2019年07月10日

羽鳥さんの番組で玉川さんが「生活保護を切り下げろというのは自分の首絞めてるってことに気づいたほうがいいよ」と言ったそうです。

まさしくその通りですね。

rectangle_large_type_2_7390f8fd

画像にあるように、国民年金だけを受け取る人よりも生活保護を受ける人のほうが倍ほどもらえるということで「切り下げろ」という声が出ているようです。国民年金でもらえる額をもっと引き上げられるようにするという逆の発想が必要なのに。

しかしここでは政治的な意見を表明したいわけではなく、昨今の「生活保護バッシング」とぜんぜん違う分野の「キラキラネーム」は実は根っこが同じではないか、というのがこの記事の主旨です。


「減税日本」
数年前には名古屋市長が「減税日本」という政党を旗揚げしましたが、私はあれはキラキラネームだと思いました。

経済には疎いんですが、あのときもいまもデフレが止まらないのだから減税をして内需を増やすのは正しい政策なのでしょう。

だから減税日本が政権を取れば当然減税をする。しかしいつまでも減税し続けるわけにはいかない。いつかは増税が必要なときが来る。そのとき「減税日本」という党名はどうするんですか? 「増税日本」に変えるの? まさか!

つまり、「減税日本」という政党名は、「将来自分たちが政権を取り、その帰結として増税が必要になるとき」という未来が見えていないからこそ付けられた名前なわけです。


キラキラネーム
6809_2_1

「黄熊」と書いて「ぷう」なんて悲惨としか言えませんが(しかも女の子!)自分の子どもにこういう名前を付ける親も名古屋市長と同様です。赤ん坊から5歳ぐらいまでなら「黄熊(ぷう)」ちゃんでもかわいいからいいですけど、その子が学校に入り、成人になり、社会に出て、還暦を迎え……という未来が見えていないのです。いましか見えていない。

その意味で「減税日本」と「黄熊(ぷう)」などのキラキラネームは同根です。「時間」の概念が決定的に欠落している。


生活保護バッシング
これも同じだと思うんですよね。
いまは普通に働いて給料を得ていても、いつ何どき事故や病気で働けなくなるかわかりません。未来の自分がどうなっているかなんて誰にもわからない。

彼らには「自分がいまと同じく生活保護を受けないで大丈夫な生活」しか見えていいない。「将来どうなるかわからない」ということがわかっていない。「時間」の概念が欠落しています。

ついでに言えば、外国人技能実習制度を悪用して奴隷労働を強いている経営者も同様でしょう。彼らは「二度と日本には来ない」と言っています。そんなことを本国で言いふらされたら日本に来る外国人は激減します。悪徳経営者には「いまの損得」しか見えていない。ここでも「時間」の概念の欠落が見て取れます。


というわけで、キラキラネームをつける親と、生活保護バッシングをする人たち、はたまた外国人を奴隷として働かせている人たちは根っこが同じと思う次第です。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字