2020年07月18日

石原さとみ主演の木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の第1話、なかなかよかった。

何しろあの隠れた名作『ようこそ、わが家へ』の黒岩勉さんが脚本を書いているので、内容自体はたいしたものではないけれど、構成がしっかりしているというか、このシーンの次はこれしかないという直線的な脚本構成にしびれました。

とはいえ、第1話を見るかぎりでは一番面白いのは、真矢ミキ演じる薬剤部部長の軽さですね。


真矢ミキ
unsung-sinderera3

あの軽さは、おそらくですが、昔はスパルタで新人教育していたけど、時代が変わり、ちょっと言っただけでパワハラと言われてしまう、だから新人や部下との距離の取り方がわからなくなっていることから来ているのではないか。真矢ミキの小芝居がとても楽しい。


主人公を襲う理不尽
unsung-sinderera

「感謝されたいんなら薬剤師には向いてないかもね」

と石原さとみは新人の西野七瀬に言います。この『アンサング・シンデレラ』は医師ばかりが感謝される業界で決して日の目を見ない存在でありながら、医師よりも患者のことを考える薬剤師が主人公。感謝されないどころか、患者のことを考えるあまり処罰されそうになるなど、主人公を襲う暴力的な理不尽さは充分で、これからの展開が楽しみですが、私はお話には満足だけど演出にちょいと不満があります。


シャッター
unsung-sinderera2

薬剤部ではこのように緑色の服を着たエキストラが何人も主要俳優の前や後ろを通ります。薬剤を運ぶ人たちですかね。

彼らは「シャッター」と呼ばれる役割をもっています。主役の前を通って消えたかと思うとまた逆から通ったりするからそう呼ぶんですが、私はこのシャッターの数をもっと増やしたほうがいいように思いました。

そりゃ、実際の病院薬剤部ではあの程度の運び屋しかいないのかもしれませんが、桜井ユキが言うように猫の手も借りたいほど忙しい部署なので、その慌ただしさを表現するためには、ウソとしか思えないほどの、画面を埋め尽くしかねないほどのシャッターを使ったほうがよかったんじゃないでしょうか。



unsung-sinderera5

これはオフショットですが、1話のクライマックスは、ゲストの女の子同士の別れが描かれました。

桜が散るなかでの別れなんですが、ここでも桜の花びらの量が足りないと思いましたね。もっと大量に散らせるべきだと思う。それこそ画面を埋め尽くしかねないほどに。

あざといぐらいの手法で見せるべきシーンだったと思うだけに残念。

とはいえ……


unsung-sinderera4

クライマックス前のこのシーンは何とも言えない味わいがあってよかったですよね。(何かさっき感想を書いた『のぼる小寺さん』に似たシーンですけど)

でも、あくまで私は真矢ミキを目当てに来週以降を楽しみにしますがね。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字