2019年10月27日

早くも今年の最終クールの連ドラが始まってもう1か月がたとうとしています。今回見始めたのは6本。

とはいえ、初回で見るのやめようと決意したのが半分の3本もあります。ちょっと率が悪すぎ。でも、あとの3本のうち2本はこの時点で最後まで見るだろうと確信できているから、まぁいいか。

では、見始めた順に簡単な感想など。


『リカ』
rika

初回はかなり面白かったです。「雨宮リカです。28歳です」の自己紹介に戦慄し、物語の運び方がほぼ完璧で間然するところがない。牟田桂子という脚本家さんは名前すら知りませんでしたが、これからこの人の書くものなら何でも見ようとさえ思ったほど。

プロットの運びは2話以降もうまいんですけど、主人公のあまりの悪辣さというか、どんどんただの「変な人」になってませんかね? 初回でうるさい師長を殺す場面など喝采を贈ってしまうほど悪役の主人公に感情移入していたんですが、だんだんそれができなくなってきています。

昨日の第一部最終話では、それまですべて自分で殺していたのが、別の人間を脅迫して殺させていました。ああしておけばその人が小池徹平を殺してくれるということなんでしょうが、あれは完全に「作者の都合」ですよね。だいぶ白けた。

ただ、27時間テレビで休みをはさみ、第二部からは大谷亮平のストーカーになるらしく、キャラクターが一新されるから最後まで見ますよ。第一部で唯一の生き残り、夏菜の出番はあるのでしょうか。気になります。


『同期のサクラ』
「高畑充希はいつも同じような役ばかり」と批判されているようです。私は彼女の出演作をほとんど見てないのでそのへんはわかりませんが、これも『リカ』同様、主人公がただの「変な人」なんですよね。

同じ遊川和彦さんの大ヒット作『家政婦のミタ』の主人公も変な人でしたが、あの底なしの暗さというか、なぜ笑顔を見せないのかという根底の設定に説得力があったので少しも変とは感じず、感情移入しまくりで見ていました。遊園地で子どもの分の食事も買って少しも食べずに帰る場面とか。

でもこの『同期のサクラ』はただ変な人が変なことをしているだけで少しも乗れません。社長の挨拶にあんなに食ってかかるなんてただのアホじゃないですか。


『俺の話は長い』
12c04313-4b84-4ab0-b526-c55fc40a16c8

小池栄子が出てるなら何でも見ると決めているので見始めただけですが、これが今クールの目玉ですね。

30分×2本立てというのはやや看板に偽りありという感じですが。一応、サブタイトルをつけているから話が分かれているようにも感じますが、ずっと同じひとつの話が続いているだけというのが本当では? クドカン『マンハッタン・ラブストーリー』や三谷幸喜『王様のレストラン』のように各回がぜんぜん違う話、違う主人公になっているわけじゃない。

ま、それはさておき、何よりニートの生田斗真に対して、全否定派の小池栄子と全擁護派の安田顕(この二人が夫婦というのがよろしい)、擁護派だけど心配している母親の原田美枝子、否定派だけど心の底では慕っている姪っ子の清原果耶。主人公の周りの人物配置が絶妙です。

どうも清原果耶ばかりが絶賛されているようですが……


drama-orebana-story03

確かに昨日のこの場面の直後、「俺もハルミンのこと好きだったんだけど」と打ち明けられたときの顔の歪め方がとんでもなく素晴らしく、まだ17歳であんな芝居ができるなんて末恐ろしすぎる。(でも、かつてはああいう役を原田美枝子がやっていたんですよね。隔世の感)

でも、やっぱりこの作品世界を根底から支えているのはこの人ですよ!


AAJoWMc

昨日の「だったらちゃんとしろよ! 30過ぎて親から金せびってんじゃねーよ!!」といって涙を隠せない芝居は本当に素晴らしかった。

生田斗真が小金を貯めているのは何のためなのか。また店をやるため? それではつまらない。この先の展開から目が離せません。

ところで、初回と二回目は中島悟という監督さんが撮っていて、魚眼レンズなどレンズワークが巧みでした。狭い室内をできるだけ広く見せようという演出意図が感じられてとてもよかったんですが、昨日の3回目は監督が変わったためにそういうカットがほとんどなくなってしまって残念でした。映画と違いテレビドラマで映像演出を楽しめるなんてあまりないのでね。


『おいしい給食』
武田玲奈が見たいというだけの理由で見始めましたが、ひどくつまらなかった。献立に関する蘊蓄をナレーションで語りながら給食を食べる。そこに何のドラマがあるというのでしょうか。かなりませた子どもが一人いて気になりますが、30分が異常に長いので見限りました。


『左ききのエレン』
池田エライザが見たいというだけの理由で見始めましたが、うーん、かわいいのはいいんですが、少しも「天才」に見えない。でも、物語そのものは悪くなさそうだし、どういう展開になるかまだ見えないのでとりあえず次は見ますよ。最後まで見れるかどうかわかりませんが。


『決してマネしないでください。』
NHK総合の土曜11時半というのは最近破竹の勢いの枠なのでとりあえず見てみたんですが、これも蘊蓄を語るばかりで少しもドラマになっていない。馬場ふみかのキャラはなかなか天然でよさげでしたが、これも30分が異常に長かったので見限ることに。


というわけで、『俺の話は長い』と『リカ』は最後まで見ることになりそうです。来週から始まる『歪んだ波紋』は生き残れるでしょうか。去年の『フェイクニュース』と同じテーマのようで期待してるんですがね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字