2020年07月17日

職場に鉄ちゃんがいます。7年前の職場にも鉄ちゃんがいました。

Railfantokyo

鉄ちゃんといってもいろいろあって、画像のような「撮り鉄」もいれば「録り鉄」といって駅のアナウンスを録音するのが趣味の人もいるとか。

かつて脚本家を目指していた頃、鉄道会社に勤める男が主役の話を書くにあたって読んだ本が『愛した男が鉄道だった』というなかなか秀逸なタイトルの本でした。もちろん、あの「愛した男が極道だった」の『極道の妻たち』のパロディです。

それはさておき、いまの職場の鉄ちゃんは一番オーソドックスな「乗り鉄」です。とにかく鉄道に関する話になるとブレーキが利かなくなるほどどんどん言葉が飛び出てきます。別に鉄道そのものでなくても、ICOCAなどのICカードの話とかでも熱弁をふるいます。

私はなかなか面白いと思うこともあれば、いまは黙って飯食わしてほしいんだけど……とちょっぴり迷惑に思うこともある。ただ、鉄道にほとんど関心がないので、知らない話がどんどん飛び出すから基本的には興味深いことこのうえない。

でも、いまの職場では訊かれないけど、7年前の職場では、「○○さんって電車オタクだからイヤ」などと言うのが時折耳に入ってきました。

私はこの「オタク」という概念が本当にわからない。どこまでがオタクじゃなくてどこからがオタクなのか。

若い子に訊いてみました。

「俺はいままで1万タイトル以上の映画を見ていて、映画のことになると目の色が変わるし、映画にすべてを捧げてもいいという気持ちは脚本家を目指していた頃と何も変わらない。俺は映画オタクなの?」
「いえ、ピッチコックさんはオタクじゃないですよ」
「そうやって間髪入れずにオタクじゃないと言えるということは、どこまでがオタクじゃなくてどこからがオタクか、その境界線がわかっているということだよね。いったいオタクとそれ以外を分ける境界線って何なのだろう」
「それは…(絶句)」

こういう会話を私はいままで記憶にあるだけでも三度はした。今回が四度目。

みんな口々に「あなたはオタクではない」という。でもオタクと非オタクを分ける境界線については「わからない」と口をそろえる。


maxresdefault

結局、他人に「レッテル」を貼りたいだけなんでしょう。よくわからないものにはレッテルを貼って安心したいだけなんでしょう。実際、職場の鉄ちゃんは少しばかり「話の通じない人」と主に女性から思われているみたいだから、ただそれだけの話なんでしょう。

オタクとはしょせんその程度のこと。だって、鉄ちゃんをオタク呼ばわりしていた若い子はかなりのゲームファンらしく、世間で言うところの「ゲームオタク」みたい。でもオタク呼ばわりされるのはいやらしい。

何と自分勝手な!

しかもですよ。アニメやゲーム、映画に鉄道など、そういうものに夢中すぎるほど夢中だとオタクの疑いがあるらしいんですが、音楽ならいくらのめり込んでいてもオタクの範疇に入らないらしい。んなアホな。

最近の若い人は自分のことを誇らしげにオタクと自称することがあるそうな。実際、ツイッターのフォロワーさんでそういう人がいる。でも、現実にそういう人に会ったことがない。会うのは、オタク呼ばわりされるのは嫌がるくせに、他人をオタク呼ばわりしたい人たちばかりだ。

繰り返しますが、他人を「オタク」と呼ぶ人間は、自分の嫌いなもの、理解できないものにレッテルを貼りたいだけ。どちらが幼稚かは火を見るよりも明らか。以上!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字