2020年02月24日

春日太一『黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)に私の友人がチラッと出てきます。


追放劇の裏話
mokushiroku (1)

365ページの冒頭、

「『車の運転しかできませんが、チームオクヤマに入りたいんです』と言ってくれた本当にいい奴がいました」

と書かれている人です。実際、奥山さんの直属の部下であり、運転手をしていました。運転手といっても、奥山さんの代わりに配給すべきかどうかを決めるべく字幕なしの外国映画を見たり、もちろん製作に関わったり、現場に出たりしていたそうです。(『大統領のクリスマスツリー』に関する暴露話がめちゃ面白かったですが、とてもここには書けません)

1998年1月。役員会の緊急動議で奥山さんは父親の社長ともども追放されました。

私はくだんの友人から裏話を聞きました。彼は滔々としゃべりながら「おまえ、週刊誌に売ろうとしてないか?」「メモする音が聞こえる」などと言ってきました。もちろん私はそんなことしてませんし、するつもりもなかった。でも疑心暗鬼になってしまうほど社内が一変したのでしょう。社内ばかりか世間も。手の平返しの大バッシングでしたから。

オーナー一族に「大政奉還」という形になり、戊辰戦争に負けた奥山親子はいまだに「賊軍」です。著者の春日太一さんも「奥山とは関わらないほうがいい」という「アドバイス」を受けたとか。

私は奥山さんほどの実力の持ち主なら絶対援助者がすぐ現れると楽観的でした。実際、中村雅哉さんというナムコの社長さんが助け舟を出してくれましたが、それでも今日まで20余年、第一線に立っているとはいいがたい。『凶弾』から突っ走った15年ほどの間によほど多くの敵を作ってしまっていたんですね。

ところで、アンチ奥山派による奥山派の粛清はほとんどコメディの様相を呈していたそうです。

「君、この会社から出ていく? それとも残る?」
「残りたいです」
「そう。じゃ稚内へ行ってもらおうか」

などという、『おじゃマンガ山田君』で見たことのあるエピソードもあったとか。

稚内と聞いて途端に「出ていきます」と言った人もいたようですが、ある人は「稚内? ほほう、興味ありますね。具体的な話を聞かせてください」と返したツワモノもいたらしい。もちろん虚勢です。でも相手は途端に慌ててしどろもどろになったとか。笑えた。

くだんの友人はあの追放劇の前に職を辞すことを決めていたそうですが、チームオクヤマ再建のめどが立つまで何とか力を貸してほしいと奥山さんに懇願され、しばらく手伝っていたそうです。

すぐれたプロデューサーというのは「人たらし」なところがあるのでしょうね。

しかも面白いのは、あの周到に根回しされた追放劇の裏で寝返っていた多くの側近たち。当時の奥山さんもインタビューで「おまえもかと訊いたら当然のように『はい』というんですよ。いい社会勉強させてもらったなぁ」と言ってましたが、そういう人たちは「中枢の人たち」によって次々と会社を追い出されたそうです。簡単に裏切る奴は信用ならないと。「会社に裏切られました」と奥山さんに泣きついてきた人もいたそうで、笑えるというか哀しいというか……。

「あんなクーデターを周到に準備できるんだったら何でもっとその力と情熱を映画作りに注がないのか」

と奥山さんは言います。正論ですね。でも正論が通るとはかぎらない、いや、むしろ通らないことのほうが多いのがこの世の厳しさであり愚かさです。


あらかじめ運命づけられた悲劇
okuyamakazuyoshi (2)

『エリカ38』で組んだ樹木希林が「あなたはカネの匂いがしない」と奥山さんを評したそうですが、深作欣二や菅原文太にデ・ニーロなど、錚々たるスターが奥山さんの復活を願っても叶わなかったのは「カネの匂いのする人間」を敵に回してしまったからなんでしょうね。

さて、その深作欣二というのが奥山さんにとって「偶像」だったのは誰でも知っていますが、「桎梏」でもあったというのは驚きでした。

解任劇のあと、デ・ニーロが「一緒にアメリカで映画を作ろう」と誘ってくれたそうですが、深作欣二のいる日本を捨てられないと踏ん切りがつかなったとか。そうだったのか。それほどまでに「深作欣二」という名前が重かったのか、と。

でも、それならなぜ東映ではなく松竹に入ったんでしょう?

やはり親父さんがいたからですか。「映画会社の中枢にいなきゃ何も変えられないと思った」という箇所がありました。でも結局、東映やくざ映画という「明るく楽しい松竹映画」とは真逆の色に染まっていた奥山さんは『丑三つの村』『その男、凶暴につき』『いつかギラギラする日』といった「松竹にあるまじき映画」を連打してどんどん敵を増やしてしまった。

聡明な人だから、松竹カラーとはぜんぜん違う映画を作っていたら遅かれ早かれああいうことが起こるのはわかっていたと思うんですがねぇ、、、と思ったところである言葉を思い出しました。

深作さんが亡くなったとき、脚本家の高橋洋さんが「映画芸術」の追悼特集でこんなことを書いていました。

「深作欣二は最後まで本当に戦うべき相手とは戦えなかった人だったんじゃないか。『仁義なき戦い』で菅原文太が戦うべきはどう考えても山守組組長の金子信雄なのに、他の奴らとばかり戦っていた。『バトル・ロワイアル』でも本当に戦うべき相手は自衛隊なのにクラスメイト同士で殺しあった。『Ⅱ』では、本当に戦うべき相手は米軍なのに自衛隊と戦っていた」

奥山和由という人にも似た匂いを感じます。本当は東映に入るべきだったのに松竹に入ってしまった。社内革命をやるといっても、最初から東映に入っていればそんな無駄な闘いを演じなくてもよかったはず。

奥山さんの一番好きな外国映画は『ゴッドファーザー』だそうですが、あのギリシア悲劇のような「あらかじめ運命づけられた悲劇」をご自身が演じていたような気がするのです。負け戦になるんじゃないかとどこかで思いながら。心のどこかで破滅願望が少しずつ満たされていくのを感じながら。226への異常なこだわりはそこか来ているんじゃないかと。

もし奥山さんがこの記事を読んだら「そんなわけあるか!」と激怒するかもしれません。

でも、この本を読んだ私にはどうしてもそう感じられてならない。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字