2019年08月04日

何だかこの夏のテレビドラマは面白いものがないなぁ、私の選球眼がダメなのかな。しかしついに真打ち登場!

8本も見始めてすでに脱落が6本という体たらくですが(いまはシナリオを書いていてあまり時間がないので少しでも面白くなかったら容赦なく見るのやめてます。じゃあ何でそんなに見てるんだと言われそうですが、まぁちょっとした息抜きですよ)とりあえずひとつひとつ簡単な感想を。(真打ち作品は最後に登場します)


『わたし旦那をシェアしてた』
小池栄子が出るならと思って見始めたんですが、旦那が死んだというのに金の話ばかりで不快。3億の遺産の情報がすぐ出るのはしょうがないとしても、もうちょっと人としての当たり前の感情を丁寧に追いながら金の話を絡めてくれたらよかったんですが。こういうのが好きな人はいるんでしょうけど、私の見たい作品ではない。夏木マリはもっと鬼婆みたいな役に活路を見出してほしい。2話で脱落。


『ポイズンドーター ホーリーマザー』
湊かなえ原作というところが引っ掛かりましたが、やはりイヤ~な内容でした。いま木皿泉さんの『木皿食堂』という本を読んでいるんですが、「いやなシーンは絶対書かない」と闘い続けてこられたそうで、いやなシーンを書くことで闘っているドラマは、これまた私の見たい作品ではない。1話で脱落。


『ルパンの娘』
maxresdefault

深田恭子が見たい、というただそれだけの理由で見始めましたが、案の定つまらない。瀬戸康史が婚約相手を逮捕せねばならないという枷はいいと思うんですが(『キャッツアイ』のパクリでしょうけど)あの警察一家にリアリティを感じられないというか何というか。マルシアがPTA会長みたいなおばちゃんに変貌していて驚愕しました。1話で脱落。


『潤一』
藤井美菜が見たいというただそれだけの理由で見始めました。思わせぶりな描写ばかりで退屈。1話は藤井美菜が出てたから最後まで見ましたが、2話では出てこないし、とにかく退屈きわまりないので脱落しました。


『これは経費で落ちません!』
内容が面白そうだったので見始めたんですが、面白くなかった。多部未華子が現場に赴くんじゃなくて、『氷菓』の主人公・折木奉太郎みたいに安楽椅子探偵として活躍したら、つまり社内にいながらにして領収書の名前や用途、裏書だけで推理して解決に導いたら面白いと思うんですが、どうでしょうか。1話で脱落。


『セミオトコ』
岡田惠和さん脚本ということで見始めたんですが、まず何よりも木南晴夏という女優さんの顔が好きになれない。アップになるたびに「別の女優にして~」と思ってしまう。1話で脱落しようと思いましたが、北村有起哉の役が気になるので2話も見ましたが面白くなりそうな気配がないので脱落を決意しました。


『だから私は推しました』
00001518102

これははっきり言って1話の途中でやめようかと思ったんですよね。でも30分だし、ということで最後まで見たら取り調べのシーンになって、主人公(これも桜井ユキという女優さんが好きになれない)が誰かを突き落として捕まったところからの回想形式であることが明らかになり、がぜん見る気が湧いてきました。

昨日の2話では、地下アイドルについての蘊蓄が語られて、そこも面白かった。かつて大島渚が映画特集のテレビ番組で語っていた言葉を思い出しました。

「映画は娯楽でもあるだろうし芸術でもあるだろう。でも俺は何より『情報』だったと思うんだよ。外国の映画を見て、こんな暮らしをしている、こんなものを食べている、家の中はこんなふうになっている。そういうことを知る手段だったと思うんだ」

この『だから私は推しました』はそういう「情報」としての面白さが満載ですね。白石聖という女優さんがかわいく、彼女をめぐる葛藤劇が2話目にしてやっと煮えたぎってきた感あり。これは完走できそう。


『それぞれの断崖』
sum

遠藤憲一さんが主役なら見ないわけにはいかないと内容をまったく知らずに見始めたんですが、少年犯罪がテーマなんですね。14歳未満ということで加害者は2年もすれば社会復帰。なのに被害者のほうはもう戻ってこない。

ここらへんは、あの酒鬼薔薇事件で活発になった20年前の少年犯罪ドラマと何も変わらないというか、ああいうふうに描くしかないんでしょうけど、ちょっと古い感は否めない。

あれ? あんまり面白くなかったみたいだけど真打ちなの? 

その通り、遠藤憲一さんが主役だから真打ちなのです!!! 見続ければきっと何かあります。予言します。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字