2019年07月07日

大絶賛御礼の映画『新聞記者』を見てきました。非常にタイムリーな映画と聞いていたのでずいぶん期待していたのですが、これがトンデモ映画のお手本のような作品でした。

1015762_01

外務省から内閣情報室に出向している杉原(松坂桃李)が元上司・神崎(高橋和也)の自殺をきっかけに政権の闇を暴くべく、機密資料を新聞記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)にリークする。

というのが全体のあらまし。

このあらまし自体がよくないとは思いません。が、それをどうプロットとして組んでいくか、はたまた、「機密資料」とは何なのか、といったことがあまりにあんまりなので白けてしまいました。


勧善懲悪でいいのか
AS20190703003229_commL

主人公が勤める内閣情報室。こんなに薄暗いって変でしょ? 「ここは悪の巣窟です」という印象操作(誰かさんのお得意の言葉ですね)にしか感じられない。

この映画では、政権側は全員悪人で、それを暴こうとする主要人物がすべて善人という設定になっていて、善が悪を懲らしめる内容になっていますが、それって都合の悪い人間を情報操作で社会的に抹殺する官邸と何が違うというのでしょうか? 

しかも、極秘資料というのが「大学の名を借りた生物兵器の研究所」というトンデモ設定。

そこまでして官邸を「悪」の設定にするのは、単にこの映画の原作者や彼女に共鳴するリベラル派の人たちが、映画の中だけでも政権に煮え湯を飲ませて溜飲を下げようという歪んだ欲望としか思えない。反政権を唱える人物を反日分子だと決めつけ攻撃するネトウヨと何が違うというのでしょう。

以前、私が書いたシナリオを読んだ高名な脚本家がこんなことを言いました。

「君は『善と悪』の対立で葛藤を作ろうとしている。それじゃダメなんだ。悪の側が作為的な悪になってしまうし、そもそもの問題として『善と善』の対立にしなきゃいけない。どちらの言い分にも理がある。そうしないと深みのあるドラマは生まれない」

この『新聞記者』はトンデモ設定を根幹に据えたためにドラマ全体がものすごく安っぽいものになってしまっています。


国民が出てこない
この映画では、政権のスキャンダルを暴きたてて倒せば問題がすべて解決する、みたいになっていますが、本当にそうでしょうか?

前川喜平さんや伊藤詩織さん、加計学園の問題、公文書改竄など映画と同じいろんなスキャンダルが現実に起こりましたが、内閣支持率はいっこうに下がりません。支持し続ける国民が多数いるのです。

国民の支持というのが「政権側の理」ですよね。だから、主役の新聞記者は政権のトンデモな悪を暴くのではなく、政権を支持する国民と対立させないといけなかったんじゃないでしょうか。

れいわ新選組の山本太郎の動画を見ていると「この国で一番偉いのはあなたたち国民ですよ」といつも言っています。でもこの『新聞記者』ではそういう言葉や思想は皆無でした。聞こえてくるのは、ただ「あいつらをやっつけたい!」という声だけ。

そういえば政治家も出てきませんよね。官僚ばかりで。政治映画なのになぜ?


松坂桃李の動機は?
48059586012_a378a47222

松坂桃李が自分の社会的生命を賭けてリークする動機もよくわかりませんでした。直前に子どもが生まれますが、流れとしては「この子のためにもこの国をまともにしなきゃいけない」という思いを感じました。そして「向こうが誤報だと主張したら僕の実名を出してもらって結構です」とまで言う。なのに記事が出たあと上司の田中哲司から出産祝いを渡され「外務省に戻りたいならいまもってる情報は全部忘れるんだ」と言われて目が泳ぐ。

あれは結局、子どもが枷になってシム・ウンギョンを裏切るということを暗示しているんでしょうか? だとしたらそれまでの流れは何だったの? というか、子どもを人質に取られることぐらい簡単に想像がついただろうに。

逆に、もし最後の表情がシム・ウンギョンと最後まで共闘するという決意だったのなら、なぜ田中哲司から「この記事は君じゃないよな?」と言われたとき「私です」とはっきり答えなかったのか。「外務省に戻りたくないのか」と訊かれたとき「結構です」となぜ答えなかったのか。それ以前に、資料をリークした時点で辞表を出すんじゃないですか、普通は。クビや左遷は覚悟の上なら自分から辞表を叩きつけてくれたほうが見ているこちらは喝采を贈ったんですが。


羊の絵
物語を推進する役目を担った羊の絵はよかったですね。映画なんだからやはり「画」で勝負してほしい。

とはいえ、あの絵が子どものために描いた絵じゃなかったらシム・ウンギョンは神崎の家に入れてもらえなかったわけでしょう? ちょっとご都合主義な感じがしました。それにもとの羊の絵と違う点があって、サングラスをかけてるみたいに目だけ黒く塗りつぶされてましたが、あれはどういう意味があるんでしょうか? 国民は盲目だという意味? それならそれを匂わすセリフを生前の神崎に言わせておかないと観客に伝わらない。

というわけで、今年のワースト候補がついに登場。といった感じですね。ベストワン候補がまだ登場していないのに。。。


補遺
「善と善」の対立がわからないという方はこちらの記事を参照してください。⇒『トイ・ストーリー3』(「善と善」の対立とはこれだ!)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字