2019年09月04日

先日、廉価版DVDが発売された往年の名作アニメ『妖怪人間ベム』。

第2話の感想としてこんなものを書きました。

「階段を這う手首」(有神論と無神論の対立)

ベムが言う「悪いやつを懲らしめていいことをしていれば俺たちはいつかきっと人間になれる」というのは「宗教」だという主旨でした。

そして今日見た第9話の「すすり泣く鬼婆」。ここでも宗教というか「信仰」の問題が語られます。


spd-e7f36b513bce3be010264995e90a6fa4

強烈なラストシーン
この「すすり泣く鬼婆」のあらすじは、

土砂降りの中を走る馬車があり、ベロが中に入れてもらう。まだ若い母親と盲目の息子。彼らは一夜の宿を求めて山奥の山荘に入れてもらう。が、そこの女主人に不穏なにおいを嗅ぎつけたベロが忍び込むと、女主人の正体はとんでもない鬼婆だった。ベロはベムに助けを求めて一件落着。

というものです。

いやいや、それじゃ片手落ちだよ! という声が聞こえてきそうです。

そう、この「すすり泣く鬼婆」で一番強烈な場面はラストです。

母子のために骨を折り、絶体絶命のベムを助けて鬼婆を助けたのはベロなのに、指が三本しかないのを咎められ、鬼婆の仲間だったと誤解を受け、号泣するのです。(しかしこのDVDでは「その坊主には指が三本しかないんだぞ」というセリフがカットされてるじゃないですか。「完全版」を謳っておきながら……

それはともかく、私も昔はこのラストが強烈なインパクトをもっていると思っていました。それは今日でも変わりはありませんが、ベムの「いつか人間になれる」という信仰という観点から見ると、別の場面が妙に気になるのです。


鬼婆の信仰(神と悪魔の違いとは?)
鬼婆は牛の生首か何かを祭壇に祀り、次のような祈りを捧げます。

「おお、サタン様、いつになったら私に若い美しい女の顔をくださるのでしょうか。私はこれまで96人の人間を捧げてきました。今日も3人の人間を捧げます」

この鬼婆もまた敬虔な「信者」です。ベムの信仰対象は「神」であり、鬼婆のそれは「悪魔」という違いはあります。しかし、悪魔というのは鬼婆にとっては「神」ですよね? 神を信じる者からすれば悪魔に感じられるだけの話であって、鬼婆の主観ではサタンというのは神です。(そもそもサタンはルシファーという名の元天使)

ベムたちも醜い妖怪人間から普通の人間になりたがっている。
鬼婆も醜い鬼から若くて美しい女になりたがっている。

どこが違うというのでしょう? 

ただ、そのための手段が「無辜の者を殺す」か「そんな悪い奴を懲らしめて弱い者を助ける」かの違いだけ。

その違いは確かに大きすぎるほど大きい。でも、「信じる」という点では何も違いがありません。


image

キリスト教徒から見ればイスラム教徒は「テロリスト」にしか見えないのかもしれませんが、彼らのほとんどはごく普通の人間です。しかし、「あいつらは悪魔を信仰している」と偏見の目で見ている人もいるのでしょう。

結局、人間は自分が信じたいものを信じているだけ。アリストテレスの「人間の目には自分の見たいものしか見えない」というのと根っこは同じでしょう。

ベムたちは神を信じたいが、鬼婆は悪魔を信じたい。だから生贄として殺す。


「すすり泣く鬼婆」のテーマ
この「すすり泣く鬼婆」のテーマがようやくわかってきました。

ベロの号泣で幕を閉じるこの回で大事なのは、「それでもやっぱり信じる」ということなんですね。

指が三本しかない。たったそれだけで化け物扱いされ、自分が退治した鬼婆の仲間との誹りを受けたベロは、それがきっかけで人間に強い恨みをもち、悪魔信仰に流されてもおかしくありません。

でもベロにはベムがいます。徹底した有神論者のベムは「涙が涸れたとき、自分の行いが正しかったことを知るだろう」と断定します。

よくそんなこと言えるな、と笑ってしまいましたが、このウソのような信仰心の篤さによってベラもベロも正常でいられるのです。

そう、「信じる者は救われる」というのはこういうことだったのか、という感じですね。強い恨みがあっても、その恨みをポジティブな方向へ舵取りできる者が身近にいれば悪の道に迷い込むことはない。

なるほど、それがこの回のテーマか!


答えのない問題
しかし「正常」とは何でしょうか? 「ポジティブ」とは? はたまた「悪」とは? 「正義」とは?

うーん、わからない。『妖怪人間ベム』が50年たっても古くならないのは、おそらく人類滅亡の日まで答えの出ない問題に果敢に挑戦しているからでしょうか。


蛇足
変身して醜い体になると思っている人が多いですが、醜い体が彼らの正体で、変身して人間の姿になっているんです。だってオープニングの生まれてすぐの彼らは醜い体だったじゃないですか。あれが正体です。もし人間の姿が正体ならなぜ「早く人間になりたい!」のか。もうなってるじゃん。


続きの記事
「墓場の妖怪博士」(ベムたちは妖怪人間ではなくロボットなのか⁉)
「博物館の妖奇」(妖怪人間は「心」の問題)
「亡者の洞穴」(あの結末が意味するもの)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字