テレビ

2019年05月03日

日本映画専門チャンネルで再放送された『古畑任三郎』シリーズ。

私はかねてからこのシリーズが好きじゃありませんので、印象的な回だけ再見しました。

中森明菜、木の実ナナ、鹿賀丈史、桃井かおり、菅原文太の回を見ましたが、うーん、どれもこれもつまらなかった。どれも謎解きになってないというか、初見のときにあれほど印象的だった鹿賀丈史の新幹線のリクライニングシートを倒すか倒さないかという回にしても、あの実験に鹿賀丈史が協力してくれなかったらどうするつもりだったのか。それ以前に、あの後ろにいたヤクザっぽい男に面通しを頼めば済む話では?
菅原文太の回にしたって、ホテルの管理人・梶原善が偶然ボヤを起こしてなかったらどうだったのか。それでもアリバイは崩せるとは思うけれど、ではボヤ⇒腐ったリンゴの流れは必要ないようにも思う。それに全般的に自白に頼りすぎでしょう。

なぜ昔はこんなものを面白がったんだろう、と思うものばかりでしたが、唯一いま見てもかなり面白かったものがあります。それが最高傑作との誉れ高い、第2シーズン第7話(通算第20話)『動機の鑑定』。


mig

骨董屋の犯人・春峯堂は、業界ではあまりにあくどいと最低の評判をもつ男。現代最高の陶芸家で人間国宝でもある川北百漢が焼いた壺を本物の「慶長の壺」と鑑定した男。なぜ百漢が贋作を作ったかというと、春峯堂を陥れるため。すでに本物の慶長の壺を手に入れており、これを公表すれば春峯堂の評判は地に堕ちる。

というわけで春峯堂は金づるの美術館長・角野卓造と共謀して百漢を殺害。そのあと「もうあんたとは手を切りたい」という角野をも殺害する。そのときに凶器として使ったのが他でもない慶長の壺。しかも鑑定の結果、凶器に使われたのが本物で、残されたのが贋作。贋作で殺したのならかなりの目利きが犯人、つまり春峯堂だと古畑は睨んでいたのですべての目算が崩れてしまう。

というのが、解決篇までのあらまし。

結果として、別の側面から春峯堂のアリバイを崩した古畑の勝ちとなるんですが、なぜ春峯堂が本物で殺したのかについては「とっさのことであなたにもどちらが本物かおわかりにならなかったようですね」としか言えない。

神妙に自供に応じる春峯堂は言います。(あんな簡単に自供に応じるのはご都合主義だとは思うけれど)

「本物は言ってみればただの古い壺です。しかしこちらはあの人間国宝が私一人のために焼いた壺。私一人を陥れるために。ならばどちらを犠牲にするかは……。古畑さん、物の価値とはそういうものなんですよ」

なるほど、「主観的な価値」と「客観的な価値」ということですね。あるいは「市場的な価値」と「個人的な価値」と言い換えてもいい。

警察の鑑定は約400年前の土が使われているから本物だという科学的な鑑定でした。それは「客観的な価値」に基づいてのものであって、審美眼に基づいたものではない。古畑は常に論理的に犯人のボロを崩していくことを商売にしているから、論理に基づかないものは理解できない。


img20120402004

この『動機の鑑定』が素晴らしいのは、「美」という論理派・古畑任三郎には絶対に解けない謎を提示したことにあります。何を美しいと思うかは極私的な問題であり、客観的な論理というものが入る余地がない。

もしかすると、春峯堂はそれを言いたくて自供に応じたのかもしれません。論理だけを手掛かりに刑事をやってきた男に「論理だけでは人の気持ちは理解できないよ」ときついしっぺ返しを食らわしたかったのかも。

ならば……

もっとこの問題を突き詰めてほしかったという思いもあります。

目撃者は「美人」だというけれど、それはその人にとって魅力的な女性だっただけで、古畑の目には魅力的じゃないから誤算が生じるとか。

『古畑任三郎』だけでなく推理物全般に言えるのは、犯人がインテリだということ。探偵役もインテリ。インテリは理屈でものを考えやすい。だから理屈では割り切れない「美」とかそういうことを話の主軸に据えたものをもっと見たかったというのが正直なところ。

逆に言うと「完全犯罪」とはそういうところにしか生まれないのかもしれませんね。

関連記事
「価値」とは何か(フィギュアを箱から出さない人の心性について)


