2020年05月06日

ツイッターのフォロワーさんが、あの水野晴郎氏の『シベリア超特急』なみにすごい、と言っていたので非常なる興味をもって『M 愛すべき人がいて』1話から3話までを見てみました。


4d66e655c4675d83e3896fd22e96db76_640px

いやいや、これは『シベ超』なんかと比べるのは失礼ですよ。同じく珍作ではありますが、まったく作法を知らずに作られた『シベ超』よりこの『M』のほうが断然面白い。私の大好きな金子修介監督のこれまた珍作『プライド』(満島ひかり主演)に通じるものを感じました。


しっかりした結構
鈴木おさむ氏による脚本はとても結構がしっかりしていると思います。

上京して女優を目指す女の子アユが、マサというプロデューサーとの出逢いで運命が変わっていく。

その直線上に、ライバルの女の子たちや、会社の社長(高嶋政伸怪演)、得体のしれない秘書(田中みな実)が立ちはだかる。周りの環境が彼女を締めつける。ときにはマサもアユをいじめぬく。アユはそれらに打ち勝ち、頂点へまっしぐら。でもまた困難が立ちふさがり……

というメロドラマの構成がとてもしっかりしていると思いました。しっかりしているから臭いセリフも聞いていられるのでしょう。


臭いセリフ・いいセリフ
01

「俺の作った虹を渡れ!」
「あいつを選んだのは俺じゃない。俺を選んだのも俺じゃない。あいつを選んだのは、神様だ」

とかの臭すぎるほど臭いセリフのオンパレードですが、一方で、

「誰かを育てるときに大事なのは、自分も育とうとすることだ」
「未来は見えません。でも未来は作れます」

といった普通にいいセリフもありました。

いずれにしても、このドラマは「セリフを聞かせる」ことに注力しています。映画じゃなくてテレビドラマだからそれでいい。(『プライド』は映画でしたけど、あの映画の満島ひかりはヤバいほどにすごかった)

セリフを聞かせることにおいて、意識的かどうかは定かではありませんが、監督さんの編集コンセプトがかなり関わってきているように感じました。


常に喋っている人物を見せる
普通の映像作品なら、セリフのずり上げやずり下げということが行われます。

この『M』でもずり上げはあります。前のシーンの映像に次のシーンのセリフを乗せるとか。

でも、ずり下げはない。普通のずり下げは、喋っている人物のカットを割って、対面してそのセリフを聴いている人物のアップに切り替える手法ですが、この『M』ではそれがほぼありません。

常に喋っている人物が画面に映っています。そして喋り終わった途端、カットを割って聞いていた人物の無言のリアクションをしばらく見せてからその人のセリフを言わせる。ほとんどのシーンでこういう編集がなされているので意識的なのでしょう。(癖なのかもしれませんが)

編集をやっていた経験から言うと、常に喋っている人物を映すのってダサい感じがするんですよね。たまには聞いている人物にセリフを乗せたくなる。

この『M』も最初はダサさを感じました。でもここまで徹底していると、逆に、臭いセリフや大仰なセリフ回し、それらをすべてその人物の顔とともに見聞きするので、より大仰な感じがしていい意味でのケレン味が出ていると感じました。

第3話では普通にずり下げしている場面が数か所あるんですよ。監督が変わったからでしょう。でも1話と2話の木下高男監督は徹底してずり下げを行わない。

いや、1話と2話でそれぞれ一か所だけずり下げが行われたシーンがありました。

1話の、マサがアユに「女優をやめて歌手を目指せ。目の前の人間に伝わるように歌え」という場面。
2話の、天馬がアユに「目の前の人間に伝わるように歌いなさい」という場面。

あそこは聞いているアユの表情こそ大事ですからね。どちらも序盤の核心的なセリフですし。

特に1話では、田中みな実の奸計によってストーカーとして追い出されそうになったアユが、マサに伝わるように歌うことで窮地を脱しますし、2話では、伝わるように歌うことを習得したアユの成長が描かれますから。

ここぞというときだけずり下げを行った編集の勝利ではないかと。

以下は蛇足です。


田中みな実が笑える
M-tanakaminami

誰もが言うことでしょうが、マサの秘書を演じる田中みな実がすごい。臭すぎるほど臭い芝居ですが、あの役はあれぐらい臭くて大仰じゃないと成り立たないでしょう。

片目を失った背景を早く知りたい。あの眼帯の奥がどうなってるのか見たくてしょうがない。

というか、これってあの大映ドラマの名作『スチュワーデス物語』のパクリですよね。


t02200165_0320024012457573884

義手をはめた片平なぎさが風間杜夫に迫るシーンが毎回ありました。『M』でももっと田中みな実をフィーチャーすべきじゃないかなぁ。せっかく出てくるだけで笑えるおいしい役なのに。


清水美紀はもっと笑える
472927

アユに歌唱法を教え、根性を叩きこむ天馬先生を演じる水野美紀はもっと笑えました。

田中みな実は本業が女優じゃないからあそこまであざとい芝居をするのにも躊躇はないんでしょうが、清水美紀は曲がりなりにも女優なので、だいぶ照れがあったんじゃないですかね。でもその照れがいい。

アユを演じる安斉かれんも水野美紀の芝居に笑みをこぼしてましたよね。あれをNGにせずそのままオンエアにすることに決めたのは素晴らしい。ここまで臭くて大仰なんだからああいうのもOKにしましょうということですね。単にスケジュールの問題だけかもしれませんが。


というわけで、コロナのせいで撮影中断し、次の第4話をいつ見れるかわからないのが残念でしょうがない。

でも、『半沢直樹』や他の作品のように、最初からすべて延期にしなかったのは、途中まででもあまりに笑えて話題になるから、という計算なのでしょうね。放送再開されたら視聴率トップに躍り出たりして。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。