2019年07月19日

京都アニメーションのスタジオが放火されて、33人もの方が亡くなってしまった事件。痛ましすぎるし、私も京アニ作品のファンなので何ともやりきれない。犯人はまだはっきりしませんが、もともと110番されるような人間らしく、悪意と被害妄想がないまぜになってやってしまったのでしょう。万死に値しますね。

日本だけでなく世界中にファンが多いから、お悔やみの声が届くだけでなく、募金活動もされているとか。友人が東京のアニメ製作会社で働いているんですが、劣悪な労働環境で知られるアニメ業界では珍しく「京アニは職場環境がとてもいい」と言っていました。

職場環境としても申し分ないし、作っている作品も良質なものばかり。何でそんな会社やそこで働いている人たちが狂人の標的にされないといけないのか! 

と激怒するのがごく普通の感覚だと思うんですが、それに水を差すツイートを見ました。



うん、確かにその通り。でも私はこういう非の打ちどころのない正論というか、政治的に正しい意見というやつが大嫌いでして。相田みつをと同じ匂いを感じてしまいます。

自分が大好きな作品を作っている人たちが大勢殺された。それについて「何であんな素敵な作品を作る人たちが……」という気持ちが芽生えるのってごく普通だと思うんですよ。事件が起きたばかりのときにそこに水を差すのってどうなんだろう、と。


160407_newborn-smile4

こんなかわいい赤ちゃんを殺す親が後を絶ちませんが、ニュースを見るたびに「こんな何の罪もない赤ちゃんを殺すなんて」って思いますよね。

でも、「無辜の赤ん坊も平凡な大人もどちらの命も奪われてはいけない」なんて言う人いません。無辜の赤ん坊より平凡な大人のほうが生産性とやらが高いからでしょう。何の役にも立ってない無辜の赤ん坊を、少しは社会に貢献している平凡な大人と同列に扱うのは政治的に正しくないからなのでしょう。京アニの事件とは真逆のケースですね。

逆に……


maxresdefault

これら多数の被害者を出した悪人たちが死刑に処せられても「彼らだって同じ人間なのだから同じ命」とは誰も言いませんよね。こちらは政治的に正しいのに、なぜ?

反論の余地があるからです。あんな悪人と無辜の人間を同じにするな! などと反駁される。ひどければ炎上でしょう。

そうです。私が非の打ちどころのない正論が嫌いなのは、絶対に反論される可能性がない安全地帯から発言しているからです。

意図的に計算しているとは思いません。無意識の計算でしょう。でも無意識だからこそよけいタチが悪い。

いまは「素敵な作品を作る人たちを大勢殺すなんて絶対許せない!」と叫んでいいし、叫ぶべきです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字