2019年08月20日

山田太一さんの1979年作品『沿線地図』の13話・14話。いやぁ~、仰天しましたね!(以下ネタバレあります。見てない人は絶対読んじゃダメですよ)

前回までの記事
①まるで自画像のような
②両親たちのウロウロ
③父親の落とし穴
④脚本家の苦心
⑤前面に出てきた笠智衆
⑥口紅はいらない

浮気話で引っ張る引っ張る
img-013-1

前回の「口紅はいらない」で、浮気がばれるかばれないかで引っ張るのはおかしいと書きましたが、今回も2話続けて浮気のことばかりで「ここまで引っ張るか」と少しうんざりした感じで見ていました。半狂乱になる岸惠子を薄い目で見る児玉清みたいな感じで。

それが、二組の夫婦がとりあえず和解したあと、4人で会いましょうとなる。なるほど、いままでは銀行員と電器屋という違いこそあれ、どちらもまっとうに生きてきた夫婦が、今度は「過ちを犯した者同士」として会い、そのうえで子どもたちの妊娠に向き合っていくんだな。それならこの長かった浮気話にも意味があるよな。

と思っていたら……


仰天の笠智衆!
IMG_20190820_072530 (3)

前々からヤングマンを一人で見ながら物思いにふける笠智衆が何かやらかすんじゃないかと思っていたら、児玉清に電話がかかってくる。「父が何か?」

とうとう何かやらかしたのか! と思っていたら、自殺⁉⁉

え、何で???

そう来るとは思わなかった。ずっと何かを考えていたようですが、うーん。

何で浮気話でここまで引っ張るのかとうんざりして、なるほど、そういうわけかと納得しかけたところでお爺さんの自殺。いやぁ~、これは当事者でなくても気持ちの整理ができないというか何というか。

実は、私はこのドラマで最後のほうで誰かが死ぬのは知っていました。貼り付ける画像を検索していたら白布をかぶった人に広岡瞬が寄り添っている画像がありましたので。

でも、私は真行寺君枝だと思ってたんですよね。先週、妊娠したというのもあり、流産とか切迫早産とかで子どもは生まれたけど(あるいは母子ともに)死んじゃうとか。でもいまその画像をよく見てみると通夜の席に真行寺君枝もいますね。なるだけ見ないようにしていたので、そうか、死ぬのは笠智衆だったのかと仰天している次第。

なぜ自殺したのか、そのことで問題を抱えた家族6人がどのように収束するのか、そのことについては来週を楽しみにするとして、以下は今回印象に残ったことについて。


母と娘の違い
亭主の浮気で完全に機嫌を損ねた岸惠子は、向かいの不動産屋・野村昭子が訪ねてくると、笑顔を繕ってワンピースを見せびらかしたり、決してボロを出しませんが、笠智衆が訪ねてきたときの真行寺君枝は不機嫌な表情を隠せない。

独立して暮らしているから同年代の人間よりはよっぽど大人なんでしょうが、やはり電器屋として少しもゆっくりした日常を過ごしたことのない母親に比べると、まだまだ18歳の女の子はそこまでよそ行きの顔はできないんですね。岸惠子は児玉清にしきりと「教養がない電器屋」と自己卑下して言いますが、教養のある娘よりよっぽど偉い。教養の有無なんかより苦労して年輪を重ねている人間のほうがよっぽど偉い、という山田太一さんの人間観が如実に表れていると思いました。
 

「ウソ家族」に悦びを見出す男
新井康弘のスナックに岸惠子が行ったときに、家族の愚痴を言う男がいましたよね。前にも一度登場したことがあるというのはすっかり忘れてましたが、母親と妻のことで愚痴ばかり言う。でもそれは全部嘘で、彼は独身だという。

おそらく、妻に逃げられたか何かなのでしょう。妻がいればこういう愚痴を言っているだろうということをこぼして自己満足している。あれは何だか妙に哀しかったですね。

ああいう、疑似家族ですらない、「ウソ家族」に悦びを見出すしかない人間よりも、子どもたちが勝手しようが、夫や妻が勝手しようが、本当の家族がいるならそのほうが幸せだよ、というメッセージなのでしょう。

ちょっとメッセージ過多な気がしないでもないですが(意味するところがはっきりわかるだけに)でもあの男の悲哀は今回の2時間では突出していて、彼を主人公にしたドラマを見てみたいとすら思いました。


何か笠智衆の自殺の報にまだ心がざわついていますが、しかし、冷静になって考えてみると、子どもたちが妊娠で堕ろすか堕ろさないかでもめているときに、親たちは浮気でバタバタしている。本当なら、広岡瞬は両親に相談するのが筋なんでしょうが、両親はそれどころじゃない。秘密を打ち明けられた笠智衆が自殺したということは、親たちがしっかりしていれば死なずにすんだ、ということなんでしょうか? 

ただ、私の極私的な好みを言わせてもらえば、誰かが死ぬことで結末を引き寄せるのはあまり好きではありません。

来週の最終回では、そんな個人的な好みなんか吹っ飛ばすような展開/転回を期待します。


続きの記事
⑧喉に突き刺さる自殺の理由



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字