は否、です。だって、自分が立ち向かっていくことで他の者も全員殺されるかもしれないんだから行かないでしょう。彼一人なら立ち向かっていったかもしれませんが、7人もの命がかかっているときにあの吉岡司令補がそんな無茶なことをするはずがない。

突っかかっていくときの鶴田浩二は冷静さを完全に失っています。やはり久我美子との30年に及ぶプラトニックラブを否定されたことでかなり感情的になっていたのでしょう。常に冷静沈着だった吉岡司令補が初めて人間的な一面を見せる。警備員としての責任とか本分とかでなく、一人の男としての「意地」。

だから、犯人がデウス・エクス・マキーナであることは確かですが、機械仕掛けの神がメインプロットを解決する代わりに、メインプロットで生み出された激烈なエモーションが機械仕掛けの神を成敗してどちらも首尾よく解決される、という仕組みにもなっている。

実にうまい。完全に脱帽ですわ。




『刑事ゼロ』1話(大逆転! しかし……)

昨日から始まった沢村一樹主演の『刑事ゼロ』
記憶喪失で20年間の記憶を失った刑事が活躍するというので面白そうだと思って見始めたんですが……


keijiZERO

苦手な本格ミステリ
はっきり言って途中で見るのやめようかと思いました。

何しろ私は本格ミステリというのが苦手でして。昨日の1話でも「源氏香図」というのはまったく知らなかったので雑学としての面白さはあったものの、それに沿って殺人を犯していくという見立て殺人というのがぜんぜん乗れない。あんなふうに人を殺す人なんていないでしょ、と、たまに本格ミステリを読むといつも思ってしまうんです。

でも、『刑事ゼロ』で扱われる事件がすべてそういうものかどうかはわからないし、と思って見ていましたが、しかし、この物語の一番の勘所は犯人が誰かとかトリックは何かとかそういうことじゃなくて、主人公が記憶喪失だということですよね。


なぜ刑事を続けるのか
沢村一樹がなぜ刑事を続けようとするのかわからなかったんです。必死で記憶喪失を隠して刑事を続けようとし、部下の瀧本美織にばれて監察に言うと言われ、それでも続けると。20年前は交番勤務だったようで刑事に対する憧れはあるんでしょうけど、それだけで記憶喪失なのに続けるだろうか、と。

瀧本美織を必死で説得する場面で少しは納得できましたけど、まだ何かわだかまりがある。

と思っていたら……


大逆転!
もともとおかしいと思っていたんですよね。看護婦と言わずに看護師と言っていたのは気づきませんでしたが、スマホの操作の仕方をなぜ知ってるんだろうとは思ってました。叔父の医師・武田鉄矢に、

「実は20年間の記憶をすべて失っているわけではない。刑事に関することだけを忘れている。忘れているというより、記憶はあるがそれを思い出そうとすると無意識が拒否する。刑事であることにかなりのストレスがあったようだ」

みたいな意味のことを言いますが、これで俄然興味が湧き、来週も見ようと思いました。

『仁義なき戦い』の脚本家・笠原和夫は、「枷は主人公の心のあり方にこそ求めるもの」という教えを遺していますが、このドラマはまさにそれですよね。

主人公の無意識は刑事を辞めたがっている、でも警察官を志した彼の正義感はそれよりも強い。交番警察官だったころの純朴な主人公が、名刑事と謳われた心の中のもう一人の自分との闘い。面白そう。

ただ、それと事件の謎解きがリンクしていないのが気掛かりです。昨日の見立て殺人の謎解きはそれとは関係なく、ただ沢村一樹が刑事の嗅覚を失っていないことを瀧本美織に思い知らせるためのものだけだったような……? 

来週からの事件は記憶喪失とのリンクがあるのでしょうか。記憶の秘密が明らかになると、彼が必死で刑事を続けようとした動機にも納得がいくのでしょうか。

これからどういう展開を見せてくれるのか、とても楽しみです。



2018テレビドラマベスト5!

