2020年09月16日

BSプレミアム『アナザーストーリーズ』最新作「偽りの‟神の手” 旧石器ねつ造事件」を興味深く見ました。


mig

あれからもう20年ですか。光陰矢のごとし。

それはともかく、このスクープは当時かなりの反響を呼びました。

私は歴史では古代に一番関心があるんですが、古代の宗教とかそういう方面に関してであって、石器とか土器とかにはあんまり興味ないんですよね。

だから、番組内で「F」と呼ばれる‟神の手”の持ち主が次々に日本の旧石器時代史を更新しているという報道を見ても「ふうん」という感想しかなかったんです。

しかし、F氏が暗闇で石器らしきものを埋めているX線写真で一面が埋め尽くされたスクープ記事を見たときは「ええええ⁉」という感じでした。全部嘘だったとは。しかも、かなり昔から捏造していたらしく、当然のことながら「なぜ見ぬけなかったのか」という疑問が湧きます。

ただ、言うのは簡単でも行うは難し。私がF氏のそばにいた学者だったとして果たして見ぬけたかというとかなり疑問ですね。

だって番組でも触れてましたけど、「偉い学者が認めているんだから」と、もはや「科学」ではなく「信仰」の問題になっていたそうですから。

「神」は人間が生み出した最大のフィクションですが、神を信じているかどうか、という問題には「信じてない」と即答できる人でも、1万円札に1万円の価値があるかどうかと問えば、誰だって「ある」と即答するでしょう。

でも、それだって「信仰」なのです。1万円札に1万円の価値がある理由は、この日本列島で暮らす人々がみな一様に「この紙切れには1万円の価値がある」と思い込んでいるからです。

金本位制の時代は違いました。中央銀行へもっていけば時価1万相当の金(きん)と交換してもらえた。金という実体が価値を裏付けていました。が、金本位制でなくなったいま、何が価値を裏づけているか、それは「この紙切れには1万円の価値がある」という「幻想」にすぎません。(そのあたりのことは岩井克人という経済学者が書いた『貨幣論』という本に詳しく書いてあります)

「神」も「貨幣」も幻想です。集団妄想です。そしてF氏の「神の手」も同様だった。


81757606-9CCB-473B-B088-67A4E59411F4-e1599609645192

この記者が不正を暴いたんですが、門外漢だからこそ疑問を抱けたと言っていました。

王様は裸だと言った子どもとまったく同じですね。大人たちは裸を見ているのに「立派な服を着ている」という幻想に浸っていた。

そこに異議を唱えた人は偉い。

でも、こうも思うのです。

集団幻想に浸っていたほうが幸せだったかも、と。

そりゃ学問の世界のことだから真実を暴くことのほうが大切なのでしょうが、これが学問や科学以外のことだったら……?

「浮気するならばれないようにしてほしい」という女性は、つまるところ「まったく浮気していない亭主」という幻想に浸っているわけですよね? だから浮気した亭主よりばらした友人を逆恨みしたりする。

上述の1万円の話、何年も前に職場で言うと、「何かこのお札がつまらないものに思えてきた」と言った人がいました。

そもそも人間には何が事実で何が嘘かということが本当にはわかりません。どこまでが現実でどこからが幻想なのかもわかりません。

一期は夢よ、ただ狂え! とは誰の言葉だったか。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。