2019年08月29日

7月18日に起こった京都アニメーションの放火殺人事件で、亡くなった方の実名が公表されました。

そのことについてメンタリストのDaiGoが、真っ先に実名報道に踏み切ったNHKに対し、「もう絶対NHKには出ない」と猛然と怒りをぶつける動画が公開されました。


DaiGoの怒りの本当の矛先は?


このDaiGoの怒りについて、ネット上ではかなりの賛意を集めているらしいのですが、私は大いに疑問です。

彼は実名報道によって遺族が多大な二次被害を受けると言っています。それが間違っているとは思いません。すでに実名がわかっていた人がいますよね。色彩担当だった石田奈央美さんの場合、早くから遺族が亡くなったことを公表していました。

その石田さんの葬儀でなのかどうかは不明ですが、マスコミが勝手に入ってきて許可もなく葬儀の様子を撮影していたと聞いて怒りに震えました。DaiGoの怒りもここから来ているのでしょう。「二次被害」とはこのことですよね。これには私も深く共感します。

ただ、DaiGoは最初は「実名報道したNHKを絶対許さない」と言っていますが、次第に「あなたの大切な人が理不尽に殺されて、そのうえさらに無神経なマスコミに晒し者にされたらどう思うか」と、実名報道したことに怒っているというより、そのことで遺族がマスコミによる二次被害を受けることに対して怒っています。逆に言えば、実名報道そのものに怒っているわけではない。

私は「実名報道」と「メディアによる二次被害」は分けて考えないといけないと思います。そのためにはあまり感情的になってはいけない。DaiGoは感情的になるあまり自分自身が何に対して怒っているのか、わからなくなってしまっていると感じました。


実名報道そのものが悪いのか?
確かに、人の葬儀に無断で入って勝手に撮影するなど言語道断であり、そういうことがあったから「実名の公表は控えてほしい」という遺族からの強い願いがあったのは理解できます。

でもそれはマスコミの不埒な振る舞いが根底にあるからであって実名報道そのものが悪いわけじゃないでしょう。

例えば3年前に起こった相模原の障碍者施設での19人刺殺事件。まだ被害者の実名が公表されていませんが、「身内に知的障碍者がいると知られるのは避けたい」と、差別感情を理由に公表しないでほしいという遺族の強い理由があるからだそうです。

ただ、名前がわからないと単に「19人の障碍者が殺された」と「19」という数字しかわからない。

石田奈央美さんや今回、明らかになったアニメーターの石田敦志さんの場合は、どういう経緯でアニメに興味をもち、京アニに入り、どういうふうに仕事をしていたか、ということがわかると、事件の痛ましさをより具体的に感じることができるし、石田敦志さんのお父さんが会見で、

「石田敦志というアニメーターがいたことをどうか忘れないでほしい」

と語ったのは、そういう思いがあるからではないでしょうか。決して「35」のうちの一人ではではないのだ、と。

おそらくですが、私の大切な人が理不尽に殺されたら、あのお父さんのように世間に訴えるような気がします。ただ、他の遺族から葬式に無断で押し入り勝手に撮影されたと聞いたら、考えを翻すかもしれませんがね。ここらへん、どちらの気持ちもよくわかるから難しい。


実名か匿名かを警察が決める
調べたところでは、2005年に事件の関係者の実名を公表するかしないかは警察に一任されるようになったとか。ウィキペディアには「日本政府がそう決めた」みたいに書いてありましたが、別のサイトには「マスコミが自分たちで決めたくないから警察に決めてもらうようになった」という意味で書かれていました。

どうも今回の実名報道に関するニュースを見ていると、「実名報道できないのは警察のせいだ」みたいな感じだったので、2005年に政府が警察に通達を出したのは本当なのでしょうが、その背景にはマスコミの「自分たちで決めたくない」という卑怯な心があるのだと思います。だから警察が実名を広報した途端、大義名分を得たかのように実名報道に走りました。

もし2005年の取り決めがなければ、マスコミは自分たちで調べて公表することができますよね。でもそれはしない。「公表を決めたのは警察」「俺たちはそれに従っただけ」というアリバイ作り。

今回の実名報道で本当に非難されなければいけないのは、実名を報道したことではなく、このアリバイ作りのほうではないでしょうか。


「実名なんか知りたくない」は本当か?
DaiGoは「実名なんか知りたいですか? 知りたくないですよね」と言ってましたし、世間的にもそういう論調が多いですけど、ほんとに知りたくないの? と私は思う。

少なくとも、事件が起こって間がなかったころ、いったい誰が死んだのか少しもわからなかったとき、ネット上では情報が錯綜していて、何人かの名前が「亡くなったらしい」と囁かれていました。私は京アニ作品のファンですが、アニメーターさんの名前までは知らないので、そこに出ていた名前で知っているのはひとつだけでした。

武本康弘監督。

確か、山田尚子監督や脚本家の吉田玲子さんが無事という情報が出ていましたが、武本監督は亡くなったかどうか判然としない、と。

私は知りたかったです。本当に亡くなったのか。それともガセネタか。今回、悲しいことに実際に亡くなったことが判明しましたが、亡くなったかどうかさえわからなければ悼みようがないじゃないですか。それでほんとにいいんですか?

そもそも、事件直後は関係者のSNSが更新されているかどうかとか「誰が死んで誰が死んでいないかの調査」がネット民によって行われていたわけですよね。それでマスコミの姿勢を非難できるのでしょうか。


実名報道の意義
今朝、いい記事を読みました。



この記事の中で、こんなことが語られていました。

京アニの代理人を務める桶田弁護士が実名非公開を唱えるのもおかしな話です。第1スタジオの建物が構造上、安全だったのかどうか将来、会社と遺族の間で民事上の争いが生じた場合、どうなるのでしょう。実名が公開されていないと遺族同士が連絡を取って協力するのも難しくなってしまいます。

なるほど、これはいままでにない視点だな、と。こういう冷静な記事を読みたいものです。



なるほど、


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字