2019年12月03日

Netflix製作ながらアカデミー賞に絡むということで一週間限定公開のノア・バームバック監督最新作『マリッジ・ストーリー』。(以下ネタバレあります)


監督の仕事とは?
marriagestory1 (1)

いやぁ、実に素晴らしかったですね。

いまは仕事で疲弊しているので寝てしまいそうな予感がしましたが、とにかく脚本の出来がいいのも当然ながらあるけれども、とにかく主役二人の芝居がとんでもなく素晴らしく、眠気が完全に吹き飛びました。

スカーレット・ヨハンソンもアダム・ドライバーも芸達者な俳優であることは周知の事実でしょうが、この『マリッジ・ストーリー』は二人のこれまでのベストでしょう。あれだけの超絶演技を引き出したノア・バームバック監督の手腕が光る一作ですね。

そういえば、映画の専門学校時代、中国語圏の映画で監督のクレジットがなぜ「導演」なのか、という人がいて、「監督の一番の仕事は俳優から演技を導き出すことだからじゃないか」と答えると「あ!」といまさら気づいたかのような顔をしていました、監督した経験がある人ですよ。

別の監督経験のある友人も「誰それが演技賞を総なめしたのは監督の功績と言ってたけど、違うよな」と言ってきたので「何で」と答えると「ウソーー!」と飛び上がらんばかりに驚いていました。監督の一番の仕事は演技指導なのに。

溝口健二みたいに、芝居だけつけてどう撮るかは宮川一夫に任せても大丈夫。
ポール・バーホーベンみたいに「僕は編集はしないんだ。撮影が終わったら素材を編集マンに渡して出来上がりを待つ」と編集にまったく口出ししなくても大丈夫。

でも、演技指導を他の人に任せてしまったら、その監督は監督でなくなってしまう。演技指導する人が本当の監督。以上のような認識を映画作りを目指す人間がもっていないことに愕然となったものですが、それはまた別の話。

とにかく、この『マリッジ・ストーリー』でのノア・バームバック監督の演技指導は素晴らしかったと思います。

ただ……


芝居場でなぜカットを割るのか
marriagestory2

主役の二人が最後のほうで口喧嘩をはじめ、アダム・ドライバーが泣き崩れる素晴らしいシーンがあります。

二人の超絶演技の絶頂場面ですが、私は素晴らしいと思うと同時に、かなりの疑問を感じました。

それは撮り方。正しくは見せ方。

なぜ何度もカットを割ってしまったんでしょう?

アダム・ドライバーが泣き崩れるまで二人のエモーションが高まり続ける場面なわけだから、ワンカットで見せないといけないんじゃないですか?

二人のクロースアップなんかいらない。もっと引いた画でかつては愛し合った男女が男が号泣するまで激しい口論をするその様を「まさにいま目の前で起こっているかのように」見せてほしかった。そのためにはカットを割るべきではなかった。

『once ダブリンの街角で』という映画がありました。

あの映画でも、いままさに歌が生まれる瞬間をカットを割って見せていましたよね。なぜワンカットで見せてくれないのかと再見するたびに思います。

先述のとおり、この映画では不必要なクロースアップが多いと思いました。最後にアダム・ドライバーが息子と会話して落涙する場面だって、もっと引いた画でワンカットで見せてほしかった。役者の芝居を一番重視して抜群の演技指導を施しているのに、それを十全に楽しめる形で見せてくれない。

文句ばかり書きましたが、私はこの映画にアカデミー監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞を取ってもらいたいと切に思います。(脚本賞の受賞はほぼ当確のような気がしますが。少なくとも脚本家組合賞は取るかと)

なぜ作品賞は応援しないのかって?

やっぱりホームドラマが作品賞って違うと思うんですよね。『クレイマー、クレイマー』あたりからこじんまりした人間ドラマが作品賞を取ることが増えましたけど、アカデミー賞というお祭りにそういう映画はふさわしくないんじゃないかというのが個人的な意見です。


関連記事
『曽根崎心中』を見て改めて思う監督の腕とは







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字