2019年08月25日

遠藤憲一さんの主演最新作『それぞれの断崖』。昨日で全8話のうちの4話、ちょうど半分の折り返し地点だったわけですが、ちょいと違和感を覚えました。(以下ネタバレあります)


sorezoreno2

何と、主人公が加害者の母親と恋に落ちてしまう! そのような物語とは少しも知らなかった私は仰天しました。原作は結構有名らしく、2000年にもドラマ化されてるそうなので視聴者の中では知ってる人のほうが多いんでしょうか。シナリオは洞澤美恵子という方。


もったいない構成
しかしながら、この展開であるなら、息子が殺されるとか、犯人は少年法で守られるとか、そういうのはメインプロットの前段でしかないわけで、ちょうど真ん中のいわゆるミッドポイントに二人が恋に落ちる場面をもってくるのはもったいないと思いました。

だって、殺人犯が少年法で守られて被害者遺族は少しも守られないどころかマスコミと世間の好奇の目に晒され、娘の縁談は破談になり、父親は窓際に追いやられる、というのは、犯人が14歳未満の人間なら通常こうなるという展開ですよね。人権派を気取る弁護士などもありきたりな感じ。2000年の時点でもやや古かったような気がしないでもないですが、酒鬼薔薇事件から22年もたった今日、少年犯罪が起こればドラマと同じく「なぜ加害者の少年は守られるのか」「なぜ被害者が苦しまねばならないのか」という展開になるのは必至でしょう。でも、だからといってそれをそのまま見せるのは私は違うような気がする。

遠藤憲一さんの大ファンで尊敬しているので前回までの決まりきった展開を乗り切れましたが「何だ、ありきたいな少年犯罪モノじゃないか」と思って見るのをやめてしまった視聴者も少なからず存在するはずです。少なくとも私は主演が遠藤憲一さんじゃなかったら見るのをやめていました。


恋に落ちたところから始める
近代劇の祖、イプセンは、それまでの芝居の第5幕から始めたと言われています。充分ドラマが煮えたぎったところから始めて、第4幕までの情報を第5幕の中にぶち込むわけです。

sorezoreno1

私はこの二人が恋に落ちたところから始めたらよかったんじゃないかと思います。妻や娘はいったい何を考えているのかと激昂する(来週がこの展開ですね)、視聴者は最初なぜ責められるのかわからない。そのうち、息子が殺された、加害者は少年、その少年の母親と恋に落ちているという情報が明らかになる。えー、ウッソー! というふうに引っ張っていけば、ありきたりな少年犯罪モノにならず、同時に被害者遺族と加害者家族の恋愛というメインプロットも面白く見れたように思います。

ただ、これはあくまでも途中までしか見てない人間の感じたことで、もしかすると、結末まで見たらこの構成で納得するのかもしれません。ただ、前回までに失われた視聴者がもったいない。

とはいえ、仮にこの構成でいいとしても、ちょっとだけ昨日の肉体関係まで行く展開は唐突だったかな、とは思いましたね。

左遷された、妻は実家へ帰った、友人が自殺した、いろいろあったうえで、加害者の母親も自分と同じようにのたうち回って苦しんでいる、だから……というのは理屈ではわからなくはないんですが、腹に落ちてこないんです。

次回は妻や娘からものすごい攻撃を受けるようで、攻めの芝居も受けの芝居もうますぎる遠藤憲一さん、楽しみです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字