聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

テレビ

『刑事ゼロ』1話(大逆転! しかし……)

昨日から始まった沢村一樹主演の『刑事ゼロ』
記憶喪失で20年間の記憶を失った刑事が活躍するというので面白そうだと思って見始めたんですが……


keijiZERO

苦手な本格ミステリ
はっきり言って途中で見るのやめようかと思いました。

何しろ私は本格ミステリというのが苦手でして。昨日の1話でも「源氏香図」というのはまったく知らなかったので雑学としての面白さはあったものの、それに沿って殺人を犯していくという見立て殺人というのがぜんぜん乗れない。あんなふうに人を殺す人なんていないでしょ、と、たまに本格ミステリを読むといつも思ってしまうんです。

でも、『刑事ゼロ』で扱われる事件がすべてそういうものかどうかはわからないし、と思って見ていましたが、しかし、この物語の一番の勘所は犯人が誰かとかトリックは何かとかそういうことじゃなくて、主人公が記憶喪失だということですよね。


なぜ刑事を続けるのか
沢村一樹がなぜ刑事を続けようとするのかわからなかったんです。必死で記憶喪失を隠して刑事を続けようとし、部下の瀧本美織にばれて監察に言うと言われ、それでも続けると。20年前は交番勤務だったようで刑事に対する憧れはあるんでしょうけど、それだけで記憶喪失なのに続けるだろうか、と。

瀧本美織を必死で説得する場面で少しは納得できましたけど、まだ何かわだかまりがある。

と思っていたら……


大逆転!
もともとおかしいと思っていたんですよね。看護婦と言わずに看護師と言っていたのは気づきませんでしたが、スマホの操作の仕方をなぜ知ってるんだろうとは思ってました。叔父の医師・武田鉄矢に、

「実は20年間の記憶をすべて失っているわけではない。刑事に関することだけを忘れている。忘れているというより、記憶はあるがそれを思い出そうとすると無意識が拒否する。刑事であることにかなりのストレスがあったようだ」

みたいな意味のことを言いますが、これで俄然興味が湧き、来週も見ようと思いました。

『仁義なき戦い』の脚本家・笠原和夫は、「枷は主人公の心のあり方にこそ求めるもの」という教えを遺していますが、このドラマはまさにそれですよね。

主人公の無意識は刑事を辞めたがっている、でも警察官を志した彼の正義感はそれよりも強い。交番警察官だったころの純朴な主人公が、名刑事と謳われた心の中のもう一人の自分との闘い。面白そう。

ただ、それと事件の謎解きがリンクしていないのが気掛かりです。昨日の見立て殺人の謎解きはそれとは関係なく、ただ沢村一樹が刑事の嗅覚を失っていないことを瀧本美織に思い知らせるためのものだけだったような……? 

来週からの事件は記憶喪失とのリンクがあるのでしょうか。記憶の秘密が明らかになると、彼が必死で刑事を続けようとした動機にも納得がいくのでしょうか。

これからどういう展開を見せてくれるのか、とても楽しみです。



2018テレビドラマベスト5!

いつもは映画のベストテンしか選ばないんですけど、珍しくテレビドラマのベストでも選んでみようかと思い。ただの気まぐれ。

といっても、私の場合、見始めるのは結構な数なんですが、この先面白くなりそうにないと直感で思ったら容赦なく途中で見るのやめるので、最後まで見たのはほんのわずか。単発ドラマもそれほど見ないので10本にはどうしても到達しないのでベスト5ということに。

では、その5本は以下の通り。(放送当時に感想を書いたものにはリンクを貼っています)


①弟の夫
dele/ディーリー
③フェイクニュース
④リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~
義母と娘のブルース



1本ずつコメントすると……

①弟の夫(脚本:戸田幸宏)
otoutonootto

今年はもうこれですよね。連ドラ(といっても3話しかないけど)をほとんど間をおかずに2回も見たなんて『王様のレストラン』以来かも。
弟とその夫を毛嫌いしていた佐藤隆太が変化する様子を丹念に描いて素晴らしい。しかしいくら変化して弟のことを理解できても、もう彼はこの世にいない。
「俺には弟がいた。リョウジが大好きだった」というモノローグが哀しく響く。


②dele/ディーリー(脚本:本多孝好、渡辺雄介、青島武、瀧本智行、金城一紀、徳永富彦)
dele

これも素晴らしかった。山田孝之の素晴らしさはもちろんのこと、菅田将暉がいいと思ったのは出世作『35歳の高校生』以来かも。
どの回が一番好きか、と訊かれたら……うーん、全部好きと答えたいけど、あえて高橋源一郎&余貴美子の3話と橋本愛&柴咲コウの5話かな。
どっしりした山田とちゃらんぽらんの菅田。いいコンビでした。


③フェイクニュース(脚本:野木亜紀子)
fakenews

『獣になれない私たち』にはついていけなくて2話でリタイアしましたが、これはキタって感じでしたね。フェイクニュースを追及していた主人公自身がフェイクニュースに踊らされていたというどんでん返しはかなり意外というか、見た人はみんな足元をすくわれたのでは? だからフェイクニュースは怖い。
「人間の目には自分の見たいものしか見えない」というアリストテレスの言葉が思い出されます。


④『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(脚本:橋本裕志)
regalV (1)