古畑任三郎 2nd season DVD-BOX
田村正和
フジテレビジョン
2004-04-21





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月24日

昨日、放送されたNHKスペシャルドラマ『詐欺の子』。これが実にすばらしい作品でした。


saginoko1

善と善の対立
このブログでは何度も書いていますが、私がある高名な脚本家から教わった一番大事なことは、

「善と悪の対立にしてはいけない。善と善の対立にしないとドラマは深まらない」

ということです。

中村蒼演じる「かけ子」も、遠山という役名の「見張り」、17歳の女子高生と14歳の中学生の「受け子」、誰も彼も最初は金ほしさで簡単に大金が入ることが楽しくてはまる。しかしやっているうちに、みな「こんなことやっていていいのか」と良心の呵責に耐えかね、結局は逮捕される。


saginoko2

大元の「オーナー」(『カメ止め』の人ですね)が一番悪いような気もしますが、彼のセリフがとても重要。ゴルフ場で遊ぶ高齢者を睨みつけながらこう言います。

「俺たちに金が回ってこないのはあいつらが蓄えこんでいるからだ。俺たちは社会に金を取り戻さなければならない」

下っ端に発破をかけるときもオーナーは決して「金を盗む」とは言いません。ホワイトボードにでかでかと「金を取り戻す」と書く。実際に逮捕された少年も「社会に還元するためだった」と供述しているようです。

金を取り戻すといっても、結局、年寄りを騙して盗んでるだけじゃないか、という人もいるでしょうが、簡単にそう言える人はすぐにでもテレビのコメンテーターになれるでしょう。

確かに彼らは悪人です。私が「善と善の対立」と言っているのは「善人」という意味ではありません。その人の言い分に理があるということです。


saginoko3

騙されて亭主が自殺までした桃井かおりは、自分が騙されたとは決して認めません。認めたくないのか、それとも本当に電話の主が息子だと信じているのかは定かではありませんが、「あの子が本当に大輔じゃないってどうして言えるの!?」と法廷で取り乱します。

多くの人は「愚かだ」と断罪するでしょう。実際、騙されただけで周囲から罵られ、さらに裁判であんなことを言ったためにもっと糾弾されたようですが、桃井かおりには彼女なりの「言い分」がある。

そして、「大学に行きたくても行く金がなかった」と主張する中村蒼にも彼なりの言い分がある。奨学金をもらって大学に行く人もたくさんいますが、いまや日本の奨学金はヤミ金と同じだとみんな知っています。持たざる者は持つ者の貧困ビジネスの餌食にされるしかない。だからオレオレがなくならないんだ!

という中村蒼の主張に対し、「でも、あなたのように善良なお年寄りを騙す人はごく一部です。みんなまっとうに生きているんですよ」と諭す検察官の言葉にも(空々しく聞こえるとはいえ)理がある。すべての登場人物の言い分に理があり、みんな正しくてみんな間違っている。深みのある内容でした。

以下はほんの蛇足です。


なぜ顔出しできない人を出すのか
このドラマは実際の事件を扱っているうえに「NHKスペシャル」の枠だからか、事件の当事者が何人も出てきますが、みな顔出しはNG。これから更生してもらわねばならないのだから顔を出せないのは当然ですが、それなら最初から画面に登場させるべきではないと思います。

100%ドキュメンタリーであっても顔出しできない人は出すべきではない。外国人が日本のテレビを見て一様に驚くのが、顔にモザイクをかけた人の言葉を「証言」として放送していることだそうです。そりゃそうですよね。顔は見せない・声は変える、それでは嘘と同じです。


手持ちとフィックス
どうも最近の映画もテレビドラマもむやみやたらに手持ちカメラで撮られているものが多いですが、この『詐欺の子』でも、手持ちで撮られたショットとフィックスで撮られたショットが混在しています。

最初は、14歳の子が受け子として心をゆれさせながら犯罪に手を染めているから手持ちで撮っていて、警察での事情聴取では心が落ち着いているからフィックスで撮っているのかと思ったんですが、話が進むうちにどうもそうではないな、と。

遠山という男が法廷で脅迫に来た弁護士を見たときも手持ちでだいぶ揺れていましたが、その後、だいぶ落ち着いてイッセー尾形と話すシーンでは冒頭のマスターショットだけフィックスで、バストの切り返しになると手持ちになるという、意図不明の演出になっていました。あのシーン全部をフィックスで撮らないと意味がない。