いつもは映画のベストテンしか選ばないんですけど、珍しくテレビドラマのベストでも選んでみようかと思い。ただの気まぐれ。

といっても、私の場合、見始めるのは結構な数なんですが、この先面白くなりそうにないと直感で思ったら容赦なく途中で見るのやめるので、最後まで見たのはほんのわずか。単発ドラマもそれほど見ないので10本にはどうしても到達しないのでベスト5ということに。

では、その5本は以下の通り。(放送当時に感想を書いたものにはリンクを貼っています)


①弟の夫
dele/ディーリー
③フェイクニュース
④リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~
義母と娘のブルース



1本ずつコメントすると……

①弟の夫(脚本:戸田幸宏)
otoutonootto

今年はもうこれですよね。連ドラ(といっても3話しかないけど)をほとんど間をおかずに2回も見たなんて『王様のレストラン』以来かも。
弟とその夫を毛嫌いしていた佐藤隆太が変化する様子を丹念に描いて素晴らしい。しかしいくら変化して弟のことを理解できても、もう彼はこの世にいない。
「俺には弟がいた。リョウジが大好きだった」というモノローグが哀しく響く。


②dele/ディーリー(脚本:本多孝好、渡辺雄介、青島武、瀧本智行、金城一紀、徳永富彦)
dele

これも素晴らしかった。山田孝之の素晴らしさはもちろんのこと、菅田将暉がいいと思ったのは出世作『35歳の高校生』以来かも。
どの回が一番好きか、と訊かれたら……うーん、全部好きと答えたいけど、あえて高橋源一郎&余貴美子の3話と橋本愛&柴咲コウの5話かな。
どっしりした山田とちゃらんぽらんの菅田。いいコンビでした。


③フェイクニュース(脚本:野木亜紀子)
fakenews

『獣になれない私たち』にはついていけなくて2話でリタイアしましたが、これはキタって感じでしたね。フェイクニュースを追及していた主人公自身がフェイクニュースに踊らされていたというどんでん返しはかなり意外というか、見た人はみんな足元をすくわれたのでは? だからフェイクニュースは怖い。
「人間の目には自分の見たいものしか見えない」というアリストテレスの言葉が思い出されます。


④『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(脚本:橋本裕志)
regalV (1)

これはちょっとシナリオに難ありかな、と思います。だって、結局、敵であったはずの向井理の裏切りによって勝つわけでしょ? 敵失で勝利というのは痛快ではあるけどつまらない。ではなぜここに挙げているかというと、なにより画像の6人が素晴らしいから。適材適所のキャスティング。役者で魅せる正攻法。
米倉涼子は『ドクターX』とどこが違うのかという批判もあるようですが、それを言ったら『35歳の高校生』も同じような芝居だった。別にいいんじゃないですか。ジョン・ウェインだってイーストウッドだってどの映画でも同じなんだし。そんなの批判の理由にならない。
ただ、私は米倉より林遣都こそ、この『リーガルV』の世界を根底から支えていた功労者だと信じていますが。


⑤義母と娘のブルース(脚本:森下佳子)
gibotomusumeno

リンク先の感想を見てもらえばわかりますが、私はこの作品を買っておりません。どうしても竹野内豊が死んでからがつまらないので。
ただ、彼が死ぬ5話までは破格の美しさでした。もし6話以降もあの味わいが続けば断トツのトップだったでしょう。
とにかく綾瀬はるかが素晴らしい。彼女でなければ出せない味でした。


というわけで、これが私の今年の5本。次点には中村アンの『ラブリラン』を。

関連記事
2018書籍ベストテン!
2018映画ベストテン!


弟の夫 [DVD]
佐藤隆太
NHKエンタープライズ
2018-07-27






ギャラリー
  • 宇宙開発と飢餓問題(両方大事の哲学)
  • 『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード