2019年06月30日

ついにやりました。長かった。本当に長かった。

何がって今月は毎日ウンコが出たんです。毎日快便だったんです。

何だそんなことか、というなかれ。本当に長い道のりだったのです。


kaiben

なぜ私は便秘がちになったか
これはちょいと言いにくいですが、幼い頃、ウンコを我慢することに快感を見出していたんです。我慢すること自体が快感なんじゃなくて、我慢して我慢して我慢した果てに、ウンコがひょいっと中へ引っ込む瞬間があるでしょ? 誰でもウンコを我慢したことあるはずだからわかるはず。あのひょいっと引っ込む瞬間がたまらなく気持ちよかったんです。それで毎日我慢しているうちに出なくなってしまいました。

さすがに中学になる頃には我慢することに快感を見出すなんてことはなくなっていましたが、幼い頃に沁みついてしまった便秘がちな体質は変わらないまま。あのときは計算したことなかったですけど、たぶん2日に1回より頻度は低かったように思います。出ないほうが普通だったんですね。だから「昨日から出なくて憂鬱」という友人の気持ちがさっぱりわからなかった。

しかも、出るときはもちろん出るんですが、たまにしか出ないから、いつも固いウンコばかりで、しかも大腸の中でものすごく太くなってしまっているのでいつも切れて血が出ていました。

こんな状態をずーっとずーっと放置してしまっていたのです。30歳を過ぎるまで。


転機は2005年
30歳を過ぎたころ、「何か最近、疲れやすくなったな」と思ったんですよね。もともと人より疲れが出やすい体質なんですが、それでも5年前10年前と比べても格段に疲れやすくなっている。

日頃の生活を見直してみると、「ウンコをちゃんと毎日出していない」ことに気づいたんですね。30年も。

で、出すべきものはちゃんと出して体質改善をせねば! と一念発起したわけです。


まず始めたのはカレンダーにチェック
高校の保健体育の先生がこんなことを言っていました。

「朝出たら◎。昼出たら〇。夜出たら△。出んかったら×や」

というわけで、カレンダーにそれを記していきました。

そうすると、◎の日はものすごく少なくて、×が一番多かった。幼い頃よりは改善していたようですが、それでも月の半分弱が×でした。


とにかくトイレに座る
朝食を食べたら、催していようといまいと、とにかくトイレに座る。これを実行しました。それまでは催したときしか座らなかったし、催しても我慢して快感に打ち震えていたり。。。

とにかく座る。これで劇的に改善したなんてことはありません。ただ少しずつ×の数が少なくなっていき、〇や◎の数が増えていきました。


あきらめずにカレンダーチェックを続ける
私の記憶が正しければ、2010年ごろには×が月5回くらいまで減っていました。その状態がずっと続くんですね。いくら少なくても月に3回は×があり、多いときは10回近くあったり、平均が5回くらい。

何年もそういう状態が続いたから、3年くらい前にもうカレンダーにチェックするのはやめようかと思ったんですよ。朝食のあとだけでなく毎食後にトイレに座る習慣はもう根付いていたし、昔に比べたらかなり出るようになった。もう付けなくてもいいのでは?

でもあきらめずに続けました。何より、カレンダーチェックを始めたときは「いつか×がゼロになる日が来ますように」と祈っていたのだから。

出すべきものを出さないと大腸がんになる可能性が高まるというし、少しでもそのリスクは減らしたほうがよかろうと続けました。子どもの頃から「統計を取る」のが好きな性格も幸いしたようです。ウンコのほかにも、両膝の半月板を損傷しているので、そのリハビリをしたらチェックを入れたり、筋トレをしたらチェック、スクワットをしたらチェック、などなど、私のカレンダーはチェックだらけです。

実家を出てからは毎朝ヨーグルトを食べるようにしました。そんなこんなで、ついに実現しました。

2005年から14年かかってついに月間の×がゼロ!!! ミッション・コンプリート!(危なかったのは先週の月曜日。夜初めて出たんですよね。あのときはもう必死でした)

継続は力なりとはよく言ったものです。これからもカレンダーチェックは続けますよ。何しろ×がゼロになっただけで、毎日◎になったわけじゃないですから。

次の目標は、とりあえず毎月×ゼロを続けていくこと。そのうえで毎日◎にすること。また14年かかるのか、それとも死ぬまで実現できないのか。

嗚呼、幼い頃にウンコを我慢さえしなければ……




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字