聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

テレビ

『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て思ったこと

昨日のドキュメンタリープラス『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て義憤に駆られたので感想を書きます。


警察庁の金星ではあるが……
yamebou2

西山組という建設会社を営む西山さんは、かつて山口組系暴力団の組長をやっていたが、35年前に辞めて西山組を立ち上げ、暴力団を辞めて行き場を失った人たち=「ヤメ暴」の受け皿を担っている。

毎月20通もの手紙が全国の刑務所から送られてきて、

「孤独です」
「もう死にたいです」

という悲痛な声が綴られている。西山さんはそういう人たちがカタギとしてやっていけるように更生する役目を担っている。

しかし、おかしい。

警察庁の発表では、暴力団対策法が施行されてからの26年でかなりの数のヤメ暴が生まれていて、この10年間でも2万人以上。そのうち就職できたのはたったの182人とか。暴力団としてやっていけなくしておいてあとは放っておくだけ。

確かに暴力団の数は減り、構成員の数は減った。だから西山さんは言います。「ヤメ暴が増えているのは警察庁の金星です」

でも、増えたヤメ暴がカタギとして就職できず社会の中をさまよっている。「警察庁の金星ではあるけど、社会の金星ではないよね」

まったくその通り。暴力団や暴力団員の数は減り、数字の上では「反社会的勢力」はどんどん縮小しているように感じられるけれど、ヤメ暴を放っておいたのではどうしようもない。食えなくなったら簡単に法を犯して金品を得ようとするし、彼らは殺人だって厭わない。それではダメでしょう。辞めさせたのなら国が何とか支援する手立てを打たないと。


yamebou1

警察が反社会的勢力!?
このドキュメンタリーではものすごく印象的な場面があります。ナビゲーターの武田梨奈もイチオシだと言っていた場面。

西山さんたちが街頭に出てヤメ暴への理解と支援を訴えようとすると、警察から横槍が入る。西山さんたちは必要なものを入れるために近所のスーパーの了解を得て買い物カゴをもっていたんですが、警察官はそれを疑ってわざわざスーパーに電話を入れて確認を取る。確認が取れても「まだ確認が取れていないので」とか何とか時間を稼いで街頭演説できないようにした。

ここだけ見たら完全に警察のほうが「反社会的勢力」じゃないですか。

後日、署長から西山さんに謝罪があったらしいですが、あんなふうに社会からヤメ暴やヤメ暴を支援する人たちを排除するだけではよけいに犯罪が増えてしまう。

経済の問題と相似形を成していると思いました。


経済の問題との相似形
国は国民から税金を収奪し、その代わり社会保障などで再分配するのが本来のあり方ですが、最近は再分配がうまく行き届いてないですよね。来年から消費税が上がるらしく、安倍某は社会保障費としてと言っていますが、そんなのウソだとみんな知っています。

それと同じように、警察は暴力団を壊滅することにばかり熱心で、そのために増えたヤメ暴の受け皿を作らないばかりか、ヤメ暴さえ社会から排除しようとしている。

排除するだけで受け容れない。
収奪するだけで再分配しない。


いまこの国は相当やばいことになっていると感じました。


『王様のレストラン』オーディオコメンタリーが面白い!

三谷幸喜の不滅の大傑作『王様のレストラン』DVDのオーディオコメンタリーを聴いたんですが、これがやたら面白かった。



登場人物名の由来
まず驚いたのが、この物語は「弁慶と牛若丸」がベースなんですってね。千石さんが弁慶で禄郎が牛若丸。だから平安時代から鎌倉時代の人の名前をもじっているとか。

千石武の武は武蔵坊の武で、禄郎は「九郎義経」から来ているとか。三条政子は北条政子から(最初の台本では「南条政子」だったとか)。ディレクトールの水原範朝は禄朗の兄だから源頼朝から。「源」はサンズイに原なので「水原」にしたとか。へぇ~~~。

とはいえ、11話全部で作者の三谷幸喜がホスト役を務めるということで、作劇に関する秘術など伝授してもらえるのかと思ったらぜんぜん違いましたね。だいたいは俳優さん同士で遊びに行った話とか、お互いの芝居を見に行ったとか、あのシーンは誰それのアドリブとか、そんな話ばかりで。

でも、不満だったわけではありません。すごく面白かったです。

とはいえ、あくまでもこのブログでは、例えばデュヴィヴィエ役のジャッケー・ローロンがフランスで映画監督になったとか、梶原善は誰に対しても失礼だったけど誰とも仲がよかったとか、死んでしまった伊藤俊人がやたらマニアックなエッチビデオを共演者仲間に貸しまくっていたとか、そういう話には触れません。

やはり私にとって興味深いのは、作劇術は語らなかったけど三谷幸喜のプロ根性とか、松本幸四郎の「エッチビデオから古典芸能まで」とか、そういう話。


自分の作品は見ない
三谷幸喜が毎回ゲストに訊いていたことのひとつが、

「自分が出演した作品を見るかどうか」

ということでした。

見る人もいれば山口智子みたいに「究極の飽き性」で新しいことを吸収することばかり考えてるから見ないという人もいる。
でも、見るという人も「このドラマだけ特別」という感じで、普通は見ない人が多かった印象。

それよりも、三谷幸喜の「自分の作品を見るのがいや」という言葉が興味深い。

「僕にしかわからないミスというか、もっとこうすればよかった、こういうセリフにすべきだったとか、反省することばかりだから基本的に見ません」

とのこと。自分の作品を「会心の出来だ!」とかいって読んでほくそえんでいる私とはそういうところが違うんだなぁ、と。

でもオンエアでは必ず見るそうで、というか、オンエアでしか見ないそうです。もちろん録画じゃなくて生で。山口智子は「日本中のいろんな人がいま同じものを見てると思うとすごくいやになるからオンエアでは絶対に見ない」と言っていたのとは好対照。

三谷幸喜がなぜオンエアで見るかというと、裏番組のチェックをしたいから、とのこと。CMになったらすぐ裏番組を見て面白そうだったら「やばいな」とか、いろいろ考えるそうです。

この人がCMを入れるタイミングも脚本に書いてることは知ってましたが(『今夜、宇宙の片隅で』のシナリオ集にはっきり書かれていました)出演俳優がスポンサーのCMに出ている場合は、その俳優のアップで終わらないように書くんだとか。そこまで考えて!? すげー!


松本幸四郎の「総合芸術論」
52f01bafbf3221ab8bcd519db8745bba
エッチビデオから古典芸能まで上手下手というものがある。と力説する千石さんこと松本幸四郎。あまりにエッチビデオを語るのでやっぱりこの人はすごく面白いんだなぁと思いましたが(あとダジャレが大好き!)もっと印象に残ったのは「総合芸術論」でした。

「芝居や映画は総合芸術と言われますが、いま、それを履き違えている人が多いんじゃないか」

「脚本家、俳優、演出家、カメラ、美術、小道具、音声など、自分の役目だけを極めた人が集まってそれぞれの技を総合するのが総合芸術だと思われている節がある」

「本来の総合芸術とは、俳優も芝居だけでなくホンのことも演出のこともカメラのこともわかっている、カメラマンもカメラ以外のことがわかっている、一人一人がすべてのことをわかったうえで自分の専門分野の技を出す、ということだと思うんです」

うーん、深い! さすが数十年も舞台に立ってきた人の言葉だな、と。

とにかくめったやたらに面白かったです。


関連記事
①ヒーローは千石さんではない?
②ヒーローはオーナー禄郎である!
③シェフしずかはヒーローでないのか?
④ディレクトール範朝から千石さんへと至る道
⑤アンチヒーロー千石武
⑥最低だが素晴らしい!



「二郎」と「次郎」の違いについて

昨日の『この差ってなんですか?』で、なかなか興味深い話を見ました。

「二郎」と「次郎」の違いは何か。

うーん、、、どちらも二番目に生まれた男の子だと思ってましたが、違うの?

まず、「太郎」「次郎」「二郎」「三郎」というのはすべて正式な名前ではなく、「通称」であるということ。昔は幼名から大人になるまで何度も名前を変えましたよね。

平安中期に武士が登場してからのことらしく、例えば源頼朝は三番目、弟の義経は九番目の男の子だったから、それぞれ「三郎」「九郎」という幼名だったそうです。確かに「九郎義経」っていいますもんね。

さて、「二郎」と「次郎」の違いですが……

どうも、「次郎」のほうが二番目に生まれた男の子なんだそうです。一番目は跡取りだからたくましく育ってほしいという理由で「太郎」とつけ、その次の跡目を担うから「次郎」だと。そして「三郎」「四郎」「五郎」……と続いていく。

じゃ、「二郎」は?

実は、十一番目が「一郎」、十二番目が「二郎」なんだそうです。

なぜか。「十」という字は切腹のとき十文字に腹を切るので縁起が悪いということで使いたくなかった。「十」を省略して「一郎」「二郎」と名付けたんだとか。

じゃあ、十三番目はどうなるんだ、という疑問が湧きますが、その場合は「又三郎」「与三郎」となづけたそうです。なるほど、風の又三郎や切られ与三郎は十三番目の男の子だったのか。

ちなみに「七」という数字も縁起が悪かったそうです。「十」と「七」って似てますよね。十文字に切った腹から内臓がはみ出ている図に見えるから「七郎」と名付けるのは嫌われた。

その場合は、七を三と四に分けて「三四郎」にしたそうです。なるほど!


蛇足
ラーメン二郎というラーメンチェーン店がありますが、あれは創業時に「ラーメン太郎」というヒット商品があったため、その跡目を狙うという意味で「ラーメン次郎」として出発したらしいんですね。「太郎」の次だから「次郎」というのはだから理に適っているわけです。
それが「ラーメン二郎」になった理由は移転する際にペンキ屋が間違えて「二郎」と書いてしまったと。ま、ウィキペディアに書いてあることなんでどこまでほんとかわかりませんがね。少なくとも太郎から数えて十二番目という意味でないことだけは確かなようです。


ギャラリー
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』(ボロ泣き!)
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード