2020年02月19日

今朝のニュースで「AI面接」なるものが幅を利かせつつあると言っていました。

婚活なんかでも「マッチングアプリ」というAIを使って人間では測れない「相性の良さ」を掘り当ててカップル成立させているというし、「AI面接」などで驚いてはいけないご時世なのでしょうか。


AImensetsu

しかしですね、結婚だったら「この人と一緒なら楽しいかも」ぐらいの乗りでいいかもしれないが、就職となると話は別でしょう。学生にとっては一生ものだし。

しかも、いま「AI面接」で調べてみると、

「すべての評価結果が数値として表示され、曖昧さがないのが特長です」

と書いてあるが、それってほんとに「特長」? 曖昧なのが人間なんですけど。モヤモヤした何かを抱えているのが人間なんですけど。特に大人未満の年頃にはね。

企業側のメリットは何よりも「コスト削減」。しかも面接できる人材が飛躍的に増える。ニュースでも「人間の面接官なら10人しか会えないところをAIなら100人会える。10人の中の1人より100人の中の1人を選びたい」その気持ちはわかる。

だからといって誰も直接その人を見ないで大丈夫なの? そりゃ最終的には社長など偉い人が実際に会うんでしょうけど、その前に何人も振り落とすんでしょう?

AIがどう考えているかというのは完全にブラックボックスらしく、人間にもわからない。そんなよくわからないもので評価しちゃっていいの? 

お見合いや結婚だって「AIを信じて会ってみたら何となく気が合う」というのが大事なわけでしょう? ここで大事なのは「AIの言っていること」ではなく「とりあえず会ってみた」ということだと思う。AIが偉いんじゃなくて「AIならひょっとして……」というまさに「ブラックボックス」な何かにすがりたくて「実際に会う」ところからスタートしたことが大事なわけですよね。選り好みしてたら何も始まらないし。

しかし、と企業側人事担当者は言うでしょう。

こっちも生身の人間だから会える人材には限度がある。でもAIならその数を飛躍的に伸ばせる。出会いの確率も上がる。

一理ある。でもね、実際に10人に会って1人選ぶとすると、9人を落としたことになる。でも100人から1人を選ぶとすると99人を振るい落とす。でも、落としたほうは9人落としたときと同じ「痛み」しか感じない。なぜならAIが高評価を下した10人にしか会ってないから。

「生身の人間だから限度がある」というのは正当性があるように見えて「罠」だと私は思う。

生身の人間だからこそ実際に会わずに落とした人間には何の痛痒も感じない。そりゃいい人材に巡り合えた企業側は「やっぱりAIはいい!」ということになるんでしょうが、落とされたほうは「会ってもくれなかった」と心に傷を抱えることになる。

生身であることを言い訳にして、結果的に他人の生身を傷つける。(心は生身です)

私がAI面接なるものに「人間としての危機」を感じるのはまさにこの一点においてです。


関連記事
AI婚活に見るプラセボ(偽薬)としてのAI
AI自動運転社会は不可能・絶対無理と思う件


人工知能の哲学
松田 雄馬
東海大学出版会
2017-04-25





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字