2020年01月22日

Fさんにまつわるあれやこれや

いまの職場にはとても面白い人がいます。

以下、特徴を箇条書きにしてみます。

・みんなから嫌われている。
・仕事を憶えようとしない。
・そのくせ偉そうに命令だけはする。
・「私は指示する人間です」と自分の地位にあぐらをかいている。
・自分自身を客観視できない。
・顔がドラキュラみたい。

というような感じです。まぁどこにでもいると言えばどこにでもいる輩ですな。

この人(仮にFさんとしましょう)について昨日、仰天してしまうことを聞きました。

何でも、私にパワハラ告発されるんじゃないかと恐れているらしい、と。


なんでやねん

確かに去年、自分のことを棚に上げて他人を非難してばかりなので一喝したこともあるし、その半年後くらいには別の部署の問題児(この人も確かに問題多いけどFさんに比べたらまだまだかわいげがある)のことをトップの人に直談判したことがあり、結構いろんな人に聞こえていたみたいなので、それで恐れているのか。

どちらにしても「パワハラ」という認識はまったく違うでしょう。

あの人はパワーハラスメントをしているのではなく「自分には何ができて何ができないかがわかっていない」ことに問題がある。

自分はこの仕事ができない、あるいは苦手である。

そういう認識をもって初めて「これは誰それに聞いて憶えよう」「こっちは他の人に聞こう」という行動が生まれるわけで、自分にできることとできないこと、わかっていることとわかっていないことの区別がつけられることをほんとの「知性」だという、というのが私の持論なのだけれど、Fさんには「知性」がない。

それが最大にして唯一といっていい問題なのに「パワハラ告発を恐れてる」って、それこそ自分が抱えている問題がわかっていない、つまり知性がないということ。

Fさんに教えてあげたくてうずうずしてしまう。あなたは言葉の本当の意味で頭が悪いんですよ、と。「何かがわからない」ことを頭が悪いとは言いません。「何がわからないかがわからない」ことを頭が悪いというのです。

しかしま、Fさんのおかげでそれ以外のみんなが一致団結できているので、いい効果もあるのかもしれない。(そういえば1年前はHさん以外のみんなで一致団結していたっけ。Hさんはもういまやれっきとした我がチームのリーダーですぜ。愛すべき天然ボケ)


弟子がほしい件
さて、話題はガラリと変わって、別の部署の女性に弟子ができたんですね。と思っていたら、その人が近々辞めると今日になって聞きまして、だからただの引継ぎなんですけど、しかし弟子には違いない。

私もホテルの客室清掃の副責任者をやっていたときは新人にベッドメイクを教えたりする側だったからわかるけれど、その女性が弟子に仕事を教えている姿がとても楽しそうなんですよ。

images.jfif

そう、確かにあれは楽しい。

弟子がこちらの「教えてあげたい気持ち」をくすぐってくれると教え方にも熱がこもってしまう。

そして、教えているうちに「自分はこういうことがわかっていない」ということに気づかされる。弟子の無垢で素朴な質問にハッとなることがある。

そのとき師匠として「学び直さなければ」という気持ちになる。

よく「地位が人を作る」というけれど、それは「この地位にふさわしい人間にならねば」という気持ちがその人自身を成長させるからでしょう。

だから、Fさんは長らく指導的立場にいたらしいけれど、そういう立場にあぐらをかいて学ぶ気持ちをおろそかにしてきたからあの歳でその地位にふさわしくないどころか、子どもみたいなわがままを言い、挙げ句の果てに「パワハラ告発されるのでは……」などという頓珍漢な疑惑が頭の中で渦を巻いているのだと思う。

私は弟子がほしい。つまり後輩がほしいのだ。別の部署では後輩が何人もいるが、その部署では指導的立場の人間しか教えてはいけないことになっているので師匠になれない。

本来の部署と別の部署と両方の仕事ができるのは実は私だけで(いまのところ)今日はそれをほめてくれる人がいたのだけど、それはあくまでも私が「弟子として優秀」であることにすぎず、やはり師匠として優秀であることも見せなければFさんのことを笑っていられないな、というのもまた事実。

というわけで、嗚呼オレも弟子がほしい、と思った真冬の雨中でした。


関連記事
令和改元! 「天皇」を考える(職場にもある天皇制)





コメントする

名前
 
  絵文字