これはちょっとシナリオに難ありかな、と思います。だって、結局、敵であったはずの向井理の裏切りによって勝つわけでしょ? 敵失で勝利というのは痛快ではあるけどつまらない。ではなぜここに挙げているかというと、なにより画像の6人が素晴らしいから。適材適所のキャスティング。役者で魅せる正攻法。
米倉涼子は『ドクターX』とどこが違うのかという批判もあるようですが、それを言ったら『35歳の高校生』も同じような芝居だった。別にいいんじゃないですか。ジョン・ウェインだってイーストウッドだってどの映画でも同じなんだし。そんなの批判の理由にならない。
ただ、私は米倉より林遣都こそ、この『リーガルV』の世界を根底から支えていた功労者だと信じていますが。


⑤義母と娘のブルース(脚本:森下佳子)
gibotomusumeno

リンク先の感想を見てもらえばわかりますが、私はこの作品を買っておりません。どうしても竹野内豊が死んでからがつまらないので。
ただ、彼が死ぬ5話までは破格の美しさでした。もし6話以降もあの味わいが続けば断トツのトップだったでしょう。
とにかく綾瀬はるかが素晴らしい。彼女でなければ出せない味でした。


というわけで、これが私の今年の5本。次点には中村アンの『ラブリラン』を。

関連記事
2018書籍ベストテン!
2018映画ベストテン!


弟の夫 [DVD]
佐藤隆太
NHKエンタープライズ
2018-07-27






上沼恵美子への暴言問題について思うこと

私ははっきり言って上沼恵美子という人が好きではありません。むしろ嫌いと言ってもいい。

M-1

でも、今回のM-1グランプリの直後にとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智の二人が「酔ってるのを理由に言いますが」と前置きしたうえで、

「おまえ」
「おばはん」
「クソ」
「更年期障害」

とNGワードを4つも出してしまったと聞き、動画も見ましたが、あちゃー、言ってはいけないことを言ってしまったな、と。

世間の反応も同じようなものだろうと高をくくっていたら、あろうことか、久保田と武智を擁護するばかりか上沼を批判する人も現れたりで、こりゃ黙っちゃいられないと筆を執りました。


酒を言い訳にするな
私はM-1そのものを見ていないので伝聞情報になりますが、上沼の採点はかなり偏ったものだったらしい。だから「人の人生がかかってんだよ」「1点で人生変わるんだよ」という二人の言い分は痛いほどわかる。でもね、それを「酔ってるのを理由に言いますが」などと前置きしてから言うのでは完全にアウトです。

もし彼らがしらふで面と向かって「ちゃんと採点しろ!」と言ったのなら別にいいと思う。その後、彼らがどうなるかはわからないけど、そこまで捨て身の作戦に出たのなら私は彼らを擁護していたでしょう。

しかし、酔っているからと好き放題言ってそれをネットに上げるというのは愚の骨頂。最も卑劣なやり方じゃないですか。

酒の上の席なんだから許してあげたら、という意見も目にしましたが、ダメでしょう。専門学校時代のT先生のことが思い出されます。


小津安二郎と溝口健二
odu小津
mizoguchi溝口

T先生は大映の人で、溝口の『雨月物語』などに助監督として付いたことがあり、監督として一本立ちもしました。しかし、溝口をはじめ大映の巨匠たちが列席した酒の席で(なぜか松竹の小津もいたとか)酔っぱらった挙げ句、あろうことか、料亭の縁側から放尿してしまったそうです。

T先生はそれから劇場映画を撮る機会を完全に失ったそうです。小津や溝口の顔に放尿したんじゃないですよ。縁側から外に向けてやっただけ。それでも一生干された。
「君らも酒の席では充分注意するんだぞ」と言うT先生の顔は紅潮していて「あれさえなければ……」という無念さが滲み出ていました。

だから、上沼に向かって「おまえ」だの「おばはん」だのと言ってしまった二人は干されて当然だと思います。


女だから?
今回の件であまり語られていないように思うのは、

上沼恵美子が女だからあれだけ威勢のいいことが言えたんじゃないの?

ということです。はたしてダウンタウン松本やオール巨人が偏った採点をしていたとして、彼らは同じように「おまえ」「クソ」などと言えたでしょうか?

ちょうどいま問題になっている、医学部の採点で女子受験生だけ一律減点してたというのと通底していると思う。差別以外の何物でもない。#MeToo運動元年の最後にふさわしい事件のようにも思えます。


2回売れてこそ本物
1346296bba9b2a4d17a838a28aaca388-cm

上沼を審査員に招聘した松本人志が去年『ワイドナショー』でこんなことを言っていました。ベッキーがゲストのときだったはずですが、

「俺は昔、大阪の芸人は2回売れなアカンから損やって愚痴いうってたやん? 大阪で売れてさらに東京でも売れんとアカン。でも最近はすべての芸能人が2回売れなアカンのちゃうかって思うんですよ。ベッキーのように1回売れたけどスキャンダルで干される。でもこうやってセカンドチャンスをもらってテレビに出てる。これから2回目のブレイクを目指せばええんちゃう?」

久保田と武智の二人にも同じことが言えると思います。いまは謹慎みたいな感じで干されるのも致し方ない。でもセカンドチャンスを与えないというのはいかがなものかと思う。T先生のような人をもう出してほしくありません。

与えられたセカンドチャンスをものにできるかどうか、それは彼ら次第。




ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード