2020年02月02日

スーペルコパを制し、国王杯でも順調にベスト8に勝ち上がり、目下公式戦20戦無敗と乗りに乗ってるレアル・マドリード。今日はアトレティコとの伝統のダービーマッチでした。


結果は1-0で見事わがレアル・マドリードが勝利!



_G__8257Thumb

この試合でジダンはスーペルコパと同じ布陣を敷きましたが私はスタメンを見てかなり不吉な予感がしました。決して結果論ではなく。

GK:クルトワ
DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、マンディ
DMF:バルベルデ、カゼミーロ、クロース
OMF:モドリッチ、イスコ
FW:ベンゼマ


スーペルコパと違うのはヨビッチじゃなくてベンゼマというところ。ここが危ないと思いました。

スーペルコパでもベンゼマが怪我してなかったら普通に4-3-3だったと思うんですよね。でもヨビッチを使わなくてはいけない。9.5番としてゲームメイクもするベンゼマがいず完全に9番タイプのヨビッチしかいないなら、いっそのことヨビッチにはゲームメイクには参加させず、トップに張り続けさせて相手DFラインを押し下げさせる役割を担わせた。空いたスペースにモドリッチやイスコ、バルベルデが入ってきてフィニッシュという狙いが功を奏していたと思うんです。特にバレンシア戦では。

ヨビッチは何もしていないと批判されていましたが、私はいい動きをしていたと思います。

その夢よもう一度と思ったのか、ベンゼマがいても2シャドーを使う4-3-2-1を採用したので「これはひょっとすると……」と思っていました。

案の定、ボールは保持するもののベンゼマにゲームメイクさせずヨビッチと同じようにトップに張り続けさせるからチャンスが広がらない。カゼミーロが守備時はアンカーで、奪ってビルドアップのときは3バックの中央に入り、ここぞというときは最前線まで上がるという、アトレティコからすると非常にマークにつきづらい動きをさせていましたが、他には何もなし。

普段ならベンゼマが下がってゲームメイクに参加したら両ウイングが空いたトップの位置に入ってフィニッシュというのがこれまでの形でしたが、ベンゼマがトップに固着したままでは攻撃も手詰まりだし、何より前線からの守備もおろそかになって完全にアトレティコのペース。

またスコアレスドローか、負ける可能性も大いにある。いずれにしても得点は生まれない。

と思ったら、ジダンがハーフタイムで動きました。クロースとイスコを下げてヴィニシウスとルカス・バスケスを投入。

おおおおおお!!!! これで行ける! 

ちょっと前からジダンは動くのが早くなってるな、とは思っていましたが、戦術的理由で後半頭での選手交代は今季初めてです。しかも大胆な二枚替え! ただ、入った二人はどちらもチャンスメイカーでベイルやロドリゴのようなフィニッシャーじゃないのが気にはなりましたが。

とはいえ、かつてのジダンなら、状況がよくなくても「俺が選んだ11人だから」とスタメンに固執してなかなか替えなかったですよね。それが変わった。自分が選んだ11人を否定する勇気をもつようになった。素晴らしい。

いままでジダンの采配には疑問をもっていた私も今日は喝采を贈ります。ただ最初の11人を選び間違わなければ、というのはありますが、それはまぁいいでしょう。

あと一人の交代枠を使わなかったのはどうでしょうか。ハメスを入れたくても下げる選手がいないから理解できますが、マルセロをマンディに代えて投入しても面白かったように思いますが。あと普通にベンゼマに代えてヨビッチとか。というか何でオドリオソラを出したんですかね? よっぽどあのマジョルカ戦での退場が響いているのか。

とにもかくにも見事な采配で7シーズンぶりにサンティアゴ・ベルナベウでのダービーに勝利。朝飯がうまい。(そんなに負けてたとは知らなかったけど)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字