というわけで、いろいろ文句も言いましたが、犯罪者として社会から断罪された人たちを「悪」として裁いたりせず、彼らにも言い分があるのだという製作者たちの心意気に胸を打たれました。

続編として、詐欺とわかっていて名簿を売る名簿業者にフォーカスを当てたドラマを見てみたいです。


関連記事
マジで面白い『振り込め詐欺』(階級闘争の果てに……)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月23日

このたびTSUTAYAプレミアムに入会いたしました。

え、おまえはWOWOWとかジェイコムのケーブルテレビとか見れるから必要ないのでは?

という声が聞こえてきそうですが、確かにBS・CSだけでも見たいものが山ほどあって全部見きれません。泣く泣く我慢するのが普通の状態ですが、でもやっぱりいつまで待っても放送では見れないものもありますのでね。

例えば東映のやくざ映画。最近は日本映画専門チャンネルとのコラボでいろいろやってくれますが、それでも絶対数が少ない。一番は東映チャンネルに入るのがいいんでしょうが、それではよけいな金がかかる。

でもTSUTAYAプレミアムだってよけいな金がかかるのでは?

はい。月額1080円かかります。最初の月だけ無料ですが。

いやでもね、やっぱり入ったほうがいいんですよ。

というのが、まずは来月公開される『響け! ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~』のため。

去年のベストワンに挙げた『リズと青い鳥』は『ユーフォ』のスピンオフ作品で、別に『ユーフォ』を見てなくても大丈夫との声を聞いたので見に行きましたが、その後、『ユーフォ』を見たいと思っても、テレビシリーズは1枚に2作品しか入ってないから、1シリーズで7枚、合計14枚も借りないといけない。というわけでレンタル代をけちるために半年ほど前に劇場版をレンタルで見たんですが(TSUTAYAプレミアムを知らなかったので)あまり楽しめなかったというか、テレビシリーズの総集編みたいな感もあるし、どちらも見た人の意見ではいろいろ異同があるそうで、やはりテレビシリーズを見たい。しかも来月、完全新作が封切られる。

というわけで、テレビシリーズをレンタルしようと。そのためにはTSUTAYAプレミアムに入ったほうが断然得じゃん、というわけで入会した次第。

ほんとは『ラブライブ!』の劇場版を見るべく1月に入会するつもりだったんですが(『ラブライブ! サンシャイン』は録画して見てないままだし)何だかんだで逃してしまった。今度こそは! というつもりで入会したわけです。しかも初めて知りましたが、一度に借りられるのは5枚までなんですが、返却期限がない。これはすげぇ。

それと、昨年の暮れ、こんな記事を書きました。⇒宇垣美里が好きになった

高校の後輩、宇垣美里が好きな『セーラームーン』とか『少女革命ウテナ』などを見たくてね。やはりアニメシリーズはたくさんあるから借り放題でないとね。いつでも解約可能らしいし、解約してもまた間をおいて入れるらしいから、何かと便利。

それはそうと、TSUTAYAって返すときほとんどの場合、返却ボックスに入れるじゃないですか。あれ、実際に店員がピッとするまで返却手続されてないわけで、私の場合、アニメのシリーズを借りるからいちいち店員に直接返さないと次が借りられないのでは?

と思っていたら、セルフレジで返却手続きを自分でして、それ専用の返却ボックスがあるとか。なるほど、なかなか考えてますな。

というか、最近はセルフレジだ何だとTSUTAYAの店員の質が落ちてるな、と思っていたんですが、入会手続きのときの店員さんはとても好感のもてる人でした。

私のなかのTSUTAYA株が急上昇中です!

しかし、ふとある「問題」に気づく。返却期限なしということは……

借りたいDVDが貸出中で借りてる人がプレミアム会員だといつ借りられるかまったくわからないということですね。そのときまでジリジリ待つことになる。待っても待っても返却されないと、いつまでも1080円払い続けなければならなくなる。

なるほど! そのための返却期限なしということなのか。敵も考えてるな。私のなかのTSUTAYA株がまた暴落した。(笑)

TSUTAYAの謎
川島 蓉子
日経BP社
2015-04-29





  • このエントリーをはてなブックマークに追加