テレビ

2019年06月02日

今日のワイドナショーで「禁欲ボックス」なるものが紹介されていて、やたら興味をもちました。


D8BagV_U8AATPwH

何でも、お菓子やお酒、スマホや現金など、しばらく我慢したいときに入れておく箱だとか。最短1分から10日間までの幅広い時間設定をすることができ、設定した時間が来るまで絶対開かないとか。壊せば開けられることは開けられるけれども、スマホだと壊れる可能性があるし、何よりこの禁欲ボックスは価格が1万円もするとかで、せっかく大金出して買ったものを壊すことにためらいをもってしまい、禁欲完遂! ということが多くて大好評とか。

古市憲寿は大好物のチョコレートを入れて使っているそうです。放送中にスタッフに用意されたチョコレートを無意識に3個も食べていて、あそこまで好きならこういう箱を使ったほうがいいのかも。いくらチョコレートは健康にいいといっても、食べすぎはね。

調べてみると、この禁欲ボックス、商品名は「タイムロッキングコンテナ」というらしく、アマゾンで検索してみると、ほんとに1万円を超える価格設定で、ある芸人が紹介したところ、2,3か月で売れる量がたった3日で売れてしまったとかで、現在、常に品薄の状況だそうです。


b85787959a75e13606cf03a7169951ad (1)

昔、ホテルの客室清掃をやっていたときのことですが、そのホテルには「ファスティング」というサービスがありまして、ファスティングとはfasting、つまり断食のこと。朝食を意味するbreakfastがfastをbreakする、つまり夜中の半日近い断食を破ること、というのは結構知られてますよね。

話を戻すと、ファスティングというサービスは、ダイエットしたい人や断食して健康になりたい人のために「お客さんを軟禁するサービス」なんです。一週間ぐらい自分から軟禁してくださいと大金を出して泊まりに来るんですよ。いくらかは知りませんが、スイートルームに置いてあるアメニティと同じもの、例えばロクシタンのスキンケア用品とかを常に用意せねばならないので結構な額だと思います。

ただ、我々清掃会社の人間はいつも言っていました。

「自分から軟禁してもらわないと断食できないんじゃ、ファスティングが終わって自分ちに帰ったらリバウンドで大変だろう」

「そもそも、軟禁といっても部屋から出ようと思えば出られるわけだから近くのコンビニで食べ物を買うことはできる。意味ないのでは?」

まぁ一番でかい声で言っていたのは私ですがね。だから当時の私がタイムロッキングコンテナの存在を知ったら「こんなものを大枚はたいて買う奴はバカ」とせせら笑っていたかもしれません。


ダウンロード

でもいまは違います。古市ほどじゃないけどお菓子が好きでね、買い置きというのができないんですよ。おかげでちょっと前の健康診断でまた肝臓の数値が悪く、軽い脂肪肝に戻ってしまったようです。昔は実家暮らしであんまりたくさん食べると文句言われてましたが、いまは一人だから食べようと思えばいくらでも食べてしまう。自分の欲望から逃げたくても逃げられない。

だから最近は脂肪をたくさん含んだお菓子は買わないようにしています。買ったらその日のうちに全部食べちゃうから。せんべいみたいな脂肪のほとんどないものでも食べすぎはよくないでしょ。だから、あまりおいしくないせんべいを買い置きしておくんですよ。それならいっぺんに全部食べずにすむから。でもやっぱりたまにはおいしいものを食べたくて買っちゃうんですよね。

そういうときに、、、

hl9OAPPiRFKH._SX300__

こういう感じで12時間とか24時間後まで開かないと設定すると万事OK!

現金も入れておけばファスティングの客みたいに外へ買いに行くこともできない。突発的に金が必要になったら困りますが。

スマホみたいに自分のものが1個しかなく、他のもので代替できないもののほうが効果は高いのでしょう。受験生なんかはこういうのがあったほうがいいでしょうね。勉強させたい親は1万円でちゃんと勉強してくれるのなら安いもの、と買ってあげるでしょう。私は少しもスマホ中毒じゃないから必要なし。必要なのはやっぱりお菓子ですね。

ただ、貧乏な私の場合、1万円というのはかなり高価。壊せない価格設定というのはわかるけど、初期投資として1万は高すぎる。

というわけで、私はやっぱり買わず(買えず)「できるだけお菓子を買わない」というアナログな対処法しか無理なようですが、欲望が肥大しすぎた現代人に「禁欲ボックス」が必要であることは間違いないし、爆発的に売れているのも大納得です。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月27日

MBSの映像’19『壊憲 ~この国の憲法は、どこへ~』をとても興味深く見ました。

安倍自民党が推し進める改憲運動を「壊憲」と断じる慶応大学名誉教授・小林節さんを主軸にしたドキュメンタリー。やはり「映像’19」は力のある番組が多いですね。


9

憲法遵守義務は誰にある?
小林節さんは恥ずかしながら何となく名前を聞いたことがある程度でしたが、なかなか骨のある人だと思いました。もともと改憲派だったらしいですが、自民党の改憲草案を見て護憲派に鞍替え。転向のそしりを恐れない。

知らない人が多いですが、「自白に証拠にならない」ことは憲法に明記されています。なぜ刑事訴訟法とかでなく憲法なのか。それは憲法と法律が権力者と一般大衆のどちらに軸足を置いているかが違うからです。

憲法は何よりも権力者の暴走を防ぐのが目的で制定され、一般大衆を守るのがその役目。
対して、その憲法の枠組みの中で権力者が一般大衆を縛るのが個々の法律(何々の罪を犯したら刑務所に入らねばならないなど)。

なので「自白は証拠にならない」(現実の司法はそうなっていませんが)というのは、だから憲法に明記されていないとおかしいわけです。

小林節さんが護憲派に鞍替えしたのは、自民党の改憲草案が「国民に憲法遵守義務を謳っている」から。権力者の暴走を防ぐのが憲法なのだから本来は政治家や官僚に憲法遵守義務があるのに、国民にその義務を負わせる。それはおかしいだろう、と。


国民投票時はCM規制なし⁉
これも恥ずかしながら知らなかったんですが、選挙のときは規制があるCMが、国民投票ではまったく制限なしだそうです。

だから、改憲派が物量作戦でCMなどを投下するのは目に見えている。立憲民主党の枝野幹事長も危機感を抱いているらしく、昨日こんな記事がすでに出ているそうです。いま知りました。⇒枝野氏「CM規制優先を!」

番組では、例えばAKB48などの人気グループが「古い時代よ、さようなら。新しい時代の風が吹く」みたいな歌詞を歌えば改憲派に風が吹く。憲法とか改憲とか9条とかそんな言葉を出さなくとも自分たちに有利な風を吹かせることができることに危機感を滲ませていました。


アダルトビデオ製作者たちへの講習会
小林節さんがとても素晴らしいと思ったのは、アダルトビデオ製作者たちを招いて表現規制と闘おうという集会を開いていることですね。

「国民の自由を規制するには、まずエロ規制というのが一番やりやすい。エロ規制から始まって、いつの間にかすべてを規制されるんです」

確かに、エロ規制となると大っぴらに反対しにくい。そういうところから入ってくるだろうから先手を打ってAV製作者たちに講習会を開くというのは蒙を啓かれるというか、なるほど、本当に偉い学者というのはそういうところもちゃんとケアするんだなと感心しきりでした。

とにかく、改憲そのものは否定しませんが、やはり憲法遵守義務を国民に負わせる安倍自民党憲法草案には真っ向から反対せねば、と決意を新たにした次第です。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月03日

日本映画専門チャンネルで再放送された『古畑任三郎』シリーズ。

私はかねてからこのシリーズが好きじゃありませんので、印象的な回だけ再見しました。

中森明菜、木の実ナナ、鹿賀丈史、桃井かおり、菅原文太の回を見ましたが、うーん、どれもこれもつまらなかった。どれも謎解きになってないというか、初見のときにあれほど印象的だった鹿賀丈史の新幹線のリクライニングシートを倒すか倒さないかという回にしても、あの実験に鹿賀丈史が協力してくれなかったらどうするつもりだったのか。それ以前に、あの後ろにいたヤクザっぽい男に面通しを頼めば済む話では?
菅原文太の回にしたって、ホテルの管理人・梶原善が偶然ボヤを起こしてなかったらどうだったのか。それでもアリバイは崩せるとは思うけれど、ではボヤ⇒腐ったリンゴの流れは必要ないようにも思う。それに全般的に自白に頼りすぎでしょう。

なぜ昔はこんなものを面白がったんだろう、と思うものばかりでしたが、唯一いま見てもかなり面白かったものがあります。それが最高傑作との誉れ高い、第2シーズン第7話(通算第20話)『動機の鑑定』。


mig

骨董屋の犯人・春峯堂は、業界ではあまりにあくどいと最低の評判をもつ男。現代最高の陶芸家で人間国宝でもある川北百漢が焼いた壺を本物の「慶長の壺」と鑑定した男。なぜ百漢が贋作を作ったかというと、春峯堂を陥れるため。すでに本物の慶長の壺を手に入れており、これを公表すれば春峯堂の評判は地に堕ちる。

というわけで春峯堂は金づるの美術館長・角野卓造と共謀して百漢を殺害。そのあと「もうあんたとは手を切りたい」という角野をも殺害する。そのときに凶器として使ったのが他でもない慶長の壺。しかも鑑定の結果、凶器に使われたのが本物で、残されたのが贋作。贋作で殺したのならかなりの目利きが犯人、つまり春峯堂だと古畑は睨んでいたのですべての目算が崩れてしまう。

というのが、解決篇までのあらまし。

結果として、別の側面から春峯堂のアリバイを崩した古畑の勝ちとなるんですが、なぜ春峯堂が本物で殺したのかについては「とっさのことであなたにもどちらが本物かおわかりにならなかったようですね」としか言えない。

神妙に自供に応じる春峯堂は言います。(あんな簡単に自供に応じるのはご都合主義だとは思うけれど)

「本物は言ってみればただの古い壺です。しかしこちらはあの人間国宝が私一人のために焼いた壺。私一人を陥れるために。ならばどちらを犠牲にするかは……。古畑さん、物の価値とはそういうものなんですよ」

なるほど、「主観的な価値」と「客観的な価値」ということですね。あるいは「市場的な価値」と「個人的な価値」と言い換えてもいい。

警察の鑑定は約400年前の土が使われているから本物だという科学的な鑑定でした。それは「客観的な価値」に基づいてのものであって、審美眼に基づいたものではない。古畑は常に論理的に犯人のボロを崩していくことを商売にしているから、論理に基づかないものは理解できない。


img20120402004

この『動機の鑑定』が素晴らしいのは、「美」という論理派・古畑任三郎には絶対に解けない謎を提示したことにあります。何を美しいと思うかは極私的な問題であり、客観的な論理というものが入る余地がない。

もしかすると、春峯堂はそれを言いたくて自供に応じたのかもしれません。論理だけを手掛かりに刑事をやってきた男に「論理だけでは人の気持ちは理解できないよ」ときついしっぺ返しを食らわしたかったのかも。

ならば……

もっとこの問題を突き詰めてほしかったという思いもあります。

目撃者は「美人」だというけれど、それはその人にとって魅力的な女性だっただけで、古畑の目には魅力的じゃないから誤算が生じるとか。

『古畑任三郎』だけでなく推理物全般に言えるのは、犯人がインテリだということ。探偵役もインテリ。インテリは理屈でものを考えやすい。だから理屈では割り切れない「美」とかそういうことを話の主軸に据えたものをもっと見たかったというのが正直なところ。

逆に言うと「完全犯罪」とはそういうところにしか生まれないのかもしれませんね。

関連記事
「価値」とは何か(フィギュアを箱から出さない人の心性について)


古畑任三郎 2nd season DVD-BOX
田村正和
フジテレビジョン
2004-04-21





  • このエントリーをはてなブックマークに追加