2020年02月22日

ハチミツってときどき固まりますよね。特に冬は。

あれって「温度」がもちろん関係しているんですが、夏に固まることもあり、調べてみると「振動」が影響する場合もあるとか。

そして「固まるハチミツが純粋な本物」だそうです。砂糖や水飴などの不純物を混ぜていると固まらないとか。質の違う糖質だから結合せず、結果として結晶化しないということなのでしょうか。

理由は定かではありませんが、とにかく、固まると「本物」なんです。純粋な本物か不純物を混ぜたものかを見分けるもうひとつのポイントは「濁っているかどうか」。

濁っているものが本物です。なぜなら本物であれば花粉や空気中のほこりなどが混じっているからです。


固まった! しかし……
images (1).jfif

うちのハチミツが最近久しぶりに固まりまして、やはり本物だったか、ふふふ、と独りほくそ笑んでいたんですけど、湯煎したら元に戻らなくなってしまったんです。

いや、ちゃんと溶けたんですよ。溶けたんですが、普通なら溶けてサラサラになったあと、冷えてまたドロッとした状態になるじゃないですか。それが、水みたいな状態のままなんです。

調べてみると、やはりそれは不純物を混ぜたまがい物でした。

で、これはどこのハチミツだ? と見てみると「原産国:中国」とあったんですが、ここが「罠」だとというのがこの記事の主旨です。


中国を生贄に?
いま新型コロナウイルスのニュースでもちきりですが、普通の風邪も15%くらいはコロナウイルスが原因らしいです。あくまでいま問題なのは肺炎によって死に至らしめる「新型」のコロナウイルスです。

それはさておき、職場の同僚さんが、こんなことを言いました。

「昔って鳥インフルエンザとかコロナとかなかったじゃないですか。やっぱりあれってマスク業界の陰謀だと思うんですよ。だっていまネットでマスクがすごい値段になってるでしょう? しかも中国発ということにすれば嫌中の人たくさんいるから目くらましになるし」

と言っていて仰天しました。その人はいたって現実主義者的なところがあって陰謀論なんかとは無縁だと思っていたからよけいに。

ハチミツの話に戻りますが、水みたいになったハチミツはあくまで「原産」が中国なんですよね。純粋な本物のハチミツを中国から輸入して、そこに混ぜ物をしたのは日本の業者です。

これは絶対「中国のせいにできる」と思ってやっていることだと思います。コロナウイルスの陰謀論は信じませんが、ハチミツや他の食品における「『中国産』とさえ書いておけば目くらましになる」と考えている悪質輸入業者はたくさんいると考えます。

ヘイトクライムとは言えないけど、ヘイト気質を悪用した事例と言っていいでしょう。

くだんの陰謀論者も、私が「そのハチミツには原産国中国と書いてあって」と言ったら途端に「あたし中国の食べ物は絶対買わないです!」と言ってましたし、他にもそういう人は多いですからね。私は安いから買うけど。

というわけで、安易に「中国産」「中国で製造」という表記を鵜呑みにせず、日本の業者の手が入っている可能性を疑ったほうがいいと思います。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字