聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

テレビ

『正義のセ』①第2話で見えた作者たちの狙い

吉高由里子が新米検事を演じる『正義のセ』。

先週の第1話は、あまりに青臭さが前面に出すぎてて、「青臭さを失ったら人間おしまい」と思っている当方としてはうれしい反面、ちょっと戸惑いもありました。

だって、、、


危惧
seiginose2

この人、検事に見えないでしょ? 窮地で抜群の頭の良さを発揮したりしますが、本当に司法試験に合格した人間なんだろうか、と。

でも、そこは吉高由里子。持ち前の天然キャラを最大限に活かして、そのような不自然さをギリギリで回避しています。これからのお約束になりそうな「トイレでの頭がんがん絶叫」もこの人らしくて面白い。

ただ、第1話を見たかぎりでは、このまま「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」でずっと行くとしたらきついな、見るのやめてしまうんじゃなかろうか、と危惧していました。

しかしそれは昨日の第2話で雲散霧消しましたね。

第1話ではパワハラ上司の傷害事件という比較的軽い事件でしたが、第2話は「もう?」と思いたくなる殺人事件。ここで殺人事件をもってきたということで凡百のお仕事ドラマにはしないぞ、という作者たちの意気込みが見えた気がします。


絶妙なプロットポイントⅠ
全10話と仮定した場合、もし最後まで純粋なお仕事ドラマで行くなら、第2話はもうちょっと重めの事件にして、第3話でいよいよ殺人事件ということになるのが普通でしょう。三幕構成で言うところのプロットポイントⅠで大きな事件を扱う、つまり、新米検事が飛躍するきっかけとして殺人事件が扱われることになったであろうと思われます。

しかし、第2話で主人公に突きつけられた殺人事件が「家族」に関するものだったことでこのシリーズ全体の行方ががらりと変わったように思います。彼氏との遠距離恋愛に悩み、未婚であることを気に病んでいるアラサー女性である主人公が、事件を解明していく過程で「家族とは」「夫婦とは」ということを考えざるをえなくなる。そのための殺人事件。検事として飛躍するためのエピソードではなく、一人の独身アラサー女性にとって考えさせられる事件となっていました。

寄生している実家の豆腐屋を妹の広瀬アリスが継ぐと言い出して親子喧嘩になったり、そしてこの人も家族のことで悩んでいる。


seiginose3

安田顕があまりにいい味出しすぎで、いっそこの人を主役にしたスピンオフドラマを見たいとすら思わせる名演ですが、この小姑みたいな事務官も家族のことで悩んでいる。

つまり、『正義のセ』と謳っている以上、あくまでも表面上は「新米検事のお仕事ウロウロ奮闘記」で行くんでしょうけど、それと同じ比率で家族や結婚といったテレビドラマらしい身の回りの小さなお話が描かれるんじゃないか。もしかしたらそっちのほうがメインプロットかも、と。

映画でそういうせせこましい話は好きじゃないですが、テレビドラマではそういう「小さいけど大事なこと」を語ってほしいと常々思っている私としては、第2話を見てものすごくうれしくなり、これは最後まで見られそうだと安堵した次第です。わざわざ広瀬アリスを配しているんだから、あの妹の話もまだまだ絡んできそうだし。(ただそれが見えてしまうキャスティングはいかがなものか、とは思うものの)

来週は結婚詐欺師の話らしいから、「主人公の結婚」が全体のプロットポイントⅠになるようです。

そうこなくっちゃ!

春の新ドラマ、見る前に語る!

最近はテレビドラマが不作でね。あくまでも私が見ているもののみの話ですが。
前クールは坂元裕二先生の『anone』とか……あと何だっけ、いろいろ見始めたけれどほとんど2回目までに見るのをやめてしまいました。

おととしは『ゆとりですがなにか』、その前は『ようこそ、わが家へ』『徒歩7分』という傑作があったけれど、去年1年通して「これ!」っていうのはなかった。

というわけで、私が今クールで見ようと思っているものは以下の5本です。


『ラブリラン』
ラブリラン

単純に中村アンが好きだというのもありますが、やはり大谷亮二でしょう。『逃げ恥』のあの人。主人公の設定にかなり無理があると思うのですが、まぁそれぐらいで目くじらを立てていてはフィクションは楽しめません。永田優子という脚本家はまったく知りませんが、今夜から。楽しみ。


『正義のセ』
seiginoSE

これも単に吉高由里子が好きだから。この子はさしてかわいくないのにやたら魅力的ですよね。天然なところがいいのかしら。よくわからんけどツイッターでいつも独特の詩のような詩じゃない文章を楽しませてもらってるし、今回はどうか。大杉連が突然死したときのツイートもよかったですよ。『紀子の食卓』から異彩を放っていましたが、やはりビッグになりましたね。
問題は脚本家が『東京タラレバ娘』の人ってことですね。あれはつまらなかった。


『コンフィデンスマンJP』
maxresdefault

これは長澤まさみというよりも、いまもっとも笑える役者の一人・東出昌大の最新作ということで。しかし脚本が古沢良太というのが気になる。あの悪名高き『キサラギ』の人じゃないですか。今回も「連ドラの概念を覆す大スケール」というのが売りのようですが、こういうキャッチコピーはたいてい失敗に終わる(少なくとも私にはつまらない)ことが多いので要注意ですね。月9とかそういうことはどうでもいいです。っていうか、いまだに「月9」とか言ってるのが意味不明。もう死語では?


『ヘッドハンター』
320

これはもう江口洋介とか杉本哲太とかはどうでもよくて、ひとえに小池栄子だから見たい! それだけ。働くことがテーマというところがちょっと引っかかるんですよね。それについてはまた稿を改めて書きましょう。脚本があの悪名高き『ハゲタカ』の人、というのも引っかかりますが。


『デイジー・ラック』
deijiilack

一人も好きな女優さんは出ていませんが、脚本家が横田理恵という人なので一応見てみようかと。2年前の『はぶらし/女友だち』の人ですな。あれは最終回以外はめちゃ面白かった。


見ないことに決めた作品にもちょいとだけ触れましょう。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』
『未解決の女 警視庁文書捜査官』
『警視庁・捜査一課長』
『特捜9』


シリーズものも含まれてますが、すべて刑事が主役。刑事が主役といえば、どうしても長谷川ゴジ監督の言葉が脳裏によみがえるんですよね。これは『太陽を盗んだ男』の稿で書きましたが、刑事が主役の脚本を読んでもらったとき、

「刑事というのは職業として事件にかかわるだろ。だから動機が弱すぎるんだ。もっと個人的な動機がないと面白くならない。いま刑事を主役にするなら単に事件を解決するだけじゃなくて、かなり新しい何かがないと作る意義がない。少なくとも俺は乗れないね」

この言葉を言われてから私は刑事ものを書かなくなりました。というか書けなくなりました。上記4本には「新しい何か」はなさそうなので見ません。
そういえば、前クールの『刑事ゆがみ』というのが好評だったようですけど、見ればよかったかな。どうしても刑事が主役というだけで拒否反応が出てしまうんですよね。(とか言いながらいま考えてる脚本は刑事が主役なんですけどね。「新しい何か」があると信じてます!)

さて、いまのところ見る気はないけどちょっとだけ気になっているのが、

『逃亡花(のがればな)』

元AV女優の蒼井そらが主演のサスペンスのようで、1話30分だけだから見てみようかな。という気もします。BSならではの何でもアリ感も楽しめそう。

新川優愛は好きだから見るつもりだった『いつまでも白い羽根』は番宣を見て見る気をなくしました。あんな臭い芝居ばかり流したら視聴者を失いますよ。

番宣ではなく、タイトルを見ただけで見ないと決めたのは、

『○○な人の末路』
『わたしに××しなさい!/兄友』
『やれたかも委員会』
『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』
『おっさんずラブ』

故・白坂依志夫さんがよく言ってました。
「タイトルより内容のほうがよっぽど重要なのは言うまでもない。しかし、人が最初に目にするのはタイトルである」
上の二つなんてそもそも何と読むんですか?

ここまで書いてきて、びっくり!
まったくノーマークだった『モンテ・クリスト伯』の脚本家が黒岩勉さん。あの『ようこそ、我が家へ』の人じゃないですか。ディーン・フジオカに新井浩文に山本美月。見よう!

6本はちょいときつい気がするニャ。どれも当たりだったらかなり忙しくなるワン。



久米宏です!(『ニュースステーションはザ・ベストテンだった』を読んで)

kume-hiroshi2

この本はかなり詳細です。つまり、かなり面倒な内容ともいえます。
最後の「簡単にまとめてみる」をお読みいただくと、一瞬にして本書の内容がわかります。


巧妙なツカミ
素直な私はその「簡単にまとめてみる」から読んでみました。確かに概要はわかる。でも概要でしかないから詳細を是が非でも知りたくなる。最後のまとめから読んでください、なんて書いてある本って普通ないですよね。(あるのか?)
少なくとも私は久米宏の術中に完全にはまってしまい、夢中で最初から読み始めたのでした。
テレビとラジオの両方で50年もの長きにわたり視聴者の心をつかんできた著者ならではのツカミのうまさですね。

この本で最も感動的なのは、248ページのくだりなんですが、


kume-hiroshi


僕は『ニュースステーション』を始めるときに、殺される覚悟をした。

うーん、かっこいい! 

しかし、とりあえずそこは後回しにしまして・・・


「なぜ全員合格させなかったのか!」
久米宏はアナウンサーになりたかったわけではないそうです。当時は大学の就職部に希望を出して推薦をもらわなければ就職試験を受けられなかったそうで、学業の成績が悪すぎて普通の会社は受けられなかった久米宏は、ラジオで「アナウンサー募集」というのを聴いて、これなら就職部を通さなくても受けられそうだと、とりあえず受けてみたら合格だった。しかも最終面接では寝坊して遅刻。それでも合格だったというのだから相当気に入られたみたいです。

しかし、その気に入られ方というのがまたすごくて、試験は7次まであり、彼は1次から2次、2次から3次と進むうちにだんだん腹が立ってきたとか。その都度落とされる人間がいるから。
最後のほうでは「また何人か落とすんでしょう? いったいどんな権利があってあなた方は人間に優劣をつけるんですか」と生意気に迫ったこともあるそうな。それでも落ちずに最終面接。
最終面接には8人残り、4人だけ合格。そのあとでアナウンサーの数が足りないとなり、一般職で受かった者から特に声のいい者をまともな試験もなしにアナウンサーとして採用した。「じゃあ、あのときなぜ8人とも合格にしなかったのか!」と食って掛かったらしい。

やはり、報道のTBSと言われていただけに、そういう「反骨精神」が気に入られたんでしょうね。あと、「何が何でもアナウンサー」じゃなかったから、肩の力が抜けていたのもいい方向に影響したと思われます。

さて、久米宏といえば何と言っても『ザ・ベストテン』と『ニュースステーション』ですが……


久米宏の中の『ザ・ベストテン』と『ニュースステーション』
大韓航空機撃墜事故をどこのニュース番組も伝えないので、『ザ・ベストテン』の冒頭で、「それにしてもなぜあんなにソ連の奥深くまで侵入したんでしょうね」と言ったとか。

僕にとって『ザ・ベストテン』は時事的、政治的な情報番組であり、のちの『ニュースステーション』のほうがニュースを面白く見せることに腐心したぶん、ベストテン的という意識が強かった。二つの番組は僕の中では表裏の関係をなしていた。

なるほど。これがこの本のタイトルの所以なわけかと納得したけれど、想定内の話でもある。どうにも想定外だったのは以下のような話。


情報量を常に均一にする
テレビカメラのズームレンズの中には「中玉」というのがあり、それが手前に来るとカメラが引いてワイド画面になる。中玉が引くと自分のクロースアップになる。(いまのカメラに中玉はないそうです)

中玉の位置を見ながら「画面の情報量」を常に意識していたとか。黒柳徹子は派手なドレスをいつも着ているから視覚的な情報量が多い。ツーショットのときはどうでもいいことを喋り、自分のアップになったときに「これぞ」ということを喋るように意識する。そうすれば、視覚情報と聴覚情報の和が常に一定になる。それを生放送で毎週やっていたというのだから恐ろしいまでの頭の回転の速さ!


殺される覚悟
僕は『ニュースステーション』を始めるとき、殺される覚悟をした。言いたいこと、言うべきことは言おう。言いたいことを言えば僕を殺したいと思う人間が出てくるかもしれない。しかし、それで殺されても仕方がない。殺されるのが怖いからといって口を噤むことだけはするまいと思った。

黒柳徹子の家に呼び出され、「辞めるのをやめるよう」説得されても応じず、『ザ・ベストテン』を強行降板して始めた『ニュースステーション』。絶対に失敗できない状況で常に心掛けたことは・・・

まだ誰も言ってないことを言おうと、朝刊に書いてあったこと、昼のワイドショーで誰かが言ったことはすべて除外。そのうえで「これなら行ける!」と思ったことをまず記憶して、さらに本番直前にトイレに行って憶えたことをすべて水に流す。

原稿の下読みは常に黙読。音読してしまうと本番で音読したときの新鮮さが失われるから。

うーん、普通なら音読してリハーサルするところでしょうが、そういうのは凡人の考え方らしい。

小宮悦子と小谷真生子は実際には仲がよかったそうだけれど、マスコミは「不仲」と騒ぎ立てた。それならそれを大いに利用しようじゃないか、と「人と人は仲良くしなければ」という話題になると、「ね、小宮と小谷も仲良くするように」と言ってみたら取り上げてくれる雑誌があった。

小宮悦子といえばいつも久米宏から「悦ちゃん」と呼ばれていたけれど、あれもプレーボーイのイメージがある自分と女性のキャスター共演ということで絶対関係を疑う人がいるという計算から「悦ちゃん」と呼んでいたそうな。呼びたい呼びたくないの問題ではなく、「生粋のエンターテイナーとして視聴者の期待には応えなければならない」というプロ意識の表れだそう。(ヒッチコックが「自分がどこに出てくるか見つけるのも観客の愉しみだから」と、いやでしょうがなかったエキストラ出演を遺作まで続けたのとまったく同じですね)

キャスターやアナウンサーではなく、一人の人間として番組の中に存在する。ニュースに対するコメントも、一人の人間としてどう考えるかを言葉にする。そんなふうに出演者たちが番組の中で「人間として生きている」と感じることができる。いってみれば、僕はニュース番組にストーリーのあるドラマを持ち込みたかったのだ。


異端から正統へ
NHKの『ニュースセンター9時』に対するカウンターとして始まった民放初のプライムタイムのニュース番組だったから、あくまでもNHKが「教科書」で『ニュースステーション』は「くだけた参考書」程度の意識だったらしいけれど、いつの間にかNHKが9時のニュースをやめ、自分たちが教科書になった。

もうこの時点で情熱は失われていたのでしょう。あとは辞めるまでのことが簡単に綴られているだけ。

「革命」は成功した。王は倒した自分が王になるのはいや。気持ちはもう次の革命に。『ニュースステーション』が実際に終わるまでの後半10年ぐらいは降板するしないの情報が飛び交ってばかりでしたからね。

そういえば、いまやってる民放共同企画の池上彰が5人のつわものと対談する番組。今日がたけしで明日が久米宏なんですよね。どんな話が飛び出すか。括目して見たい。




貴闘力がワイドナショーで復活!?

waidonashow

今日の『ワイドナショー』を見ていたら、最後に松本が「あれ? 今日は貴闘力さんは? レギュラーやのに」と冗句を言ってましたが、フジテレビは本気で1コーナーだけのゲストではなくメインコメンテーターとして出演交渉をしていると。

いいですねぇ。だって、あの昭和の大横綱・千代の富士を引退に追いやった男ですよ。


cf44ade7

あのとき、千代の富士は初日に確か貴乃花と当たって負けたんですよね。で、2日目に板井と当たって勝ち、まだ行けるかと思ったら3日目貴闘力に負けて、あの有名な「体力の限界! 気力もなくなり・・・」という引退会見と相成りました。

形としては貴闘力が引導を渡したんですが、実質的には初日の貴乃花に負けたときに「もう俺の時代は終わった」と思ってたはず、と当時は誰もが言っていました。

だから、そんな心境の千代の富士に2日目で負けた板井の立場がないなぁ、と当時思ったことを鮮明に憶えています。

板井とはこんな力士↓


77d2c19b

閑話休題。

貴闘力は賭博問題でクビになり、いまはただの焼肉屋のオーナーみたいですが。それでも大鵬の娘との間に子どもをもうけてその子が角界入りしているし、角界の事情通として3週連続してワイドナショーに出演。二言目には「江戸時代では・・・」と江戸時代の例を出して解説するのが得意スタイル。

政治でも芸能ネタでも「江戸時代では・・・」で行くのか。とにかく貴闘力自体が面白いうえに、とってもチャーミング。ウソの言えない人柄が滲み出てますよね。それに松本がやたらいじりたくてしょうがないみたいなので、これは楽しみ。早速来週出てもらいたいもんです。

それか、相撲協会がまた不祥事を起こすとか。(笑)






黒塗りはなぜいけないのか(『トロピック・サンダー』との決定的な違い)

DSmqrnFVoAA2JqS

『ガキの使いやあらへんで』で浜田がエディ・マーフィの物まねと称して顔面を黒塗りしていた問題。世界中で非難の嵐なのに今日の『ワイドナショー』でも、

「差別の意図はなかった」
「お笑いがどんどんつまらなくなる」

などの頓珍漢なコメントばかりだったのが残念です。

差別を考えるときに大事なのは、「宿命」と「運命」ということだと思うんですよね。

この二つがどう違うかについては、私はいつも伝説の雀鬼・桜井章一さんの定義を参考にしているんですが、

「宿命」とは「本人の意思では変えられないこと」
「運命」とは「本人の意思で変えられること」


ということになります。

だから、自分の親がどういう人間とか、どこで生まれたとか、自分の名前とか、性別、遺伝的な疾患、そして肌の色などは「宿命」です。

これに対して、同じ名前でもハンドルネームやペンネームは「運命」の範疇ですし、どういう仕事に就いて、どこに住んで、誰と結婚するか、などもすべて「運命」です。

差別というのは、「宿命」を茶化すことだと思うんですよ。

エディ・マーフィの物まねと称して顔を黒く塗る。差別の意図はなかったというのはおそらく嘘ではないのでしょう。でも、あれを見た黒人たちは不快になる。それは浜田が黒い肌に生まれた人の「宿命」を背負ってはいないからです。撮影が終わればすぐに元の肌に戻せるのだから。



DSc3UsZUQAE9oD1

もう10年近く前、『トロピックサンダー/史上最大の作戦』という映画がありました。ロバート・ダウニーjrが演じた狂気の役者は、黒人の役を演じるにあたり、黒塗りではなく手術によって本当に肌を黒くしてしまいました。

この映画が『ガキ使』のような非難を浴びなかったのは、黒塗りじゃなかったからだと思います。そりゃま、実際は黒く塗ってるだけですけども、あくまでもお話の中では肌そのものを黒くした、つまり、黒人の宿命を背負った役どころです。

手術で変えられたということは手術で元に戻せるということでもありますが、単に肌を黒く塗るのとでは覚悟のあり方にあまりの差があります。

見た目を黒人に似せるなら、黒人と同じ「宿命」を引き受けるぐらいの覚悟をせねばならない。

黒人たちが肌の色を理由に理不尽な扱いを受け続けているのは「宿命」の範疇の問題ですが、今回、浜田らが非難されたのはただの「運命」の問題です。

運命ならば変えることができるのだから、これを機に考え方を改めたほうがいいと思います。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。